人間関係の悩み

女性が多い職場で男1人!気をつけること10項目とやめとけと断言できる理由

女性が多い職場の10の注意点。人間関係に疲れる上にブラック労働になりがちだ!

女性が多い職場と聞くと、ハーレムに見えて楽園だと思いますよね。

普段は女性からあまりモテ無い人でも、女性が多い職場に就職した途端にモテたり、彼女が簡単に出来たりと幻想を抱くことは無理もありません。

ですが・・・女性が多い職場に男性が入社すると、下手したら陰口の標的にされる可能性が高い上に、労働環境がブラックで低賃金な可能性も比較的高いので、注意を払わなければ最悪な環境となりがちです。

実際に私は前職はインテリア業界ということもあり、重役以外は女性が殆どの場所で働いていたのですが、職場によっては陰口の標的にされましたし、おばちゃんばかりの職場だと可愛がられると思いきや、ゆとり世代が嫌いなBBAから容赦ないパワハラを受けた経験がありましたよ。

コレでも年収200万で年間休日77日でしたから、人間関係が嫌な場所に配属されると日々「仕事辞めたい」と考えるほどでした。

しかし、その反面、女性の扱いが上手かったら年配の方から可愛がられたり、同世代の方からは興味を持たれて話しかける頻度が上昇するので、女性と関わる際の注意点さえ意識したら快適な環境へと変貌するのかもしれません。

そこで今回は女性が多い職場の注意点と、女性が多い職場はブラックになりがちな理由について書いていこうと思います。

 

こんな方におすすめ

  • 女性が多い職場で働いている男性の方
  • 女性が多い職場に疑問視を抱いている方
 

▼ブラック企業を徹底排除した転職エージェント▼

ブラック企業を徹底的に排除!入社後定着率業界NO1の「ウズキャリ」

独自の審査基準や利用者からのフィードバックでブラック企業を完全に排除!

平均20時間程度のサポートに加え、Google評価が平均して★4以上と高評価なのが「ウズキャリ」の強みだ!

首都圏のIT業界や営業の就職に強く、大阪・名古屋・福岡の求人も取り扱っているぞ!

「ウズキャリ」の詳細記事はコチラ

労基法を守ったら潰れるような会社を排除!「第二新卒エージェントneo」

会社の財源情報をチェックすることで、労基法を守ったら潰れるような会社を排除!

求人数は12000以上とブラック企業の排除を公言している中では最多!

平均10時間程度のマンツーマンサポートも整えられているぞ!

「第二新卒エージェントneo」の詳細記事はコチラ

月収20万・年間休日120日以上の求人多数の「キャリアスタート」

月給25万円以下の20代の既卒・第二新卒・フリーター・ニートに特化している転職エージェント。

内定率86%・定着率92%と驚異的な実績を持っており、ブラック企業を排除した良質な求人を取り揃えている。

北海道から熊本県と北から南まで幅広く対応しているぞ!

「キャリアスタート」の詳細記事はコチラ

 

女性が多い職場で男1人の状況下で気をつけることは?

女性が多い職場では、男性が多い職場よりも周囲の環境に適応する能力が必要な上に、相手を気遣う余裕も求められます。

無口でいたり、女性を軽視したりしていると間違いなく敵とみなされ、集団でのいじめに発展する恐れがあるので、自分が標的にされない為にもしっかりと以下の注意点の意識しなければなりません。

 

女性とのコミュニケーションで注意すべき点

  • 清潔感や身だしなみを重点的に意識する
  • 言葉遣いに気を付ける
  • 口が悪い独り言を多用してはいけない
  • 会話は聞き役に徹し、自分から話し過ぎないようにする
  • 派閥やグループが多いので、同調意識を持つようにする
  • 決して自慢話を行わない(女の嫉妬は怖い)
  • 相手を褒めることを意識する(SNSを見ると認められたい欲求が高いことが読み取れる)
  • 特定の人を特別扱いにしない
  • 交際経験や家庭情報などのプライベートの情報を漏らさないようにする
  • 感謝を忘れてはいけない
 

それぞれ解説します!

