人間関係の悩み

退職の引き止めで良くあるうざい常套句なんて無視しろ!意地でも辞めるべき理由を語る!

退職の引き止めの常套句と辞めるべき理由

 
悩子
今の会社を退職したいんだけど上司から引き止めにあっていて中々退職を決断できないよ・・・
 

こんな悩みに答えていきたいと思います。

当記事の概要をまとめると以下の通りです。

 

当記事概要まとめ

  • 退職の引き止めであるあるなうざい常套句の紹介
  • 退職の引き止めは無視しても良い理由の列挙
 
Hiroki
異業界に転職したいというのであれば年齢が若いほうが圧倒的に有利なので、うざい引き止めに惑わされずに何としてでも退職を勝ち取りましょう!
 

こんな方におすすめ

  • 退職時に会社側に引き止めされて悩んでいる
  • 退職時にクソ上司に人格否定をされて落ち込んでいる
  • 退職の引き止めに関して疑問を抱いている
 

当記事のボリューム

この記事は6500文字程度です。

 
 

▼ブラック企業を徹底排除した転職エージェント▼

ブラック企業を徹底的に排除!入社後定着率業界NO1の「ウズキャリ」

独自の審査基準や利用者からのフィードバックでブラック企業を完全に排除!

平均20時間程度のサポートに加え、Google評価が平均して★4以上と高評価なのが「ウズキャリ」の強みだ!

首都圏のIT業界や営業の就職に強く、大阪・名古屋・福岡の求人も取り扱っているぞ!

「ウズキャリ」の詳細記事はコチラ

労基法を守ったら潰れるような会社を排除!「第二新卒エージェントneo」

会社の財源情報をチェックすることで、労基法を守ったら潰れるような会社を排除!

求人数は12000以上とブラック企業の排除を公言している中では最多!

平均10時間程度のマンツーマンサポートも整えられているぞ!

「第二新卒エージェントneo」の詳細記事はコチラ

月収20万・年間休日120日以上の求人多数の「キャリアスタート」

月給25万円以下の20代の既卒・第二新卒・フリーター・ニートに特化している転職エージェント。

内定率86%・定着率92%と驚異的な実績を持っており、ブラック企業を排除した良質な求人を取り揃えている。

北海道から熊本県と北から南まで幅広く対応しているぞ!

「キャリアスタート」の詳細記事はコチラ

 

退職の引き止めであるあるなうざい常套句とは?

退職の引き止めであるあるなうざい常套句とは?

 

①お前になんか転職できる訳がない!ここで頑張れよ!

今どきこんなセリフを言うヤツがいるんだろうかと思われますが、マジで存在します。

 
Hiroki
実際に私は前職で勤務していた際、社畜上司と呼んでいるTに対して近い内に今の会社を辞めることを告げたのですが、見出しの文と全く同じことをバカにするように言われましたよ。
 
社畜
社畜上司Tの体験談!社畜的名言がヤバすぎて酷い・・・

続きを見る

 

人生経験が豊富だと思っている上司からこんなセリフを言われたら、転職ができないと本気で錯覚するのかもしれません。

 

でも・・・「お前には転職できる訳がない」という常套句なんて真に受けるだけでもバカを見るハメになります。

 

後頁で解説するように別の業界に転職したいというのなら年齢が若いほうが圧倒的に有利ですからね。

こんなクソみたいな常套句に従って無理に働き続けた挙句にあとあと別の業界に転職したいと考えるようになれば、それこそ転職が困難なものとなります。

 

こういった脅しに近いセリフを平気で投げかけてくるということは会社自体余裕がないのでしょう。

人格否定の言葉を投げかけることによって、あなたが会社の思い通りに動かすように仕向けているのかもしれません。

表面では「お前の為」だと言っている割には、裏では従業員の事情なんてどうでも良くて会社の私利私欲だけ考えているっていうのは労基法を守らないとやっていけないような会社に良くありがちですからね。

こういった汚い言葉を投げかけないと経営を維持できないような会社なんて働き続けてもボロ雑巾にされるのが目に見ています。

 

なので・・・

 

「お前になんか転職出来る訳が無い!」

 

なんて言葉を投げかけた時点で即刻辞めるべきブラック企業だと判断しよう。

 

②そんなんじゃどこに行っても同じだ

 

「転職したとしても状況は変わらないぞ!」

「世の中を甘く見過ぎている!」

 

なんて言われ、退職を思いとどまるようにされるのは意外とあるものです。

 

