人間関係の悩み

会社を1週間休む時に使える4つの言い訳と休みを取れない会社は辞めるべき理由も語る!

仕事を1週間休みたい

 

ギスギスした人間関係や長時間労働の中だと、休養期間を取りたいと嫌でも思うはず。

 

「せめて1週間休みが取れれば・・・」

 

と贅沢ではない範囲で休みを取りたくなってしまいますよね。

 

でも・・・会社側が快く引き受けてくれるとは限りません。

 

当記事では、会社の人間関係や労働環境が原因で仕事を1週間休む時に使える理由について紹介します!

 
Hiroki
勿論、プライベートを楽しみたい、仕事がつまらないといった理由で休みたいといった事情についても、少しだけ触れていますよ。
 

こんな方におすすめ

  • 精神的な理由で一時休養を取りたいと本気で思っている方
  • 今の仕事がつまらないと思ってズル休みしたいと思っている方
 

▼ブラック企業を徹底排除した転職エージェント▼

ブラック企業を徹底的に排除!入社後定着率業界NO1の「ウズキャリ」

独自の審査基準や利用者からのフィードバックでブラック企業を完全に排除!

平均20時間程度のサポートに加え、Google評価が平均して★4以上と高評価なのが「ウズキャリ」の強みだ!

首都圏のIT業界や営業の就職に強く、大阪・名古屋・福岡の求人も取り扱っているぞ!

「ウズキャリ」の詳細記事はコチラ

労基法を守ったら潰れるような会社を排除!「第二新卒エージェントneo」

会社の財源情報をチェックすることで、労基法を守ったら潰れるような会社を排除!

求人数は12000以上とブラック企業の排除を公言している中では最多!

平均10時間程度のマンツーマンサポートも整えられているぞ!

「第二新卒エージェントneo」の詳細記事はコチラ

月収20万・年間休日120日以上の求人多数の「キャリアスタート」

月給25万円以下の20代の既卒・第二新卒・フリーター・ニートに特化している転職エージェント。

内定率86%・定着率92%と驚異的な実績を持っており、ブラック企業を排除した良質な求人を取り揃えている。

北海道から熊本県と北から南まで幅広く対応しているぞ!

「キャリアスタート」の詳細記事はコチラ

会社を1週間休みたいなら思い切って本音をぶちまけろ!

先に結論を言うと、会社を1週間休みたいほど精神的に異常をもたらしている状態であれば、会社側に思い切って本音をぶちまけるのがベストです。

 

ここで「正当な理由を述べたことで上司から批判されるのが怖い」とのことで、

 

嘘の理由を述べてしまうと、後々バレたら職場から袋叩きにされることがありますし、

「あいつよりマシだ」という風に職場のスケープゴートとして叩かれつつも、

職場から孤立化させられてしまう恐れがあります。

 
Hiroki
一度職場の嫌われ者になってしまったら、挽回するのは不可能に等しく、レッテルを貼りつけられたまま延々と苦しめられることになってしまいますよ・・・
 
【挽回は無理】職場で嫌われ者の末路の状態に陥ったら逃げるべきだ!
【挽回は無理】職場で嫌われ者の末路の状態に陥ったら逃げるべきだ!

続きを見る

 

クソ上司のせいで会社を休みたいというのに、嘘を言ってしまったことで自分だけが精神的に追い込まれるなんてたまったものではありませんよね。

 

だからこそ、会社を1週間休みたい場合は思い切って本音をぶちまけるのがベストなのです。

 

告げるべき本音の理由については、次頁から解説していきます。

 

会社を1週間以上休む時に使える4つの言い訳を列挙してみる

 
Hiroki
会社を1週間以上休む時に使える効果的な4つの理由は以下の通りです。
 

見出しまとめ

  • 誰かさんのせいで精神的に病み、休む期間が欲しいと告げる
  • 長時間労働に耐えられず、これ以上仕事を行うと命に関わる
  • 診断書を見せて休職する
  • プライベート上の理由なら「私用の為」と有給取得するのがベスト
 

誰かさんのせいで精神的に病み、休む期間が欲しいと告げる

パワハラや職場いじめによる理由で休養期間を設けたいというのであれば、闇雲に嘘をつくよりも、誰かさんの原因で休みたいとハッキリと告げるべきです!

