ブラック企業 社畜批判

会社の駐車場に軽自動車が多ければ要注意!自分の将来が見えてるぞ

あなたは会社の駐車場について日頃意識していますか?

車通勤している方であれば、駐車場を毎日見る機会が訪れるでしょう。

その時に他の社員はどんな車に乗っているのだろうか気になりますよね。

会社によっては高級車がズラリと並んでいたり、中には軽自動車が多く、役員や社長だけ高級車といった格差社会な所も存在しています。

ここで注目すべきなのが身近な先輩達の車です。

特に会社に長く務めている中年社員の車は見る価値おおありですね!先輩の車によっては自身の将来を予測することが出来ますね。

もしも軽自動車が多かったら・・・将来節約生活で苦しくなるかもしれないですよ!?

今回は、会社の駐車場に軽自動車が多かったらヤバイ理由について書きます。

こんな方におすすめ

  • 就職・転職活動中の20代の方
  • 会社に勤務しているが、退職するか否かの判断材料を探している20代の方
  • 新卒就活生の方
 

▼ブラック企業を徹底排除した転職エージェント▼

ブラック企業を徹底的に排除!入社後定着率業界NO1の「ウズキャリ」

独自の審査基準や利用者からのフィードバックでブラック企業を完全に排除!

平均20時間程度のサポートに加え、Google評価が平均して★4以上と高評価なのが「ウズキャリ」の強みだ!

首都圏のIT業界や営業の就職に強く、大阪・名古屋・福岡の求人も取り扱っているぞ!

「ウズキャリ」の詳細記事はコチラ

労基法を守ったら潰れるような会社を排除!「第二新卒エージェントneo」

会社の財源情報をチェックすることで、労基法を守ったら潰れるような会社を排除!

求人数は12000以上とブラック企業の排除を公言している中では最多!

平均10時間程度のマンツーマンサポートも整えられているぞ!

「第二新卒エージェントneo」の詳細記事はコチラ

月収20万・年間休日120日以上の求人多数の「キャリアスタート」

月給25万円以下の20代の既卒・第二新卒・フリーター・ニートに特化している転職エージェント。

内定率86%・定着率92%と驚異的な実績を持っており、ブラック企業を排除した良質な求人を取り揃えている。

北海道から熊本県と北から南まで幅広く対応しているぞ!

「キャリアスタート」の詳細記事はコチラ

会社の駐車場から見られるものとは?

簡単にまとめると

会社の駐車場からは「上司の年収が十分であるのかどうか」を見極めることができ、会社の駐車場の車のほとんどが軽自動車で占められていたら自分の将来はヤバイと思った方がいい(あくまでも目安で!)

会社の駐車場というのは、会社のトイレの清潔さと同じように

 

「ここは良い会社なのか?」

 

という水準を入社前や入社間もない頃に見極めることが出来ます。

上司の車から察することが出来るものは「上司の年収が十分であるのかどうか」というものです。

特に入社間もない時期から高収入の会社であれば、軽自動車に乗るメリットはほとんどありませんので、会社の駐車場は普通車で満ち溢れることになるでしょう。

軽自動車を乗ってみれば分かるのですが、明らかに周りの車より加速が遅く、アクセルを踏んでいるつもりでも予想以上にスピードが出なくて車間距離を詰められて外車に煽られる、小さいからといって無理やり割り込みをされるということが割と良くあるので結構疲れます。

会社の収入が十分であれば、自らすすんで乗りたくなるというものではありませんね。

なので、待遇が良い会社であれば駐車場が普通車で満ち溢れているはずです。

 

 

ですが・・・これが軽自動車が多かったらどうだろうか?

中間管理職の先輩達が軽自動車に乗っているが多ければ、自分の将来は収入に苦しくなるのかもしれませんよ・・・

実際に私の前職(2年目で年収200万ボーナス無し)では社長がアウディA6、創業メンバーのお局様がレクサスとプリウスを乗りこなしていたのに対して

私の前職の先輩達の車

取締役員:ホンダのフリード、日産のセレナ

課長:電車通勤で車を持っていない

私の身近な先輩:ダイハツのタントや日産のデイズ、スバルのプレオ(全て軽自動車)

と創業メンバー以外は特に裕福と感じられるものはありませんでしたね・・・

店長会議が本社で開催された時は会社の駐車場が軽自動車で溢れまくって割と凄い光景を見られたことも・・・自分も近い将来こうなると思ったら何だか虚しくなってきたのは今となっては痛い思い出ですね。

このように、会社の駐車場からは「上司の年収が十分であるのかどうか」を判断することができ、同時に自分の将来の生活が見えてくることがあります。

「車は軽自動車で十分だ!」と言って収入に余裕があっても軽自動車に乗る人は一定数存在していますが、上司のほとんどが軽自動車に乗っているという状況だったら流石に・・・

 

「収入が無くて軽自動車に乗るしかない」

 

ということを察することが出来ますね。駐車場のほとんどの車が軽自動車で占められていたら、ヤバイと思っても良いでしょう。

特にココは気を付けた方がいいぞ!

