社畜批判 洗脳予防

「選ばなければ仕事はいくらでもある」は大嘘だ!無職でも選び好みをする権利はある!

 

私が転職事業に通っていた際、デカエモンと呼んでいる上記の画像の人物と瓜二つな怖い担当者から

 

「今の立場を分かっていて仕事を選んでいるのか?」

「仕事を選んでいたらいつまで経っても就職出来ねぇぞ?」

 

と・・・中々転職活動がうまくいかない中、上記の言葉を耳にタコが出来るほど投げつけられました。

 

今思えば営業のメンツが潰れないように何かと暴論を押し付けているようにしか見えないのですが、

当時はデカエモンの恐怖政治から思考停止の状態に陥っており、

闇雲に転職先を探すことしか出来ませんでした・・・

 

その結果、全く興味のない会社に入社することになり、それに加えて年間休日77日年収200万円という環境もあったせいなのか、やる気の無さが露呈してミスが多発して怒られることが日常的にありましたよ・・・

 

上記の体験があったおかげで、仕事を選び好みするな論に関しては憤怒を覚えるばかりです。

 

正直こんな発言に黙って従うだけで自分の人生を滅茶苦茶にされたり、就職した会社に迷惑をかけることになるので、軽はずみに信用しないことをお勧めします!

 

今回は仕事を選び好みするな論について語ります。

 

こんな方におすすめ

  • 現在無職やニートの状態で「何処でもいいから働け」と言われて悩まされている20代の方
  • 就職活動や転職活動がうまくいかずに悩んでいる新卒や既卒の方
 

▼ブラック企業を徹底排除した転職エージェント▼

ブラック企業を徹底的に排除!入社後定着率業界NO1の「ウズキャリ」

独自の審査基準や利用者からのフィードバックでブラック企業を完全に排除!

平均20時間程度のサポートに加え、Google評価が平均して★4以上と高評価なのが「ウズキャリ」の強みだ!

首都圏のIT業界や営業の就職に強く、大阪・名古屋・福岡の求人も取り扱っているぞ!

「ウズキャリ」の詳細記事はコチラ

労基法を守ったら潰れるような会社を排除!「第二新卒エージェントneo」

会社の財源情報をチェックすることで、労基法を守ったら潰れるような会社を排除!

求人数は12000以上とブラック企業の排除を公言している中では最多!

平均10時間程度のマンツーマンサポートも整えられているぞ!

「第二新卒エージェントneo」の詳細記事はコチラ

月収20万・年間休日120日以上の求人多数の「キャリアスタート」

月給25万円以下の20代の既卒・第二新卒・フリーター・ニートに特化している転職エージェント。

内定率86%・定着率92%と驚異的な実績を持っており、ブラック企業を排除した良質な求人を取り揃えている。

北海道から熊本県と北から南まで幅広く対応しているぞ!

「キャリアスタート」の詳細記事はコチラ

「仕事を選び好みするな」という言葉の意味とは?

選ばなければ仕事がいくらでもあるという発言の2つのパターン

 

仕事を選び好みするなという言葉の意味は大きく分けて2つあります。

 

「仕事を選び好みするな」という言葉の意味

  • 業界を選んで就職活動をしてはいけない
  • 年収やステータスを重視して仕事を選んではいけない
 

後者の場合、たとえやりたいことがあったとしても、

そこの分野で豊富な実務経験を身に着けられなければ、

当然応募した会社から信用されることなく、

お祈りを送られるか書類審査の時点でボツとなりがちです。

 
Hiroki
たとえ高学歴の新卒であったとしても、学生時代に遊ぶ暇無く勉強に力を入れることは勿論、アルバイトをしつつ応募先に関連する実務経験や資格を身につけないと大企業入社は厳しいです。
 
遊んでばかりで何もしていない状態の上に、自己アピールがネットで紹介されているような典型文だとたとえ東大でも落とされるよな・・・
悩男
 
Hiroki
終身雇用が当たり前の昭和時代ならまだしも、成果主義に移行しつつある今の時代は学歴だけでは通用しません。
 

後者の意味合いであれば、仕事を選び好みするなと言われたとしても、然程気にすることはありません。

業界未経験の上に過去の経験から自然と思い浮かぶような自己アピールの点が見当たらず、

全てネットに頼っている状態で大企業ばかり選んでいる状態であれば

選考や面接を落とされ続けるのは当然のことだからです。

 

しかし、前者の意味合いに関しては真に受けるべきではない害悪な思考です!

