社畜批判 クソ経営者

【ざまぁ】人手不足は会社の責任だ!労働者に責任を押し付けるな!

【ざまぁ】人手不足は会社の責任だ!労働者に責任を押し付けるな!

人手不足によって長時間労働や薄給に悩まされることがあり、この環境下では思わず不満を漏らしたくなったとしても仕方ありません。

その際に経営者や上司から

 

「人手不足になっているのはお前が頑張らないせいだからだ!」

「お前にはその程度の価値しかない!」

 

と・・・嫌味ったらしく言われることがあると思います。

この言葉を聞いたら「どうせ自分は価値がない人間なんだ・・・」と悲観的になってしまうことがありますが、全く気にする必要はありません。

会社で働いている以上は会社が外部から仕事を請け負ってくれるので、安い単価の仕事しか受けられないほどブランド力が無い会社が悪いのです。

ましては下請け企業で元請けから利用されているようなブラック企業では、いくら頑張ったとしても出せる利益の差なんてはしたないものなので、ムキになって頑張ると間違いなく搾取されます。

 
下請け会社の大きな特徴とブラック化してしまう3つの理由!

続きを見る

 

逆に大手企業なら早い内に億単位のお金を動かせるようになるので、会社によって自分の出せる利益が目に見えて変化することは明らかです。(実際に33歳の若手係長がキャバ嬢に6億円近く会社のお金を貢いだ事件もある位ですし)

 

上記の背景から、会社の責任を自分の責任かの如く受け取り、悲観的になって自分を追い込む必要なんて全くありません!

今回は人手不足は明らかに会社が悪い理由と人手不足に陥る理由について解説していこうかなと思います!

 

こんな方におすすめ

  • 人手不足の会社に悩まされている方
  • 上司から「お前は価値が無い」と言われ、モヤモヤを抱えている方
 

▼ブラック企業を徹底排除した転職エージェント▼

ブラック企業を徹底的に排除!入社後定着率業界NO1の「ウズキャリ」

独自の審査基準や利用者からのフィードバックでブラック企業を完全に排除!

平均20時間程度のサポートに加え、Google評価が平均して★4以上と高評価なのが「ウズキャリ」の強みだ!

首都圏のIT業界や営業の就職に強く、大阪・名古屋・福岡の求人も取り扱っているぞ!

「ウズキャリ」の詳細記事はコチラ

労基法を守ったら潰れるような会社を排除!「第二新卒エージェントneo」

会社の財源情報をチェックすることで、労基法を守ったら潰れるような会社を排除!

求人数は12000以上とブラック企業の排除を公言している中では最多!

平均10時間程度のマンツーマンサポートも整えられているぞ!

「第二新卒エージェントneo」の詳細記事はコチラ

月収20万・年間休日120日以上の求人多数の「キャリアスタート」

月給25万円以下の20代の既卒・第二新卒・フリーター・ニートに特化している転職エージェント。

内定率86%・定着率92%と驚異的な実績を持っており、ブラック企業を排除した良質な求人を取り揃えている。

北海道から熊本県と北から南まで幅広く対応しているぞ!

「キャリアスタート」の詳細記事はコチラ

人手不足は明らかに会社が悪い!

「従業員が効率的に仕事を行わないから儲からずに人手不足に陥っているんだ!」

「価値が無い従業員ばかりだからサービス残業をせざるを得ない!」

 

ウ○コ経営者は唱えますが、コレは完全に労働者に責任を擦り付けている証拠です。

いくら仕事の効率を上げようとも、会社自体にブランド力が無くて安い仕事しか引き受けられなかったり、経営者が下請け企業と化していることを容認しているようであれば、儲かる金額の差なんてはしたないものです。

 

高額な仕事を引き受けられるからこそ、会社は儲かるのです。

たとえば会社が新たな事業に取り組み、既に顧客からライバル社と比較して一番信頼を得られている状態であれば、自社に高額の仕事の依頼が殺到することになります。

実質寡占状態であれば、かなりの高額で仕事を引き受けられるはずです。

更に高額な仕事を引き受けるだけでは無く、無駄な作業を他社に外注化させ、業務とは一切関係のない仕事や雑務を自社の社員に行わせないように取り組めば、それだけでも従業員1人あたりの利益が凄まじく上がります。

