人間関係の悩み

仕事行きたくない家にいたいと思った時の5つの対処法と甘えではない理由を語る!

仕事が嫌で家に居たいの4つの対処法について

 

仕事が慣れていない時期だと仕事が出来なくて責められることが多く、どうしても会社に行きたくないと悩んでしまうことがありますよね。

その気持ちは決して甘えではありませんよ!

他人の声に振り回されるより、自分の意見を尊重した方が精神的に楽になります。

自分が仕事に行きたくないと思ったら、仕事に行かないのが正解なのです。

今回は仕事に行きたくなくて家にいたいという方の悩みに答える記事を書きます!

こんな方におすすめ

  • 仕事で結果を中々残すことが出来ず、仕事に行きたくないと悩んでいる新入社員の方
  • 過去の人間関係のトラウマで会社で働くのが怖くなった方
 

▼ブラック企業を徹底排除した転職エージェント▼

ブラック企業を徹底的に排除!入社後定着率業界NO1の「ウズキャリ」

独自の審査基準や利用者からのフィードバックでブラック企業を完全に排除!

平均20時間程度のサポートに加え、Google評価が平均して★4以上と高評価なのが「ウズキャリ」の強みだ!

首都圏のIT業界や営業の就職に強く、大阪・名古屋・福岡の求人も取り扱っているぞ!

「ウズキャリ」の詳細記事はコチラ

労基法を守ったら潰れるような会社を排除!「第二新卒エージェントneo」

会社の財源情報をチェックすることで、労基法を守ったら潰れるような会社を排除!

求人数は12000以上とブラック企業の排除を公言している中では最多!

平均10時間程度のマンツーマンサポートも整えられているぞ!

「第二新卒エージェントneo」の詳細記事はコチラ

月収20万・年間休日120日以上の求人多数の「キャリアスタート」

月給25万円以下の20代の既卒・第二新卒・フリーター・ニートに特化している転職エージェント。

内定率86%・定着率92%と驚異的な実績を持っており、ブラック企業を排除した良質な求人を取り揃えている。

北海道から熊本県と北から南まで幅広く対応しているぞ!

「キャリアスタート」の詳細記事はコチラ

 

仕事に行きたくないという感情は甘えでは無い!

仕事に行きたくないと悩んだ際に社畜化した親や友人に相談したら・・・

 

「そんな理由で仕事から逃げてるのは甘えだ!」

「学生じゃないんだから嫌な事を乗り越えなければこの先やっていけないぞ」

「いつかいいことがあるんだから頑張れよ!」

 

と・・・何も根拠のない励ましを受けることがあります。

仕事に行きたくないと追い込む程のウ○コ上司の下で働けば人によっては成長して報われることがあるのかもしれませんが、ほとんどの人は精神的にやられてしまうので頑張って働き続けたとしても意味がありません。

たとえるのなら、いじめっ子が将来因果応報を受けるか受けないのかという話で何かしら不幸なことが起きるいじめっ子は一定数存在するけど、ほとんどのいじめっ子は結婚したり自由に生きていたりして順風満帆な人生を送っているのが現実なのと同じようなものです。

世の中はドラマやアニメの世界と違って理不尽なもので、「頑張ったらいつか報われる」なんていうのは全く根拠が無いのですよね。

テレビで映っているのは頑張ったら報われた系の少数派の人ばかりであり、世の中には頑張ったとしても報われずに不幸に陥れた人の方が多数派です。

報われる瞬間は今であるべきなので、不確定な明るい未来なんて押し付けられるだけでもイライラするだけですよね。

このような理不尽な世界を生き抜くためには相手に判断を委ねるのではなく、常に自分から見て「一番良いな」と思う行動をとることが大切なのです。

いじめっ子の例をあげるとしたら、確実に因果応報を与えるには自分から何かしら行動に移さなければいけません。

今後悩みを一切抱えることなくスッキリさせてトラウマをかき消したいというのであれば、たとえ周囲の人から

 

「やり返すのはダメだ!それは幼稚な対応で同じレベルになるぞ!」

 

と反対されたとしてもいじめっ子への復讐を実行した方が後先何もトラウマを抱えること無く、自分の心身からして良い結果となりうるのです。

なので、相手からたとえ「甘え」だと言われたとしても、仕事から逃げるという選択肢が自分から見て

 

「逃げた方が絶対に幸せになれる!」

 

と確信したらそれは全く甘えではありませんよ!