新入社員からベテラン社員になって自立するまでの期間はどこにいっても辛いのは一部頷けるものなのですが、労働環境の面において「どこに行っても同じ」と言われると首を横に振ることしかできません。

 

実際に私の前職を退職する際に部長から呼び出された時に「どこに行っても同じ」だと言われたことがあるのですが

 

前職のクソみたいな待遇

  • 年間休日が77日(少し前までは年間休日72日だった)
  • 年収が200万円で残業代がほとんど出ない(月の手取りは14万円)
  • 通勤時間が片道1時間~1時間半(2回目の店舗勤務の際は20分だった)
  • 福利厚生は住宅手当2000円と交通費くらいしかない
  • 無給の朝の清掃や開店準備が場所によって30~1時間程度ある
  • 日30分単位の事前申請式の残業代支給システムを用意している
  • たまに訪れる土日連休ですら社長に「贅沢」だと言われる
  • 社長に帰宅挨拶する度に「もう帰るのか?」と嫌味を吐かれる
  • インターネットビジネスを含む副収入を得ることは一切禁止
 

上記のような誰もが「底辺」だと言える環境ばかりの会社が立ち並んでいたら、今ごろ働かずに生きる人間がわんさか出てくることでしょう。

こんなバイト以下の奴隷待遇の会社が世の中にあふれていたら、日本がGDP世界3位なんて維持出来る訳がありませんから

 

「そんなん知るかボケ!」

 

と返せばOKです。

 

あと「どこにいっても同じ」と言うヤツに限って転職経験がなく、他人の失敗談だけを見てメシウマしているような人間である傾向があるのでまともな人間でないことが多いです。

 

他人の不幸を平気であざ笑うようなドス黒い人間の言葉なんて真に受けるだけでも社会に絶望するハメになりますよ。

現に今の環境がブラックだと本気で自覚しているのなら、転職したら高確率で良い環境へと生まれ変わるので

 

「どこに行っても同じだ!」

 

という言葉なんて真に受けて転職を思いとどまる必要なんかないと断言します。

 

③最低でも3年頑張らないとダメだ

私はこういうセリフを言っている人間を「3年オジサン(オバサン)」と呼んでいるのですが、何故3年頑張らないといけないのか全くもって不明です。

 

今の仕事が楽しいと思いつつ、キャリアアップの目標設定を行っているのであれば話は別ですが、別の業界で働きたいというのなら3年という期間は不要としか思えません。

 

むしろこういったセリフを平気で吐くような会社は、新卒採用時の人件費の回収や無理やりでも定着させようとするような意向しか見えないのですよね。

これもまた表面上では「お前の為」だと言っているものの、裏では会社の私利私欲しか考えていないという定番のパターンです。

 

あとは仕事に慣れてきたところで重要なポジションに就かせ、安い人件費なのに退職しにくくさせようとする手段も上手く利用してきます。

実際に私の前職では同僚が芋づる式で辞めていく中、クソ上司からの暴言・暴力のパワハラに必死に耐え続けて3年以上働き続けた先輩のSさんがいたのですが

 

Sさんのポジション

  • 会社でたった一人の営業マン(外販担当)に配属された
  • 社長から唯一下の名前で呼ばれるほど親しまれる権利を得た
  • 面接や入社式時に社長がSさんの昔話を何度も語ってくる
  • 社内ではSさんをたたえる話題でもちきりになっている
  • 女性社員から凄く頼りにされている
  • 会社のHPの採用情報に自己PRが載せられた
 

という感じで見事に会社でナイスガイみたいな扱いとされていました。

一見すると「メッチャ良いじゃん!」と思われそうですが・・・

 

Sさんの待遇

  • 月給13万円(もちろん正社員で手取りじゃない)
  • 年間休日77日の状態の中で休日出勤や2時間程度のサービス残業を行っている
 

こんな待遇だったら全く嬉しくないと思うはずだ。

普通であれば真っ先に逃げるのですが、会社でナイスガイ扱いされている以上は辞めるなんてとても言えないのがスゲー厄介。

まさに生き地獄ですよ。

 
Hiroki
安い人件費の中で会社から頼りにされるような人材と化すリスクを出来るだけ避ける為にも、別業界で働きたいと思っているのなら3年も待たずにして退職することを強くオススメします。
 
石の上にも3年
「とりあえず3年働け」は嘘だと断言する!不向きなら即座に辞めるべき!