 

中小企業を選んだとしてもなかなか就職できない人に対して・・・

 

「業界を問わずに沢山エントリーした方がいいよ!」

「業界を選ばない方が就職しやすいよ!」

 

と容易に発言するのはクソとしか言いようがありません。

前者の意味合いが害悪だと思う理由については次頁で詳しく解説していきます。

勝てるor興味がある仕事以外を選ぶのは会社に迷惑がかかるだけ

年収が低くて仕事のやる気が出ない人

 

就職・転職活動の際に自分の得意分野、やりたいこと、将来の目標を決め、

自分の目標に近づけるような業界に絞って就職活動を行った方が、

仕事のやる気が自然と芽生えてくるので、

就職先でやる気が無いことが原因で同じ失敗を繰り返し、

会社に迷惑をかけてしまうといった事例が発生する確率はぐっと減るでしょう。

 

しかし、いくら就職活動に焦っていたとはいえ・・・

 

「業界を問わずに沢山エントリーした方がいいよ!」

 

というサークルの先輩や親の言葉を真に受けて闇雲に業界を絞らずにエントリーしたところで、

会社で頑張っても何も報われない感が嫌でも出てしまうことになり、結果的にやる気が出なくて同じ過ちを繰り返しやすくなります。

 
【結局やる気】実は仕事ができる人の8つの特徴!

続きを見る

 

コレが原因で会社に迷惑をかけてしまう上に、

会社から責められ続けることによって自分のメンタルも病むことになるし、

将来の目標を何も定めていない状態だと完全に時間の無駄です。

 

後々転職したい時に今の業界が嫌で別の業界を転職先の候補とするのなら、

未経験な分どうしても不利になりがちですし、

面接の場において自分の価値を数値化してアピールすることが出来ないので、

第二新卒と呼ばれる時期を過ぎてしまえば

正社員の就職すら困難になります。

 

以上から、たとえ就活に焦ったとしても自分の勝てるor興味がある業界を見つけ、その業界の仕事のみ選ぶようにすることは重要だと断言します。

焦って待遇の悪い会社に入社すると近い内に退職するので時間の無駄

 

世間体や自分への悪い噂を過度に気にして

 

「新卒を逃がすまい!」

 

と焦って待遇の悪いグレー企業やブラック企業に入社してしまうと、

高確率で3年以内に退職することになります。

 

自分の将来の目標を達成出来るような環境であるのならまだしも、

特に目標を定めずに「給料だけ貰えればいい」と焦って入社した場合は完全に時間の無駄としか言いようがありません!

 

世間体とか相手の声なんて気にするだけ自分の人生の疎外となってしまう上に、

相手が言いなりに動いたという優越感を与えてしまう要因ともなるので、

従ったところで何も賞賛されることなんてありません。

 

たとえ就活に焦っていたとしても、やりたくもない仕事だと事前に承知して闇雲にエントリーしない方が身のためです。

 
Hiroki
こういう軽はずみな行動こそがブラック企業を延命させている要因となっている。

無職なら非正規で実務経験を身に着けて正社員を目指すという手がある

無職・ニートから正社員へのステップアップ

 

現に無職やニートの状態で就職活動を行ったとしても何処にも採用されず、

ブラック企業しか就職できないと絶望して悩んでいませんか?

 

確かに既卒で無職の状態であれば、新卒の就職活動のようにうまくいきません。

新卒であれば未経験の状態は「仕方のない」ことで会社は割り切っているのですが、

既卒であれば経験が無ければ中小企業であったとしても厳しいことが多いです。

 

しかし・・・こういう現実があるからといって「自分は一生正社員になれない」と諦めてはいけません。

 

最初から正社員に拘ってしまえば、

選考に落とされ続けるループが続いて自信を過度に喪失したり、

闇雲に業界を問わずに転職活動を行ってしまう危険性があるので、

ここはハードルを下げて非正規雇用に目を向けましょう。

 

非正規雇用は20代なら余程のことが無い限りは働けますし、

 

「あ・・・これ自分と思っているのと違うな」

 

と思った場合は早い内に退職することが出来るので、

リセマラをするかの如く、自分の適性に合った仕事というのが見つけやすいです。

 

適性に合った仕事が見つかれば、そこで死ぬ気で働いてから中小企業の正社員へとステップアップし、最終的に大企業やフリーランスを目指せば良いのです。

 

上記のプロセスを分かりやすく挙げるとしたら以下の通りです。

 