常に自分が最善だと思う行動を取った方が心身にダメージを与えずに済みますから、不幸を避ける為には必須なものなのです。

むしろ自分を大切にせずに相手の判断を委ねてばかりに行動して「偉い!大人だ!」と評価を得ようとする方が甘えであり、こういう習慣を続けてしまえば間違いなく心身共に限界が来るので本当にお勧めできません。

大体「逃げるのは甘えだ!」と押し付けている人に限って他人の敷かれたレールの上で生きている上に価値観を押し付けてくることが多いので

 

「甘えているのはむしろそっちなのではないのか?」

 

と言いたくなりますね。

他人の意見に振り回されることなく、常に自分が最善だと思う行動を取ることは間違っていません!

 

関連記事

 

仕事に行きたくない家にいたいと思った時の5つの対処法

仕事に行きたくないあまりに家にいたいと思ったらどう行動に移せばよいのか?

ここでは相手の判断に身を任せないことを前提としての対処法を紹介したいと思います!

仕事に行きたくないと感じたら、以下の対処法を実行してみてください。

仕事に行きたくないと思った時の対処法

  • 有休を使って長期連休を取ってみる
  • 人間関係が原因であれば部署異動をお願いする
  • 働き続けることで得られるものはないか必死に考える
  • 仕事自体が辛いと感じたら転職を惜しまない
  • 思い切って独立してみる

それぞれ解説します!

 

有休を使って長期連休を取ってみる

自分の体調に限界を感じ始めたら、気まずさ何て捨てて有休を使って土日を挟みつつも4~5連休を取ってみてはいかがでしょうか。

仕事を休みたいと思う状態で無理に出勤したとしても仕事のパフォーマンスが上がる訳がありませんし、仕事のやる気なんてただ下がりするだけなので時には休むことは惜しんではなりません。

有休取得理由については

 

「今後成果を出すために体調を整えたいからです。」

 

とはっきりと答えましょう。

業務上影響が出るような理由であれば何とかなるはず・・・

実際に私はこの理由で経理事務に勤務していた際に4連休を取ることが出来ましたね。(断る場所はブラックなので早急に去るべき)

連休がとることに成功したら以下のようなことを試してみるとリフレッシュしますよ!

連休中のリフレッシュ一例

  • 泊まり込みキャンプ(たき火を眺めつつ夜の静寂さを味わうと仕事のことなんて忘れます!)
  • 温泉巡り(サウナ・水風呂も併用すると最高だ!)
  • 格安航空を利用して行った事の無い場所を巡ってみる
  • 実家に帰る(かーちゃんの作った唐揚げはうまいぞ!)

と・・・私の趣味がほとんどですが、結構お勧めです!

ただ・・・この対処法の弱点としては連休最後になるとどうしても仕事のことで頭がいっぱいになってしまう所だ・・・

実際に自分は木金土日と連休を取りましたが、日曜日のサザエさんを見た時に感じた虚しさは今でも忘れられないレベル。

このような事態を避けるためにも、連休を取る為に有休を取るのであれば週末は避けてほしい所です!

なので、仕事が嫌と感じたら気分転換に有休を遠慮なく申請し、長期連休を取ってみてはいかがでしょうか。

 
Hiroki
現在はコロナ禍に悩まされている事情があってか、感染防止対策にも体調管理を理由とした有給取得を取りやすくなっているので、遠慮せずにバンバン申請しちゃいましょう。
 

関連記事

 

人間関係が原因であれば部署異動をお願いする

もしも上司が原因で仕事に行きたくないと思ったら部署異動をお願いしてみてはいかがでしょうか。

実際に私は前職の店舗で働いていた際、商品の紙包装が出来ないことが原因でパワハラおばちゃんからパワハラを受けることになり、精神的にきつくなったことがありました。

 

「この状況から何としてでも脱出しないとまずい!」

 

と感じた私は真っ先に本社に行く機会があった際に部長に対して部署異動のお願いを申し出ましたね。

おかげで経理事務に配属されることになり、パワハラおばちゃんから逃げることに成功しましたよ。

この方法については人によっては

 

「そんなんじゃ何処に行っても逃げてばかりだぞ」

 

なんて言われたりしますが、実際に経理事務に配属されたときは人間関係に特に不満が無く仕事を続けることが出来たので何も根拠が無いことが分かりましたね。

前回話したいじめっ子の因果応報の事例並に根拠が無いッ!