 

清潔感や身だしなみを重点的に意識する

まず、女性が多い職場で最も気を付けたい点として挙げられるのが

 

清潔感

 

というものです。

清潔感と聞くと一見すると単純なものだと思われますが、女性は男性が想像している以上に相手の清潔感について意識しています。

たとえば・・・

 

女性からの清潔感チェックポイント

  • 汗臭さや生乾き特有のニオイを発していないか?
  • ひげやムダ毛はしっかりと処理されているか?
  • 歯に歯垢や食べかすがついていない、歯が黄色く歯並びが悪くないか?
  • スーツにしわはよれが無いか?
  • 靴はしっかりと磨かれているか?
  • 髪は油を塗ったようにべとくないか?
  • 爪の垢がこびりついていないか?
  • 食べるときはくちゃくちゃ音を立てていないか?
  • 人前で鼻をほじったり、爪を噛んだりしていないか?
  • カバンの中身がしっかりと整理されている、清潔なハンカチを所持しているか?
 

などという細かい点について良く見ていることがありますね。

たとえば汗臭く、爪の垢がこびりついていたり、食べるときにくちゃくちゃ音を立ててしまえば、それだけでも

 

「コイツは生理的に無理だ!」

 

というレッテルを貼られてしまい、陰口や悪口の標的となり得ます。

一度「臭い」というレッテルを貼られてしまえば、その後どんなに清潔感について意識していたとしても、不潔なイメージを変えることが困難となります。

上記の背景から、清潔感については最初から重点的に意識する必要があります。

実際に私の後輩は汗臭さがヤバイ時期があった上に頭が禿げがかかっていたので、配属先の店舗の従業員からは印象が悪かったそうで・・・

 

「後輩さんについてだけど、距離感近いし、臭いしもうヤダって店長が言っていたよ」

 

と、私が商品倉庫で勤務していた時に、配属先の店長と仲が良いパートのおばちゃんが当時の私の上司にコソコソと話していたのを聞いたことがありましたね。

あまりにも汗臭さが酷かったので、Sさんの下で働いた時は直接ファブリーズをかけるように指示されたこともあったとか。

このように、表向きでは余程酷くない限りは言われなくとも、女性は直接本人に注意するのではなく、陰で言うので自覚しにくいというのが難点です。

常に銃口を向けられて「清潔感を身につけろ」と脅されているような状況なので、何も言われなくとも清潔感について特に意識するようにした方が望ましいです!

 

言葉遣いに気を付ける

女性は相手の言葉遣いについても結構意識しています。

ネット用語や「まじ?」「ヤバイ」なんていう若者言葉をうっかりと漏らしでもしたら、それだけでも批判の対象となり得ますし、人によっては清潔感が無いような人間とみなされることだってあります。

更に体育会系で良くありがちな「~っす!」という敬語とタメ口が混ざったような言葉を発することや、たとえ相手が後輩であったとしても、親しくもないのに呼び捨てをすることは人によってはNGです。

ましては「お前」呼ばわりするなんてもってのほかです!

女性に「お前」と呼んだ時点で呼ばれた女性からは、あなたが会社を去るまでは悪いイメージを持つこととなるでしょう。

たまに仕事でイライラしていまい、冷静になり切れずに言葉が悪くなることがありますが、それが原因で長期間オカシイヤツだと思われるケースもあるのかもしれません。

女性が多い職場においては、常に敬意のある接し方を行い、相手を不快にさせないことが求められます。

 

口が悪い独り言を多用してはいけない

仕事で自分の思うようにいかなくて、イライラしてしまう場面は誰しもがありますよね。

その時に一人でブツブツと文句を言ったり、感情をむき出しにして汚い言葉を発してしまったら、聞いていた女性から悪いイメージを持たれてしまいます。

たとえば、仕事に少しでもミスが発生してやり直すハメになった時に

 

「クソがっ!」

「いや~ふざけんなよぉ・・・そりゃないわ!」

 

と・・・思わず口に出てしまったらOUTです。

女性はたとえ周りでおかしいヤツがいたとしても、その場においては特に気にしないような仕草を見せることが多く、陰でネタを共有したくなる傾向があります。

主観的な視点だと誰にも聞かれていないようでセーフだと思われますが、実はモロに聞かれて心の中では笑っているパターンがほとんどです。

上記の心情から、あなたが発した汚い言葉が、女性同士のコミュニケーションの場においての陰口のネタとなってしまうことがあります。

コレだと職場で悪いイメージを持たれかねません。

口が悪い独り言には十分に警戒するべきです!