 

たとえば、仕事を1週間休みたい時はこういった理由を告げると良いでしょう。

 

「〇〇さんが一々××と嫌味を吐いてくるせいで精神的に限界が訪れそうです」

「夜も眠れない状況が続き、毎日のように寝不足が続いているような状態で仕事に支障をもたらしています。」

「今の状態だと仕事を行えるような状況ではありません。休養の為、1週間ほど休みを取らせていただきます!」

 

上記のようにハッキリと述べつつも、「取らせていただけないでしょうか?」なんて相手に問いかける生半可なものではなく、ハッキリと休みを取る意思表示をしましょう。

 

たとえ一度は断られたとしても、パワハラや職場いじめを行うクソ上司を何度も嫌がる素振りを見せたり

 

「今の状態だと、仕事を続行するのは不可能です!」

 

だと何度も意思表示するようにしたら、1週間の休みが取れる確率がぐっと高まるはず。

 

最悪休みが取れなくとも、会社側がパワハラ問題解決の為に動いてくれることがあるので、

休むチャンスを得られるだけではなく、職場の人間関係の改善も見込めるでしょう。

 

仮に両方とも得られなかった場合は、そこの会社はクソだとしか言いようが無いので、精神的に病む前にも今すぐ退職するべきです。

 

自分が精神的に病んでいるかどうかはハッキリと伝えなきゃ分からないので

 

「そういった理由で休むなんて甘えている証拠だ」

 

仕事を休みたいほど精神的に追い込まれていたら、上記のような世間体のイメージを打ち払ってでも、自分の身を守るために思い切って本音を打ち明けましょう!

 
Hiroki
因みにこういったやり取りをボイスレコーダーで録音しつつも、日記帳に記入して記録を残せば、後々診断書を受け取るときに有利となります。
 

長時間労働に耐えられず、これ以上仕事を行うと命に関わる

残業時間が月に45時間以上続くようなブラックな傾向がある会社で勤務していた場合、長時間労働によって心身共に悪影響をもたらしたことを理由とし、1週間休むことを告げてください。

 

休む理由を告げる際は「これ以上仕事を行うと命に関わる」ことを強調すると、休みが取れる確率が上がります。

 

たとえば・・・

 
  • 車を運転している際、疲労によって対向車線をはみ出したことが何度もあった
  • 心臓の鼓動が高まることがあり、突然過呼吸を引き起こしてしまうことがあった
  • 通勤中にめまいが起きて倒れ、通行人に救急車を呼ばれそうになった
 

上記の理由を告げた後に

 

「これ以上仕事を行うと命に関わるので、療養期間の為に1週間ほど休みを取らせていただきます!」

 

と・・・殺人鬼に追われた時に警察に助けを求めるよう、必死になって述べましょう!

 
Hiroki
もしも会社側から拒否される場合に備え、コチラも録音データや日記帳に記録しつつ、万が一休みが取れなかったら心療内科に駆け込むことをお勧めします。
 

診断書を見せて休職する

これまで紹介した理由を会社側が拒否してくるような場合、意地でも休職を勝ち取る為に診断書を貰うようにしてください!

 

前頁の最後で何度も言ったように、1週間休む旨を会社側や上司に伝える際、録音しつつも日記帳に記録することは心療内科に駆け込む際に欠かせません。

 

何も証拠が用意されていないような状態だと、

今の状況がどんなに苦しいのかについてアピールしにくくなってしまう為、

診断書の発行を拒否されてしまうことがあるからです。

 

今の状況で精神的に限界を迎えたのにもかかわらず、

会社側が休ませてくれないと判明している状況下であったとしても、

診断書の発行を拒否するような非情な精神科医は流石にいないでしょう。

 

実際に私の叔母は「沖縄に行けないと精神的に病む」といったふざけた理由でうつ病の診断書を貰っていますし、

それに加えて生活保護を受給していることもあるので、こういった理由で診断書を貰えるのなら、

長時間労働や上司からのパワハラは十分正当な理由になるかと。

 

うまく休職を勝ち取れば、1週間どころか3か月以上休めるのに加え、

期間中は傷病手当によって給料の3分の2の給付金を受けることが出来るので、

会社側から休みを拒否された場合は、容赦なく休職の手続きに入りましょう!

