ブラック企業 社畜批判

グレー企業のあるある7選!基本的に長く続けるべきではない!

グレー企業の特徴とは?

世の中の中小企業の多くが、グレー企業と言われています。

これは名前の通り、ブラック企業とは言えないレベルだけど、ブラックな要素が割とあるような場所のことです。

たとえば残業代が30分単位で出たり、始業時間前の清掃や朝礼があったり、最低賃金を下回っている月があるなどといった、本来なら労基法違反だけど黙認状態のモノを平気で行っている会社が正にソレですね。

結論を言うと、グレー企業は長く続ける場所では無く、転職前提で働くべきです!

基本的に同世代の平均以下の待遇で過ごさなければならなくなるので、周りよりも豊かに暮らしたいのであれば、早めに立ち去るべきですね。

今回はグレー企業について書いていこうかなと!

こんな方におすすめ

  • グレーな労働環境に悩まされている方
  • グレー企業とはどんなものかを知りたい方
 

▼ブラック企業を徹底排除した転職エージェント▼

ブラック企業を徹底的に排除!入社後定着率業界NO1の「ウズキャリ」

独自の審査基準や利用者からのフィードバックでブラック企業を完全に排除!

平均20時間程度のサポートに加え、Google評価が平均して★4以上と高評価なのが「ウズキャリ」の強みだ!

首都圏のIT業界や営業の就職に強く、大阪・名古屋・福岡の求人も取り扱っているぞ!

「ウズキャリ」の詳細記事はコチラ

労基法を守ったら潰れるような会社を排除!「第二新卒エージェントneo」

会社の財源情報をチェックすることで、労基法を守ったら潰れるような会社を排除!

求人数は12000以上とブラック企業の排除を公言している中では最多!

平均10時間程度のマンツーマンサポートも整えられているぞ!

「第二新卒エージェントneo」の詳細記事はコチラ

月収20万・年間休日120日以上の求人多数の「キャリアスタート」

月給25万円以下の20代の既卒・第二新卒・フリーター・ニートに特化している転職エージェント。

内定率86%・定着率92%と驚異的な実績を持っており、ブラック企業を排除した良質な求人を取り揃えている。

北海道から熊本県と北から南まで幅広く対応しているぞ!

「キャリアスタート」の詳細記事はコチラ

グレー企業のあるある7選。全て当てはまったらブラック企業だ!

グレー企業というものは、中小企業に多く存在しています。

中小企業はたとえ労基法を犯していたとしても、世間からそこまで注目されませんし、労基署から特に取り締まりが無ければ、違法な労働を平気で行わせられるような場所です。

実際に私の前職はモロにグレー企業(ブラック企業に近いか?)に該当し、下記のような特徴にあてはまっていることが多かったです。

 

グレー企業の7つの特徴

  • 残業代が1日で30分単位でしか出ない
  • 30分以上前に早出をしなければならない
  • パワハラが常習的に行われており、労働組合が結成されていない
  • 普通ならおかしいと思われる暗黙の了解がある
  • 健康診断料や定期診断料を自己負担させる
  • インターネットビジネスが禁止されている
  • 週44時間労働を採用している
 

1つだけならまだしも、上記のような特徴に全てあてはまっていれば、グレーを通り越して、そこはブラック企業と言っても良いレベルです。

では、それぞれ解説していきます!

 

残業代が1日で30分単位でしか出ない

残業代が1日で30分単位なのは、中小企業では良くあるあるな事例です。

本来であれば30分単位は1か月単位でしか適応されず、1日単位であれば1分単位で計上しなければならないのですよね。

なのに、コレを1日30分単位と勘違いして適応している場所が多い!

