人間関係の悩み

「謙虚は美徳」だとは思うな!卑屈になって病むだけだぞ!

「謙虚は美徳」だとは思うな!卑屈になって病むだけだぞ!

 
悩男
謙虚が美徳な風潮がおかしいと思うけどアンタもそう思うよな?
既に自信に満ち溢れている人が自然と謙虚な姿勢を見せるのならまだしも、結果を出せずに心の余裕が無い人にまで相手に思いやりを持って取り繕うとさせるのは流石にどうかとしか思えないね。
Hiroki
 

「謙虚は美徳」

 

という風潮を押し付けている現状があるからこそ、世の中は卑屈な人間で溢れていると考えています。

 

たとえ自分をバカにするような人間が現れたとしても、

何も言い返さずに自分を卑下するのは、

自分が嫌いとなってしまう原因となるからです。

 

謙虚な姿勢は自然と身につくものであって意識して身につけるようなものでは無いので、現に自信が無いのなら、無理に相手に対して良いように取り繕う必要性は全くありません!

 

謙虚な姿勢というのは、すでに何かしらの分野で成功して自信に満ち溢れている強い人間の特権です。

今回は謙虚が美徳という疑問視について書いていきます。

 

こんな方におすすめ

  • 謙虚を変に意識し過ぎて自信が持てなくなってしまった方
  • 「謙虚は美徳」という風潮に疑問視を抱いている方
 

▼ブラック企業を徹底排除した転職エージェント▼

ブラック企業を徹底的に排除!入社後定着率業界NO1の「ウズキャリ」

独自の審査基準や利用者からのフィードバックでブラック企業を完全に排除!

平均20時間程度のサポートに加え、Google評価が平均して★4以上と高評価なのが「ウズキャリ」の強みだ!

首都圏のIT業界や営業の就職に強く、大阪・名古屋・福岡の求人も取り扱っているぞ!

「ウズキャリ」の詳細記事はコチラ

労基法を守ったら潰れるような会社を排除!「第二新卒エージェントneo」

会社の財源情報をチェックすることで、労基法を守ったら潰れるような会社を排除!

求人数は12000以上とブラック企業の排除を公言している中では最多!

平均10時間程度のマンツーマンサポートも整えられているぞ!

「第二新卒エージェントneo」の詳細記事はコチラ

月収20万・年間休日120日以上の求人多数の「キャリアスタート」

月給25万円以下の20代の既卒・第二新卒・フリーター・ニートに特化している転職エージェント。

内定率86%・定着率92%と驚異的な実績を持っており、ブラック企業を排除した良質な求人を取り揃えている。

北海道から熊本県と北から南まで幅広く対応しているぞ!

「キャリアスタート」の詳細記事はコチラ

「謙虚は美徳」の意味。自信が無ければ「卑屈」という言葉と化す

「謙虚は美徳」という言葉に対してイメージが沸かない方の為に簡単に説明すると

 

「謙虚は美徳」という考え方とは?

自分をへりくだって相手を持ち上げるのが素晴らしいという考え方

 

という風潮のことです。

たとえば自分が褒められた際に

 

「いやいや・・・そんなことはないですよ~」

 

と答えるのは勿論のこと、自己紹介する時でも・・・

 

「不束者ですがよろしくお願いします!」

 

と・・・やたらと自分を卑下することが世間では美徳とされています。

コレは恐らく「他人の不幸は蜜の味」「メシウマ」の心理から来ていると思いますし、

相手の不幸を喜ぶような感情をいいように刺激しているのでしょう。

 

現に何かしらの分野で多くの人から認められており、自信が満ち溢れている場合は

たとえ自分のことを卑下したとしても、自分を嫌いになるということはまずあり得ません。

既に結果を出して周囲から認められているという事実がある以上、

たとえどんなに自分を卑下したとしても・・・

「自分は周囲の人間よりも圧倒的に強い!」

という事実が揺らぐことが無いからです。

 

