人間関係の悩み

頑張ってるのに「努力が足りない」と言われる環境は辞めるべき会社の特徴だ!

頑張ってるのに「努力が足りない」と言われる環境は辞めるべき会社の特徴だ!

会社で自分なりに一生懸命頑張っているのにも関わらず、上司から「努力が足りない」なんて言われて落ち込んでしまった経験はありませんか?

頑張っているのに自身の努力が上司に認められない上に責められるのは本当に理不尽を感じてしまいますよね。

これのせいで精神病を患ったとしても無理がありません。

目先の仕事を頑張っているのに上司から努力が足りないと言われるのは私自身も経験していましたし、自分では必死に頑張ったと思っても周囲から認められないのはマジでうつ病になりかけますよ・・・

結論を言うと、今の仕事を頑張っているのにも関わらず、上司から頻繁にこんなことを言われる環境は明らかに自分には向いていないような環境であると言っているようなものであり、世間からはホワイト企業だと認知されていたとしても、自分にとってはヤバい会社なので、近い内に転職するべき会社だと断言します!

今回は「努力が足りない」と頻繁に言われる環境は辞めるべき理由について書いていきます。

こんな方におすすめ

  • 仕事を頑張っても上司に認められずに仕事を辞めたいと考えている方
 

▼ブラック企業を徹底排除した転職エージェント▼

ブラック企業を徹底的に排除!入社後定着率業界NO1の「ウズキャリ」

独自の審査基準や利用者からのフィードバックでブラック企業を完全に排除!

平均20時間程度のサポートに加え、Google評価が平均して★4以上と高評価なのが「ウズキャリ」の強みだ!

首都圏のIT業界や営業の就職に強く、大阪・名古屋・福岡の求人も取り扱っているぞ!

「ウズキャリ」の詳細記事はコチラ

労基法を守ったら潰れるような会社を排除!「第二新卒エージェントneo」

会社の財源情報をチェックすることで、労基法を守ったら潰れるような会社を排除!

求人数は12000以上とブラック企業の排除を公言している中では最多!

平均10時間程度のマンツーマンサポートも整えられているぞ!

「第二新卒エージェントneo」の詳細記事はコチラ

月収20万・年間休日120日以上の求人多数の「キャリアスタート」

月給25万円以下の20代の既卒・第二新卒・フリーター・ニートに特化している転職エージェント。

内定率86%・定着率92%と驚異的な実績を持っており、ブラック企業を排除した良質な求人を取り揃えている。

北海道から熊本県と北から南まで幅広く対応しているぞ!

「キャリアスタート」の詳細記事はコチラ

金稼ぎの世界には努力賞は存在しないという残酷な現実

大学を卒業後は基本的に自立しなければいけないので、嫌でも金稼ぎの世界に突入することになります。

学生時代までは今の勉強や部活動を頑張ったとしても努力賞が貰えることがあるのに加え、一生懸命試験勉強したのにも関わらず、テストの点数が低かったとしても赤点さえ取らなければ特に教師から何も言われることはありません。

ですが、いざ仕事の世界に入ってみると・・・

 

「お前の仕事が出来ないのは努力不足だ!」

「お前にやる気があるなんて到底思えない!」

 

なんて、今の仕事に対して死ぬ気で頑張ったとしても結果を残せなかったら上記のように激しく責められるのが金稼ぎの世界の常識となっているのですよね。

恐らく新卒間もない時期だとこういった現実に直面すると「糞みたいな理不尽だ!」と真っ先に感じるでしょう。

目先の仕事に対して努力しているのに、上司から「努力が足りない」と言われるのは本当にバカバカしいにも程がありますからね。

たとえどんなに頑張ったとしても結果がでなければ認められずに責められるだけ・・・本当に仕事の世界は甘くないことを実感します。

更に嫌な環境だとあなたが仕事が出来ないことに対して確証バイアスが働き、あなたの嫌な点ばかりを注目するようになる上にあなたが今まで出した仕事の成果を差し置いてまで毎日のように怒られるという境遇に陥るがあるので、もしもこんな境遇に遭遇した場合は真っ先に逃げ出した方が賢明でしょう。

もし無理に我慢して定着しようとすると、ますます仕事が嫌いになるだけで働く気力すら薄れてくる危険性が高まり、マジで危険な状態だと考えるべきです。

上記の事情から、自分では努力したと思っても、結果を出せずに上司から「努力が足りない!」と言われる状況が続いた場合は本当に危険としか言いようがないので

 

「お前の努力が足りないからだ!」

 

なんて日常的に上司から言われる環境は早めに抜け出すべきだと断言できるのです。

 

関連記事

周囲よりも結果を残せないような環境は3年も続けずにさっさと辞めるべき!

