人間関係の悩み

【やめとけ】会社の出戻りは絶対に後悔するぞ!退職後に戻りたいならどうする?

会社の出戻りは後悔しかない

 

「転職先の待遇は前職より良いけど、仕事環境は前職の方が楽しい・・・」

「仕事を覚えるのがダル過ぎる!前職で同じように即戦力として働きたい・・・」

 

上記の悩みを抱えていた場合、前職に出戻りしたいと思うことがあるでしょう。

 

団塊世代の大量退職やコロナ禍による人手不足により、

一度離職した人を採用するという姿勢を整えている会社があるくらいですから、

会社の出戻りは簡単にできると思うのかもしれません。

 

しかし・・・特にカムバック制度を用意していなかったり、会社側自ら出戻りのオファーが届いていない限りは、会社の出戻りをしたところで更なる後悔を生んでしまうのがオチです!

 

本気で出戻りしたいと考えている人は無理に止めはしませんが、

前職の退職と同様に安易に判断してはいけないものだと先に断言しておきます。

 

当記事では、会社の出戻りをしたら後悔してしまう理由と、本気で出戻りしたい方向けの対処法についていくつか紹介します!

 

こんな方におすすめ

  • 前職に出戻りしたいと悩んでいる
  • 近い将来に出戻りしたいという状況に陥った時に備えたい
 

▼ブラック企業を徹底排除した転職エージェント▼

ブラック企業を徹底的に排除!入社後定着率業界NO1の「ウズキャリ」

独自の審査基準や利用者からのフィードバックでブラック企業を完全に排除!

平均20時間程度のサポートに加え、Google評価が平均して★4以上と高評価なのが「ウズキャリ」の強みだ!

首都圏のIT業界や営業の就職に強く、大阪・名古屋・福岡の求人も取り扱っているぞ!

「ウズキャリ」の詳細記事はコチラ

労基法を守ったら潰れるような会社を排除!「第二新卒エージェントneo」

会社の財源情報をチェックすることで、労基法を守ったら潰れるような会社を排除!

求人数は12000以上とブラック企業の排除を公言している中では最多!

平均10時間程度のマンツーマンサポートも整えられているぞ!

「第二新卒エージェントneo」の詳細記事はコチラ

月収20万・年間休日120日以上の求人多数の「キャリアスタート」

月給25万円以下の20代の既卒・第二新卒・フリーター・ニートに特化している転職エージェント。

内定率86%・定着率92%と驚異的な実績を持っており、ブラック企業を排除した良質な求人を取り揃えている。

北海道から熊本県と北から南まで幅広く対応しているぞ!

「キャリアスタート」の詳細記事はコチラ

 

会社の出戻りをしたら後悔してしまう7つの理由

 
Hiroki
会社の出戻りをしたら後悔してしまう理由を簡単にまとめると、以下の通りです。
 

見出しまとめ

  • 出戻り社員を「うざい」と感じている人は少なくない
  • 圧迫面接をされて心をへし折られるリスクがある
  • 職場のメンバーから悪評を流されることがある
  • 甘えているようなヤツだとレッテルを貼られる
  • これまで以上に成果を残さなければならない
  • 悪者扱いされている中だと会社や外部機関に相談しにくい
  • 次に「辞めたい」なんて到底言えなくなる
 

出戻り社員を「うざい」と感じている人は少なくない

出戻り社員に関してほとんどの人は「どうでもいい」と感じている中、出戻り社員を快く思っていない人は一部存在します。

 

実際に「出戻り社員」について検索してみると

 

出戻り社員がうざい

 

上記のようなネガティブなキーワードが立ち並んでいることがありますし

 

寿退社ならまだしも 出戻りするやつは ほぼ次の会社の給料が低くて生活出来なかったとか転職決意したけど 就職先が見つからなかったとか。次の仕事が理想と違うとか こういう連中ですよ

引用:Yahoo知恵袋

 

出戻り社員について何とも思っていない人の回答が立ち並ぶ中、

出戻り社員を快く思っていない回答が一部存在しているほどですからね。

 

たとえ、会社の9割の人間が出戻り社員を受け入れてくれることがあったとしても、1割の人間が過剰に反対の姿勢を貫いていたら、人間である以上は1割の反対意見に注視しがちです。