勿論労基法違反なのですが、既に慣習化されている会社が多いのが現状で、実質黙認状態になっているのが現状です。

1日30分単位という影響は意外と大きく、たとえば毎日20分程度残業していたとすると、年間休日が120日であれば、81.6時間もの時間を無駄にしてしまうことになります。

月収20万円で残業代が出た場合は、大体12.7万円程度ロスすることに・・・

12.7万円もあれば、そこそこ良いロードバイクが買えますし、新しいパソコンに新調できますから、意外と影響が大きいです。

更に細かい例をあげるとしたら、アニメでCMの前後に合計して10秒程度アイキャッチが入るのですが、アレがワンピースみたいな900話以上連載されているアニメとなれば、アイキャッチだけでも2.5時間取られるのですよね。

こんな週1のアニメの10秒の時間ですら、積もってしまうと凄い量になりうるので、毎日の残業代に関しては1分たりとも無駄にするべきではありません!

なので、たとえどんなに働きやすい環境であっても、残業代30分単位で出している時点で立派なグレー企業です!

 

30分以上前に早出をしなければならない

30分以上前に早出しなければならない習慣に対しては、多くの人が疑問を抱いているのかもしれません。

実際にコレも労基法違反であり、30分単位の残業と同じく黙認されているのが現状です。

たとえば始業時間前の清掃やら開店準備、朝礼といった習慣に早出してまで行かなければならないというのがあります。

厄介なのが、早出を常識だと押し付け、従業員に対して自発的に行わせている環境を形成しているというところです。

実際に私の前職は常識という名の下に、30分前の清掃の後に朝礼が日課となっており、酷い場所では開店時間1時間前の準備を無償でやらせる店舗もありましたね。

開店時間が9時からなのに「8時から来い!」と指示されたのは正直「は?」としか思いませんでしたし、商品倉庫で勤務していた時は、会議がある時は45分以上前にパートのおばちゃんから出勤するように指示されたときはもう・・・

 

「すいません。次から気を付けまーす」

 

と・・・そっぽを向きながら、適当に相槌を流しましたよ。

残業が無いことを売りにしている会社に限って、サービス早出があるので、この言葉を真に受けて入社した時はマジで騙された気分になりましたね・・・(実際に前職がこのパターンだった)

コレも残業時間と同じように、積み重ねれば凄い時間量になるので、長く居続けるべきではありません!

サービス早出&30分単位の残業がセットとなれば、それはそれで実質サービス残業があるのと同じような環境です!

 

関連記事

 

パワハラが常習的に行われており、労働組合が結成されていない

労働環境に関しては特に不満が無くとも、パワハラによる問題が常習化しているレベルの上に、労働組合が結成されていない場所はグレー企業と言っても良いレベルです。

労働新聞社によると、100人以下の中小企業の労働組合の組織率は皆無に等しく、ほとんどが未加入という状況です。(1000人以上の大企業であれば44%)

労働組合が無ければ何かと人間関係で悩み事があったら相談できませんし、就業規則を作成・改定する際に直接意見を出すことが出来ない上に従業員が結束して給与を上げるように交渉することが出来ませんので、会社側が実質やりたい放題の状態になります。

これで人間関係に特に不満が無ければ問題ないのですが、問題はパワハラが横行しているような場所ですね。

相談できる中立的な機関が会社内に無い上に、パワハラが横行しているような場所は本当に危険ですよ。

たとえば、パワハラ上司が特定の部下だけに強く当たり、他人に対しては優しいといったパターンであれば、部下がたとえ他の上司に相談したとしても・・・

 

「パワハラを受けるようなお前が悪い!」

 

とかいう扱いをされるだけですし、中立的な機関が会社内に無かったら、会社に気に入られるような人間だけが実質やりたい放題の状態になるので

 

「このイカれた時代(会社)にようこそ!」

「時はまさに世紀末」

 

という北斗の拳2のOPであるたっぽいの歌詞にあるような世界観になる可能性は十分にあります。

実際に私が前職に勤務する前にSさんという先輩が当時の上司から胸倉を掴まれたり、暴言を吐かれるなどといったパワハラを受けていましたが、その上司が取締役という重役ということもあって、社長がパワハラ行為に対してスルーしていたのは、正直言って

 

「おかし過ぎるッ!」

 