しかし・・・特に強みを持っていない上に誰からも認められていないような状態であれば、自分を卑下したとしても自分を嫌いになってしまうだけです。

 

何も結果を出していないような状態であれば、それだけで無能だと思い込んでしまいますから、

この状態で謙虚な姿勢を貫いたとしても・・・

 

「どうせ自分は周囲よりも弱い人間だ・・・」

「どうせ自分は平均以下の人間だ・・・」

 

という劣等感を刺激してしまうだけで何も意味が無いからです。

 

実際に私はこの風潮に惑わされ、相手に対してへりくだる姿勢は素晴らしいと思い込み、

自信が無いような状態であっても、相手を常に思いやるようにしていました。

 

その結果、自分を傷つけるような人間が現れたとしても、何も言い返すことが出来ずに自分の中で抱え込み、結果的に卑屈な人間と化したのは言うまでもない。

 

現在では改善の方向へと向かいましたが、あのまま謙虚な姿勢を貫いたら間違いなく卑屈の泥沼にハマっていたでしょう。

無暗に謙虚さを意識し過ぎないように注意したいところです。

自信の無い状態で謙虚な性格が定着すると危ない理由

 
Hiroki
自信の無い状態で謙虚な性格が定着した経験の持つ私が感じたことは以下の通りです。
 

ココがポイント

  • 自分を低く見過ぎて都合の悪い言葉を真に受けてしまう
  • 些細な軽蔑やマウント発言を過度に気にするようになる
  • 発言に自信が無くなり、中途半端な姿勢を貫いてしまう

自分を低く見過ぎて都合の悪い言葉を真に受けてしまう

自信が無い状態で謙虚な姿勢を貫いてしまえば、

自分を低く見積もってしまうあまりに自分にとって都合の悪い言葉を真に受け、

被害妄想に浸かってしまうことがあります。

 

たとえば・・・

 

「日本はレベルが低い人間が圧倒的に多い。因みに俺は東京大学を卒業していて(以下自慢文)」

「世の中には想像以上にバカが沢山存在する。それが世の中の「普通」というもんだ」

 

と・・・上記のような「知識が無い人」を見下すような記事や投稿を運悪くネットで発見したとしましょう。

 

もしあなたが頭が良くてレベルが高い人間だと自覚しているのであれば、

こんな発言を聞いたとしても、抱え込んで落ち込んでしまうことは無いでしょう。

 

しかし、謙虚な姿勢を貫き過ぎたあまりに自分を低く見積もり過ぎて「自分はバカ」だと自覚している場合は

 

「なんだコイツ!偉そうにしやがって!」

「どうせ俺なんかバカな人間だよ・・・」

 

と・・・モヤモヤを抱えてしまってもおかしくは無いです。

世の中全員が謙虚の姿勢を表している訳でもなく、

こうやって他人を傷つけるような発言をする人は沢山存在します。

 

更に自分を卑下し過ぎてしまうと、直接自分に言われてもないような言葉ですら

自分のフィールドに持ち込んでしまうことがあるので、

謙虚の欠片すらないネットの世界を歩んでいる以上、

自分だけ相手を持ち上げ過ぎたら生きにくくなってしまうことは明白です。

 

下手したら被害妄想に浸ってしまい、

特に他人から攻撃された訳でもないのにスマホを見るだけでうつ病になるほど恐ろしいものです。

 

自分にとって都合の悪い言葉を自分のフィールドに持ち込まない為にも、

変に自分を卑下し過ぎないように注意して欲しいところです。

 
怒りや嫉妬を紛らわすネットサーフィンは不幸になると実体験より語る!