 

会話は聞き役に徹し、自分から話し過ぎないようにする

女性と会話する際は質問をされた時以外は、基本的に聞き役に徹するように意識します。

自分から余計なことを話し過ぎない方が弱みを握られるリスクが減りますし、女性は相手の話を聞くよりも、自分の話をしっかりと聞いてくれる上に共感してくれる方が好きなので、聞き役に徹した方が陰口のリスクが少なくなります。

聞き役になる為に意識するべき点として、オウム返しするように返答することや、適度に褒めたり笑顔で相槌を打つことが挙げられます。

 

たとえば・・・

 

「今日は温泉に行ったんだ~!自然豊かな光景で温泉の質が良かったしとても素晴らしかったよ!」

 

と話しかけられた場合は

 

「おお!温泉はいいですよね!自分も好きで良く利用していますよ!」

「自然豊かな光景の温泉は凄く落ち着きますよね。」

「私も行ってみたいな・・・どこの温泉施設に行きました?」

 

と・・・相手の発言を尊重しつつも、会話のネタを広げるようにオウム返ししたら円滑に会話が進行するので、良い印象を持たれます。

中々自分から話せないような人であっても、笑顔で「そうですよね!」と共感するような相槌を打つだけでも十分です。

共感してくれるだけでも嬉しいものなので、間違っても無言で相槌を打つことなく話をボーっと聞く姿勢は見せないように注意したいところです。

逆に自分から話し過ぎてしまえば、それだけで自己中心的なヤツだと思われることになり、自然と関わりを避けられて陰口の対象やコソコソと職場いじめをされかねません。

悪い印象を持たれない為にも、聞き役に徹し、次もこの人と話したいと思われるような人間を目指しましょう。

 

派閥やグループが多いので、同調意識を持つようにする

女性は共感を求めて一体感を出す傾向が男性よりも多いので、派閥やグループを形成することがあります。

単純接触効果という言葉があるように、グループの中で同調しつつも長いこと付きあうようになれば、それだけでも良い印象を持たれて敵に回る可能性というのが少なくなります。

逆にグループ社会の中で一人でいるようであれば、自分らと関わってないヤツは敵だとみなされることがあり、陰口の標的にされることがあります。

女性グループが多い中で良好な人間関係を築きたいのであれば、嫌でも周囲に同調する能力が求められます。

 

決して自慢話を行わない

自分本意の話しかしないのは十分に嫌われる要素なのですが、更に嫌われる要素として自慢話が挙げられます。

基本的に自分の話を聞いてほしいのに、相手から自慢話を延々と聞かされるのは不快なレベルに達するでしょう。

SNSで他人と比較して不幸になるという心理があるように、話し相手とは全く興味のない分野で金に関する話をしたり、幸せアピールを行ったりすると、人によっては関わりを避けたくなるもんです。

下手したらあなたが行った自慢話が陰口のネタになってしまうことがあります。

コレも独り言のパターンと同じく、その場においては相手を不快にさせない為にも「凄いね!」と返答するが、心の中では殺意で満ち溢れていることがあるので、自慢する側の主観的な視点だと分かりにくいのが難点です。

特に男性は「女性に認められたい」という一心で頑張り、その成果を女性に吐きたくなるようなものですから、つい自慢話に発展しがちです。

交際相手ならともかく、自分に対して特に興味を持たれていない職場の人間に対しては、自慢し過ぎないように気をつけたいところです。

 