続きを見る

 

④どうしてもお前が必要なんだ!

 

「今辞められたら困る!どうしてもあなたが必要なんだ!」

「何か不満があるのなら行ってくれ!改善するように努めるから!」

 

コレもまた引き止めの常套句として良くあるものです。

これまで紹介した常套句なら迷わず退職できるようなものですが、実際に「お前が必要なんだ!」と本気で言われたら退職を思いとどまってしまいますよね。

ワンピースのベビー5みたいな人間であれば、こんなセリフを言われた時点で定年まで勤めちゃいそうです。

 

ただ・・・この言葉に騙されてはいけません。

 

自分にとっては「会社に必要とされている!」と感じているものの、会社は何としてでも辞めさせない為に予め典型文を考えているだけかもしれません。

 

つまり・・・

 

 

ということです。

あなたを本気で必要としていると感じているわけではなく、ただ自分の思い通りにならなきゃ困るというのが本音という訳です。

待遇を改善すると言っていたとしても、いざ仕事を続けたら若干待遇は改善したものの、給料に見合わないような仕事量を押し付けられるっていうパターンも珍しくはありません。

 

あと、会社に必要とされる人間というのは・・・

 

会社で必要とされる人間の特徴

  • 給与据え置きで限界が訪れる直前まで仕事量を押し付けても文句を言わない
  • 突然の転勤や異動を断らない
  • 辞めた人の穴埋めや尻拭いをしっかりと行う
  • 会社の行事やイベントに皆勤賞で参加する
 

ということを意味しているので、必要とされているというか「都合の良い人間」としか思えないのですよね。

見合う待遇を用意しているのなら良いのですが、私の前職みたいな待遇だと会社に必要とされる人間になるだけで底辺を味わうことになります。

 
ブラック企業でいい人ぶるのは損しかない!4つの例とおばちゃんの話

続きを見る

 

⑤辞めるなら責任を取れ!

 

「今退職したら取引先になんていえばいいんだ!」

 

とか言いつつも責任を取ってから退職を思いとどまるように指示されることも割とあるかと思います。

自ら取引先と取引しているのなら分からなくもないですが、会社からの指示で取引先と取引している場合は

 

「責任だと?お前が勝手に取引先と打ち合わせするように指示してるんじゃねぇか!」

「そんな責任知ったこっちゃないわ!会社の責任だろ!」

 

としか言いようがありません。

 

別に責任を取ったところで給料が変わるわけがありませんし、下手したら更なる責任を押し付けられて辞めにくくさせることはブラック企業ではあり得なくもないです。

あなたの真面目さにうまくつけ込み、低賃金でうまくコキ使わせようと心理戦を図っているのです。

 

こんな会社の思惑に惑わされたら、それこそ「辞めたい」と何度も愚痴る割には辞められないような人間と化してしまいます。

愚痴る人間と化して友人や知人を困らせたくなければ、退職した際の責任なんて一切考えないようにしましょう。

 

⑥今辞めたら迷惑なんだよ!残された人はどうする?

 

「繁忙期だから今辞めたら困る!」

「残された人に対しては何とも思わんのか?」

 

とか罪悪感を押し付けつつも退職を思いとどまらせることは人手不足の会社に良くありがちです。

 

コレもあなたの真面目さや優しさにつけ込み、低賃金で上手くコキ使わせようとする思惑が隠されています。

 

別に残された人間なんてどーだって構いません。

退職後は自ら会社に出向かない限りは二度と会うことはありませんし、そんな人間に対して情けをかける必要なんて微塵たりともありませんしね。

 

こういうことを言うと残酷だと思われますが、他人というのは予想以上にあなたのことを「どうでもいい」と思っているようなものですから別に気にする必要はないかと。

 

たとえあなたが円満退職をしたとしても、数年後にはさっぱりと忘れ去られています。

 
Hiroki
実際に私は前職を辞めて3年経ってからお世話になった先輩が配属していた店舗に行ったのですが、何食わぬ顔で「いらっしゃいませ~」と言われたことがあったゾ。
 

私が退職する際は就業規則通りの期間で退職日を定めつつ、退職時に一人一人に挨拶してお土産を渡したのですが、マジで無駄な行動だったとしか感じられませんでしたね・・・

所詮は「上辺だけの付き合い」だったという訳です。

 

それと繁忙期を言い訳にして退職を思いとどまらせるということは、完全に会社側が原因なので無視しても支障はありません。

現場を把握せずに利益の数字だけで人材配置を行うようなヤツが戦犯ですから、わざわざ自分が責任を被るなんてバカげています。

 

会社に迷惑がかかるといった言葉に振り回され、仕事を沢山押し付けられる人間にならんように注意して欲しいところです。

 
年末年始が仕事の会社はブラックかもしれない
正月や年末年始に休めない会社は例外なくクソ企業だ!

