人間関係の悩み

職場で上司と喧嘩した!謝罪しても解決しない場合は辞めるべきだ!

職場で上司と喧嘩した!謝罪しても解決しない場合は辞めるべきだ!

 

「あまりにも腹が立ったので上司と喧嘩してしまいました・・・」

「上司と喧嘩して会社を辞めたくなった・・・」

 

と・・・悩んでいる方はいませんか?

上司のあまりにも理不尽な対応と価値観の合わなさで思わず上司と言い争った経験を持ってしまったら、本当に辛いことですね。

喧嘩すると基本的に同レベル扱いされて両方とも叩かれるハメになりますし、下手したら犯罪者となって刑務所や拘置所に連行されたりしますから、こんなデメリットしかない言い争いなんて巻き込まれたくないと思ってもおかしくはありません。

実際に知恵袋を見てみると、上司と喧嘩してしまった質問者に対して、上司の行為を据え置いて質問者だけを説教して優越感を得るような回答者ばかりでしたから、ある意味胸糞ですよね。

上司からも見ず知らずの他人からもバカにされる・・・誰しもがこんな体験をしたくないはずです。

そこで、今回は上司と喧嘩してしまって悩んでいる人に対しての気持ちを尊重しつつも

 

「こんな不毛な争いに巻き込まれた場合はどうすればいいのか?」

 

についてこちらの記事ではまとめています!

こんな方におすすめ

  • 上司と喧嘩して悩んでいる方
  • 上司と喧嘩した時の対処法について知りたい方
 

▼ブラック企業を徹底排除した転職エージェント▼

ブラック企業を徹底的に排除!入社後定着率業界NO1の「ウズキャリ」

独自の審査基準や利用者からのフィードバックでブラック企業を完全に排除!

平均20時間程度のサポートに加え、Google評価が平均して★4以上と高評価なのが「ウズキャリ」の強みだ!

首都圏のIT業界や営業の就職に強く、大阪・名古屋・福岡の求人も取り扱っているぞ!

「ウズキャリ」の詳細記事はコチラ

労基法を守ったら潰れるような会社を排除!「第二新卒エージェントneo」

会社の財源情報をチェックすることで、労基法を守ったら潰れるような会社を排除!

求人数は12000以上とブラック企業の排除を公言している中では最多!

平均10時間程度のマンツーマンサポートも整えられているぞ!

「第二新卒エージェントneo」の詳細記事はコチラ

月収20万・年間休日120日以上の求人多数の「キャリアスタート」

月給25万円以下の20代の既卒・第二新卒・フリーター・ニートに特化している転職エージェント。

内定率86%・定着率92%と驚異的な実績を持っており、ブラック企業を排除した良質な求人を取り揃えている。

北海道から熊本県と北から南まで幅広く対応しているぞ!

「キャリアスタート」の詳細記事はコチラ

上司と喧嘩してしまった時に取るべき行動とは?

ここでは、上司と喧嘩してしまった時の対処法について書きます。

先に結論を言うと、上司と喧嘩してしまった場合は、まずは謝罪して両者の言い分を話し合う機会を設けることが大切です!

両者の言い分についてしっかりと話し合うことが出来れば、会社や外部機関に頼ることなく、その場で解決することが出来る上に再発防止になりますから効果的ですよ。

しかし、謝罪しても上司が聞く耳を持たなかった場合は、即座に逃げる姿勢を取るようにしてください!

たとえ謝罪したとしても上司の方から一方的に理不尽な行為を押し続けられるような環境が続いてしまえば、下手したら我慢の限界を迎えてうつ病を患ったり、暴力に手を出して犯罪者になってしまうことは十分にあり得ます。

このような状況に陥ったら再起不能な状態に陥るので、どんなに理不尽な相手でも我慢して関わり続けるということは決してお勧めできません。

自分を変えることが出来ても、相手を変えることはまず無理なので、無理に相手を変えようとする必要なんてありませんよ!

前置きはさておき、ここから具体的な対処法について書きます。

 

上司と喧嘩した時の対処法

  • まずは一度謝罪する
  • 喧嘩の原因について話し合う機会を設けるようにお願いする
  • 上司が仕事以外の話を持ち掛けたら即座に逃げる
  • 部署異動や転職を行って逃げる
 

では、それぞれ解説します!