続きを見る

些細な軽蔑やマウント発言を過度に気にするようになる

謙虚さによって自分を低く見積もってしまい、相手を持ち上げることを過度に意識したら、

自然と心の余裕というものが失ってしまうので、相手の些細な軽蔑やマウント発言を受けた場合、

それがトラウマ発言と化したり、一々ムキになってしまう危険性があります。

 

例えばあなたが以下のような心情だとしましょう。

 

「俺は有能で誰からも認められるような存在だ!たとえ素人からバカにされたとしても、負け犬の遠吠えにしか聞こえん!」

 

という「謙虚」の言葉の欠片すら残っていない思考をしていた場合、

何故か自然と気持ちに余裕が出てくるようになります。

 

実際に成功者と呼ばれる実業家や著名人、高学歴、大企業勤務の方々は上記の思考を隠し持っていることがあります。

 

「金持ち喧嘩せず」

 

という言葉が存在するのは、上記の心情から来る絶対的な自信から来ているに違いありません。

 

自分は周囲よりも圧倒的に強い存在だと心の中で優越感を得ているからこそ、

たとえ周囲の人間から悪口を言われたとしても、そこまで気にすることは無いのでしょう。

 

上記の心情を見る限りは、見ているだけでも痛々しいものだと思われがちなのですが、

こういったドス黒い感情を持っているからこそ、自然と器がデカイ人間になれるものなのです。

 

でも・・・謙虚を意識しすぎるあまり、相手を過度に持ち上げる習慣が身についてしまえば、自然と自分が嫌いになるのと同時に気持ちの余裕というものが薄れてきますよ!

 

「自分は底辺。相手は敬う存在」

 

と考えすぎてしまえば、自己肯定感が過度に低下するのと同時に自信というものが喪失してしまい、

自信のない自分を必死に守る為にも、些細な軽蔑やマウント発言であっても本気で怒りを覚えるようになります。

 

そりゃ相手にへりくだるような生活を毎日のように過ごしたら、

相手から悪口を言われたとしても、相手に嫌われたくないという気持ちが悪い方向に働き、

何も行動出来ない、相手からバカにされる自分を「弱い存在」だと卑下し続けることがあるので、

歳を重ねるにつれて自分のことを嫌いになったとしても無理も無いです。

 

やはり気持ちに余裕を持たせるためには、心の中で周囲の人間を見下して優越感を得る習慣を身につける他にありません。

 

自分を好きだと思う人は、間違いなく周囲よりも優れている自分に魅力を感じているからだと思うのですよね。

 

金持ちにしろ、筋トレにしろ、可愛いorイケメンの恋人を持つことで

自然と心に余裕が生まれるのは、周囲よりも強いと思うからです。

 

自分を「誰よりも強い存在」だと自覚するようになれば、

自分より弱いと思っている人間からマウント発言を受けたとしても・・・

 

「嫉妬乙wwwwww」

「負け犬の遠吠えだろ!」

 

と心の中で受け止めることが出来るので、自然と器がデカくなったとしてもおかしくはありません。

 

このように、表面上では器がデカい人物だと思ってしまう人ですら、

心の中は格下の人間を沢山作って優越感を得ることで自信を得ていることがありますから、

謙虚を過度に意識すると、自分が嫌いになるあまりに余裕が無い性格に陥ってしまう危険性は十分に考えられます。

発言に自信が無くなり、中途半端な姿勢を貫いてしまう

誰に対しても謙虚な姿勢を貫いて自分を低く見せることが習慣化したら

自信の発言に対して自信が無くなってしまいます。

たとえば他人から「〇〇することが出来ますか?」と聞かれた場合

 

「多分出来ると思うのですが・・・」

「得意とまではいきませんが人並みにできると思います」

 

と・・・後で責められないように予防線を張ってしまう現象が発生します。

コレはビジネスの世界だと大きな足かせとなるほどです。

謙虚さを意識するあまりに自分に自信が持てなくなり、

結果的に中途半端な姿勢を貫いてしまえば顧客から選ばれることはありません。

 

「私、失敗しないので」

 

と何処かのフリーランス外科医みたいに断言出来なければ、

ビジネスの世界では誰からも選ばれずに生きていくことが出来ません。

更に面接の場においても謙虚さな性格の悪い面が出てしまい、中途半端な姿勢を貫くことによって

 