無職から大企業を目指すプロセス

  1. まずは日雇い・短期雇用で興味がある仕事の実態を探る
  2. アルバイトや契約社員として2年以上死ぬ気で働きつつ、関連する資格を出来るだけ多く取る
  3. アルバイトや契約社員で死ぬ気で身に着けた実績・資格を活かし、中小企業の正社員を目指す
  4. 更に中小企業で大きな実績を残し、20代後半~30代半ばあたりで大企業を目指す
  5. 独立したい志があれば、会社で身に着けた実績やスキルをセルフブランディングとしてネット上で活動する
 

高卒で年収1000万円という超人をたまに見かけることがあるのですが、

上記のようなプロセスを骨を埋める覚悟で頑張っていた経験があります。

 

例えば今の時代のニーズに沿ったプログラミングを独学や資格講座で学習しつつも、

会社では大きな実績を残すために大規模なプロジェクトに自ら進んで参加して自分の価値を高め、

会社で学んだことや身に着けたことをセルフブランディングとして上手く活用し、

SNSで支持者を集めて情報商材を売ったり、

プログラミングの依頼を引き受けて荒稼ぎしていたり、

死ぬ気で身に着けた実績やスキルをドヤ顔で面接官にアピールして大企業に就職出来ていたりするのです。

 

上記の実例がある以上、新卒を逃がした無職だからといって人生を諦める必要性は全くありません!

新卒は人生のゴール地点じゃねぇ!

新卒入社が人生のゴールだと勘違いしている人

 

前頁やここの頁では散々偉そうな発言をするので申し訳ない気持ちでいっぱいなのですが、

 

具体的にどういうことを言いたいのかというと、新卒が人生のゴールでは無いということです。

 

心無いヤツは新卒を逃がした無職やニートに対して・・・

 

「この年齢でまともに働いていないとかもう人生終わってるじゃん」

「働けたとしてもブラック企業しか無さそうだよね!」

 

と・・・何も根拠を出さずに上記の言葉を押し付けてきます。

 
Hiroki
新卒を逃がしたら就職できないという古臭い思考が未だに根付いているせいで軽はずみに上記のような発言を行っているようにしか見えないんだよなぁ・・・
 

この言葉通りに世の中に絶望して働く気力を失って歳を取ってしまえば、

それこそやり直しが効かない人生になってしまうことがある上に、

下手したら世の中が憎くなって犯罪行為を犯してしまう危険性だってあるのです。

 

なので、こんな見下したいような下心が丸見えな無責任な意見なんて本気でアテにする必要はありません。

 

こうやって他人の人生に絶望感を与えて崩れていくような様を見て楽しみたいようなクズであることに違いありませんから。

 

現にあなたが正社員に就職出来ないのは、これまで言ったように業界未経験によって採用担当者から信用されていないからです。

 

面接で空白期間を質問してくるような事例は有名なのですが、

アレは空白期間の間に自社に関連する資格や実務経験を死ぬ気で学んだのかどうかが気になっている意図から聞いているのです。

 
Hiroki
ニート期間を見下して優越感に浸りたいという要素は全く含まれていません。(会社経営6年目の友人談)
 

もし、空白期間の間に資格講座にて学んだことに関して具体的に発表しつつも、

フリーランスで関連する仕事の実績を沢山残しているような状態であれば、

たとえ空白期間が数年間あったとしても採用される確率はグッと高まります。

 

しかし・・・年齢が若い内に正社員に就職しようという焦りから闇雲に就職活動を行っている状態だと、落とされる確率が高くなる上に下手したら「考えが甘い」と面接官に説教されてしまいます。

 

だから、無職で未経験の状態であれば闇雲に正社員を目指さず、

非正規雇用で実務経験を身に着けつつも沢山学習する必要があるのです。

 

新卒がゴールでは無く、大学を卒業してから本番という訳です。

これまで怠けていた人は今後は死ぬ気で頑張りましょう。

 

新卒を逃がした無職やニートだからといって・・・

 
追い込まれた人
どうせ私は仕事を選ぶ権利なんて無いんだ・・・
 

と悲観的に思うことなく自分のやりたいことを見つけ、

将来なりたい自分や目標を定めるようにし、

死ぬ気でステップアップするように取り組んでください!