相手を褒めることを意識する

女性に限るのではなく、人間は誰しもが承認欲求を持っているので、自分を良く褒めてくれる人には好感が沸いてきます。

実際に女性のSNSを見てみると、些細な出来事でもキラキラしているように見せかける投稿が多いので、「いいね」を付けるように褒められたいという欲求があるのは事実です。

上記の心理から、相手が会話を聞く度に褒める癖を身につければ、悪い印象を持たれることはありません。

 

特定の人を特別扱いにしない

特定の可愛くて若い女性社員だけを優しくチヤホヤし、他の社員には冷たい態度を取ることは意外と女性から見られています。

外見によって露骨に態度を変えるというのは印象が悪いモノであり、下手したらそれが原因で悪口のネタに発展し、特定の女性からも嫌われてしまいかねません。

人によってはどうしても話しにくい、関わってもつまらないということがありますが、そこはグッと堪えて誰にでも平等に接するように心がけましょう。

 

交際経験や家庭情報などのプライベートの情報を漏らさないようにする

女性は恋愛話が好きということがあり、異性に対しても交際経験やプライベートの情報を聞きたがる傾向があります。

ここで詳しい情報を漏らしてしまえば、それだけで弱みを握られることになるので、あまり漏らさないほうが身のためですね。

特に交際経験が無い場合は、何かと不利な状況に陥った時に態々ソレを突いて陰でネタにしてきますし、人によってはソレだけで人格に問題があると判断することもあります。

心から信頼していない相手には、うっかりと自分の情報を漏らし過ぎないように警戒するべきです。

 

感謝を忘れてはいけない

女性から何かしら仕事の手伝いや気遣いをされた後は感謝を忘れないように意識します。

 

「ありがとうございます」

 

と笑顔で返事するかしないかの一つの動作だけでも、次に仕事を手伝うべきかどうかの判断に響くほど影響が大きかったりしますよ。

女性は相手の言葉遣いを意識するのと同じように、感謝の気持ちがあるのかどうかについても良く見ています。

些細な事でも「ありがとう」を常に意識するようにしてください。

 

女性の多い職場は基本的に疲れるしめんどくさい

ここまで女性が多い職場での注意点について列挙しましたが、私の本音を言ってみれば・・・

こんなに注意点を意識しなければいけないのは流石に疲れる上に失敗した時のリスクがヤバイ

 

と言わざるを得ません。

「レディーファースト」という言葉があるように、女性と接する際は男性と接する際よりも気遣う場面が非常に多く、少しでも忘れた時点で相手から不快だと思われることがありますから、正直疲れますよね・・・

自分が女性と円滑に関わる為に必死に努力したとしても、相手から嫌われてしまうパターンなんてありますから猶更です。

更に女性の噂話の進行度の速さはヤバイものです。

下手に相手を傷つけてしまえば、翌日中には職場全体に自分の根も葉も無い噂が職場全体に広まることになり、それだけで長い間悪い印象を持たれることだってあります。

コレはせっかく積み上げた積木やレゴブロックをどこかの悪ガキに一気に崩されるようなもんです。

積み木を崩さない為にも、自分の納得がいかないことに対しても同調や共感しなければなりませんし、自分とは反りが合わない女性に対しても我慢して接しなければなりませんから、こんな環境で働き続けたら人によっては病んでしまうレベルです・・・

接する際に注意点が多い上に、万が一失敗した時のリスクを考えてしまえば、そりゃ疲れるしめんどくさいと言っても無理はありません。

 

女性が多い職場はやめとけと断言できる理由

前職を退職した後に気付いたのですが、女性が多い職場や業界というのは何故か薄給激務の傾向があります。

実際に介護士や保育士、美容師といった女性の多い業界というのは資格が必要であるのにも関わらず、資格が必要無い会社よりも長時間労働で年収が低いなんてザラにありますし、小売や飲食業界においてもブラック企業が目立ちます。

何故こんなことが起きるのかについて良く考えてみた結果・・・

 

女性は「待遇」が原因で辞めることが男性と比較して圧倒的に少ない

 

