ブラック企業 社畜批判

ブラック企業でいい人ぶるのは損しかない!4つの例とおばちゃんの話

会社で頑張ろうと一生懸命になる姿は会社にとっては求められる姿そのものですね。

真面目に仕事に取り組むということは、やりたくても中々出来ないものです。

ですが・・真面目になりすぎてしまえば、会社に利用されることがあります。

特にブラック企業のもとで真面目に働いてしまえばかえって損をすることがありますから注意してほしいところです。

時と場所を考えて真面目になるのかどうかの判断が求められますね。

今回はブラック企業でいい人ぶると損しかない4つの例と「頼られると損する」と私に話したおばちゃんの話について書きます。

 

こんな方におすすめ

  • 労基法を無視している会社に勤めている20代の方
  • ブラック労働に悩まされている方
 

▼ブラック企業を徹底排除した転職エージェント▼

ブラック企業を徹底的に排除!入社後定着率業界NO1の「ウズキャリ」

独自の審査基準や利用者からのフィードバックでブラック企業を完全に排除!

平均20時間程度のサポートに加え、Google評価が平均して★4以上と高評価なのが「ウズキャリ」の強みだ!

首都圏のIT業界や営業の就職に強く、大阪・名古屋・福岡の求人も取り扱っているぞ!

「ウズキャリ」の詳細記事はコチラ

労基法を守ったら潰れるような会社を排除!「第二新卒エージェントneo」

会社の財源情報をチェックすることで、労基法を守ったら潰れるような会社を排除!

求人数は12000以上とブラック企業の排除を公言している中では最多!

平均10時間程度のマンツーマンサポートも整えられているぞ!

「第二新卒エージェントneo」の詳細記事はコチラ

月収20万・年間休日120日以上の求人多数の「キャリアスタート」

月給25万円以下の20代の既卒・第二新卒・フリーター・ニートに特化している転職エージェント。

内定率86%・定着率92%と驚異的な実績を持っており、ブラック企業を排除した良質な求人を取り揃えている。

北海道から熊本県と北から南まで幅広く対応しているぞ!

「キャリアスタート」の詳細記事はコチラ

ブラック企業でいい人ぶると損する4つの例

仕事を真面目に取り組むと上司に褒められ、責任感のある仕事を任されるといったメリットがありますが、これは会社によってはかえってデメリットになりがちです。

責任感のある仕事を任されたのにもかかわらず、給料があまり伸びずに労働時間だけ延長されるといったパターンは人件費をケチる会社に良くありがちですから、頑張る場所を間違ってしまえば会社にいいように利用されてしまいます。

実際にどんなことが起きるのかというと・・・

ブラック企業でいい人ぶると損する4つの例

  • 断れない性格に付け込んで無茶ぶりを要求する
  • 上司を言葉を軽率に信じる素直さを利用して洗脳してくる
  • いい人になると、否定された時に自己批判に陥ってしまう
  • 会社を中々辞められなくなってしまう

上記みたいなことは仕事に見合う報酬を貰わない限りは決して遭遇したくないものですよね。

特に家族経営で社長一族だけ高級車やら豪華なマイホームを購入している中で真面目に頑張るのは流石に嫌になるぞ!

それぞれ見ていきましょう!

 

断れない性格に付け込んで無茶ぶりを要求される

いい人ぶってしまえば、断れない性格となってしまいがちです。

いい人を装うということは「他人に嫌われたくない」という気持ちを持ってしまうので、上司からの理不尽な要求でさえも受け入れてしまうことになりますね。

勿論理不尽だと思った要求であっても断ればパワハラやいじめに発展することがあり、会社を中々辞められない人にとっては辛い環境が待ち受けているので、到底耐えられる環境というものではありません。

んで・・・ブラック上司はその人の真面目な性格を上手く利用してくるという訳ですね。

ブラック上司というのは真面目な人を見極める能力だけは異常に発達しているので、真面目な人を見つければ徹底的に利用しようとしてきます。

業務とは関係のないことで散々コキ使ってきたり、ゴルフや飲み会といった社内イベントを強引に誘ってくる、定時間近で仕事を押しつけてくるなど相手の都合を考えずに嫌なことを連発してきますよ!典型的なウ○コ上司ですね。