 

プライベート上の理由なら有給取得するのがベスト

職場の人間関係や労働環境によって自身の仕事に支障を与えられておらず、ただ単にプライベート上の理由で1週間休みたいと思うのであれば、有給取得がベストです。

 

3連休期間中だと連休終わりに4日有給取得するだけで9連休となりますし、

人間関係や労働環境によって悩まされないほど余裕がある会社であれば、

 

1か月前に事前に申請しておくと、割と余裕で取れるのではないかと。

 

もしもハッキリと有給取得を拒否された経験が無ければ、勇気を持ってダメ元で一度申請してみることをお勧めします。

 

「流石に4日連続で有給を取ると会社や世間から何か言われるだろうな・・・」

 

という脅迫観念を持ったまま申請しない状況が続くっていうのは、

割と自分の時間を犠牲にしていることがあるので、

遠慮せずにバンバン申請しちゃってください。

 

仮に4日連続の取得を拒否される場合は、そこは人材配置に余裕が無い会社だと判明出来ますし、

1人欠員が出たくらいで職場が回らないというのはブラックとしか言いようが無いので、

近い内に退職する判断材料となり得ますよ。

 

配置やシフトに余裕があるのなら、余裕を持った期間で申請すれば拒否することは絶対に無いですから。

有給休暇は会社の福利厚生ではなく、労働者の権利ですからね。

会社側が拒否する理由なんかありません。

 

私用で休みたいなら、前月から1週間以上休みが取れるよう、有給を申請してみてはいかがでしょうか?

 
Hiroki
有給を取得する理由を告げられた際は意地でも「私用の為」だと述べ続けるようにしてください。
 
SNSの投稿で嘘がバレたら厄介なことになるし、旅行を理由に有給を申請すると、ほぼ確実と言ってもいいほど土産をせびられてしまうからな・・・
悩男
 
会社のお土産は無理に買う必要は無い。嫌味を吐く上司は乞食だから離れるべきだ!

続きを見る

 

1週間休みを取れない会社は今すぐ辞めるべき理由

 
Hiroki
1週間休みを取れない会社は今すぐ辞めるべき理由を列挙すると、以下の通りです。
 

見出しまとめ

  • 「欠員の補充が出来ない」と言っているようなものだから
  • 労働者同士の相互監視の環境が激しい
  • 我慢の連続でいずれ限界を迎えてしまう
 

「欠員の補充が出来ない」と言っているようなものだから

まず、有給を取得させなかったり、精神的に病んだことが原因で休ませてくれないような環境は、補欠という概念が無い場所が多いです。

 

現場を知らんような経営者が

 

「利益の数値は出ているから今の状態で問題ない」

「今の状態で何とか店舗が回っているから、人員の補充の必要は無いだろう」

 

とか勝手に判断していたら、人手不足の状況は一向に変わることは無いでしょう。

 

会社というのは「チームワークが大事」だと良く言われていますが、

実際は賢い人に情報弱者が言葉巧みに利用されるというチームワークとはかけ離れたものです。

むしろ、チームワークというよりもライアーゲームと形容したほうが良いレベル。

 

上記の背景の中、経営者は従業員を安い人件費でとことん利用する為、学校教育で教え込まれた「常識」という名のルールを過度に押し付けつつも、ギリギリの人員配置をし、同調圧力によって従業員自ら休ませないように仕向けているのです。

 

こんなバカバカしい環境で働くと

 
追い込まれた人
人手不足の中で自分勝手な理由で休もうとする自分は常識やルールを守れないダメなヤツなんだ・・・!
 

と・・・世間からの思い込みの批判によって、見事にズル賢い経営者や上司に騙され、

自ら1週間休むことを拒否した結果、自分を犠牲にして更に病んでしまいますし、

下手したら「逃げる選択肢を失った」という理由で死にたくなってしまうことだってあります。

 

まさに「常識」という名のクソルールのせいで、「世間」という実体のないただの思い込みの批判から自分の身を必死に守っているような典型例でしょう。

 

過度な思い込みにより、会社側に「1週間休みたい」と告げると

自分が世間から批判されるという脅迫観念に襲われ、

脅迫観念から必死に身を守る為にも、上司や経営者に怒りをぶつけることなく、

怒りやストレスの発散先が無いということで、

会社の愚痴や他人の批判や攻撃ばかりの暗い性格となり、

次第と周囲の人間が離れてしまうことになってしまうというね・・・

 
Hiroki
「〇〇をしたら非常識だよ。子供じゃないんだからさ?少し恥ずかしいと思え!」と教え込むのは、まさに国家レベルの洗脳としか言いようが無い。
 
会社の合意なしで1週間も休んだら社会人失格とか良く言われるよな・・・普通の会社ならまだしも、パワハラやいじめを受けている中で律儀に言われたことを守る必要あるのか?
悩男
 