頑張っても上司から認められないような状況が続いたとしても、仕事で結果を残せるようになったらまるで手のひらを返したように上司から認められることがあります。

その時に上司から高確率で言われるのが

 

「今までよく頑張っていたよな。」

 

といった言葉です。

 

「いや・・・お前今まで俺が頑張ったとしても責めてたじゃねぇか!」

 

って思い切って突っ込みたくなるレベルですよ。

このように、仕事の世界では結果さえ出すことが出来れば、一気にイージーモードになるような世界なのです。

結果を出すことさえ出来れば自分が今までやってきた努力が無駄ではないことが証明できますし、周りからは努力家と徐々に認められるようになる上に後世に自分の成功体験を伝えてくれるような人も現れるので、このような境地に素早く達することが出来れば、そこは自分にとって天職と言っても過言ではありません。

世の中には「仕事を3年続けたほうが良い」といった言葉がありますが、アレはまさしく結果を出した人が言うことが出来るようなセリフです。

一般的な労働者であれば大体仕事を3年続けたら給与以上の成果を残せるようになるので、3年も働いたら周囲から認められるようになり、まるで高みの見物するかの如くこのセリフを無責任に後輩に対して押し付けることがあるのです。

今の仕事が好きであれば、この言葉の通りに頑張っても良いと思いますが、今の仕事が身体から拒否反応が出るほど嫌で自身の将来を見いだせないようなモノであった場合は、間違いなく成果を残すことが出来ないので、このような事情があった場合は無理に3年も頑張る必要は無いというのが正解だと私は考えています。

今の仕事が嫌いであれば将来結果を出せないことなんて目に見えていますから、たとえ3年働き続けたとしても「仕事が出来ないヤツ」のイメージが定着し続けるだけで何も意味がありません。

「今の仕事を3年続けろ」なんて言葉を押し付けてくる先輩は、今の仕事に対して特に不満に思っていないような状態で仕事に取り組んだからこそ結果を出すことが出来、その影響で認められたからこそ自身の成功体験を押し付けているのでしょう。

ですが、自身が先輩と同じ性格だとは全く限らないので、この言葉の通りに仕事を続けた結果、会社や上司から認められるのかどうかなんて全くわからないのが現実です。

自身が出し続けた結果によって3年も待たずに上司から認められることもあれば、3年経っても問題児扱いされることだってあります。

コレは次頁で解説するように今の仕事が好きか嫌いか、自身の将来につながるのかどうかによって大きく変化すると私は考えていますので、自分の事情を踏まえてから「石の上にも3年」を受け止めるかどうかを考えるべきですね。

なので、「今の仕事を3年続けろ」なんて全て真に受ける必要はありません。

今の仕事に対して何も将来性を見出すことがなく、頑張ることが面倒だと思うような環境で無理に我慢して頑張るような状況が続けば、間違いなく将来に渡って周囲よりも結果を残せないような人材となってしまうので、今まで頑張ってきたことが無駄な努力に陥る危険性が高くなります。

それで・・・頑張ったとしても努力が報われずに上司や会社から「努力が足りない」と責められ続けるといったことが起きてしまうので、本当に無駄としか言いようがありません!