身近な例で例えると、他社に仕事を委託させる会社は人気YouTuberみたいなもので、面倒な動画編集作業や撮影のアポ取りを他のクリエイターや代行者に委託し、自分の得意分野である動画撮影一本で効率良く収益を生み出しています。

上記のように外注化出来る余裕があるほど高単価の仕事を引き受けている会社だと、無駄な作業を極限まで減らして効率良く利益を生み出すことが出来、結果的に人件費に余裕が生まれて高待遇を維持出来るので、人手不足に陥ることはありません。

 

こういう会社に育て上げるのは、経営陣の力量が無ければとても出来るものではありません。

外注化せずに儲けようとするような会社は「経費がかかる」とか言って業務とは関係のない雑務を社員にやらせる傾向がある上に、精神論で苦手な仕事を押し付けたりするので、こんな状況だと「儲からない会社」であることは猿にだって理解出来ます。

ブラック企業は無駄な雑務で時間を潰した分、サービス残業や早出で補おうとしてくるので嫌らし過ぎる程です。

 
【新入社員】微妙なサービス残業・早出を拒否するには?4つの方法をご紹介!

続きを見る

 

更に自社にブランド力が無いからと言って、他社から委託された単価の低い仕事を引き受けてばかりだと、いくら身を殺して働いたとしても利益が出ないことなんて明白です。

いつまで経っても現状に甘えて革新しようとせず、効率の悪い事業に取り組みつつも元請けに依存しているようじゃどんなに労働者が頑張っても儲かるはずがないので、人手不足やら薄給激務の原因を「お前に価値が無いから」と押し付けるのは完全に見当違いなのです。

こういう会社ほど労働者から嫌気をさされ、転職サイトのクチコミで悪評を書かれたり、退職者が続出して人手不足に苦しまれるので

 

「ざまああああああああああ味噌漬け!!!」

 

としか言いようがありません。

以上から、人手不足の原因はほとんどが経営者側にあるようなもので、労働者に責任転嫁するのは間違いだと断言出来るのです。

人手不足に陥る5つの理由!お金と時間が大切だよね

人手不足に陥る理由は単純で

 

時間とお金に余裕がなく、自由を縛られているから

 

というものです。

効率の悪い事業や経営方針を革新することなく、会社が儲からない理由を労働者に押し付けているようなら、人手不足になったとしても仕方ありません。

 

更に具体的な理由をあげると、以下の通りです。

人手不足に陥る理由

休む暇がなく、プライベートの時間に余裕が持てない
給料が婚活の審査で落とされるほど低い
周りの上司を見たら生活にキツそうで将来に希望を持てなくなった
職場が相互監視の環境で怖い
待遇に差別化する要素が無い

 

それぞれ解説します!

休む暇がなく、プライベートの時間に余裕が持てない

給料は少ないけど、休みが大企業と比較して多いのなら需要がありそうなのですが、休みが少ない上に給料も少なかったら選ぶ要素なんてありません!

休みの多さは重要だと実感していますし、一人でいる時間が多いのならまだしも、友人や恋人と一緒にいる時間が多かったら苦痛極まりありません。

仕事というのはプライベートを充実させる為に行っている人がほとんどの中、プライベートを犠牲にさせてまで仕事を優先するような環境なんて、今の時代で選ぶ人は流石にいないかと・・・

 

実際に私の前職では年収200万円・年間休日77日という最悪な環境で働いていたのですが、デートに連れて行ったネトゲ時代の友人の女性から「私よりも年収が低い」とか言われて屈辱感を味わったり、休日出勤の電車の中で周りがスキー客で溢れている中、自分だけスーツ姿という哀れな光景にも遭遇した程です。

早く就職したいという危機感から前職をやむを得ずに選んだのですが、コレなら生活保護者の方がマシなレベルです。

 

更に面白いことに、週44時間制度を採用しているのにも関わらず、月6休みのフルタイムなのに最低賃金の状態で堂々と求人を出していた時期もありました。

現在は求人するほど余裕が無くなって求人が消え失せているのですが

 
Hiroki
流石にあの求人で人が来るわけないだろ・・・
 

と思わず突っ込みたくなりました。

案の定新卒社員が来るわけなく、ほとんどが年配の女性社員ばかり選考を受け、辞める若手社員と入れ替わるように入っていました。(あの待遇でも意外と人が来るのは驚き!)

