社畜批判 クソ上司

「愛のムチ」とか言って暴力を振るうパワハラ上司からは意地でも逃げるべきだ!

 

ブラック企業では「愛のムチだ!」とか言って部下に対して理不尽に暴力を振るうことがあるそうですね。

実際に私は会社では暴力を振るわれたことはありませんが、小学2年生のころにN本先生から

 

「これは愛のムチだ!」

 

とかいって両手でサンドイッチされるかのようにビンタされたりゴルフボールで頭を殴られたりした経験がありました。

そして、たまには授業中にクレヨンしんちゃんやドラえもんの映画を見せてくれるアメを与えてくるヤツだったので

当時はアレのおかげで親に相談することが無かったので完全に洗脳されていましたね。

 
Hiroki
今思えば何てブラック上司みたいなヤツだったんだ・・・
 

としか思えません。

低学年相手に暴力を振るう教師がいるくらいですから、

会社においても部下に対して「愛のムチだ!」とか言って暴力を振るう上司がいてもおかしくはありません。

もしもあなたが上司から暴力を受けたら、たとえ「愛のムチ」と言ったとしてもその上司とは今後の付き合いを避けることをお勧めします!

今回は「愛のムチ」が信用出来ないと思う理由について書いていこうかなと!

 

こんな方におすすめ

  • 実際に上司から「愛のムチ」とか言われて理不尽なパワハラ行為に悩まされている方
  • 「愛のムチ」という言葉に対して疑問を持っている方
 

▼ブラック企業を徹底排除した転職エージェント▼

ブラック企業を徹底的に排除!入社後定着率業界NO1の「ウズキャリ」

独自の審査基準や利用者からのフィードバックでブラック企業を完全に排除!

平均20時間程度のサポートに加え、Google評価が平均して★4以上と高評価なのが「ウズキャリ」の強みだ!

首都圏のIT業界や営業の就職に強く、大阪・名古屋・福岡の求人も取り扱っているぞ!

「ウズキャリ」の詳細記事はコチラ

労基法を守ったら潰れるような会社を排除!「第二新卒エージェントneo」

会社の財源情報をチェックすることで、労基法を守ったら潰れるような会社を排除!

求人数は12000以上とブラック企業の排除を公言している中では最多!

平均10時間程度のマンツーマンサポートも整えられているぞ!

「第二新卒エージェントneo」の詳細記事はコチラ

月収20万・年間休日120日以上の求人多数の「キャリアスタート」

月給25万円以下の20代の既卒・第二新卒・フリーター・ニートに特化している転職エージェント。

内定率86%・定着率92%と驚異的な実績を持っており、ブラック企業を排除した良質な求人を取り揃えている。

北海道から熊本県と北から南まで幅広く対応しているぞ!

「キャリアスタート」の詳細記事はコチラ

「愛のムチ」が信用出来ないと思う3つの理由

Hiroki
「お前の為だ」とか「期待しているからやってるんだ」とか言って暴力を受けることは正しいと教え込まれるのはマジで洗脳にしか見えないゾ。
 

「愛のムチ」という言葉は絶対に信用しないでください!

 

暴力以外にも精神的に追い詰めるパワハラやモラハラに至っても同様ですね。

「愛のムチ」とか言った後にパワハラやモラハラを行ってくる輩にも警戒するべきです。

実際に小学2年生の時に教師からの暴力を経験した私が「愛のムチ」が信用出来ないと思う理由としては以下の通りですね。

 

「愛のムチ」が信用出来ないと思う3つの理由

  • 飴と鞭を上手く使い分けて洗脳させている
  • 暴力上司に「愛の鉄拳だ!」とか言ってやり返すとキレられる
  • そもそも全く愛なんてこもっていない
 

では、それぞれの理由について見ていきましょうか。

飴と鞭を上手く使い分けて洗脳させている

Hiroki
自分の暴力を美談にして無理やりでも従わせようとする悪意が丸見えです。
 

上司が暴力を振るうことは当然部下に鞭打ちを与えているようなものです。

むしろ鈍器でぶん殴られていると言うべきか?

それで・・・暴力を振るった後に上司は優しくこんな発言をするのですよ。

 

「これはお前の為に行っているんだ。本当はお前に対して手を出したくない」

「お前を期待しているからやっているんだよ。自衛隊のドキュメンタリー番組を見たか?ああいう厳しい教官は実は隊員を期待して手を出して指導しているんだよ」

 

何が自衛隊の教官が隊員を期待して手を出しているだよwwww笑わせてくれるぜwwww

 

としか思いませんよね・・・

前者の発言も何かと矛盾が発生していますが、暴力を振るう上司なら言いかねない言葉です。

一人のミスで隊員全員の命が失われるような環境に備えての訓練であれば分からなくもありませんが

普通の会社でこんなことを言い張っているような上司がいたら相当ヤバイですね。

 

こうやって自分の暴力を美談にして部下に対して納得させているのですよ。

それで上司から理不尽にサンドバックにされても文句の言えないような存在にうまく洗脳させるのです。

 

要するに飴と鞭というヤツですね・・・

人を洗脳させるには良く使われる手段で、DV男から逃げられない女性が多いのもコレが原因なのですよ。

このまま放っておいたら上司の暴走は止まらないオルガみたいに止まることはありませんね。

 

俺は決してとまらねぇぞ!