上記の事例であればまだマシな方なのですが、中には到底耐えられないような無茶ぶりを要求されることがあるので、典型的なウ○コ上司にいいように利用されないように警戒するべきです。

 

上司を言葉を軽率に信じる素直さを利用して洗脳してくる

いい人というのは、他人を肯定する傾向があるので素直な性格であることが多いです。

この素直さこそが、上司の他愛もない言葉に惑わされてしまう危険性がありますね。

たとえば・・・以下のような言葉を上司から言われるとしましょう。

 

「サービス残業は社会人の常識だ!定時に帰るなんて常識を守っていない証拠だ」

「新人は誰よりも来るのが社会人の常識だ。そのために1時間以上前から出勤するように心がけなさい」

「明日台風が上陸するけど定時までに出勤して。遅刻するのは社会人の常識として反するので、間に合わなそうなら会社の近くのビジネスホテルや会社で宿泊してね」

 

「社会人の常識」というワードを多用して部下を必死で説得するウ○コ上司あるあるのパターンですね。

この言葉の厄介なところは、たとえ自分が不利な状況に陥ったとしても

「社会人の常識だ!」

と言えば素直に従うことを利用して自身の発言を正当化させることができる汚い言葉だという所です。

まるで桃鉄でキングボンビーがなすりつけられた際にゲーム機のコンセントを抜くようなもので、負けそうになったらリアルファイトやら電源ブッチの行為と同じようなものだと勝手に解釈していますね。

私のような人間であればこの言葉を聞いただけでも即座にウ○コ上司と判断しますが、いい人であれば「社会人の常識だ!」と言われると・・・

「自分が間違っているんだ・・・」

と思って素直に信じ込んでしまうのが厄介なところです。

間違った常識でさえ囚われてしまうことだってあるのです。

そして・・・ブラック上司はこれをいいように利用して「社会人の常識だと言えば何しても許されるんだな!」といい人に対してブラック労働を受け入れさせるように洗脳してきます。

ブラック上司に洗脳されてしまえば、人生の大半を無駄にしてしまうことになるので、本当に損しかありません。

いい人の素直さを利用して洗脳してくる輩に気を付けるべきです。

 

いい人になると、否定された時に自己批判に陥ってしまう

いい人というのは、他人から批判されないような行動を日頃行っていることを意識しているので、いざ上司から批判されるとなれば中々頭から離れずに悩むことになります。

上司の嫌味な言葉が頭に残ったせいで

「自分が悪いんだ・・・次怒られないようにするにはどうすればいいのだろう?」

「上司になんて謝ればいいのだろうか・・・」

という思考で頭がいっぱいになって仕事にならないといったことがあります。

下手したら上司の言葉が耐えられなくなって幻聴が聞こえてうつ病を患ったり、自殺まで追い込まれることがあるので「他人から批判されるのが怖い」と日頃意識したらいざという時に大変なことになってしまいますね。

実際に私は前職で真面目に店舗勤務を行っていた際はパワハラおばちゃんに散々否定されまくって、自己否定に陥ったことがあります。

揚句の果てに自殺願望が出てきて高所恐怖症であるのにも関わらず、高い所が怖くなくなったことがあったので危なかった所でしたね。

この時から本当に「他人に批判される」ということを意識してはいけないとつくづく考えました。最初から開き直れば良いのです。

嫌な上司に対しては例え嫌われるリスクを背負ってでも、自分が嫌だと思ったことはきっぱりと断るのが大切ですね。(嫌な発言の例としては「前頁で話した3つの言葉」です)

自己批判に陥らない為にも、時には「どんなに否定されても構わない」という嫌われる勇気を持ちましょう。

 

会社を中々辞められなくなってしまう

会社で真面目に仕事に取り組んだ結果、「会社から頼られる存在」となってしまえば会社を中々辞められなくなってしまいます。

たとえば、自分の代わりはほとんどいない状態で自分がいないと会社の仕事が回らない状況に陥ったとしましょう。

この環境であるのにも関わらず、薄給でサービス残業が当たり前であり、毎日生きるのが辛かったら到底耐えられるものではありませんね。

ですが・・・自分が会社から頼られている存在となってしまえば、上記のような環境であっても会社側は辞めるのを必死で阻止してくるでしょうね。

必要不可欠な存在を利用して待遇を交渉してみるのはいいものの、人件費をケチるような会社であればあまり昇給が見込めないですし、交渉を申し出た途端に酌変してイエスマンになるようにパワハラで人格否定を行ったりする事例があると思うので、頼られる存在になるということはリスクが高いのです。

会社に骨を埋める覚悟であれば、「今の会社がホワイトかどうか」について良く意識する必要があります。

間違った場所で頼られる存在になってしまえば後悔しかありませんよ!