 

有名人が数少ないアンチを過剰に気にしてしまうことがあるのと同じように、

仮に前の会社に再就職できたとしても、

数少ない人間に対して過剰に消耗してしまうことは、

当然起こり得ると思います。

 

こういった数少ない人間の過剰な批判から耐えられるメンタルが無ければ、たとえ出戻りしたとしても後悔を生んでしまうことになるでしょう。

 

圧迫面接をされて心をへし折られるリスクがある

以前の会社に戻るということは、退職前以上に会社に成果をもたらすことを期待されることがあるので、当然面接は厳しくなるでしょう。

 

シャープみたいにカムバック制度を用意しているのならまだしも、

特にカムバック制度を設けていない会社であれば、

面接の質問内容が以前よりも遥かに厳しくなることは明白です。

 

特に前職の退職理由と矛盾した点があれば、そこを過剰に突っ込まれて説教されたり、

嘘つき野郎のレッテルを貼られて追い返されることがあるとは言い切れません。

 

普通の人間であれば、間違いなく心をへし折られてしまいます。

 
圧迫面接されたら帰るべきだ!されやすい人の特徴と反撃方法を考えてみる!

続きを見る

 

職場のメンバーから悪評を流されることがある

出戻り社員を快く思っていない人は、何かと悪い点を探ろうとすることがあるので、少しでも油断して仕事のミスや職場のメンバーの愚痴を言ってしまえば、即座に悪評を拡散してくるでしょう。

 

悪評が流れているような環境下で仕事を行うなんて、相当メンタルが強くなければ耐えられるようなものではありません。

 

仮に悪評を流されなかったとしても、会社の人間に弱みを握られない為に常に神経を尖らせて仕事を行うっていうものは、精神的にも肉体的にも非常に疲れるものです。

 

甘えているようなヤツだとレッテルを貼られる

「前の会社を退職した以上、次の環境では前の会社以上に頑張れる」

 

と印象を与えている以上、短期間で挫折して「前の会社に戻りたい」と諦めモードに陥っている人は

 

「世の中を甘く見ている」

 

と思う人は少なくはありません。

 

一部の人間から「甘えているようなヤツ」だとレッテルを貼られて見下されるのは勿論のこと、

クソ上司気質の人間からはあなたをスケープゴートとして反面教師扱いにされることだってあります。

(簡単に例えるのなら、「あいつよりはマシだ」という風に批判することです)

 

特に短期間で前職を離職したのであれば、必然的にレッテルを貼られやすくなります。

 

これまで以上に成果を残さなければならない

前職に出戻りするというのであれば、退職以前よりも遥かに利益を出すことを求められるでしょう。

 

出戻りするくらいの事情があるとしたら、

会社側は以前よりも恩恵を与えてくれると期待するものですから、

周囲の職場の人間よりも圧倒的に成果を残せるようにならなければ、

会社の期待を裏切ってしまうことになります。

 

期待を裏切られた時の憎悪っていうものは半端ないものですから、

下手したら職場いじめやパワハラに発展することがありますし、

こういった重圧感の中で仕事を行うっていうのは、

悪評の為に神経を尖らせるのと同様に非常に疲れます。

 
Hiroki
たとえば、あなたが「宝くじで1000万円当選した」というドッキリを仕掛けられた場合、ドッキリだと判明したら迷わず仕掛け人と絶交したくなるのと同じように、期待を裏切られた時の憎悪っていうのは、大迫勇也並みに半端無いです。
 

更に会社側から過度に期待されることによって頼られる人材と化してしまうことがあり、

あなたが成果を沢山出している分、給料に見合わない仕事量を押し付けられることだってあります。

 

以前よりも仕事や残業を押し付けられたら、たまったものではありません。

 
ブラック企業でいい人ぶるのは損しかない!4つの例とおばちゃんの話

続きを見る

 

これらの理由から、よほど戻りたいという意思が強くない限りは、前職の復職はオススメできるようなものではありません。

 

悪者扱いされている中だと反省の色を示さないことがある

出戻り社員を悪役に仕立て上げる上司が一人でもいると、最悪な状況に陥るのは言うまでもありません。

 