 

暴力を振るわれた時点でもう「裏切られたのと同然」と思い、今後一切関わらない方が身のためです。

 

なので、暴力を振るわれた後に優しく「お前を期待している」とか言われた場合は今後一切信用してはいけません!

 

もしも仕事と関係の無い話を持ち込まれたら即座に背を向けて逃げるようにしましょう。

暴力上司に「愛の鉄拳だ!」とか言ってやり返すとキレられる

Hiroki
自分も同じように上司に対して暴力を振るったらキレられる運命しか見えない。
 

「愛のムチだ!」とか言って暴力を振るうのであれば上司を敬愛していたら当然暴力を振るっても良いという理屈になるので、

同じように上司を殴ったとしても文句は言えないはずです。

 

よし・・・早速上司をぶん殴ってみますか。

 
関連画像

(C)武論尊・原哲夫/NSP 1983

 

「喰らえ!これがお前に対しての気持ちである愛の北斗百裂拳だ!!!」

「アタタタタタタタタタホワッチャー!!!」

 

よし・・・早速上司の反応を見てみよう。(上司はもう死んでいるか?)

 

「いてぇ!何すんだコラ!!後で相応の処分をしてやるから覚悟しろ!」

 

愛の鉄拳のはずなのに何故か怒られた・・・これは明らかに不平等としか言いようが無い。

(アレ・・・経絡秘孔を突いたはずなのに生きてやがる!?エセ北斗神拳じゃだめなのか?)

 

このように上司が一方的に愛のムチとか言って暴力を振るう割には、

自分が暴力を振るわれる立場になったらキレ出すことがあり得るので、もはや理不尽としか言いようがありませんね。

 

なので、「愛のムチ」なんて言葉は最初から信用に値しない方が身のためでしょう!

そもそも全く愛なんてこもっていない

Hiroki
本当に部下に対して「愛」があれば暴力なんて振るわないはずだ!
 

上記の2つの理由から見てみると、「愛のムチ」っていうのは言葉だけで愛なんて全くこもっていないのですよね。

自分が加害者にならない為に部下に対して無理やり納得させようとしているようにしか見えませんし

自分が同じような目にあったら間違いなくキレ出すので、ただ理不尽に暴力を振るいたいだけにしか見えないのですよ。

 

本当に愛があれば暴力なんて振るわずに部下の気持ちをしっかりと理解して指導方法を変えるのを惜しみませんし

部下の悩みに対しても親しく相談に乗ってくれるはずです。

 

なのに「愛のムチ」とか言って部下が嫌がっているのに対して暴力を振るうことは

部下の気持ちを全く考えていない証拠ですね。

一方的に押しつけられる愛なんて誰が得するのだろうか?

全く愛がこもっていない指導何て受け入れるべきではありません!

おわりに:「愛のムチ」は暴力を正当化したいだけの言葉だ!

以上、「愛のムチ」が信用出来ないと思う理由についての記事でした!

 

「愛のムチ」というのは、自分のしでかした行動が問題とならないように部下に対して

自身の行動が間違っていないことを押しつけるだけの言葉なのです。

 

これは暴力を正当化したいだけですし、上司の言葉巧みに騙されてしまっては

ただひたすら暴力を受け続けるだけのサンドバックとなりうる可能性があるので

「愛のムチ」という言葉を真に受けることは本当に危険な行為です。

暴力だけでは無く、精神的に追い詰められるパワハラやモラハラにおいても同様です。

自分が嫌だと思う言動を行っているのにもかかわらず

 

「お前の為を思って」

「期待してやってる」

 

とか言って「自分は間違った行為をしていない」と正当化してくる輩にも信用にも警戒するべきです!

 
「お前のためを思って」とほざく上司は見限るべきモラハラ野郎だ!

続きを見る

 

なので、上司から散々暴力や暴言を振るわれた後に「愛のムチ」とか言われて優しくされた場合は

その時点で一切信用せずに今後一切関わらないような姿勢を見せることが大切です。

 

これくらい徹底的にやらなければ、パワハラ行為を平気で行うような上司は何も分かってくれません。

内心は嫌であっても、表向きでは黙っていたり納得していたりすると

 

「コイツはやられて喜んでいる」

 

とか勝手に思われてどんどんやって来ます。

私が中学時代の時に、不良生徒からいじめを受けている別クラスの知人が笑っていじめを受け流しているのをいいことにどんどんいじめがエスカレートし

しまいには不登校になったという事例がありましたから、嫌な態度を表に出さなければマジでサンドバックになりかねません!