としか思いませんでしたね・・・

力の強い人間がやりたい放題という世紀末な世界は本当に勘弁して欲しいです。

ちなみに社長はSさんに「都合の悪いことは聞き流せ!」とか言っているだけで、解決の方向に動かそうとしませんでしたから、労働組合という中立的な組織が無い環境で働くのはリスクが高いですね。

 

関連記事

 

普通ならおかしいと思われる暗黙の了解がある

従業員に対して労基法違反の暗黙の了解を押し付け、それを慣習にしている場所はグレー企業認定されてもおかしくはありません。

前に言った通り、始業前の清掃や朝礼を押し付けるのは暗黙の了解ですし、台風の日であっても、言葉の意図を読み取って自発的に出勤しなければならないといったモノも立派な暗黙の了解です。

暗黙の了解を破った従業員に対しては露骨な嫌がらせを受けることが多く、嫌でも従わせようとしてくるので、こういう傾向が見られたら本当にブラックに近い環境です。

ただ、他人の声に惑わされないような意思の強い人間であれば、このような環境で働いても特に問題無いでしょう。

たとえ会社で嫌われたとしても、すぐに辞められる環境が整っているのであれば、そこは自分にとってグレーな環境では無くなるのかもしれません。

 

関連記事

 

健康診断や定期診断料を自己負担させる

入社前に健康診断や1年毎に定期診断を行うことは、労働安全衛生法によって義務付けられているので、嫌でもやらなければなりません。

その際に会社から診断料を支払われるのですが、中には診断料を自己負担させるような会社は一定数存在しています。

コレは厚生労働省の見解を無視している証拠であり、無視していたら当然グレー企業ですね。

実際に私の前職は入社前の健康診断料を自己負担させるような環境でした。

当時の私は社会人経験が浅いことがあり、健康診断の自己負担について特に疑問を感じることはありませんでしたが、後々母親にコレに関して伝えてみると、やはりおかしいようですでに気付いた時にはもう諦めモードに入っていました。

診断料が5400円ということがあり、地味に痛かったのは今でも鮮明に覚えていますね。

流石に定期診断の際は辞める覚悟で半分脅すような感じで会社に対して請求しましたが、その時は流石に会社側が負担してくれました。(何も言わなかったら自己負担だった)

健康診断料すらケチるような環境は、本当にブラックに近いような環境です!

 

関連記事

 

インターネットビジネスが禁止されている

副業禁止している会社は7割以上占めており、全てをグレーな環境を認定するということは、世の中のほとんどの会社がグレーということになるので、副業を禁止されているからといって一概にグレーな環境とは言えませんね。

他社の雇用という他の会社で非正規で働くことを禁止しているのであればマシなのですが、趣味と並行して行えるインターネットビジネスですら禁止にしているような会社は、流石にグレー企業と言っても過言ではありません。

今の時代はインターネットで稼ぐことが当たり前のようにできるので、昔よりも気軽に稼げる状態になっているのは本当に便利な時代となっていることを実感しますよね。

こういう時代になったからには、複数の収入源を確保してリスクをなるべく分散したい所です。

なのに・・・インターネットビジネスすら禁止されていたら、実質会社以外で労力は使うなとか言ってるようなモノです。

それに見合う給料を出しているのであればマシなのですが、実際は高待遇な会社ほど容認されており、最低賃金に近いような環境ほどインターネットビジネスすら禁止にされているのが現状です。

こんな環境で働けば間違いなくワーキングプアコースですし、たとえ人間関係が良いとしてもOUTなパターンです。

実務経験や実績を得るために我慢する程度なら何とか耐えられますが、20代の貴重な時間を全て使ってまで働き続ける必要性はありませんね。

 

関連記事

 

週44時間労働を採用している

週44時間労働を採用しているような場所は合法的なグレー企業です!