なので、逃げる為に部署異動を利用することは決してあくどい方法ではありません!

もしも部署異動を申し出る際は人間関係が原因であることを出来るだけ隠し、自分の得意分野で稼動先でどう貢献できるかについて説明出来るようにした方が稼動率がぐっと高くなりますよ。

 

働き続けることで得られるものはないか必死に考える

今の仕事に対してモチベーションを失っているあまり、働き続ける意味を見失ったという事情があって仕事に行きたくないというのであれば、今の仕事を続けて得られるものを必死になって探してみるのも効果的です。

たとえば、今の仕事が稼げる副業の実績を提示するのに使えるのかどうか、ホワイト業界へ転職する際に職務経歴書に濃い経験を書ける仕事を行っているのかどうかなどを考えてみると良いです。

そこまで給料をもらっていないと自覚しているような環境であれば、お金だけを目的として働くというのは限度がありますからね。

今の仕事でお金以外にも働くことによって得られるものを探すことができれば、薄給の環境でも何とか乗り越えることは出来るはず。

 

仕事自体が辛いと感じたら転職を惜しまない

仕事自体がつまらな過ぎて1日が長く感じて仕事に行きたくないモードに入っている場合は、自分には向いていない仕事を行っている可能性が高いので転職したほうが良いですね。

特にお金だけで働いてしまえば経験がどれも中途半端に身につくことになってしまい、仕事が楽しくなるといったことが訪れませんから割と危険な状態なのです。

仕事さえ楽しくなればこんな感情を抱えることは絶対にありませんからね。

限りある人生の中、大多数を占める仕事の時間はお金なんかに振り回されずに出来るだけ楽しい時間を増やしたい所です。

 

思い切って独立してみる

もしも会社で働く事自体苦痛だと感じるようであれば、思い切って独立してみてはいかがでしょうか。

世間では何も経験も無しで独立することは割と反対されがちですが、実際に私は何も経験が無い状態で独立をして現在は何とか普通の生活を維持出来るような収入を得られています。(大体月15~20万円程度)

独立で稼ぐようになる為のヒントとしては・・・

 

「実績や信頼を集め、自分の価値を極限まで高める」

 

ことが重要だと私は考えていますね。

その為にも自身に何も経験が無く、世間から信用されない場合はたとえタダ働きしても実績を得る為に働くことを惜しんではなりません。

実際に自分がライター初心者だった頃は文字単価0.5円程度の案件ですら断られることが多かったので

 

「自分はまだクライアントから信頼されていないな・・・」

 

ということが痛いほど実感しました。

それで・・・少しでも信頼されて多くの仕事を引き受ける為にも0.1円以下というウ○コ単価の案件ですら全力で行うように頑張って実績を150件以上集めた結果、文字単価1円以上の案件を引き受けられるようになり、ようやく稼げるようになりましたよ。

稼げるまでは貯金を切り崩した生活だったので本当に辛かったです・・・

以上から、未経験から独立したとしてもタダ働きを惜しまずに地道に実績を集める根気があるというのであれば中小企業の初任給程度なら半年もあれば十分に可能ですので、会社で働くこと自体不満があるのなら思い切って独立してみてはいかがでしょうか。

 

まとめ:仕事に行きたくないと感じたら無理は禁物。自分を大切に!

 

仕事に行きたくないと感じたら決して無理せず、他人の判断に委ねるのではなく、自分が最善だと思う策を取ってください。

たとえば有休を取る為に長期連休を取ろうとしたり、逃げるように部署異動や転職を行う場合は周囲から嫌みを言われたり反対されることだってあるでしょう。

しかし、たとえ反対されたとしても自分が仕事に行きたくないと感じているのであれば、その意思を貫き通してください!

周囲の声に従って「偉い!」と褒められるよりも、自分の意思を尊重して貫き通して自分を褒めてあげた方がこれからの人生を生きるにあたってイージーモードになると思いますし、何より自分を大切にしているので精神的に追い込まれるといったことは無くなります。

仕事から逃げるのは甘えではありません!自分が逃げたいと思ったらすぐに逃げることは間違っていません!