「頼られると損する」と発言したおばちゃんの話

簡単にまとめると・・・

  • 一度頼られるとその人に仕事が集中し、周りの従業員と給料が変わらない状態になる上に会社を辞めにくくなるので損していまうという話
  • 副業禁止の上にワーキングプアに近い環境で人に頼られる必要は無い

パワハラおばちゃんがいた店舗で勤務していた際、店長以外にもう一人のおばちゃんの先輩(以下Bさん)と会話する機会は幾度かありました。(4カ月先に入社した程度の差ですが)

Bさんは世話好きな人で、細かい点までアドバイスをしてくる人でしたのでミスをほとんど発生することが無く、ミスが多い私にとっては貴重な存在でしたね。

ある時Bさんと会話している際、割と興味深い話を聞く機会が。その時の話の内容がコチラです。

 

「人に頼られるっていうのはある意味損しているのよ。一度頼られてしまえばその人に仕事を多く任される。そしてその人に仕事が集中していく・・・」

「更に頼られる存在となってしまえば残業は必要不可欠になってしまう。でも、普通の社員であれば定時に帰れるのよね。給料はほとんど変わらないのに。」

「何より会社に必要不可欠な存在となってしまえば、会社を辞めたくても辞められない状態になるのよ。これって辛いと思わない?頼られるだけ損するのよ?」

 

という話しを聞いてからは会社で真面目に働いて貢献することに疑問視を抱いたキッカケとなりました。

確かに仕事を早く終わらせたとしても「君に仕事を任せるぞ!」とか言ってくる割には給料据え置きのパターンが多いですし、本社でバイヤーのNさんが会社から必要不可欠な存在となって毎晩遅くまでサービス残業しているのを見たら、間違った場所で真面目に働いて頼られる存在となったら損するとしか思いませんでしたね。

私の前職はインターネットビジネス禁止の上に年間休日数77日で年収200万しか無いのにもかかわらず、サービス早出やら清掃がありましたから頑張る必要はありませんでした。(大体年に2500時間労働)

下手したら給料据え置きのまま3000時間労働を超えるところでしたよ。危なかったわ!

副業禁止の上に長時間労働でにワーキングプアに近い会社で頼られたら危険極まりないので、時と場所を考えて自分のエネルギーを使うかどうか判断することが大切です!

 

おわりに:労基法を無視している会社でいい人ぶってはいけない!

以上、職場でいい人ぶると損しかない4つの例と「頼られると損する」と私に話したおばちゃんの話についての記事でした!

待遇に不満の無いホワイト企業であれば仕事を真面目に取り組んでいい人を装っても損するといったことはありませんが、副業禁止で労基法を無視しているのにも関わらず、薄給なブラック企業であれば利用されるだけなので、ブラックな環境ではいい人を装う必要はありません。

頑張るだけ薄給でサービス残業を押しつけられているのは目に見えていますし、下手したら社長や役員の付き添い人となって帰宅許可が無ければ帰れないといった事例が発生するので、信用出来ないような環境でいい人ぶるのはお勧めできませんね。

たとえ30分前の早出清掃・労働、残業代が30分単位といった小さな違反を常習的に行っていた場合も警戒するべきです。

「本来なら労基法違反だけど注意されないからやる」といった思考をしていそうですからね。従業員のモチベーションを全く考えていない証拠であるので、同じように会社の利益のことを考える必要は全くありません。

 

関連記事

 

なので、仕事に真面目に取り組んでいい人になるのであれば、真面目にコンプライアンスと従業員について意識しているいい会社のみにしてください!