続きを見る

 

⑦今後はお前の出身校の人を採用しないぞ!

 

「辞めたらお前の出身校の人は採用しない!」

 

とか言って退職を思いとどまるような会社はヤバイとしか言いようがない。

実際にチョコレート工場で勤務している中でパワハラを受け続けて自殺した人が退職の意思を告げた際に

 

「お前の出身高校から採用しない!」

 

と言われている事例がありますからね。

 

コレもまた労働者の優しさや真面目さにつけ込み、無理やりでも仕事を続けさせて洗脳させようとする思惑しか感じられません。

 

むしろ残業時間が規定を軽く上回っているのに加え、パワハラが横行している会社なんて今後採用させないほうが出身校の後輩の為になるとしか言えん。

 

もしも待遇や人間関係に不満があって辞めたい時にこんなセリフを言われたら

 

「あーそれで結構ですよ。今の自分の辛い状況を後輩に味わせたくはないですから」

 

と思い切って言い返してやりましょう。

 
 

会社や上司の引き止めなんか無視して意地でも退職するべき理由

退職の引き止めを無視して辞めるべき理由

 

①異業界への転職は「若さ」が最大の武器となる

今の業界に嫌気を指し、別の業界で働きたいと強く思っているのなら実務経験よりも年齢の若さが重要です。

 

たとえば小売業界からIT業界に転職したいというのであれば、間違いなく年齢が若いほうが圧倒的に有利でしょう。

小売業界で身につけるスキルなんてエクセルとワードくらいしかありませんし、20代であるのならまだしも、30代以降でエクセルとワードしか扱えないとか面接官に告げたら

 

「この人本当に大丈夫なのか・・・?」

 

とイメージされてしまいます。

 

年齢が高いとなればそれ相応に実務経験やスキルを身につけた転職者が多く、ライバルに大きく差をつけられている状態なので、面接官が数々の応募者と比較して上記のように思ったとしても無理も無い話です。

30代以降となれば同業界からの転職者の割合が20代と比較して大きくなりますしね。

ライバルが強くならない内に転職活動を行うことができれば、希望の業界へと就職できる確率が高まることでしょう。

 

だからこそ、異業界で働きたいと思っているのなら3年なんか待たずして意地でも辞めたほうが良いと断言できるのです。

 
Hiroki
流石に若くても色々な業界を転々としている場合は応募先に警戒されてしまうので、異業界を選ぶ際は前職を選んでしまった失敗を振り返りつつも、自分の将来の目標・やりたいことをよく考えてから慎重に選ぶことをオススメします。
 

②意味のない実務経験なんて身につけても時間の無駄

今の会社でやりたいことや実現したいことが無く、本音を言うなら今の会社を辞めて自分が目指していた業界で働きたいという人は意外と多いかと思われます。

就職活動に焦ってしまい、新卒切符を捨てたくないあまりに適当な業界を選び、仕方なく今の会社で働いているといた経験を持っていたのは私だけではないはずですし。

 

今の業界の仕事が偶然自分に合っていて楽しいというのなら話は別ですが、目指していた業界に未練が残っている場合は今すぐ辞めた方が賢明です。

 

自分にとって意味のない、やりたくもない業界の実務経験やスキルを身につけるということは時間の無駄ですからね。

たとえば、自分が目指している業界の要件に

 

「○○に係る実務経験2年以上」

「××の開発経験が3年以上ある」

 

とか書かれていたら、たとえ今の会社で3年以上働こうが要件にあてはまらなければ「0年」のままであることに変わりありませんしね・・・

求人票を見た時点でお祈りをかけられるっていうのは何とも虚しいものです。

 

目指していた業界に未練が残っているのであれば、やはり年齢が若い内に実務経験の要件を満たすことができる会社に転職し、キャリアアップを図らなければなりません。

 

3年オジサン(オバサン)の言葉に惑わされるあまり、無駄な実務経験を身につけないよう警戒しましょう。

 

③引き止めに従ったら再度退職を告げにくくなる

実際に過度な引き止めに遭遇してしまったら

 