会社が変えようとしない限り、このような状況は一向に変化しないことは確かです。

給料が婚活の審査で落とされるほど低い

婚活を行う男性あれば、最低でも年収300万円以上求めているでしょう。

婚活する予定が無い男性であったとしても、流石に年収300万円以下だと実家暮らしでもない限りは節約生活に追い込まれるので、薄給の会社は副業OKでもない限りは狙うことはありません。

 

年収300万円以下の男性の印象では世間ではすこぶる悪く、婚活ビジネスサイトの煽り商法でバカにされたり、婚活の審査に落とされたり、未婚率が年収300万円以下から急激に上昇するなどデータを見るだけでも明らかです。(参考:日経DUAL

 

基本的に男性は「女性に認められたいから頑張りたい!」という一心で仕事を頑張ったり、自分を磨いたりしている方が多いかと思われます。

年収が高ければそれだけで「女性から認められやすくなる」と自分の心の中で芽生えるので、自信につながってモテやすくなったりします。

しかし・・・どれだけ会社で頑張っても年収300万円以下の待遇になる環境で働いたら、努力が報われず、女性から認められずという負の連鎖のせいで、被害妄想に浸って卑屈な性格に陥ることは目に見えています。

 

給料によって男の価値がほとんど決まるという事情を察していることから、年収300万円以下しか出せないような会社は男性から敬遠され、結果的に人手不足に陥るのです。

せめてボーナスを4か月分出してくれれば月給19万円でも年収300万円を越えられますが、それすら出せない会社が非常に多いですよね・・・

こういう会社に限って有効求人倍率が2ケタ倍だったりするので、働きやすい世の中だと勘違いしないほうが身のためです。

周りの上司を見たら生活にキツそうで将来に希望を持てなくなった

周りの上司が残業ばかりの生活を送っていたり、会社の駐車場が軽自動車ばかりだったりすると・・・

 
Hiroki
ここで働き続けたら自分も将来同じ目に遭うのではないのか?
 

と思わず疑問視を抱いてしまい、将来を考えるだけ病むハメになって退職者が続出し、結果的に人手不足に陥ることがあります。

 

実際に私の前職は新入社員の内は残業は無かったものの、課長や部長といった役職を持っている方の働きっぷりを見ると、朝7時くらいに出勤していたり、夜9時~10時くらいまで残業していることがありました。

更に新婚のバイヤーである女性社員が、300km離れた店舗の人手が不足しているからといって無理やり稼動させられたところを見た時は

 
Hiroki
うわぁ・・・典型的なマイホーム転勤みたいなやつだなぁ。ここで頑張り過ぎたら間違いなくヤバイ!
 

と・・・危機感を感じ、近い内に退職を決意したほどでした。

薄給激務でローンを組んだり結婚したら好き放題やらされる将来は考えるだけでもゾッとしますから。

 
会社の駐車場に軽自動車が多ければ要注意!自分の将来が見えてるぞ

続きを見る

相互監視の環境で職場が崩壊しかけている

人手不足に陥っている程、穴埋めなどで薄給激務に陥った職場はマジでヤバイです!

有給なんて気まず過ぎて消化したくなくなりますし、仮に申請したとしても嫌味を吐かれるパターンが殆どですね。

 

更にこういった環境では「皆で不幸になろう」という思考で溢れており、楽しようとする社員がいないかどうか徹底的に監視するような怖い環境となっていることがあるのです。

有給を申請したり、体調不良で休もうとしたりすると、それだけでも職場いじめに発展する危険性がある程です。

 

当然この環境下では従業員の心の余裕が生まれる訳もなく、些細な事でも喧嘩してしまうこともあります。

もはや職場崩壊しかけていると言っても過言ではありません。

経営者はこういう現場を深く知ろうとはしないので、いつまで経っても改善されず、結果的に人手不足に陥るパターンが多いかと思われます。

 
人間関係が崩壊している職場はヤバイ!状況によっては迷わず退職だ!
人間関係が崩壊している職場はヤバイ!状況によっては迷わず退職だ!