まずは一度謝罪する

喧嘩してしまったら、まずは一度自分から謝ってみるということは、後々抱え込むリスクを大幅に減らすことができるので惜しんではなりません。

その場で真剣に謝罪したら問題が解決するパターンというのは自分が想像している以上に多いので、変にプライドを持ってその場で謝罪せずに後々悩んで抱え込むくらいなら、一層のことプライドを捨ててその場ですぐに謝罪した方が精神衛生上良いかと思います。

 

「この前は突然冷静になれずに失礼な態度を取ってしまい、申し訳ございませんでした・・・」

 

と・・・心の中では「喧嘩の原因を持ち掛けたのはそっちしかないだろ!」とか思いつつも、表向きでは上記のように自分の否をしっかりと認めた上で謝罪する癖を身に着けると、意外とスッキリする上に今後は不毛な争いに発展するリスクを減らすことが出来ます。

しかし、たとえ真剣に謝罪したとしても理不尽ないじめやパワハラが続くようであれば、これ以上関わる姿勢を持たないほうが身のためです。

コレについては後程解説します!

喧嘩の原因について話し合う機会を設けるようにお願いする

一度謝罪して穏便に解決の方向へと進んだと感じたら、上司が怒ってしまった・理不尽な対応を押し付けた原因について探ってみる機会を設けると更に効果的です。

上司と喧嘩の原因について話し合う際は

 

謝罪後に上司と話し合う流れ

  1. 上司が自分に対して不満に思っていたことは何なのかを伝える
  2. 上司が私に対して不満に思っていたことについて尊重しつつも、自分の事情をしっかりと伝えてみる
  3. 自分の否をもう一度確認し、次から改善するように上司に対して約束する
 

という流れで話し合うと、上司が自分に対して不満に思っていたことについて理解することができる上に、喧嘩の再発を抑制することができるので、謝罪後に上司と一度話し合う機会を設けることを忘れてはいけません。

ただ、コレだけだと分かりにくいと思いますので、少しだけ解説します。

上司が自分に対して不満に思っていたことは何なのかを伝える

まずは上司が自分に対して喧嘩をふっかけてしまった理由について聞いてみると、自分のどこが悪かったのかについて理解することが出来ます。

 

「私の至らない点は何としてでも改善します!私に対して不満に思っていたことを正直に話していただけないでしょうか?」

 

と・・・上司に対して聞いてみると、ミスが多かったり、日頃失礼な態度を取っていたり、仕事の指示を聞かなかったりなどの喧嘩の原因について詳しく話してくれることがあります。

話を聞いている内に、自分の至らなかった点について理解することが出来ますし、次からそうしないように注意するだけでも喧嘩の再発を抑止することが出来る上に自分の成長に繋ぐことが出来ますよ。

上司が私に対して不満に思っていたことについて尊重しつつも、自分の事情をしっかりと伝えてみる

自分の至らない点について上司から直接話を聞いたら、今度は自分の至らなかった点についての事情を伝えてみて上司に納得させる必要があります。

自分の言い分を伝えることによって、たとえ上司から不快に思われる行動を取ったとしても次からは大目に見てくれるようになるはずですね。

たとえば上司への態度が悪いことが原因で喧嘩に発展した場合は・・・

 

「態度が悪いと思わせてしまったことに対しては申し訳なく思っています。私自身社会経験がまだ身についていないもので、語彙力が不足していて中々上手く表現出来なかったり、気遣いや気配りが足らなかった面が出てきました。」

「この理由から態度を悪くさせるつもりなんて全くありませんでした。不快だと思わせたのなら、本当に申し訳ございません。」

 

と・・・上司の意見を尊重して謝罪しつつも、自分の言い分を上司にしっかりと伝えましょう。

自分の否をもう一度確認し、次から改善するように上司に対して約束する

上司から自分への不満と、自分の言い分についてしっかりと伝えることが出来たら、次から改善することを上司に対して約束する必要があります。

たとえば態度が悪いというのなら・・・

 

「次からしっかりと敬語の使い方や気配りについて学びます。まだまだ至らない点があると思いますが、宜しくお願いします。」

 

と・・・改善の意思を見せつつも、今後は大目に見て貰うためにも一言付け加えることが大切です!