Hiroki
どうせ芸能人や政治家でもない限り誰も気にしちゃいないから、ホワイト企業ならともかく、ブラック企業の中で律儀にルールを守る必要は無いと思うね。
 

話が少し脱線してしましたが、会社のせいでプライベートを滅茶苦茶にされたらたまったものではありません。

ブラック企業なんかに世間体やネットの声を照らし合わしちゃ、自分という存在をぶっ壊してしまうだけです。

 

愚痴だらけの暗い性格になる前にも、欠員を補充出来ないような余裕のないクソ会社は今すぐ辞めるべきだと断言します。

 

労働者同士の相互監視の環境が激しい

休みが取れない環境というのは、労働者同士の相互監視が激しい傾向があります。

 

少し前に言ったように、私たちは幼少期から「常識」という名の社会のルールを押し付けられ、

頭の中に深く定着するまで日常的に教育を受け続けていたので、

先生に逆らったり、意見出しを行うことが出来ないように、

力の強い人間に対しては、何も言えないような体質に変化させられています。

 
Hiroki
「それが秩序(ルール)デスッ!」とか日常的に言い聞かされるのは、草彅剛が出演していた世にも奇妙な物語の床屋の話を思い出すわ!
 

こういった「目上の人を敬え!逆らったら常識のない子供みたいなヤツだ!」という見えないルールのせいで、労働者は経営者と争う姿勢を見せることなく、怒りの矛先を自分と同じ立場の人間や立場の低い人間に変えてまで、クソルールに一緒に耐える仲間を増やしたくなるという現象が発生するのです。

 

コレが俗に言う「相互監視」という現象です。

 

ぶっちゃけ相互監視の環境が「休みを取れない」という悪い方向に働いているようであれば、そこは同調圧力がヤバイブラック企業としか言いようがありません。

 

北〇鮮みたいに国民同士で監視されているような環境なんて耐えられるものでは無いですし、

ましてはパワハラや職場いじめによって療養期間を設けられないとなれば、

再起不能に陥ってしまう危険性が一気に高まってしまいます!

 
Hiroki
こんなクソみたいな環境なんてさっさと抜け出した方が賢明ですよ!
 

我慢の連続でいずれ限界を迎えてしまう

学校教育では目上の人の言うことを聞くようにと何度も教えられていますが、ブラック企業の経営者や上司みたいなウンコみたいなヤツに従う必要なんて全くありません。

 

敬う相手を間違えてしまえば、ただ自分を都合よく利用されてしまうだけですからね。

目上の言うことを聞くのは、自分が尊敬する立場の人間だけで十分です。

 

仮にクソ上司や経営者との付き合いを我慢するような生活が嫌でも続いてしまえば、いずれ限界が訪れてしまうのは言うまでもありません。

 

人間関係がチェンジ出来ないという環境上、敬うべき相手が同じ職場にいなかったら、何よりも辛いことでしょう。

 

嫌いな人間に対して割り切って付き合うなんて、余程スーパーマンでもない限りは不可能です。

近い内に我慢によって精神的に限界を迎えると危惧視しているのであれば、逃げることを最優先に考えてください。

 
尊敬できない上司がストレスで辞めたいと思うのは正常な感覚だ!
尊敬できない上司がストレスで辞めたいと思うのは正常な考えだ!

続きを見る

 

そもそも経営者の怠慢なのに何故労働者が気を悪くしなきゃいけないのか

 

「長期休みを取った後は職場のメンバーに謝罪しろ。それが常識ってもんだ!」

「引継ぎ相手が見つからない状態なら休もうとするな!」

 

世間では上記が正しいと押し付けられていることがありますが、

こういうのって割と疑問に思うことがありますよね。

 

そもそも無理やり休みたくなるような環境を形成していた場合は逆にこっちに謝罪して欲しいですし、

引継ぎ相手が見つからないのは絶対に自分だけの原因では無いですから。

 

何だか強者の責任を弱者にばかり押し付けられるっていうのは、マジで納得がいかない。

 

そもそも・・・

 
  • ギスギスとした人間関係を形成している
  • 上下関係が厳しく、上からの理不尽の押し付けが激しい
  • パワハラ上司を何食わぬ顔で放置している
  • 部下の仕事の邪魔ばかりしているせいで仕事がつまらなくなっている
  • 長時間労働のせいで「明日仕事に行くのが楽しみ」という感情を捨てさせている
  • 伝統とやらに支配された上司の憂さ晴らしとして、新人ばかりが苦しめられる
 