続きを見る

待遇に差別化する要素が無い

中小企業に優秀な人材を呼び込みたければ、大手企業と待遇を差別化する他ありません。

たとえば給料は大手企業ほど出せなかったとしても

  • 有給消化率100%
  • 副業OK
  • 週休3日制
  • 社食無料制度
 

上記のような待遇は事業次第で何とか出来るはず。

せめて副業OKと堂々と宣言するだけでも、今の時代なら目に見えて応募者数が変化することがあるのかもしれません。

 
 

このように、大企業がやっていないことを導入して差別化する要素さえあれば、人手不足に苦しめられることは無くなるはずです。

 

でも・・・今の状況を中々変えようとしないブラック経営者は、これらを「前例がない」だの言って平気で拒否してきます。

経営者にとっては、労働者の待遇に変化をもたらしたとしてもそこまで影響は少ないのでしょう。

上記のことから、無理に環境を変化させたらリスクが伴い、今の経営者の待遇にそこまで影響をもたらさないのなら、間違いなくブラック経営者は現状維持を選びます。

私の前職のように、人手不足でも何とか経営を回せていることがありますからね・・・

人手不足による激務のシワ寄せを全て労働者に与え、自分だけ美味しい状態を維持したいのです。

実際に私の前職は「人手不足の状態なので今年から高待遇にした」と入社時に総務の人から伝えられましたが、年間休日72日から77日になっただけだったので

 
Hiroki
ふざけてるのかコレ・・・?
 

としか思いませんでしたね。

コレで人手不足を労働者の責任にしようとするのなら、思わずブチ切れたくなるレベルです。

穴埋めにブラック労働を押し付けられる辛さ

優秀な人材が続々と退職してしまうと、残った人間に対してシワ寄せがやって来ます。

私の前職では退職者が続出しまくり、前に言ったように新婚のバイヤーが遠方に稼動させられたり、バイヤーの業務を引き継いだ元店長が店舗では定時で帰れた反面、引き継いだ後は夜9時~10時まで残業させられる上に社長主催の会議の常連メンバーになっていたことがありましたね。

私が退職した後は経理事務の先輩が再び店舗に戻り、2年以上もサービス開店準備がある店舗に配属されていたので、穴埋め労働というのは恐ろしいものです。(実質降格)

上司の姿を将来の自分に投影した他、こういう穴埋めが恐ろしいのも前職を辞めた理由の一つとして含んでいる程ですから。

折角パワハラおばちゃんから逃げる為に店舗から経理事務に稼動したのに、再び店舗に戻されてはたまったものではありませんから・・・

 
苦手な仕事
苦手な仕事を続ける必要無し!結果が全てだから諦めるべきだ!

続きを見る

 

私の事例はまだ可愛い方なのですが、中には穴埋めのせいで残業時間が100時間を超えたり、退職する際に徹底的な嫌がらせを受けるケースも存在しており、運悪く遭遇した場合は最悪です。

「人手不足でヤバイ!」と思った時は早く転職に踏み入れなければ、いずれ職場から頼られるようになってブラック労働でも辞められなくなる可能性は無くはありません。

ブラック企業に期待され始めたら、その時点で身の危険を感じたほうが良いレベルです!

 
ブラック企業でいい人ぶるのは損しかない!4つの例とおばちゃんの話

続きを見る

高齢者の中小企業経営者は自分だけ良ければそれで良しと考えている・・・?