一度悪役扱いにさせられたら・・・

 

「アンタはこういった罪状を犯したから、しっかりと更生に励むべきだ!」

 

と上司から勝手にイメージされることになるので、

たとえ職場いじめやパワハラといった嫌がらせを受けたとしても、

加害者である上司が全く反省の色を示さないという現象が起きます。

 

仮に労働局や会社側に相談したとしても、上司は悪役に仕立てたあなたに対して謝ることは無いでしょう。

 

下手したらあなたに対して微塵たりとも罪悪感を感じないまま、

密告したことで更なる嫌がらせを受けるのかもしれません。

 

極端な例をあげると、一度悪者に仕立てた相手に反省の色を示さないというのは、

コロナ禍で話題になっている「自粛警察」と同じようなものです。

 

コロナ禍においても他県に外出するという

自分の中の正義に反する存在に対して嫌がらせを行ったとしても、

それが「正義執行」だと思い込んでいるので、

全く反省の色を示さないというもんです。

 

出戻り社員を悪者だと仕立てている上司は、自粛警察と同じような心情を持っているのは間違いありません。

 

本人にとっては「正義を執行している」と思い込んでいるので、

たとえあなたが上司からの理不尽攻撃に対してどんなに異を唱えようとも、

上司は全く反省しないでしょう。

 

一度辞めた会社に戻るということは、こういったクソ上司に嫌でも相手をしなきゃいけないことを覚悟する必要性が出てくるので、並大抵のメンタルだと到底やっていけるようなものではありません。

 

次に「辞めたい」なんて到底言えなくなる

これまで紹介した辞めておくべき理由が可愛く見えるくらい「やめとけ」と断言できる理由として

 

出戻り先の会社で骨を埋める覚悟を決めなければならない

 

という人によってはゾッとするようなものが挙げられます。

 

一度退職した後に元の会社に戻り、二度も「退職したい」なんてとても言えるような状況ではありませんからね・・・

出戻りを宣言した以上は、会社が倒産するか定年が訪れるまで働き続ける覚悟が求められるでしょう。

 
Hiroki
まさに「骨を埋めろ」というやつです。
 

前の会社を退職したのにも関わらず、次の会社でも不満を抱えて退職したくなるという状況に陥っている以上

 

「前の会社で骨を埋める覚悟があるか?」

 

と聞かれたら、即座に首を縦に振ることは99%出来ないかと・・・

 

上記の理由から、下手したら生き地獄を味わうことになるので、安易に「出戻りしたい」とは思わないほうが良いと断言出来るのです。

 
Hiroki
中には退職代行を使ってでも無理やり辞める人はいるっちゃいるのですが、現に真面目で断れない性格だと自覚しているのであれば、出戻りしない方が圧倒的に良いです。
 
退職日までの期間が恐ろしくなるのは目に見えているよな・・・
悩男
 

どうしても出戻りしたいと思った時の対処法

出戻りするべきではない理由について解説していきましたが、流石にあんまり過ぎると思いますよね。

 

「やめとけと言うのは酷すぎるじゃねぇか!私はどうしても前職に戻りたいんだよ!」

「新たな環境に適応するのが耐えられない・・・たとえ以前より辛くなったとしても、前職のメンバーと一緒に仕事がしたい!」

「私は前の会社で骨を埋める覚悟を問われたら即座に首を縦に振る1%の人間だぞ!」

 

上記のように「どうしても出戻りしたい」という意思が強い方に向け、

ここでは出戻りしたいと思った時の対処法について紹介しています。

 

見出しまとめ

  • 定期的に前職のメンバーに会って差し入れを入れておく
  • ポジティブな理由で出戻りしたい理由を考えておく
 

定期的に前職のメンバーと交流しつつ、差し入れを入れておく

営業で常連の取引先に対して接待や差し入れを行うことで信頼度を高めるのと同じように、

退職後、世話になった前職の上司や同僚に対して差し入れを入れつつも、

コミュニケーションを図ることは、出戻りをするにあたって必須な行動です。

 

退職者を「裏切り者」だと心の奥底でイメージしていることがあってか、

退職してからあなたへの信頼度が失いかけていることがあるので、

たとえ戻ってきたとしても快く思ってくれないでしょう。

 