以上、会社の駐車場に軽自動車が多いと将来の生活が苦しくなることについて書きましたが、他にも良く見ておきたい点があります。

もしもあなたの会社で以下の事項が当てはまれば要注意ですよ!

特に見ておきたい4点

  • 上司よりもいい車に乗っていたら嫌味を吐かれた
  • 軽自動車を強要される
  • 会社の駐車場が有料か駐車代の負担無し
  • 多くの社員が車を持っていない

それぞれ見ていきましょう!

 

上司よりもいい車に乗っていたら嫌味を吐かれた

上司が裕福で自身の待遇に対して不満が無いのであれば、余裕があるはずなので、たとえ新人が普通車に乗っていたとしても嫉妬されるといったことはほとんどありません。

しかし・・・これが軽自動車が多い会社となれば、高級車は勿論、一般車でさえも嫉妬の対象になることがあります。

 

「実家暮らしの癖にその車は甘えている証拠だ」

「裏で何かして稼いでるんだろ?」

「仕事が出来ないのにいい身分しているな」

 

なんて言われたりしますね。

アクセラやプリウス、インプレッサといった大衆車に乗っているのにもかかわらず、軽自動車の上司から上記のような発言を受けたら間違いなくヤバイですね。

中には「部下の車が気に入らん!」ということで車通勤を禁止させるような上司も存在しているようです。こうなったらもう重症ですね・・・

普通車でさえも嫌味を吐くほどの上司がいるとなれば将来収入が全く上がらないことが目に見えていますから、いずれ結婚するとなれば普通車を購入・維持する余裕が無くなってしまうでしょう。これは嫌ですね・・・

上記のことから将来裕福になれないことがほぼ確定しているようなものなので、要警戒ですね。

 

軽自動車を強要される

普通車で通勤すると嫌味を吐かれるような環境であれば、軽自動車に乗ることを強要されることがあります。

 

「若いのに普通車はあかんだろ。軽自動車の方が安いし将来の為に貯金できるぞ」

「仕事が出来ないヤツは軽自動車で十分だろ!」

 

と・・・自分と同じレベルに突き落とそうと出る杭を必死でぶっ叩こうとしてくる傾向があれば要注意ですね。

特に車好きでお気に入りの車に乗っているのにも関わらず、上記のような発言を受けた場合は嫌ですよね。

「好きで乗ってるんだ!何が悪い!」

と思い切って言い返したいところです!

軽自動車を強要してくる環境であれば、上司は相当窮屈な生活をしていることを察することが出来るので、こちらも要警戒ですね。

 

会社の駐車場が有料か駐車代の負担無し

駐車場の軽自動車の話と逸れることになりますが、会社の駐車場が有料か駐車代の負担の無い環境であれば、会社の環境自体がブラックに近いことがあります。

人件費をケチらないような環境なら駐車場は普通に無料で提供されますが、人件費をケチる会社であったり、赤字経営が続いている会社だと駐車場が有料もしくは会社近くの駐車場に駐車するように指示されたのにも関わらず駐車代の負担無しといったことが発生しますね。

月極駐車場であっても月に1~2万円と割と出費がかさむ相場ですし、これを自己負担とするのであれば車通勤したくなくなりますよ・・・社員を大切に思っていない証拠ですね。

なので、駐車場の軽自動車の割合だけでは無く、会社の駐車場が有料か駐車代の負担が無い会社も警戒するべきです。

 

多くの中年男性社員が車を持っていない

会社の駐車場に軽自動車の割合が多く占めているのはヤバイのですが、それ以上にマズイのが

 

車持ちの男性中年社員があまり存在していない

 

ということですね。

若い世代であれば「車離れ」といったキーワードが話題となっている程なので、20代の社員が車を持っていなくても然程気にすることがありませんが、これが長年勤務している30代後半からの男性が車を持っていないとなれば、普通では無い環境だと思った方がいいでしょう。

30代後半の男性ともなれば車を持つ余裕は生まれますし、既婚者ともなれば生活においての必需品ともなりうるので最低でも軽自動車は持っていると思うのですよ。

なのに・・・車を持っていないとなれば相当ジリ貧な生活を送っているのかもしれない。

オードリーの春日並みにドケチであれば例外なのですが、車が無いと旅行が出来ない、田舎であれば移動すら困難なので車が無い生活というのは歳をとる度に辛く感じるはずなので、中年の世代となれば車は必需品となりうるのです。

このことから長年勤務しているのにも関わらず、必需品である車を経済的な事情で持てないといった事例が発生するとなれば、まさしく生涯ワーキングプア一直線です。

ワーキングプアになってしまえば頑張ること自体虚しくなる環境となるので何としてでも避けて欲しいところです。

しっかりと毎日8~9時間働いたのに年収200万以下とかふざけた環境ですからね!

なので、多くの中年男性社員が車を持っていない環境に勤務していたことが判明してしまった場合は警戒が必要です!