「会社に迷惑かけたくないから退職を思いとどまるようにしよう」

 

と思ってしまうのかもしれません。

 

この時に何も考えず、会社の言う通りに仕事を続けることになれば後悔すること間違いなしです。

 

一度引き止めに従ってしまったら、今後は「退職したい」なんて中々言えるようなものでは無くなります。

これまで解説したように別の業界で働きたいと思っていたり、新卒時に目指していた業界に未練が残っている場合は、再度退職を告げることができなくなったら一気に詰みゲーと化します。

無駄な実務経験に自分の貴重な時間が消耗され、それに加えて今の会社の不満ばかり抱えつつも無理やり働き続けることになりますから、自分の人生に悪影響を与える危険性が増大するのは言うまでもありません。

 

④幸せになろうとするあなたを妬んでいるだけ

 

「お前には転職なんて無理だ!」

「そんなんじゃ社会でやっていけないぞ!」

 

なんて言いつつも退職を阻止してきた場合は、幸せになろうとするあなたの妬んでいるパターンが多いです。

 

本来であれば「辞める人なんてどうでもいい」と思う人が大多数なので

 

「退職したければ勝手にしろ」

 

っていう感じるものなのですが、人格否定を交えてやたらとかみついてくるということは、少なくともあなたを自分と同じように不幸のどん底に陥れたいという気持ちがあることでしょう。

 

「アイツだけ楽しやがって!許さん!」

 

といった気持ちが過剰に働き、弱い自分を必死で正当化する為に退職を告げる人を徹底的に見下しているのです。

なんだか情けないですよね。

こんな牛糞みたいなヤツの思惑通りに退職を思いとどまれば、退職を思いとどまったのを良いことに仕事を沢山押し付けて潰してくるに違いありません。

 

妬んでいるヤツなんて軽々とスルーし、自分の目指す場所に向けて力を入れるようにしましょう。

 

まとめ:20代の貴重な時間を無駄な茶番劇から守れ!

もしもあなたが別の業界で働きたいと思っているのであれば、退職の引き止めなんて一切無視することをオススメします。

 

こんな無駄な茶番劇に参加したところで転職したい業界の実務経験やスキルが今の会社で全く身につかなければ、年齢を食ってしまうだけで完全に時間の無駄ですからね。

 

未経験で転職するのなら「若さ」が強い武器になるので、過度な引き止めで辞められないといった状況に陥ったら、たとえ退職代行業者を利用しても辞めることを検討しましょう。

 

労働組合や弁護士が運営している代行業者であれば会社側に交渉できますし、有給の全消化や即日退職のやり取りまでも代行してくれるので、非常にオススメです。

 
Hiroki
以下、労働組合や弁護士が運営している退職代行業者を紹介するぞ!
 

労働団体運営で安心!最安値で即日退職に最も力を入れている「退職代行SARABA」

料金は一律25000円と労働組合が運営している中では最安!

業界最高峰の知名度で累計退職者数が15000人を超え、退職成功率が100%!

即日退職の成功率も高く、「明日から会社に行きたくない・・・」と思う方は是非利用するべきだ!

有給消化成功率98%!

「退職代行SARABA」の詳細記事はコチラ

 

退職後にウズキャリ利用で祝い金5万円が貰える「男の退職代行」

男性専用の退職代行サービス。

退職後に提携転職エージェントで転職成功したら最大5万円の祝い金(キャッシュバック)が貰える!

ブラック企業を完全に排除した20代未経験向けの転職エージェントである「ウズキャリ」と提携しているので、退職後に転職活動したい方は選ばない理由は無いぞ!

月額3300円のサブスクリプションサービス(1年で2回まで利用出来る)も用意しているので、お金が無い方でも今すぐ利用出来る点も良いところだ!

「男の退職代行」の詳細記事はコチラ

 

「男の退職代行」が女性向けのサービスとなった「わたしNEXT」

「男の退職代行」は男性限定ですが、コチラは「男の退職代行」が女性限定となったバージョン。

サービスや料金はもちろん「男の退職代行」と同じであり、唯一異なる点は女性特有の悩みを考慮しているということ。

「男の退職代行」のサービスを女性の方が受けたいのであれば、迷わず「わたしNEXT」を利用しよう!

「わたしNEXT」の詳細記事はコチラ

 

弁護士運営で未払い賃金請求可!もっとも安心出来る「みやびの退職代行」

料金は55000円であり、信頼度や実績から見ると、弁護士が運営している中ではかなり安い!