という一種の結論が出ました。

男性の場合、年収が少なければ未婚率が一気に高まることがデータからして明らかに分かります。(参考:日経DUAL

特に300万円以下は著しく未婚率に変化があり、平均以下であれば明らかに不遇されていることが良く伝わってきますよね。

逆に女性の場合、年収が高ければ高いほど未婚率が一気に高まります。

年収100万円以下が最も未婚率が低く、逆に年収1000万円以上であれば未婚率が一気に高くなるという低収入の男性にとっては羨ましいパターンです。

このようなデータから見て読み取れるのは、男性の場合は年収300万円以下の業界では女性ウケが悪いので到底やっていけずに転職を行い、それが原因で女性が多い業界は薄給激務になっていることが考えられます。

女性の場合、正規非正規関係なく何処で働いても、婚活において男性は気にしていないことが多いので、真面目に働いて世間から良い印象を持たれさえすれば、たとえブラック労働で低賃金だろうが無理にでも定着しようとします。

更に自ら解決に向けて行動することが男性よりも少ない傾向があるので、辞める勇気というのが中々出ない、旦那や交際相手の収入に依存している安心感で今のブラックな環境を何とか我慢出来ていることも考えられます。

実際に私が経理事務で働いていた際、バイヤーのNさんという女性の先輩がいましたが、辞めたことを決意した私を羨んでいたシチュエーションがあったほどです。

Nさんは社長主催の会議の常連メンバーですし、毎晩21~22時まで残業させられて、昼休みは夕方にとってパンだけを食べて仕事に戻るような生活を毎日のように行っていましたから、相当我慢しているはず。

これでも退職しないというのだから、Nさんのような真面目な人間がいると、ブラック企業はますます調子に乗ってきます。

それで・・・介護士や保育士は資格取得が必要、激務なのに関わらず、給料が低いままで据え置きという現象が起きているという訳です。

実際に女性が多い業界というのを調べてから、各業界の平均年収を見てみると予想以上低すぎてビックリしますよ。

せめて女性も高収入を意識してくれるような社会になりさえすれば、介護士や保育士がこんなにブラックになることは無かったはず。

経済的な観点からしてみると、ブラック業界が潰れないのは無理に定着しているのと、低賃金でも納得して入社してくれる社員が後が絶たないことが原因であることは確かです。

実際に私の前職は女性が8割という職場でしたが、年収が200万円で年間休日77日という環境からか新卒や中途で入社した20代男性の9割が2年以内に辞めるような環境の反面、20代女性はほぼ辞めることなく定着していました。

こんなウンコ待遇でも意外と生き残ってるのは、女性社員が辞めないことが原因だと改めて実感してきます。

労働社会においては、女性は低賃金でも文句を言わないような奴隷だと思われているのでしょう・・・

本当に理不尽ですよね。

コレのとばっちりを受けない為にも、ホワイト労働で高収入を得たいというのであれば、男性が多い業界を目指すべきですね。

 

まとめ:仕事内容に特に興味ないなら転職推奨だ!

女性が多い職場で現在働いている男性の方に向け、職場の女性と関わる際の注意点を挙げてきました。

ですが、今の仕事に対して特に興味がわかないようであれば、近い将来に男性が多い業界に身を移すことを強くお勧めします!

女性が多い業界自体薄給激務であることが多いですし、その上人間関係まで過度に気を遣わなければなりませんから、自分が女性ではない、今の業界に対して特に興味が無いようであれば「地獄」としか言いようがありません。

興味のある相手や好きな相手なら良いのですが、特に好きでもない職場の人間に過度に気を遣うのは流石に疲れますからね・・・

薄給激務に従事することや人間関係で人格を評価される場所ではなく、自分が出した仕事の成果によってしっかりと評価されるような場所を目指しましょう。

今ではブラック企業を排除した未経験向けの転職エージェントが充実しており、男性が比較的多いプログラマーやエンジニアの未経験向けの求人が豊富なので、転職したい時は是非利用を検討するのをオススメします!