「仕事を探せばいくらでもある!」と発言するヤツの心理

この無責任な言葉を何食わぬ顔で他人に押し付けてくるようなヤツの心理は以下の通りです。

 

仕事を探せばいくらでもあると発言する人の心理

  • 世間体を過度に気にしており、恥ずかしい思いをしたくない
  • ただ単に見下して優越感に浸りたい
  • 仕事を選ばなかった自分の人生を正当化したい

世間体を過度に気にしており、恥ずかしい思いをしたくない

何処にでもいいから早く就職するように圧力をかけられている場合は、相手が変な噂を流されて恥ずかしい思いをしたくないのでしょう。

 

ぶっちゃけ世間体なんて無責任な上に気にしたとしても何も賞賛されることが無いのに、

こういったものを簡単に真に受けて他人に押し付けてくるようなヤツは、

正直「お前の為」だと綺麗ごとを抜かしていたとしても、自分本意にしか考えていないのがほとんどです。

 
「お前のためを思って」とほざく上司は見限るべきモラハラ野郎だ!

続きを見る

 

自分本意の発言なので、たとえあなたが闇雲に就職先を選んだことによって、

ブラック企業を運悪く引き当てたり、

やる気が出なくて会社から責められて自信を過度に失ったとしても、

軽はずみに慰めの言葉を投げかけるだけで責任を取ろうとはしません。

 

嫌なパターンだと、直接誰かに悪口や陰口を言われたわけでも無いのに、

ガー〇ズチャンネルとか発言〇町の意見を真に受け、

そういう意見から頭の中に仮想の敵を作ってまで

自分に言い聞かせているという理由で自分の友人や子供に対して

 

「何処でもいいからとにかく働け!」

 

と押し付けてくることがあります。

 

いくら被害妄想から逃げたいからといって他人に働くことを強要するとしても、

これもまた自分本意の意見としか言いようがありません。

 

ネットが発達した以上、近所の噂話だけでは留まらない現象が発生しているので、

近年ではこういった被害妄想に追われる人物が増えてきていそうです。

ただ単に見下して優越感に浸りたい

既卒の無職やニートに対して働くことを強要させるのは、ただ単に今の自分の不幸な現状を正当化して見下したいという要素も当然含まれています。

 

人間は幸せになると自分のことしか考えられなくなる反面、

不幸だと優越感に浸って安心感を得る為に他人の弱みについてやたらと気になり出す性質があるので、

現時点で辛い結婚生活を送っていたり、残業ばかりでやりたいことが実現出来ない環境下だと、

ストレス解消の為に弱者である無職やニートに矛先が向かう訳です。

 

こういった不幸な状況に置かれている人は無職やニートに対して・・・

 

「ニートなんかやってないでさっさと働けよ!」

「国民の義務を守れないようなヤツは生きる資格なんてない」

「お前を雇う場所なんてないんだから高望みするな。ブラック企業でもいいから就職しろよ!」

 

と・・・こちらもまた無責任に「働け」という言葉を投げかけるのです。

 

もちろん相手の人生なんて「どうでもいい」としか考えておらず、

むしろ相手が困った表情や反応を見て楽しむようなクズであることが多いです。

 

たとえ相手の言葉通りに就職したとしても・・・

 

「俺のおかげで就職出来たんだから感謝しろ!」

 

とか言われるのが目に見えていますし、

必死になって反論したとしても自分の貴重な時間を何時間も犠牲にしてまで

相手を徹底的に論破して優越感に浸ろうとしてくるので

こんなヤツの言葉なんてロボットのように無反応を貫くことが一番です。

仕事を選ばなかった自分の人生を正当化したい

「仕事を選ぶべきではない!」と理由もなく押し付けていたら、

過去に仕事を選べなくて好きな仕事を行えなかったことに関して悔やんでおり、

せめて身の回りの人間が自分と同じになって安心感を得たい為にも・・・

 

「仕事を選ぶことなんて甘えだ!」

「お前は仕事を選べる立場なのか?」

 

とか負け惜しみを言って自分と同じ世界に誘おうとしてくることがあります。

 

コレは単に自分の悔やんでいることを正当化したいに過ぎず、

コチラもまた相手の人生なんて微塵たりとも気にしていません。

 

もしも何も前触れもなく「仕事を選ぶべきではない」とかほざくヤツが周りにいたら、

可哀そうな人間なので、哀れに思いつつも放っておくようにしましょう。

まとめ:相手に捉われることなく、自分のやりたい仕事を選ぶのが一番だ!

他人や世間からの

 

「何処でもいいから早く就職しろ!」

「仕事は選び好みするな!就職しやすい業界を選べ!」

 

なんて意見は真に受けるだけ自分を不幸にしてしまうので、

相手の意見に捉われることなく、自分のやりたい仕事を選ぶのが一番です。

 

例え無職やニートで経験が無いとしても、将来なりたい自分を明確に定め、

下積み期間としてアルバイトで実務経験を身に着けつつも、

多大な実績を残せば、ほぼ確実に正社員になることが出来ます!