弁護士が運営しているので非弁行為で訴えられる心配はゼロだ!

通常の退職代行だと出来ない「残業代や退職金の請求」や「会社都合退職の変更交渉」を承っているぞ!

精神的に追い込まれるようなブラック企業に勤務しているのなら、迷わず利用しよう!

「みやびの退職代行」の詳細記事はコチラ

 
  • この記事を書いた人

Hiroki

「クソ上司やブラック企業に立ち向かう全ての方を応援する」というコンセプトの下、社畜には見るにたえない汚らわしい記事を量産しています。

暴言ジイサン入りの介護施設(4か月)▶ゲーセンバイト(半年)▶ブラック転職事業(4か月)▶パワハラ有で年間休日77日年収200万円の中小企業(2年)と「ド」がつくほどの底辺環境を味わう。

【退職後】アウトドア・転職関連のメディア執筆3年▶雑記・転職サイト2件運営▶「シゴトイキタクナイ」運営【1年2か月目】最高月3万PV

>>底辺社畜時代の話

>>お問い合わせ

ハローワークを利用するだと?ちょっと待ってくれ!

「一度レールから外れた人間はブラック企業しか就職できない・・・」

「ハローワークの求人がブラック企業ばかりで就職する気力がなくなった・・・」

クッソ理不尽な社会の中でイヤでも生きていると身をもって体感できるよね。

「早期離職したら次の就職先が見つからない」という風潮は未だに根付いているほどですし

「3年以内に辞めようとする自分は欠陥人間なんだ・・・」

「どうせ自分は次にいってもやっていけない・・・」

と自分は価値のない存在だと思い込むあまり、ブラック企業から逃れたくても逃れられなかったり、逃れたとしても再び詐欺求人しか目に入らなくなるのはマジで辛いもんです。

でも・・・そんな化石みたいな風潮に捉われすぎる必要はないッ!

リーマンショックの時代とは異なり、現在はブラック企業を排除した未経験向けの転職エージェントが充実しています。

20代であれば誰でも参加することができますし、正社員経験のないニートやフリーターであっても歓迎要件です!

もちろん無料であり、ブラック企業を排除しているだけではなく、転職活動時のサポートや内定後のアフターサービスも充実し過ぎているほどのテンコ盛りです。

同じ無料サービスであるのにも関わらず、ブラック求人を平気で放置しているのに加え、非正規でやる気のない職員で溢れているハローワークと比較したら雲泥の差と言っても過言ではありません。

20代の既卒未経験であれば、迷わず以下の転職エージェントを利用することを強くオススメしますよ!

ブラック企業を徹底的に排除!入社後定着率業界NO1の「ウズキャリ」

独自の審査基準や利用者からのフィードバックでブラック企業を完全に排除!

平均20時間程度のサポートに加え、Google評価が平均して★4以上と高評価なのが「ウズキャリ」の強みだ!

首都圏のIT業界や営業の就職に強く、大阪・名古屋・福岡の求人も取り扱っているぞ!

「ウズキャリ」の詳細記事はコチラ

ブラック企業徹底排除のIT就職に特化した「ウズキャリIT」

ウズキャリのIT就職に特化したサービス。

ブラック企業を完全に排除しつつ、IT特化型の転職支援を受けられるのはココだけしかない。

27歳就業経験なしのひきこもりニートから年収350万円のベンチャー企業に就職した実績があり、定着率や内定率も業界でナンバーワンだ!

「コロナ禍を経て在宅勤務可能な業界に就職したいけど、資格や経験がないから応募しにくい・・・」

と悩む方に一番オススメだぞ!

労基法を守ったら潰れるような会社を排除!「第二新卒エージェントneo」

会社の財源情報をチェックすることで、労基法を守ったら潰れるような会社を排除!

求人数は12000以上とブラック企業の排除を公言している中では最多!

平均10時間程度のマンツーマンサポートも整えられているぞ!

「第二新卒エージェントneo」の詳細記事はコチラ

月収20万・年間休日120日以上の求人多数の「キャリアスタート」

月給25万円以下の20代の既卒・第二新卒・フリーター・ニートに特化している転職エージェント。

内定率86%・定着率92%と驚異的な実績を持っており、ブラック企業を排除した良質な求人を取り揃えている。

北海道から熊本県と北から南まで幅広く対応しているぞ!

「キャリアスタート」の詳細記事はコチラ

-人間関係の悩み
-