といった諸悪の根源は経営者にあるはず。

 

それなのに、世間は経営者をあまり批判しようとせず、

弱い立場の人間にばかり「会社に迷惑をかけた」という言葉を押し付けるのは、

マジで理不尽としか思えない。

 

上記の理不尽に関して信頼して相談できる相手が身近にいれば良いのですが、

「世間の目」という脅迫観念に洗脳された大人が世の中に沢山存在している以上、

自分の味方が見つからなくて、過剰な自責で追い込んでしまうことがマジで多いですよね。

 

本来であれば経営者側の怠慢なのに、労働者だけが気を悪くしなきゃいけないっていうのは、まさに資本主義の弱肉強食を彷彿させる嫌な事例です。

 

「仕事がつまらない」といった理由で休みたいなら転職のサインが出ている

当記事はパワハラや職場いじめ、長時間労働に苦しめられる中で「休みたい」と思う方向けに執筆していますが、中には「仕事がつまらない」といった理由で休みを取りたいという方は少なくは無いはず。

 

仕事がつまらないというのは、人によっては人間関係や労働環境以上にハードな面がありますから、休みたくなっても無理も無いです。

 

実際に私はつまらない仕事とやらに遭遇すると、どうしてもやる気というのが起きませんし、

それが原因でミスや失敗を多発して一時期は問題児扱いされたことがありましたね・・・

私と同じような状態だと、仕事を休みたいと思ったとしても仕方ない。

 

結論を言うと、仕事がつまらないといった理由で休みたいなら、近い内に自分の趣味や稼げる副業に繋がる仕事に就くことを強くお勧めします。

 

仕事がつまらない理由は単純であり・・・

 
  • 結果が出ていない
  • 頑張るメリットというのが見当たらない
 

のいずれかに該当していれば、仕事が楽しくなるわけがありません。

 

今の仕事が稼げるスキルに繋がらなかったり、趣味の知識が身につかず、報酬は給料だけという状況だったら

 

「成果に問わず給料が一律の環境なんて頑張るだけ無駄だ!」

 

となってしまう訳です。

 

こういった考え方だと必要最低限の労力しか発揮したくなくなってしまうので、結果が出ない状態が続いたり、仕事がつまらなくて退屈なものと化してしまうのは当然のことです。

 

しかし、自分の趣味や稼げる副業に繋がるスキルを会社で身に着けられる場合はどうだろうか?

料理が趣味であれば、調理師免許を取ってレストランで勤務したら、仕事と同時に趣味が極められるので、それがモチベーションとなることがあります。

副業の場合、ホームページを作成して稼ぎたいというのであれば、WEBデザイナーやフロントエンドエンジニアとして経験を身に着けると、仕事をしながら勉強出来るのに加え、実務経験をアピール出来るので、それがモチベーションに繋がったりします。

 

このように、頑張るメリットさえ見つかれば自然と仕事が楽しくなるので、仕事を休みたいなんて思わなくなるはず。

 

良く仕事がつまらない時の対処法として「目標意識を持て」と提示されることがありますが、

現に頑張るメリットというのが見当たらない以上、こんなの定められるわけがありません。

ましては今の仕事が自分のやりたい副業や趣味にどうしても繋がらないのなら猶更です。

 
Hiroki
実際に私の前職はインテリア販売系ということがあり、趣味の野外炊飯やソロキャンプ、サイクリング、ツーリングの知識に繋がることが無く、更にインターネットビジネスを含む副業が禁止されていたので、目標なんて定められるわけがありませんでした。
 

仕事がつまらなくて休みたいと思う現状が長く続いているようなら、自分の趣味や稼げる副業に繋がる仕事が出来る会社に転職することを強くお勧めします!

 

まとめ:1週間休みたいことを機に会社の不満を思い切ってぶちまけよう!

もしも会社の人間関係や労働環境が原因で仕事を1週間休みたいと考えているのであれば、休みの希望を取る際に思いきって本音を何度もぶちまけてください。

 

仮に休みが取れなかったとしても、本人の強い意思によって会社側が問題解決の為に動く可能性が必然的に高まるので、そのまま解決の方向に向かったら結果オーライです。

 

どうしても長期的な休みを取りたい場合、精神的な理由によって休職を申し出るやり取りを録音して記録しつつ、それを心療内科に提示して診断書を貰ってでも、無理やり休職しましょう。

 
Hiroki
自分から行動に移す勇気が出ない場合、思い切って退職するのも一つの手です。
 

クソ上司や経営者の為に自分を犠牲にする必要は全くありません!