これで余程のことが無い限りは今後は上司と喧嘩することなんて無いはずです。

上司が仕事以外の話を持ち掛けたら即座に逃げる

謝罪で解決するのであれば穏便で良いのですが、中には謝ったとしてもパワハラ行為や理不尽ないじめを繰り返すようなヤツというのは存在します。

恐らく既にレッテルを貼られていじめやパワハラの対象となっているケースが多く、たとえ謝ったとしても・・・

 

「すいませんじゃないでしょ?謝るくらいなら何で出来ないことを繰り返すわけ?」

「お前いつも謝ってばかりだよなぁ・・・」

「はいはい俺が悪かった。これでいいかな?」

 

なんて見下した態度を取ってきます。

しかも些細な揚げ足を取って叩いて謝罪を求めてくるようなヤツが多いので、何度も謝ったとしてもコイツらの優越感を満たすだけで意味がありません。

こんなケースに遭遇した場合はコイツと関わること自体無駄だと判断し、即座に関わらない姿勢を見せることが大切です!

たとえばウ○コ上司が自分に対して仕事とは関係のないマウント話を持ち掛けてきたり、休憩室という名の説教部屋に連れていかれそうになった時は、即座に回れ右してBダッシュして逃げてください!

新入社員で良くありがちなのが、こういったウ○コ上司の理不尽なパワハラやマウンティング話に対しても黙って立ち止まって長時間聞いてしまうということですね。

アレは本当に精神衛生上よろしくないですから、仕事と関係のない話の上に自分を傷つけるような言動なんて黙って聞く必要なんてありませんよ。

 

「こういった上司の話でも黙って聞き流せ!」

 

なんて言われますが、良い言葉よりも悪い言葉の方が頭に残りやすいですし、黙って聞き流すなんて無理な話です!

下手したら悪い言葉が自分の頭にずっと残るハメになり、それが積み重なることによって我慢の限界を迎えてうつ病になったり、冷静になり切れずに暴力に手を出してしまって犯罪者になることなんてありますから、こんな理不尽な上司の話なんて聞く素振りを見せないほうが良いですよ。

その内関わらない姿勢を見せ続ければ、パワハラ上司のストレス発散の対象が無くなって勝手に自滅しますから、黙って関わらない姿勢を見せ続けることは意外と効果的だったりします。

我慢の限界を迎えると怖いものですから、本当に我慢は禁物ですよ!

部署異動や転職を行って逃げる

謝罪しても解決せずに上司と関わらない姿勢を見せたら職場に居づらくなった、関わらない姿勢を見せる勇気が無いというのであれば、転職か部署異動を行って逃げることを惜しんではなりません。

実際に私はパワハラおばちゃんと呼んでいる勤続10年目のベテランの店舗の先輩からパワハラを受けていた時は、謝っても聞く素振りを見せずに追い込まれた時期があり、我慢の限界を迎えそうになったので本社に行く機会があった時に部長から部署異動を申し出た経験がありました。

結果的に経理事務に稼動することに成功し、パワハラおばちゃんと関わる期間は2ヵ月で済みましたね。

あのまま1年以上一緒に働き続けると思ったら、マジでゾッとしてきます・・・

当時は高所恐怖症なのに何故か高い所が怖くなくなるくらいまで追い込まれるほどでしたから、稼動してなかったら今頃命が無かったのかもしれません。

たとえ謝ったとしても喧嘩の原因を作り続けるヤツなんて、関わっても前述したようにうつ病を患うか犯罪を犯す危険性が高くなるだけで害しか与えてきませんから、自分が壊れる前に即座に逃げる判断を取るということは間違いではありません!

まとめ:まずは謝罪し、それでも解決しないようなら逃げろ!

もしも上司と喧嘩するようなシチュエーションに遭遇した場合は、早い内に謝罪し、両者の言い分をしっかりと話し合う機会を設けることが大切です。

今後喧嘩に発展しないように改善することを上司に対して約束出来れば、今後上司と喧嘩するということは余程のことが無い限りはありません。

しかし、謝罪したとしても上司が聞く耳を持たず、職場いじめやパワハラといった理不尽なことに遭遇し続けるとなれば、関わらない姿勢を見せるか転職や部署異動を行って逃げる姿勢を取ってください!