上記の理由から、失った信頼を単純接触効果によって忘れさせる勢いで、差し入れをしてでも積極的に前職のメンバーと交流を図る必要があります。

 

もしも退職後に定期的に前職の職場や会社に頻繁に訪れたとしたら・・・

 

「この人は今でも私のことを快く思ってくれているんだな!」

 

と相手に好印象を与えることが出来るので、交流を続けていたら

 

「ねぇ・・・少しでもいいから戻ってきてくれよ~」

 

と冗談を交えて言ってくることがあるのかもしれません。

 

仮に多くの職場のメンバーが上記のように思っていてくれたら、たとえ出戻りしたとしても悪口を吐かれるリスクは大幅に減るかと。

 

なので、出戻りしたいと本気で考えているのであれば、出戻り後の人間関係を円滑にさせやすくする為にも、定期的に前職のメンバーとの交流を怠らないようにしましょう!

 
Hiroki
可能な限りLINEやTwitterなどのSNSで交流を深めておくことをお勧めします。
 

ポジティブな理由で出戻りしたい理由を考えておく

前職のメンバーと交流を図り終えた後、いよいよ前職の人事責任者に出戻りしたいという旨を相談します。

 

相談前は一度会社側にメールや電話で打ち合わせを行い、人事責任者と相談できる機会を事前に設けておくことを忘れないようにしてください。

 

無事に再就職に関して人事責任者と相談できる機会を設けられたら、前職に戻りたい理由を思い切って告白します。

 
Hiroki
私の事例で例えるのなら、採用担当者や以前の会社のメンバーに対してこう伝えます。
 
  • WEBライターで身についたスキルを活かし、会社のSNSやホームページ運営に注力しつつ、会社の集客や売上に貢献したい。
  • 既にサイト運営にて○○万のアクセスを誇る実績を退職してから築き上げてきたので、ドメインパワーが強い御社のサイトでは、更なるアクセスを出せると自信を持って断言出来る。
  • 以前××の部署で働いていた時は成果を出せなく、会社のメンバーに気まづい雰囲気を出してしまうことに耐えきれず、退職してしまった。
  • 現在はWEBライターとしてスキルを磨いてきたので、復職できるならサイト・SNSの運営を私にやらせて欲しい。
  • 以前よりも遥かに会社に利益を出せるということを約束する。
 

と・・・再就職の理由を述べる際は、退職後に成長した自分を売りに出し、以前よりも利益や成果を遥かに生み出すことを約束すると良いでしょう。

 

会社というのは利益至上団体で仲良しグループという訳では無いので、

下手にコミュ力や心身の状態が良くなったことをアピールするよりも

 

退職後に身についたスキルをどう活かしてどう会社に貢献していくのか?

 

について重点的に考えると、復職できる確率はぐっと高まるかと。

 

本気で出戻りしたいと考えているのであれば、たとえ誇張表現を使ったとしても、必死にアピールすることをお勧めします!

 
Hiroki
どうしても会社側が拒否してくるようであれば、素直に諦めつつ、今後は退職に関してもっと計画を練るように反省しましょう。
 

出戻りする為の必須条件について

ここでは出戻りする際の必須条件についてまとめています。

以下の条件に当てはまらなければ、出戻りを拒否されることがあったり、

再就職できたとしても、後悔しか生まなくなる危険性が高まります。

 

見出しまとめ

  • 引継ぎや挨拶周りを忘れずに円満退職をしている
  • 退職後に職場のメンバーとSNSや直接対面でコンタクトを取り続けている
  • 上司や重役から「戻ってきて欲しい」と言われていることがある
  • 一部の人間から嫌われる覚悟を持つ
  • 退職前と比較して成長している
  • 出戻り先の会社で骨を埋める覚悟はあるか?
 