高齢者の中小企業経営者は、これ以上会社を大きくしても大きくなる前に天寿を全うすることは当然熟知しています。

残った余生を大切に過ごす為、今の会社から得られる収入に満足しているのであれば、現状を変えようとするのに無駄なエネルギーを使わないことは容易に想像出来ます。

実際に高齢者の経営者の立場になって考えてみると分かるのですが、自分が残り10年しか生きられないと判断しているような状態で、新たな事業にチャレンジしようとは思わないはず。

それで現状がブラックな環境であれば、経営者は残った余生を過ごすために何も変えようとせず、労働者だけ苦しめられるハメになるのです。

私の前職はあの待遇(年収200万・年間休日77日)でも40年以上生き残っていますから、ブラック企業は意外としぶとく生き残るものです。(コロナ禍でも倒産しなかった)

退職してから2年後に店舗に訪れた際に社長の顔を見ることがありましたが、久々に見た時は誰なのか分からなかったレベルで老けていたので(銀髪なのが完全な白髪となってた)

 
Hiroki
これは天寿を全うするのは時間の問題だな
 

と思わず感じてしまいましたよ・・・

求人の募集を打ち切り、ホームページの採用情報も削除した様子が見られたので、残った社員にブラック労働を押し付けて自分だけ裕福に暮らすつもりなのでしょう。

実際に社長の車を見てみるとアウディのハイクラスの車の上に、家を見た時はもっと驚きで周りの3倍くらい広い土地に3階建ての近未来的なガラス張りの住宅が建っていたので、今の赤字経営・人手不足の状況でも何とかやっていけているのが伝わりました。

コレなら今の会社を無理に変えようとしなくても十分ですね・・・

 

本当に労働者の生活を考えてくれる経営者なんて少数派です。(日本の平均年収を見ると明らかに実感できる)

大企業ならまだしも、中小企業で高齢者が経営している会社は地雷率は高いかと思われます!

 
還暦過ぎた老害が経営している中小企業は選ぶべきではない理由を語る!
還暦過ぎた老害が経営している中小企業は選ぶべきではない理由を語る!

続きを見る

大企業の有効求人倍率は0.37倍!中小企業はお察し

有効求人倍率が上がっていることが連日話題となっていますが

 

 

と言わんばかりに、大企業の求人倍率は依然として低いままです。

いま触れたリクルートワークスの調査によると、従業員規模別が5000人以上の大企業の求人倍率は0.37倍にすぎず、しかも前年の0.39倍からむしろ0.02ポイント低下している。1人の採用枠に3人の学生が応募しているのである。

一方、300人未満の企業(中小企業)ではむしろ9.91倍と、前年の6.45倍から3.46ポイントも上昇して過去最高となった。1人の学生に対し、10社の求人がある計算だ。

引用:DIAMOND online

 

と・・・大企業が0.37倍の反面、中小企業は9.91倍と異常に高くなっているのです。

一見すると採用枠を多く空けたように見えますが、実は人手不足の弊害でもあったりします。

年々物価が上がっているのにもかかわらず、バブル期と比較して給料を出さないような会社が目立ってきているので、いつまで経っても有効求人倍率が高いままなのでしょう。

上記の背景から「働く場所が沢山存在して恵まれている」と言うよりも

 

「グレーやブラック企業の求人が増えただけ」

 

と言っても過言ではありません。

 
「人手不足」「急募」は「奴隷不足」でブラックの証だ!罠である4つの理由

続きを見る

まとめ:人手不足は自業自得なので気にする必要は無い!

「自分が頑張らないから今の給料は低いままで残業ばかりの生活なんだ・・・」

 

上記のように悲観的に思う必要はありません。

現状に満足して変えようとしない、残った余生を幸せ暮らす為に社員にブラック労働を押し付ける、安い仕事ばかり引き受けるなど会社の責任であることが殆どですから、全く気にする必要はありません。

無理に頑張ったところで現状は変わることなく、むしろ激安単価の仕事量を増やされて損を被る程ですから・・・

更に人手不足の会社で闇雲に頑張って会社から頼られるような人間となってしまえば、それだけで辞められなくなってしまいますから、待遇を変えようと自分から努力するだけでも搾取されてしまいます。

 

自分が穴埋めの被害を受ける前にも、こんな経営者本意の会社なんて早めに転職して逃げましょう!

人手不足はある意味会社側が納得して現状を維持しているようなものですから、経営者がどこかのメディアサイトで「人が集まらない」とブツクサ愚痴を吐いても知ったこっちゃありません。

もし人手不足が原因で倒産した会社を見かけた場合は

 

「ざまああああああああああ味噌漬け!!!」

「自業自得だ!」

 

と容赦なく思った方がスッキリしますよ!