私自身は努力は我慢することではないと思っているので、自分にとって不向きな仕事を無理に続ける必要なんてないのです。

結果を出せなければ努力量を問わずに海外ではクビになるのが当たり前ですし、日本も徐々に成果主義に移行しつつあるので、嫌な仕事を続けたとしても年功序列で高収入になって豊かになるといったことは今後は無くなるでしょう。

下手したらリストラの対象となってしまい、非情にも今までやってきたことを台無しにさせられることだってあり得ます。

上記の背景から、今の仕事が嫌で頑張ることでさえ苦痛と感じ、たとえ頑張ったとしても同僚や部下と比較して成果を残せないような環境は3年も続けずにさっさと辞めるべきなのです。

 

関連記事

今の仕事が好きか嫌いかで将来出せる成果が大きく変化する

 
Hiroki
小説文のように長いので、興味の無い方は読み飛ばすことを推奨します。
 

たとえ自分が「頑張っている」と感情的に思っていたとしても、周囲からそこまで頑張っていないと見られることはよくある事例です。

逆に自分が「頑張っていない」と感情的に思っていたとしても、周囲からスゲー頑張っていると見られることだってあります。

コレは今の仕事が好きか嫌いかどうかで大きく変化するものだと考えており、将来に渡って仕事で出せる成果が大きく変化するので、今の仕事が好きか嫌いかどうかについては、仕事を行うにあたってとても重要な感情だと改めて実感しています。

簡単な例をあげると、あなたがゲームが好きであれば、目の前のゲームに夢中になっていたら気づいたら全国ランカーになっていたといったことは割とあるあるだと思います。

恐らく目の前のことに対して夢中になっているだけで「努力した」という実感が湧いていないのかもしれません。

自分では「目先のことをやり続けたまでだ!」とは思っていたとしても、結果的に全国ランカーになっているのだから周囲のプレイヤーよりも効率的で相当な練習量を積んでいるに違いありません。

上記のように圧倒的な行動量であるのにも関わらず、努力した実感が何故か湧かないような心境だと、努力を努力と感じていないようなレベルであり、仕事でもこのような境地に達することが出来れば最早無敵と言っても過言ではありません。

努力を努力と感じずに圧倒的な成果を残しているのは、無意識にPDCAサイクルを回転しているからこそ出来る芸当です。

基本的にPDCAサイクルというのは面倒な作業でありますが、成長には欠かせない要素です。

いつまでも改善点を見いだせずに目先の作業に集中するばかりでは成長することが出来ません。

自身を成長させるには今までの作業について考える機会を設け、改善点を見出して次に活かすために練習したり仕事方法を変えることが必要なのですが、コレが本当に面倒くさい。

今の仕事が嫌いであればプライベートの時間に仕事のことなんて考えたくもありませんし、目先の仕事をただ何も考えずに処理していくことで精一杯なはずです。

こんな状況で「PDCAサイクルを回せ」と言われたとしても、とても出来ることではありません。

その結果、頑張ることでさえ苦痛と感じ、努力が苦痛だと思うような中でただ楽をするためにひたすらPDCAサイクルでいう「D」の箇所を続けることで

 

「私は頑張っています!」

 

とアピールすることになるのです。

これだと結果が出にくいですし、たとえ自身が頑張っていると思っていたとしても、そこまで成長していないことが上司から目に見えているので結果的に責められることになるのです。

ファイナルファンタジー14で例えれば、装備集めにインスタンスダンジョンに通うのが必須であるのにも関わらず、コレが面倒だからといって脳死状態でも行えるようなオープンフィールド(FATE)でレベル上げに専念した挙げ句、「私は必死でFF14を頑張っています」とアピールしているのと同じようなものです。

その結果、インスタンスダンジョンに通っているプレイヤーと比較してレベルは同じくらいなのに装備は全く集まらずにボスコンテンツの入口にすら立てないといった状況に陥ります。

 

「オープンフィールドで頑張ったのになんでボスPTに入れないんだ!おかしいだろ!」

 

と言いたくなるのが、現実世界でいう

 

「頑張ったのに何故上司は認めてくれないんだ・・・」

 

といった感情なのです。

頑張ることが苦痛の環境の中で自分が少しでも楽するために本来やるべきことを捻じ曲げてまで頑張る仮面を身につけるようになり、結果的に努力しているのに認められないといった感情となってしまうのです。