引継ぎや挨拶まわりを忘れずに円満退職をしている

まず、前職で引継ぎをしっかりと済ましつつ、挨拶まわりを忘れずに円満退職しているというのは必須条件です。

 
  • 退職代行を利用して無理やり退職する
  • 引継ぎを済ませずに強引に辞める
  • 退職期間中に職場の人間から冷たくされた
 

といった事情があるのであれば、再就職が不可能になるか、かなり厳しくなるかと。

 

前職に文句や不満があったのにも関わらず、戻ってくるというのは、

何だか潔くないと思ってしまうのは無理も無いことですからね。

 

退職後に職場のメンバーとSNSや直接対面でコンタクトを取り続けている

退職後に前職のメンバー連絡を取り合っていない状態だと、

単純接触効果が薄れたことによって、出戻り就職を快く受け入れる人が少なくなってしまうので、

出戻りしたいというのであれば、前の職場のメンバーとSNSや直接対面でコンタクトを取り続けることは必須です。

 

少し前に言ったように、昼休みや空いている時間に差し入れしつつも、

仕事の邪魔にならない範囲で会話すると良いでしょう。

 

上司や重役から「戻ってきて欲しい」と言われていることがある

上司や重役から「戻ってきて欲しい」と言われていない状態だと、

復職を受け入れてくれる可能性というのが減るので、

前職のメンバーから「戻ってきて欲しい」と求められることも必須条件です。

 

特に人事担当者や経営者といった重役の方から直接「戻ってきて欲しい」と言われている場合は、ほぼ確実に出戻りすることが出来ます。

 

実際に匿名質問板を見ていると、社長から「戻ってきて欲しい」と言われて出戻りした体験を持った回答者を意外と多く見かけたので、意外とチャンスが発生しています。

 
Hiroki
上記の事情から、上司だけではなく、勇気があれば重役ともコミュニケーションを図るようにして欲しいところです。
 
中小企業であれば、経営者が現場で働いているところって割と多く見かけるよな。
悩男
 
Hiroki
私の前職は、社長自ら閉店セールの店舗で大声で接客していたところを偶然見てしまったが、流石に声はかけなかったゾ。(退職してから3年後の話だが)
 

一部の人間から嫌われる覚悟を持つ

たとえ前職の上司とコミュニケーションを図っていたり、

会社側からの出戻りのオファーを受けて出戻りした場合においても、

一部の人間から悪役に仕立てられたり、良いように思われないことも覚悟する必要があります。

 

下手したら今の職場よりも過酷な環境が待ち受けていることがあるので、

以前と同じようにはいかない危険性があるということを承知したほうが良いでしょう。

 
最初から嫌われた方が気が楽!?嫌な上司の特徴10選・4つの対処法を紹介!

続きを見る

 

退職前と比較して成長している

会社側から出戻りの希望が無く、自ら出戻りを希望するというのであれば、再就職することによって会社に恩恵をもたらす材料を用意しなければなりません。

 

その為、退職前と比較して自身が成長していることは必須レベルで求められます。

 

シャープみたいにカムバック制度が用意されていない場所である以上、

一度退職した人の再就職の受け入れの判断はし難いものですから、

以前よりも遥かに利益を生み出す覚悟も必要です。

 

出戻り先の会社で骨を埋める覚悟はあるか?

出戻り先の会社に再就職した場合は、再び退職したいなんて口を裂けても言えない状態なので、出戻り先の会社で骨を埋める覚悟が無ければ、出戻りは素直に諦めた方が後悔しません。

 

ましては一度退職している会社ですから、次にいつ不満が発生するかどうか分からないような環境です。

下手したら「出戻りなんてしなければよかった」と悩んでしまうことだってありますよ。

 

以前に安易に退職を判断して失敗したのを含め、出戻りに関しても安易に考えたら、失敗の意味がありません。

出戻りを考える際は、最初に紹介した7つの事例が存在していることを考慮しつつ、骨を埋めるかどうか慎重に判断しましょう。

 

まとめ:やはり出戻りはオススメ出来ない

出戻りする方法についていくつか紹介しましたが、やはり出戻りは簡単にオススメ出来ないものです。

 

一度辞めた会社で骨を埋めるっていうのは流石にヤバイとしか思いませんし、

出戻り社員を悪者だと仕立て上げ、罪悪感の無い状態で嫌がらせを受け続けると思えば、

私なら確実に病んでしまうでしょう。

 