 

以上から、嫌だと思えばたとえ今の仕事を辞める覚悟があっても

仕事以外の話を持ちかけられたら即座に背を向けて徹底的に逃げる姿勢を見せましょう!

 

もしも、上司と関わらないように意識したことが原因で現状の環境が耐えられなくなった場合は

部署異動や転職を利用してその上司から離れることをお勧めします!

 

私が実際に行った部署異動について

 

暴力上司にはくれぐれも気をつけましょう!

  • この記事を書いた人

Hiroki

「クソ上司やブラック企業に立ち向かう全ての方を応援する」というコンセプトの下、社畜には見るにたえない汚らわしい記事を量産しています。

暴言ジイサン入りの介護施設(4か月)▶ゲーセンバイト(半年)▶ブラック転職事業(4か月)▶パワハラ有で年間休日77日年収200万円の中小企業(2年)と「ド」がつくほどの底辺環境を味わう。

【退職後】アウトドア・転職関連のメディア執筆3年▶雑記・転職サイト2件運営▶「シゴトイキタクナイ」運営【1年2か月目】最高月3万PV

>>底辺社畜時代の話

>>お問い合わせ

ハローワークを利用するだと?ちょっと待ってくれ!

「一度レールから外れた人間はブラック企業しか就職できない・・・」

「ハローワークの求人がブラック企業ばかりで就職する気力がなくなった・・・」

クッソ理不尽な社会の中でイヤでも生きていると身をもって体感できるよね。

「早期離職したら次の就職先が見つからない」という風潮は未だに根付いているほどですし

「3年以内に辞めようとする自分は欠陥人間なんだ・・・」

「どうせ自分は次にいってもやっていけない・・・」

と自分は価値のない存在だと思い込むあまり、ブラック企業から逃れたくても逃れられなかったり、逃れたとしても再び詐欺求人しか目に入らなくなるのはマジで辛いもんです。

でも・・・そんな化石みたいな風潮に捉われすぎる必要はないッ!

リーマンショックの時代とは異なり、現在はブラック企業を排除した未経験向けの転職エージェントが充実しています。

20代であれば誰でも参加することができますし、正社員経験のないニートやフリーターであっても歓迎要件です!

もちろん無料であり、ブラック企業を排除しているだけではなく、転職活動時のサポートや内定後のアフターサービスも充実し過ぎているほどのテンコ盛りです。

同じ無料サービスであるのにも関わらず、ブラック求人を平気で放置しているのに加え、非正規でやる気のない職員で溢れているハローワークと比較したら雲泥の差と言っても過言ではありません。

20代の既卒未経験であれば、迷わず以下の転職エージェントを利用することを強くオススメしますよ!

ブラック企業を徹底的に排除!入社後定着率業界NO1の「ウズキャリ」

独自の審査基準や利用者からのフィードバックでブラック企業を完全に排除!

平均20時間程度のサポートに加え、Google評価が平均して★4以上と高評価なのが「ウズキャリ」の強みだ!

首都圏のIT業界や営業の就職に強く、大阪・名古屋・福岡の求人も取り扱っているぞ!

「ウズキャリ」の詳細記事はコチラ

ブラック企業徹底排除のIT就職に特化した「ウズキャリIT」

ウズキャリのIT就職に特化したサービス。

ブラック企業を完全に排除しつつ、IT特化型の転職支援を受けられるのはココだけしかない。

27歳就業経験なしのひきこもりニートから年収350万円のベンチャー企業に就職した実績があり、定着率や内定率も業界でナンバーワンだ!

「コロナ禍を経て在宅勤務可能な業界に就職したいけど、資格や経験がないから応募しにくい・・・」

と悩む方に一番オススメだぞ!

労基法を守ったら潰れるような会社を排除!「第二新卒エージェントneo」

会社の財源情報をチェックすることで、労基法を守ったら潰れるような会社を排除!

求人数は12000以上とブラック企業の排除を公言している中では最多!

平均10時間程度のマンツーマンサポートも整えられているぞ!

「第二新卒エージェントneo」の詳細記事はコチラ

月収20万・年間休日120日以上の求人多数の「キャリアスタート」

月給25万円以下の20代の既卒・第二新卒・フリーター・ニートに特化している転職エージェント。

内定率86%・定着率92%と驚異的な実績を持っており、ブラック企業を排除した良質な求人を取り揃えている。

北海道から熊本県と北から南まで幅広く対応しているぞ!

「キャリアスタート」の詳細記事はコチラ

-社畜批判, クソ上司
-,