実際に週44時間労働は特例措置対象事業場という制度で合法化されており、中小のサービス業が好んで採用しがちです。

コレが採用されている環境だと年間休日が著しく少なくなりますし、月に17時間程度サービス残業が合法的に認められることになるので、周りと比較して憂鬱になってしまいます。

実際に私の前職はこの制度を採用しているおかげで年間休日が77日という異常な少なさでしたし、これに加えてサービス残業やら早出があったので、労働時間を考慮すると、もうブラックと言っても過言では無いレベルでしたね。(これでも年収200万円)

この制度に該当する企業は意外と多く存在していますが、実際に該当している中で採用している会社は2割程度しか存在していません。

まぁ・・・常識的に考えて普通の会社なら採用しないよね。

こんな会社で働けば底辺を見ることになりますし、本当にお勧め出来ません!

 

関連記事

 

グレー企業で勤務することによる悪影響

グレー企業に働き続けることによって得られるものは、後々転職に役立つ仕事の実績や信頼くらいで、それ以外に得るものはほとんどありません。

グレー企業で勤務すると、以下のような悪影響をもたらすことがあります。

グレー企業で勤務することによる悪影響

  • 基本的に給料が同世代以下となる
  • 一度頼られる存在になってしまえば、悪待遇のまま我慢しなければならなくなる

それぞれ解説します!

基本的に給料が同世代以下となる

グレー企業というのは人件費をケチる傾向が多く、ボーナスが出る方が珍しいレベルなので、基本的に同世代よりも給料が低いです。

リクナビの情報によると、20代後半の男性だと平均で378万円もの年収を得ています。

恐らくグレー企業で勤務している人にとっては

 

「これ貰いすぎだろ!」

 

と思わず思ってしまうレベルです。

実際に私が前職で2年間勤務していた時点で年収が200万円のままでしたし、当時は20代後半だったので同世代と比較すると本当に低いことを実感しましたね。

しかも普通の人よりも多く働いていてコレですよ・・・(年間労働時間2500時間)

周りの人と比較して虚しくなったのは苦い思い出ですね。

男性で収入が低いと婚活する際に不利となり、基本的に年収300万円以下の人はあり得ないとイメージされていることが多いです。

この環境を早く脱出しなければ、たとえ仕事が出来たとしても「稼げない男」とレッテルを貼られるので、将来結婚を意識しているのであれば、20代半ばあたりに何とかしてでも脱出しなければなりません。

 

関連記事

一度頼られる存在になってしまえば、悪待遇のまま我慢しなければならなくなる

グレー企業で普通に勤務していれば問題無いのですが、中には頑張る場所を間違えた結果、会社から頼りにされてしまい、中々辞められないような状況に陥ると危ないですね。

たとえ周りの上司や部下から絶賛されていたとしても、給料が低くて長時間労働が横行したらそれはそれでキツイですし、嫌でも続けなければならないとなると、まるで生き地獄です。

実際に私の前職で経理事務で勤務していた際に、私に良くしてくれたバイヤーのNさんがいましたが、見事に会社に必要不可欠な存在となっていました。

毎晩夜9~10時まで残業することが当たり前でしたし、社長が主催する会議に毎回呼ばれていたりしましたから、頑張る場所を間違えて頼られる存在になったら損をするとしか思いませんでしたね・・・

ちなみにNさんは私が退職の選択肢を取った際は私に対して羨ましく思っており、自分はもう就職活動する気力すら無いと半ば諦めモードに入っていました。

流石にあそこまで会社に認められたら、もう他の場所に行ける気力すら失ってしまうのは無理もありません・・・

間違った環境に定着するのは本当に危ないですよ。

グレー企業は用済みだと思ったら、即座に転職することを惜しんではなりませんね。

 

関連記事

まとめ:グレー企業は実務経験の条件をクリアしたら即座に転職だ!

グレー企業は「実務経験2年以上」などの他会社の中途入社条件をクリアしたら、即座に転職することをお勧めします。

定着したら薄給激務に悩まされる上に辞められない状況に陥ることにありますし、会社でどんなに頑張ったとしても豊かになれないのは、時間の無駄ですからね。

グレー企業は将来やりたい仕事で高収入を得る為の犠牲程度に留めておくことが大切です!