ブラック企業でいい人を装うということは、文化部のおとなしい人が体育会系の輪の中に入った結果、都合良くコキ使わされる羽目になるのと同じようなものですから、同じような性格に合わせるべきです。

ホワイト企業ならいい人ブラック企業ならモンスターと時と場所を考えて柔軟に自分の性格を変化してみましょう。

  • この記事を書いた人

Hiroki

「クソ上司やブラック企業に立ち向かう全ての方を応援する」というコンセプトの下、社畜には見るにたえない汚らわしい記事を量産しています。

暴言ジイサン入りの介護施設(4か月)▶ゲーセンバイト(半年)▶ブラック転職事業(4か月)▶パワハラ有で年間休日77日年収200万円の中小企業(2年)と「ド」がつくほどの底辺環境を味わう。

【退職後】アウトドア・転職関連のメディア執筆3年▶雑記・転職サイト2件運営▶「シゴトイキタクナイ」運営【1年2か月目】最高月3万PV

>>底辺社畜時代の話

>>お問い合わせ

ハローワークを利用するだと?ちょっと待ってくれ!

「一度レールから外れた人間はブラック企業しか就職できない・・・」

「ハローワークの求人がブラック企業ばかりで就職する気力がなくなった・・・」

クッソ理不尽な社会の中でイヤでも生きていると身をもって体感できるよね。

「早期離職したら次の就職先が見つからない」という風潮は未だに根付いているほどですし

「3年以内に辞めようとする自分は欠陥人間なんだ・・・」

「どうせ自分は次にいってもやっていけない・・・」

と自分は価値のない存在だと思い込むあまり、ブラック企業から逃れたくても逃れられなかったり、逃れたとしても再び詐欺求人しか目に入らなくなるのはマジで辛いもんです。

でも・・・そんな化石みたいな風潮に捉われすぎる必要はないッ!

リーマンショックの時代とは異なり、現在はブラック企業を排除した未経験向けの転職エージェントが充実しています。

20代であれば誰でも参加することができますし、正社員経験のないニートやフリーターであっても歓迎要件です!

もちろん無料であり、ブラック企業を排除しているだけではなく、転職活動時のサポートや内定後のアフターサービスも充実し過ぎているほどのテンコ盛りです。

同じ無料サービスであるのにも関わらず、ブラック求人を平気で放置しているのに加え、非正規でやる気のない職員で溢れているハローワークと比較したら雲泥の差と言っても過言ではありません。

20代の既卒未経験であれば、迷わず以下の転職エージェントを利用することを強くオススメしますよ!

ブラック企業を徹底的に排除!入社後定着率業界NO1の「ウズキャリ」

独自の審査基準や利用者からのフィードバックでブラック企業を完全に排除!

平均20時間程度のサポートに加え、Google評価が平均して★4以上と高評価なのが「ウズキャリ」の強みだ!

首都圏のIT業界や営業の就職に強く、大阪・名古屋・福岡の求人も取り扱っているぞ!

「ウズキャリ」の詳細記事はコチラ

ブラック企業徹底排除のIT就職に特化した「ウズキャリIT」

ウズキャリのIT就職に特化したサービス。

ブラック企業を完全に排除しつつ、IT特化型の転職支援を受けられるのはココだけしかない。

27歳就業経験なしのひきこもりニートから年収350万円のベンチャー企業に就職した実績があり、定着率や内定率も業界でナンバーワンだ!

「コロナ禍を経て在宅勤務可能な業界に就職したいけど、資格や経験がないから応募しにくい・・・」

と悩む方に一番オススメだぞ!

労基法を守ったら潰れるような会社を排除!「第二新卒エージェントneo」

会社の財源情報をチェックすることで、労基法を守ったら潰れるような会社を排除!

求人数は12000以上とブラック企業の排除を公言している中では最多!

平均10時間程度のマンツーマンサポートも整えられているぞ!

「第二新卒エージェントneo」の詳細記事はコチラ

月収20万・年間休日120日以上の求人多数の「キャリアスタート」

月給25万円以下の20代の既卒・第二新卒・フリーター・ニートに特化している転職エージェント。

内定率86%・定着率92%と驚異的な実績を持っており、ブラック企業を排除した良質な求人を取り揃えている。

北海道から熊本県と北から南まで幅広く対応しているぞ!

「キャリアスタート」の詳細記事はコチラ

-ブラック企業, 社畜批判
-,