 

おわりに:この記事の内容は一つの判断水準に留めよう

以上、会社の駐車場に軽自動車が多かったらヤバイ理由についての記事でした!

あくまでもこの記事は私の独断の予測と偏見で書いたようなものですので、一つのブラック企業判断基準として受け止めてください。

確かに会社の駐車場に軽自動車が多いだけで会社そのものがヤバイという訳ではありませんが、人件費に余裕が無いということは少なくとも見受けられるでしょう。

上司の車というものは、自分の将来が見えているようなもので、上司の残業時間と同じくらい自分の将来の目安になりますから

「この会社・・・続けた方がいいのかな?」

という良い判断基準になりうることがあるのですよね。

もしも中間管理職であっても軽自動車もしくは車を持てないような環境であるのなら・・・自分も将来は同じような境遇になるのかもしれません。

今の会社を続けるかどうか迷った・採用試験時に内定を取り消すか否かを判断する場合は、この記事を判断材料の一つとして参考にしてみてはいかがでしょうか。

  • この記事を書いた人

Hiroki

「クソ上司やブラック企業に立ち向かう全ての方を応援する」というコンセプトの下、社畜には見るにたえない汚らわしい記事を量産しています。

暴言ジイサン入りの介護施設(4か月)▶ゲーセンバイト(半年)▶ブラック転職事業(4か月)▶パワハラ有で年間休日77日年収200万円の中小企業(2年)と「ド」がつくほどの底辺環境を味わう。

【退職後】アウトドア・転職関連のメディア執筆3年▶雑記・転職サイト2件運営▶「シゴトイキタクナイ」運営【1年2か月目】最高月3万PV

>>底辺社畜時代の話

>>お問い合わせ

ハローワークを利用するだと?ちょっと待ってくれ!

「一度レールから外れた人間はブラック企業しか就職できない・・・」

「ハローワークの求人がブラック企業ばかりで就職する気力がなくなった・・・」

クッソ理不尽な社会の中でイヤでも生きていると身をもって体感できるよね。

「早期離職したら次の就職先が見つからない」という風潮は未だに根付いているほどですし

「3年以内に辞めようとする自分は欠陥人間なんだ・・・」

「どうせ自分は次にいってもやっていけない・・・」

と自分は価値のない存在だと思い込むあまり、ブラック企業から逃れたくても逃れられなかったり、逃れたとしても再び詐欺求人しか目に入らなくなるのはマジで辛いもんです。

でも・・・そんな化石みたいな風潮に捉われすぎる必要はないッ!

リーマンショックの時代とは異なり、現在はブラック企業を排除した未経験向けの転職エージェントが充実しています。

20代であれば誰でも参加することができますし、正社員経験のないニートやフリーターであっても歓迎要件です!

もちろん無料であり、ブラック企業を排除しているだけではなく、転職活動時のサポートや内定後のアフターサービスも充実し過ぎているほどのテンコ盛りです。

同じ無料サービスであるのにも関わらず、ブラック求人を平気で放置しているのに加え、非正規でやる気のない職員で溢れているハローワークと比較したら雲泥の差と言っても過言ではありません。

20代の既卒未経験であれば、迷わず以下の転職エージェントを利用することを強くオススメしますよ!

ブラック企業を徹底的に排除!入社後定着率業界NO1の「ウズキャリ」

独自の審査基準や利用者からのフィードバックでブラック企業を完全に排除!

平均20時間程度のサポートに加え、Google評価が平均して★4以上と高評価なのが「ウズキャリ」の強みだ!

首都圏のIT業界や営業の就職に強く、大阪・名古屋・福岡の求人も取り扱っているぞ!

「ウズキャリ」の詳細記事はコチラ

ブラック企業徹底排除のIT就職に特化した「ウズキャリIT」

ウズキャリのIT就職に特化したサービス。

ブラック企業を完全に排除しつつ、IT特化型の転職支援を受けられるのはココだけしかない。

27歳就業経験なしのひきこもりニートから年収350万円のベンチャー企業に就職した実績があり、定着率や内定率も業界でナンバーワンだ!

「コロナ禍を経て在宅勤務可能な業界に就職したいけど、資格や経験がないから応募しにくい・・・」

と悩む方に一番オススメだぞ!

労基法を守ったら潰れるような会社を排除!「第二新卒エージェントneo」

会社の財源情報をチェックすることで、労基法を守ったら潰れるような会社を排除!

求人数は12000以上とブラック企業の排除を公言している中では最多!

平均10時間程度のマンツーマンサポートも整えられているぞ!

「第二新卒エージェントneo」の詳細記事はコチラ

月収20万・年間休日120日以上の求人多数の「キャリアスタート」

月給25万円以下の20代の既卒・第二新卒・フリーター・ニートに特化している転職エージェント。

内定率86%・定着率92%と驚異的な実績を持っており、ブラック企業を排除した良質な求人を取り揃えている。

北海道から熊本県と北から南まで幅広く対応しているぞ!

「キャリアスタート」の詳細記事はコチラ

-ブラック企業, 社畜批判
-