  • この記事を書いた人

Hiroki

「クソ上司やブラック企業に立ち向かう全ての方を応援する」というコンセプトの下、社畜には見るにたえない汚らわしい記事を量産しています。

暴言ジイサン入りの介護施設(4か月)▶ゲーセンバイト(半年)▶ブラック転職事業(4か月)▶パワハラ有で年間休日77日年収200万円の中小企業(2年)と「ド」がつくほどの底辺環境を味わう。

【退職後】アウトドア・転職関連のメディア執筆3年▶雑記・転職サイト2件運営▶「シゴトイキタクナイ」運営【1年2か月目】最高月3万PV

>>底辺社畜時代の話

>>お問い合わせ

ハローワークを利用するだと?ちょっと待ってくれ!

「一度レールから外れた人間はブラック企業しか就職できない・・・」

「ハローワークの求人がブラック企業ばかりで就職する気力がなくなった・・・」

クッソ理不尽な社会の中でイヤでも生きていると身をもって体感できるよね。

「早期離職したら次の就職先が見つからない」という風潮は未だに根付いているほどですし

「3年以内に辞めようとする自分は欠陥人間なんだ・・・」

「どうせ自分は次にいってもやっていけない・・・」

と自分は価値のない存在だと思い込むあまり、ブラック企業から逃れたくても逃れられなかったり、逃れたとしても再び詐欺求人しか目に入らなくなるのはマジで辛いもんです。

でも・・・そんな化石みたいな風潮に捉われすぎる必要はないッ!

リーマンショックの時代とは異なり、現在はブラック企業を排除した未経験向けの転職エージェントが充実しています。

20代であれば誰でも参加することができますし、正社員経験のないニートやフリーターであっても歓迎要件です!

もちろん無料であり、ブラック企業を排除しているだけではなく、転職活動時のサポートや内定後のアフターサービスも充実し過ぎているほどのテンコ盛りです。

同じ無料サービスであるのにも関わらず、ブラック求人を平気で放置しているのに加え、非正規でやる気のない職員で溢れているハローワークと比較したら雲泥の差と言っても過言ではありません。

20代の既卒未経験であれば、迷わず以下の転職エージェントを利用することを強くオススメしますよ!

ブラック企業を徹底的に排除!入社後定着率業界NO1の「ウズキャリ」

独自の審査基準や利用者からのフィードバックでブラック企業を完全に排除!

平均20時間程度のサポートに加え、Google評価が平均して★4以上と高評価なのが「ウズキャリ」の強みだ!

首都圏のIT業界や営業の就職に強く、大阪・名古屋・福岡の求人も取り扱っているぞ!

「ウズキャリ」の詳細記事はコチラ

ブラック企業徹底排除のIT就職に特化した「ウズキャリIT」

ウズキャリのIT就職に特化したサービス。

ブラック企業を完全に排除しつつ、IT特化型の転職支援を受けられるのはココだけしかない。

27歳就業経験なしのひきこもりニートから年収350万円のベンチャー企業に就職した実績があり、定着率や内定率も業界でナンバーワンだ!

「コロナ禍を経て在宅勤務可能な業界に就職したいけど、資格や経験がないから応募しにくい・・・」

と悩む方に一番オススメだぞ!

労基法を守ったら潰れるような会社を排除!「第二新卒エージェントneo」

会社の財源情報をチェックすることで、労基法を守ったら潰れるような会社を排除!

求人数は12000以上とブラック企業の排除を公言している中では最多!

平均10時間程度のマンツーマンサポートも整えられているぞ!

「第二新卒エージェントneo」の詳細記事はコチラ

月収20万・年間休日120日以上の求人多数の「キャリアスタート」

月給25万円以下の20代の既卒・第二新卒・フリーター・ニートに特化している転職エージェント。

内定率86%・定着率92%と驚異的な実績を持っており、ブラック企業を排除した良質な求人を取り揃えている。

北海道から熊本県と北から南まで幅広く対応しているぞ!

「キャリアスタート」の詳細記事はコチラ

-ブラック企業, 社畜批判
-