こんな状況に陥るようなら、いつまで経っても成長出来ずに無駄な努力を続けてしまうので、今の仕事が嫌いで目標意識を持てないといった状況で仕事を続けるのは本当に無駄としか言いようがありません。

しかし、逆に無意識でPDCAサイクルを回せるようになれば、周りと比較して圧倒的な能力を持つことができます。

今の仕事が好きであれば「この分野では誰にも負けたくない」というような感情が働くはずなので、こういった感情から他人に負けたり失敗した時の経験をするたびに

 

「何故負けた(失敗)したのか?」

「次の対策法を考えよう」

「こうすればいけるんじゃないか?」

「よし!コレだ!次に活かすために脳内でイメージトレーニングをしよう!」

 

なんてことで隙間時間やお風呂に浸かっている時やトイレでウ○コをしている時に頭がいっぱいになるので、仕事でこのような境地に達する事ができればまさに天職といっても過言ではありません。

実際に好きなゲームをプレイしている時もトッププレイヤーや周りと比較して強いプレイヤーになって自己満足したいという目標意識と自尊心によって無意識に上記のようなことで頭がいっぱいになりますので、結果的に上位プレイヤーに成り上がっていることだってあります。

仕事の分野においても、たとえば「将来ここで実績を身に着け、周りよりも稼げるようなフリーランスになりたい」という目標意識を持って自身の得意分野を活かせる好きな仕事に取り組みさえすれば、周りよりも仕事が出来るような人間になることは十分に可能であると考えています。

出した結果によって努力が認められるような世界であれば、PDCAサイクルを無意識で回せるような環境に定着したほうが良いというのは言うまでもありません。

PDCAサイクルを無意識に回せるような環境であれば、まさに努力を努力と感じないような環境を手に入れることができるでしょう。

逆に頑張ることに関して苦痛だと思い、本来あるべき努力を捻じ曲げてまで頑張る仮面を身につけるような環境であれば、今の仕事を続けたとしても期待することが出来ません。

このように、今の仕事が好きか嫌いか、目標意識が持てるかどうかで将来出せる成果が大きく変化することがありますので、次の仕事を選ぶ時はこのポイントに関して重点的に置くことが大切です。

まとめ:誰にも負けたくないような仕事環境が見つかるまで就職活動は続く!

今の仕事が嫌いで努力が苦痛だと感じるような環境は間違いなく自分には向いていないので即座に辞めるべきです!

頑張ることが苦痛であることから本来やるべき努力の方向性を見失ってまで頑張り続けても時間の無駄ですし、つまらなくて将来性が無いと感じるような場所で無理して頑張ったとしても成果を出せなくて自身が消耗するだけで何も意味がありません。

頑張っても上司や会社から認められずに「努力しろ」と毎日のように言われ続ける・・・なんてことが起きたら本当に病みますよ!

実際に私は前職で商品の紙包装をひたすら頑張っていましたが、ただ完成することだけを考えるばかりで先輩に細かいコツを質問することもなく2周間頑張り続けた結果、包装が中々出来ないことが原因で私がパワハラおばちゃんと読んでいる50代くらいの上司からパワハラを受け続けることになったので、努力が苦痛だと思うような環境は実体験からしてマジで危険です!

金稼ぎの世界では出した結果しか見られず、結果を出さなければ努力が認められることなんてありませんので、たとえ嫌な仕事であっても生きていくために我慢して続けるなんて考えは今すぐ改めたほうが良いです。

そこで、自分の得意分野を活かせる・興味があるような仕事を探し、周りの同僚や部下に負けたくない一心で仕事が出来るような環境を見つける必要があるのです。

好きなゲームをプレイしていて周りのプレイヤーに負けたくないという一心でTOPプレイヤーに成り上がるようなプレイスタイルを貫くのと同じような感情を仕事でも活かせるような場所が見つかるまでは、就職活動は終わらないと言っても良いかもしれません。

インターネットが発達し、転職エージェントが発達してきた現代においては、新卒で就職活動が終了なんて時代は終わりつつありますから、20代の間は「この分野では誰にも負けたくない」と思えるような仕事環境を見つけることに対して全力を注ぐことをお勧めします!