  • この記事を書いた人

Hiroki

「クソ上司やブラック企業に立ち向かう全ての方を応援する」というコンセプトの下、社畜には見るにたえない汚らわしい記事を量産しています。

暴言ジイサン入りの介護施設(4か月)▶ゲーセンバイト(半年)▶ブラック転職事業(4か月)▶パワハラ有で年間休日77日年収200万円の中小企業(2年)と「ド」がつくほどの底辺環境を味わう。

【退職後】アウトドア・転職関連のメディア執筆3年▶雑記・転職サイト2件運営▶「シゴトイキタクナイ」運営【1年2か月目】最高月3万PV

>>底辺社畜時代の話

>>お問い合わせ

ハローワークを利用するだと?ちょっと待ってくれ!

「一度レールから外れた人間はブラック企業しか就職できない・・・」

「ハローワークの求人がブラック企業ばかりで就職する気力がなくなった・・・」

クッソ理不尽な社会の中でイヤでも生きていると身をもって体感できるよね。

「早期離職したら次の就職先が見つからない」という風潮は未だに根付いているほどですし

「3年以内に辞めようとする自分は欠陥人間なんだ・・・」

「どうせ自分は次にいってもやっていけない・・・」

と自分は価値のない存在だと思い込むあまり、ブラック企業から逃れたくても逃れられなかったり、逃れたとしても再び詐欺求人しか目に入らなくなるのはマジで辛いもんです。

でも・・・そんな化石みたいな風潮に捉われすぎる必要はないッ!

リーマンショックの時代とは異なり、現在はブラック企業を排除した未経験向けの転職エージェントが充実しています。

20代であれば誰でも参加することができますし、正社員経験のないニートやフリーターであっても歓迎要件です!

もちろん無料であり、ブラック企業を排除しているだけではなく、転職活動時のサポートや内定後のアフターサービスも充実し過ぎているほどのテンコ盛りです。

同じ無料サービスであるのにも関わらず、ブラック求人を平気で放置しているのに加え、非正規でやる気のない職員で溢れているハローワークと比較したら雲泥の差と言っても過言ではありません。

20代の既卒未経験であれば、迷わず以下の転職エージェントを利用することを強くオススメしますよ!

ブラック企業を徹底的に排除!入社後定着率業界NO1の「ウズキャリ」

独自の審査基準や利用者からのフィードバックでブラック企業を完全に排除!

平均20時間程度のサポートに加え、Google評価が平均して★4以上と高評価なのが「ウズキャリ」の強みだ!

首都圏のIT業界や営業の就職に強く、大阪・名古屋・福岡の求人も取り扱っているぞ!

「ウズキャリ」の詳細記事はコチラ

ブラック企業徹底排除のIT就職に特化した「ウズキャリIT」

ウズキャリのIT就職に特化したサービス。

ブラック企業を完全に排除しつつ、IT特化型の転職支援を受けられるのはココだけしかない。

27歳就業経験なしのひきこもりニートから年収350万円のベンチャー企業に就職した実績があり、定着率や内定率も業界でナンバーワンだ!

「コロナ禍を経て在宅勤務可能な業界に就職したいけど、資格や経験がないから応募しにくい・・・」

と悩む方に一番オススメだぞ!

労基法を守ったら潰れるような会社を排除!「第二新卒エージェントneo」

会社の財源情報をチェックすることで、労基法を守ったら潰れるような会社を排除!

求人数は12000以上とブラック企業の排除を公言している中では最多!

平均10時間程度のマンツーマンサポートも整えられているぞ!

「第二新卒エージェントneo」の詳細記事はコチラ

月収20万・年間休日120日以上の求人多数の「キャリアスタート」

月給25万円以下の20代の既卒・第二新卒・フリーター・ニートに特化している転職エージェント。

内定率86%・定着率92%と驚異的な実績を持っており、ブラック企業を排除した良質な求人を取り揃えている。

北海道から熊本県と北から南まで幅広く対応しているぞ!

「キャリアスタート」の詳細記事はコチラ

-人間関係の悩み
-