決して無理しないようにしてください!

  • この記事を書いた人

Hiroki

「クソ上司やブラック企業に立ち向かう全ての方を応援する」というコンセプトの下、社畜には見るにたえない汚らわしい記事を量産しています。

暴言ジイサン入りの介護施設(4か月)▶ゲーセンバイト(半年)▶ブラック転職事業(4か月)▶パワハラ有で年間休日77日年収200万円の中小企業(2年)と「ド」がつくほどの底辺環境を味わう。

【退職後】アウトドア・転職関連のメディア執筆3年▶雑記・転職サイト2件運営▶「シゴトイキタクナイ」運営【1年2か月目】最高月3万PV

>>底辺社畜時代の話

>>お問い合わせ

ハローワークを利用するだと?ちょっと待ってくれ!

「一度レールから外れた人間はブラック企業しか就職できない・・・」

「ハローワークの求人がブラック企業ばかりで就職する気力がなくなった・・・」

クッソ理不尽な社会の中でイヤでも生きていると身をもって体感できるよね。

「早期離職したら次の就職先が見つからない」という風潮は未だに根付いているほどですし

「3年以内に辞めようとする自分は欠陥人間なんだ・・・」

「どうせ自分は次にいってもやっていけない・・・」

と自分は価値のない存在だと思い込むあまり、ブラック企業から逃れたくても逃れられなかったり、逃れたとしても再び詐欺求人しか目に入らなくなるのはマジで辛いもんです。

でも・・・そんな化石みたいな風潮に捉われすぎる必要はないッ!

リーマンショックの時代とは異なり、現在はブラック企業を排除した未経験向けの転職エージェントが充実しています。

20代であれば誰でも参加することができますし、正社員経験のないニートやフリーターであっても歓迎要件です!

もちろん無料であり、ブラック企業を排除しているだけではなく、転職活動時のサポートや内定後のアフターサービスも充実し過ぎているほどのテンコ盛りです。

同じ無料サービスであるのにも関わらず、ブラック求人を平気で放置しているのに加え、非正規でやる気のない職員で溢れているハローワークと比較したら雲泥の差と言っても過言ではありません。

20代の既卒未経験であれば、迷わず以下の転職エージェントを利用することを強くオススメしますよ!

ブラック企業を徹底的に排除!入社後定着率業界NO1の「ウズキャリ」

独自の審査基準や利用者からのフィードバックでブラック企業を完全に排除!

平均20時間程度のサポートに加え、Google評価が平均して★4以上と高評価なのが「ウズキャリ」の強みだ!

首都圏のIT業界や営業の就職に強く、大阪・名古屋・福岡の求人も取り扱っているぞ!

「ウズキャリ」の詳細記事はコチラ

ブラック企業徹底排除のIT就職に特化した「ウズキャリIT」

ウズキャリのIT就職に特化したサービス。

ブラック企業を完全に排除しつつ、IT特化型の転職支援を受けられるのはココだけしかない。

27歳就業経験なしのひきこもりニートから年収350万円のベンチャー企業に就職した実績があり、定着率や内定率も業界でナンバーワンだ!

「コロナ禍を経て在宅勤務可能な業界に就職したいけど、資格や経験がないから応募しにくい・・・」

と悩む方に一番オススメだぞ!

労基法を守ったら潰れるような会社を排除!「第二新卒エージェントneo」

会社の財源情報をチェックすることで、労基法を守ったら潰れるような会社を排除!

求人数は12000以上とブラック企業の排除を公言している中では最多!

平均10時間程度のマンツーマンサポートも整えられているぞ!

「第二新卒エージェントneo」の詳細記事はコチラ

月収20万・年間休日120日以上の求人多数の「キャリアスタート」

月給25万円以下の20代の既卒・第二新卒・フリーター・ニートに特化している転職エージェント。

内定率86%・定着率92%と驚異的な実績を持っており、ブラック企業を排除した良質な求人を取り揃えている。

北海道から熊本県と北から南まで幅広く対応しているぞ!

「キャリアスタート」の詳細記事はコチラ

-人間関係の悩み
-,