話し合いが出来ないようなヤツと関わり続けてもストレスがブーストすることになりますし、下手したら我慢の限界を迎えてうつ病を患う、暴力をふるって犯罪者になることだってあり得ますから、関わるだけ害しか与えてきません。

再起不能な状態に陥らない為にも、嫌いなヤツとは我慢せずに関わらないほうが身のためですよ。

  • この記事を書いた人

Hiroki

「クソ上司やブラック企業に立ち向かう全ての方を応援する」というコンセプトの下、社畜には見るにたえない汚らわしい記事を量産しています。

暴言ジイサン入りの介護施設(4か月)▶ゲーセンバイト(半年)▶ブラック転職事業(4か月)▶パワハラ有で年間休日77日年収200万円の中小企業(2年)と「ド」がつくほどの底辺環境を味わう。

【退職後】アウトドア・転職関連のメディア執筆3年▶雑記・転職サイト2件運営▶「シゴトイキタクナイ」運営【1年2か月目】最高月3万PV

>>底辺社畜時代の話

>>お問い合わせ

ハローワークを利用するだと?ちょっと待ってくれ!

「一度レールから外れた人間はブラック企業しか就職できない・・・」

「ハローワークの求人がブラック企業ばかりで就職する気力がなくなった・・・」

クッソ理不尽な社会の中でイヤでも生きていると身をもって体感できるよね。

「早期離職したら次の就職先が見つからない」という風潮は未だに根付いているほどですし

「3年以内に辞めようとする自分は欠陥人間なんだ・・・」

「どうせ自分は次にいってもやっていけない・・・」

と自分は価値のない存在だと思い込むあまり、ブラック企業から逃れたくても逃れられなかったり、逃れたとしても再び詐欺求人しか目に入らなくなるのはマジで辛いもんです。

でも・・・そんな化石みたいな風潮に捉われすぎる必要はないッ!

リーマンショックの時代とは異なり、現在はブラック企業を排除した未経験向けの転職エージェントが充実しています。

20代であれば誰でも参加することができますし、正社員経験のないニートやフリーターであっても歓迎要件です!

もちろん無料であり、ブラック企業を排除しているだけではなく、転職活動時のサポートや内定後のアフターサービスも充実し過ぎているほどのテンコ盛りです。

同じ無料サービスであるのにも関わらず、ブラック求人を平気で放置しているのに加え、非正規でやる気のない職員で溢れているハローワークと比較したら雲泥の差と言っても過言ではありません。

20代の既卒未経験であれば、迷わず以下の転職エージェントを利用することを強くオススメしますよ!

ブラック企業を徹底的に排除!入社後定着率業界NO1の「ウズキャリ」

独自の審査基準や利用者からのフィードバックでブラック企業を完全に排除!

平均20時間程度のサポートに加え、Google評価が平均して★4以上と高評価なのが「ウズキャリ」の強みだ!

首都圏のIT業界や営業の就職に強く、大阪・名古屋・福岡の求人も取り扱っているぞ!

「ウズキャリ」の詳細記事はコチラ

ブラック企業徹底排除のIT就職に特化した「ウズキャリIT」

ウズキャリのIT就職に特化したサービス。

ブラック企業を完全に排除しつつ、IT特化型の転職支援を受けられるのはココだけしかない。

27歳就業経験なしのひきこもりニートから年収350万円のベンチャー企業に就職した実績があり、定着率や内定率も業界でナンバーワンだ!

「コロナ禍を経て在宅勤務可能な業界に就職したいけど、資格や経験がないから応募しにくい・・・」

と悩む方に一番オススメだぞ!

労基法を守ったら潰れるような会社を排除!「第二新卒エージェントneo」

会社の財源情報をチェックすることで、労基法を守ったら潰れるような会社を排除!

求人数は12000以上とブラック企業の排除を公言している中では最多!

平均10時間程度のマンツーマンサポートも整えられているぞ!

「第二新卒エージェントneo」の詳細記事はコチラ

月収20万・年間休日120日以上の求人多数の「キャリアスタート」

月給25万円以下の20代の既卒・第二新卒・フリーター・ニートに特化している転職エージェント。

内定率86%・定着率92%と驚異的な実績を持っており、ブラック企業を排除した良質な求人を取り揃えている。

北海道から熊本県と北から南まで幅広く対応しているぞ!

「キャリアスタート」の詳細記事はコチラ

-人間関係の悩み
-,