プライベートの時間においても仕事の改善点が常に頭に浮かび、努力を努力と感じないような仕事環境を見つけましょう!

  • この記事を書いた人

Hiroki

「クソ上司やブラック企業に立ち向かう全ての方を応援する」というコンセプトの下、社畜には見るにたえない汚らわしい記事を量産しています。

暴言ジイサン入りの介護施設(4か月)▶ゲーセンバイト(半年)▶ブラック転職事業(4か月)▶パワハラ有で年間休日77日年収200万円の中小企業(2年)と「ド」がつくほどの底辺環境を味わう。

【退職後】アウトドア・転職関連のメディア執筆3年▶雑記・転職サイト2件運営▶「シゴトイキタクナイ」運営【1年2か月目】最高月3万PV

>>底辺社畜時代の話

>>お問い合わせ

ハローワークを利用するだと?ちょっと待ってくれ!

「一度レールから外れた人間はブラック企業しか就職できない・・・」

「ハローワークの求人がブラック企業ばかりで就職する気力がなくなった・・・」

クッソ理不尽な社会の中でイヤでも生きていると身をもって体感できるよね。

「早期離職したら次の就職先が見つからない」という風潮は未だに根付いているほどですし

「3年以内に辞めようとする自分は欠陥人間なんだ・・・」

「どうせ自分は次にいってもやっていけない・・・」

と自分は価値のない存在だと思い込むあまり、ブラック企業から逃れたくても逃れられなかったり、逃れたとしても再び詐欺求人しか目に入らなくなるのはマジで辛いもんです。

でも・・・そんな化石みたいな風潮に捉われすぎる必要はないッ!

リーマンショックの時代とは異なり、現在はブラック企業を排除した未経験向けの転職エージェントが充実しています。

20代であれば誰でも参加することができますし、正社員経験のないニートやフリーターであっても歓迎要件です!

もちろん無料であり、ブラック企業を排除しているだけではなく、転職活動時のサポートや内定後のアフターサービスも充実し過ぎているほどのテンコ盛りです。

同じ無料サービスであるのにも関わらず、ブラック求人を平気で放置しているのに加え、非正規でやる気のない職員で溢れているハローワークと比較したら雲泥の差と言っても過言ではありません。

20代の既卒未経験であれば、迷わず以下の転職エージェントを利用することを強くオススメしますよ!

ブラック企業を徹底的に排除!入社後定着率業界NO1の「ウズキャリ」

独自の審査基準や利用者からのフィードバックでブラック企業を完全に排除!

平均20時間程度のサポートに加え、Google評価が平均して★4以上と高評価なのが「ウズキャリ」の強みだ!

首都圏のIT業界や営業の就職に強く、大阪・名古屋・福岡の求人も取り扱っているぞ!

「ウズキャリ」の詳細記事はコチラ

ブラック企業徹底排除のIT就職に特化した「ウズキャリIT」

ウズキャリのIT就職に特化したサービス。

ブラック企業を完全に排除しつつ、IT特化型の転職支援を受けられるのはココだけしかない。

27歳就業経験なしのひきこもりニートから年収350万円のベンチャー企業に就職した実績があり、定着率や内定率も業界でナンバーワンだ!

「コロナ禍を経て在宅勤務可能な業界に就職したいけど、資格や経験がないから応募しにくい・・・」

と悩む方に一番オススメだぞ!

労基法を守ったら潰れるような会社を排除!「第二新卒エージェントneo」

会社の財源情報をチェックすることで、労基法を守ったら潰れるような会社を排除!

求人数は12000以上とブラック企業の排除を公言している中では最多!

平均10時間程度のマンツーマンサポートも整えられているぞ!

「第二新卒エージェントneo」の詳細記事はコチラ

月収20万・年間休日120日以上の求人多数の「キャリアスタート」

月給25万円以下の20代の既卒・第二新卒・フリーター・ニートに特化している転職エージェント。

内定率86%・定着率92%と驚異的な実績を持っており、ブラック企業を排除した良質な求人を取り揃えている。

北海道から熊本県と北から南まで幅広く対応しているぞ!

「キャリアスタート」の詳細記事はコチラ

-人間関係の悩み