  • この記事を書いた人

Hiroki

「クソ上司やブラック企業に立ち向かう全ての方を応援する」というコンセプトの下、社畜には見るにたえない汚らわしい記事を量産しています。

暴言ジイサン入りの介護施設(4か月)▶ゲーセンバイト(半年)▶ブラック転職事業(4か月)▶パワハラ有で年間休日77日年収200万円の中小企業(2年)と「ド」がつくほどの底辺環境を味わう。

【退職後】アウトドア・転職関連のメディア執筆3年▶雑記・転職サイト2件運営▶「シゴトイキタクナイ」運営【1年2か月目】最高月3万PV

>>底辺社畜時代の話

>>お問い合わせ

ハローワークを利用するだと?ちょっと待ってくれ!

「一度レールから外れた人間はブラック企業しか就職できない・・・」

「ハローワークの求人がブラック企業ばかりで就職する気力がなくなった・・・」

クッソ理不尽な社会の中でイヤでも生きていると身をもって体感できるよね。

「早期離職したら次の就職先が見つからない」という風潮は未だに根付いているほどですし

「3年以内に辞めようとする自分は欠陥人間なんだ・・・」

「どうせ自分は次にいってもやっていけない・・・」

と自分は価値のない存在だと思い込むあまり、ブラック企業から逃れたくても逃れられなかったり、逃れたとしても再び詐欺求人しか目に入らなくなるのはマジで辛いもんです。

でも・・・そんな化石みたいな風潮に捉われすぎる必要はないッ!

リーマンショックの時代とは異なり、現在はブラック企業を排除した未経験向けの転職エージェントが充実しています。

20代であれば誰でも参加することができますし、正社員経験のないニートやフリーターであっても歓迎要件です!

もちろん無料であり、ブラック企業を排除しているだけではなく、転職活動時のサポートや内定後のアフターサービスも充実し過ぎているほどのテンコ盛りです。

同じ無料サービスであるのにも関わらず、ブラック求人を平気で放置しているのに加え、非正規でやる気のない職員で溢れているハローワークと比較したら雲泥の差と言っても過言ではありません。

20代の既卒未経験であれば、迷わず以下の転職エージェントを利用することを強くオススメしますよ!

ブラック企業を徹底的に排除!入社後定着率業界NO1の「ウズキャリ」

独自の審査基準や利用者からのフィードバックでブラック企業を完全に排除!

平均20時間程度のサポートに加え、Google評価が平均して★4以上と高評価なのが「ウズキャリ」の強みだ!

首都圏のIT業界や営業の就職に強く、大阪・名古屋・福岡の求人も取り扱っているぞ!

「ウズキャリ」の詳細記事はコチラ

ブラック企業徹底排除のIT就職に特化した「ウズキャリIT」

ウズキャリのIT就職に特化したサービス。

ブラック企業を完全に排除しつつ、IT特化型の転職支援を受けられるのはココだけしかない。

27歳就業経験なしのひきこもりニートから年収350万円のベンチャー企業に就職した実績があり、定着率や内定率も業界でナンバーワンだ!

「コロナ禍を経て在宅勤務可能な業界に就職したいけど、資格や経験がないから応募しにくい・・・」

と悩む方に一番オススメだぞ!

労基法を守ったら潰れるような会社を排除!「第二新卒エージェントneo」

会社の財源情報をチェックすることで、労基法を守ったら潰れるような会社を排除!

求人数は12000以上とブラック企業の排除を公言している中では最多!

平均10時間程度のマンツーマンサポートも整えられているぞ!

「第二新卒エージェントneo」の詳細記事はコチラ

月収20万・年間休日120日以上の求人多数の「キャリアスタート」

月給25万円以下の20代の既卒・第二新卒・フリーター・ニートに特化している転職エージェント。

内定率86%・定着率92%と驚異的な実績を持っており、ブラック企業を排除した良質な求人を取り揃えている。

北海道から熊本県と北から南まで幅広く対応しているぞ!

「キャリアスタート」の詳細記事はコチラ

-社畜批判, クソ経営者
-