なので、仕事に行きたくないと思ったら決して無理をせず、自分の意思を尊重する習慣を身につけるようにしてください。

  • この記事を書いた人

Hiroki

「クソ上司やブラック企業に立ち向かう全ての方を応援する」というコンセプトの下、社畜には見るにたえない汚らわしい記事を量産しています。

暴言ジイサン入りの介護施設(4か月)▶ゲーセンバイト(半年)▶ブラック転職事業(4か月)▶パワハラ有で年間休日77日年収200万円の中小企業(2年)と「ド」がつくほどの底辺環境を味わう。

【退職後】アウトドア・転職関連のメディア執筆3年▶雑記・転職サイト2件運営▶「シゴトイキタクナイ」運営【1年2か月目】最高月3万PV

>>底辺社畜時代の話

>>お問い合わせ

ハローワークを利用するだと?ちょっと待ってくれ!

「一度レールから外れた人間はブラック企業しか就職できない・・・」

「ハローワークの求人がブラック企業ばかりで就職する気力がなくなった・・・」

クッソ理不尽な社会の中でイヤでも生きていると身をもって体感できるよね。

「早期離職したら次の就職先が見つからない」という風潮は未だに根付いているほどですし

「3年以内に辞めようとする自分は欠陥人間なんだ・・・」

「どうせ自分は次にいってもやっていけない・・・」

と自分は価値のない存在だと思い込むあまり、ブラック企業から逃れたくても逃れられなかったり、逃れたとしても再び詐欺求人しか目に入らなくなるのはマジで辛いもんです。

でも・・・そんな化石みたいな風潮に捉われすぎる必要はないッ!

リーマンショックの時代とは異なり、現在はブラック企業を排除した未経験向けの転職エージェントが充実しています。

20代であれば誰でも参加することができますし、正社員経験のないニートやフリーターであっても歓迎要件です!

もちろん無料であり、ブラック企業を排除しているだけではなく、転職活動時のサポートや内定後のアフターサービスも充実し過ぎているほどのテンコ盛りです。

同じ無料サービスであるのにも関わらず、ブラック求人を平気で放置しているのに加え、非正規でやる気のない職員で溢れているハローワークと比較したら雲泥の差と言っても過言ではありません。

20代の既卒未経験であれば、迷わず以下の転職エージェントを利用することを強くオススメしますよ!

ブラック企業を徹底的に排除!入社後定着率業界NO1の「ウズキャリ」

独自の審査基準や利用者からのフィードバックでブラック企業を完全に排除!

平均20時間程度のサポートに加え、Google評価が平均して★4以上と高評価なのが「ウズキャリ」の強みだ!

首都圏のIT業界や営業の就職に強く、大阪・名古屋・福岡の求人も取り扱っているぞ!

「ウズキャリ」の詳細記事はコチラ

ブラック企業徹底排除のIT就職に特化した「ウズキャリIT」

ウズキャリのIT就職に特化したサービス。

ブラック企業を完全に排除しつつ、IT特化型の転職支援を受けられるのはココだけしかない。

27歳就業経験なしのひきこもりニートから年収350万円のベンチャー企業に就職した実績があり、定着率や内定率も業界でナンバーワンだ!

「コロナ禍を経て在宅勤務可能な業界に就職したいけど、資格や経験がないから応募しにくい・・・」

と悩む方に一番オススメだぞ!

労基法を守ったら潰れるような会社を排除!「第二新卒エージェントneo」

会社の財源情報をチェックすることで、労基法を守ったら潰れるような会社を排除!

求人数は12000以上とブラック企業の排除を公言している中では最多!

平均10時間程度のマンツーマンサポートも整えられているぞ!

「第二新卒エージェントneo」の詳細記事はコチラ

月収20万・年間休日120日以上の求人多数の「キャリアスタート」

月給25万円以下の20代の既卒・第二新卒・フリーター・ニートに特化している転職エージェント。

内定率86%・定着率92%と驚異的な実績を持っており、ブラック企業を排除した良質な求人を取り揃えている。

北海道から熊本県と北から南まで幅広く対応しているぞ!

「キャリアスタート」の詳細記事はコチラ

-人間関係の悩み
-,