カムバック制度が用意されていたり、前職から出戻りのオファーが届くならまだしも、

自ら出戻りを希望するというのは、今の職場で仕事を続ける以上に後悔するかと思います。

  • この記事を書いた人

Hiroki

「クソ上司やブラック企業に立ち向かう全ての方を応援する」というコンセプトの下、社畜には見るにたえない汚らわしい記事を量産しています。

暴言ジイサン入りの介護施設(4か月)▶ゲーセンバイト(半年)▶ブラック転職事業(4か月)▶パワハラ有で年間休日77日年収200万円の中小企業(2年)と「ド」がつくほどの底辺環境を味わう。

【退職後】アウトドア・転職関連のメディア執筆3年▶雑記・転職サイト2件運営▶「シゴトイキタクナイ」運営【1年2か月目】最高月3万PV

>>底辺社畜時代の話

>>お問い合わせ

ハローワークを利用するだと?ちょっと待ってくれ!

「一度レールから外れた人間はブラック企業しか就職できない・・・」

「ハローワークの求人がブラック企業ばかりで就職する気力がなくなった・・・」

クッソ理不尽な社会の中でイヤでも生きていると身をもって体感できるよね。

「早期離職したら次の就職先が見つからない」という風潮は未だに根付いているほどですし

「3年以内に辞めようとする自分は欠陥人間なんだ・・・」

「どうせ自分は次にいってもやっていけない・・・」

と自分は価値のない存在だと思い込むあまり、ブラック企業から逃れたくても逃れられなかったり、逃れたとしても再び詐欺求人しか目に入らなくなるのはマジで辛いもんです。

でも・・・そんな化石みたいな風潮に捉われすぎる必要はないッ!

リーマンショックの時代とは異なり、現在はブラック企業を排除した未経験向けの転職エージェントが充実しています。

20代であれば誰でも参加することができますし、正社員経験のないニートやフリーターであっても歓迎要件です!

もちろん無料であり、ブラック企業を排除しているだけではなく、転職活動時のサポートや内定後のアフターサービスも充実し過ぎているほどのテンコ盛りです。

同じ無料サービスであるのにも関わらず、ブラック求人を平気で放置しているのに加え、非正規でやる気のない職員で溢れているハローワークと比較したら雲泥の差と言っても過言ではありません。

20代の既卒未経験であれば、迷わず以下の転職エージェントを利用することを強くオススメしますよ!

ブラック企業を徹底的に排除!入社後定着率業界NO1の「ウズキャリ」

独自の審査基準や利用者からのフィードバックでブラック企業を完全に排除!

平均20時間程度のサポートに加え、Google評価が平均して★4以上と高評価なのが「ウズキャリ」の強みだ!

首都圏のIT業界や営業の就職に強く、大阪・名古屋・福岡の求人も取り扱っているぞ!

「ウズキャリ」の詳細記事はコチラ

ブラック企業徹底排除のIT就職に特化した「ウズキャリIT」

ウズキャリのIT就職に特化したサービス。

ブラック企業を完全に排除しつつ、IT特化型の転職支援を受けられるのはココだけしかない。

27歳就業経験なしのひきこもりニートから年収350万円のベンチャー企業に就職した実績があり、定着率や内定率も業界でナンバーワンだ!

「コロナ禍を経て在宅勤務可能な業界に就職したいけど、資格や経験がないから応募しにくい・・・」

と悩む方に一番オススメだぞ!

労基法を守ったら潰れるような会社を排除!「第二新卒エージェントneo」

会社の財源情報をチェックすることで、労基法を守ったら潰れるような会社を排除!

求人数は12000以上とブラック企業の排除を公言している中では最多!

平均10時間程度のマンツーマンサポートも整えられているぞ!

「第二新卒エージェントneo」の詳細記事はコチラ

月収20万・年間休日120日以上の求人多数の「キャリアスタート」

月給25万円以下の20代の既卒・第二新卒・フリーター・ニートに特化している転職エージェント。

内定率86%・定着率92%と驚異的な実績を持っており、ブラック企業を排除した良質な求人を取り揃えている。

北海道から熊本県と北から南まで幅広く対応しているぞ!

「キャリアスタート」の詳細記事はコチラ

-人間関係の悩み
-, ,