 

いきなり正社員になるよりも、バイトから正社員になった方が自分の適性に合った仕事が見つけやすいですし、

適性が無かったら退職することは容易なのでお勧めです。

 

相手の言葉に流されて自分の人生に絶望感を持つのは今すぐ辞めましょう!

 

無職やニートでもやりたい仕事を見つける権利はあります!

  • この記事を書いた人

Hiroki

「クソ上司やブラック企業に立ち向かう全ての方を応援する」というコンセプトの下、社畜には見るにたえない汚らわしい記事を量産しています。

暴言ジイサン入りの介護施設(4か月)▶ゲーセンバイト(半年)▶ブラック転職事業(4か月)▶パワハラ有で年間休日77日年収200万円の中小企業(2年)と「ド」がつくほどの底辺環境を味わう。

【退職後】アウトドア・転職関連のメディア執筆3年▶雑記・転職サイト2件運営▶「シゴトイキタクナイ」運営【1年2か月目】最高月3万PV

>>底辺社畜時代の話

>>お問い合わせ

ハローワークを利用するだと?ちょっと待ってくれ!

「一度レールから外れた人間はブラック企業しか就職できない・・・」

「ハローワークの求人がブラック企業ばかりで就職する気力がなくなった・・・」

クッソ理不尽な社会の中でイヤでも生きていると身をもって体感できるよね。

「早期離職したら次の就職先が見つからない」という風潮は未だに根付いているほどですし

「3年以内に辞めようとする自分は欠陥人間なんだ・・・」

「どうせ自分は次にいってもやっていけない・・・」

と自分は価値のない存在だと思い込むあまり、ブラック企業から逃れたくても逃れられなかったり、逃れたとしても再び詐欺求人しか目に入らなくなるのはマジで辛いもんです。

でも・・・そんな化石みたいな風潮に捉われすぎる必要はないッ!

リーマンショックの時代とは異なり、現在はブラック企業を排除した未経験向けの転職エージェントが充実しています。

20代であれば誰でも参加することができますし、正社員経験のないニートやフリーターであっても歓迎要件です!

もちろん無料であり、ブラック企業を排除しているだけではなく、転職活動時のサポートや内定後のアフターサービスも充実し過ぎているほどのテンコ盛りです。

同じ無料サービスであるのにも関わらず、ブラック求人を平気で放置しているのに加え、非正規でやる気のない職員で溢れているハローワークと比較したら雲泥の差と言っても過言ではありません。

20代の既卒未経験であれば、迷わず以下の転職エージェントを利用することを強くオススメしますよ!

ブラック企業を徹底的に排除!入社後定着率業界NO1の「ウズキャリ」

独自の審査基準や利用者からのフィードバックでブラック企業を完全に排除!

平均20時間程度のサポートに加え、Google評価が平均して★4以上と高評価なのが「ウズキャリ」の強みだ!

首都圏のIT業界や営業の就職に強く、大阪・名古屋・福岡の求人も取り扱っているぞ!

「ウズキャリ」の詳細記事はコチラ

ブラック企業徹底排除のIT就職に特化した「ウズキャリIT」

ウズキャリのIT就職に特化したサービス。

ブラック企業を完全に排除しつつ、IT特化型の転職支援を受けられるのはココだけしかない。

27歳就業経験なしのひきこもりニートから年収350万円のベンチャー企業に就職した実績があり、定着率や内定率も業界でナンバーワンだ!

「コロナ禍を経て在宅勤務可能な業界に就職したいけど、資格や経験がないから応募しにくい・・・」

と悩む方に一番オススメだぞ!

労基法を守ったら潰れるような会社を排除!「第二新卒エージェントneo」

会社の財源情報をチェックすることで、労基法を守ったら潰れるような会社を排除!

求人数は12000以上とブラック企業の排除を公言している中では最多!

平均10時間程度のマンツーマンサポートも整えられているぞ!

「第二新卒エージェントneo」の詳細記事はコチラ

月収20万・年間休日120日以上の求人多数の「キャリアスタート」

月給25万円以下の20代の既卒・第二新卒・フリーター・ニートに特化している転職エージェント。

内定率86%・定着率92%と驚異的な実績を持っており、ブラック企業を排除した良質な求人を取り揃えている。

北海道から熊本県と北から南まで幅広く対応しているぞ!

「キャリアスタート」の詳細記事はコチラ

-社畜批判, 洗脳予防
-, ,