「この人本当に大丈夫なのかな・・・?」

 

と採用担当者からイメージされることとなり、結果的に不採用となってしまいがちです。

この他にも中途半端な姿勢を貫いてしまった場合は、相手から「頼りない」とイメージされてしまうこともあります。

 

以上から、謙虚さを貫くあまりに他人からの悪評を恐れてしまえば、それだけで生きにくくなってしまうことは明白です。

 

何をやっても嫌われるときは嫌われますから、中途半端な姿勢を貫く必要はありません。

相手から頼りのある人間だと印象付けられる為にも、時には謙虚さを捨てて自分を過剰に大きく見せることが大切です。

謙虚は自然に生まれるもの。現に卑屈なら謙虚さを捨てよう!

現に卑屈な性格に陥っている人は、一度他者への謙虚さを捨て、手段を惜しまずに自信を取り戻すようにしてください。

 

例えば卑屈な自分を捨てる為にネットの世界で気に入らない他者を徹底的に批判する、気に入らないヤツに対して容赦なく悪口を言うなど悪の一面を見せたとしても構いません。

 

現にこのサイトはブラック企業や社畜的価値観を偏見MAXで批判しているので

 

「自分のことを棚に上げて他者を批判することしか出来ないようなバカ」

「底辺が薄い知識をちらつかせているだけのつまらないサイト」

 

と・・・私のことを批判しても全然OKです。

それであなたの中で優越感が出て自信を取り戻したのであれば、あなたを救えたことになります。

 

卑屈な性格を何とか脱出出来れば、忘れかけていた自信を取り戻して新たな分野に挑戦する気力が沸き、その結果他者から認められて強い人間だと自覚することにより、無理に意識しなくとも謙虚な自分が形成されるはずです!

 

挑戦するのは金稼ぎや恋愛の分野であっても良いですし、自分の好きなゲームや趣味の分野でも構いません。

現に卑屈な性格と化している人は、とにかく謙虚さを捨てて自信を取り戻すことに集中し、

特定の分野にチャレンジ出来るようにすることを最優先として考えてください。

卑屈な性格が定着したらゲームオーバーだ

一度卑屈な性格と化してしまえば、それだけで周囲の人間が離れてしまいますから生きづらくなってしまいます。

例えば恋愛の面においては卑屈な性格の人はたとえ真面目で優しくてもボロクソに叩かれていることがありますし、

検索欄においても「卑屈」というワードを含めると・・・

 

「卑屈な人 うざい」

「卑屈な人 嫌い 面倒」

 

と・・・親の仇を取っているのかの如く評判が悪いことが分かる。

 

たとえ相手に良いように取り繕うとも、その代償として自分のことが嫌いになってしまえば、意味が無いどころか相手に悪い印象を与えてしまいます。

 

上記のことから、謙虚さは自信に満ち溢れる人の特権であることを改めて実感しますよね。

「謙虚さ」を変に意識し過ぎて卑屈な状態を放置していれば、

新たな分野に挑戦する気力が沸くこともなく、相手を困らせてばかりの生活を送り続け、

結果的に誰にも相手にされない底辺と化してしまい、下手したらゲームオーバーになりかねません。

どうぶつの森で例えるのなら、環境汚染が酷すぎてラフレシアが咲いているようなものです。

 

出典:ポヨログ「【とび森】ラフレシア咲いちゃった村」

 

ラフレシアがデカくて臭くて目立つように、卑屈さというのはそれくらい簡単に読み取れます。

この状態だと友人や今後付き合う人からのあなたの評判が村の評判と同じように最悪になりますし、

あなたの心の中のラフレシアを除去しない限りは周囲の人間が離れるだけです。

 

流石に誰からも相手にされなくなる上に、新たな分野に挑戦する自信も沸いてこない状態を長く放置するのはヤバいですから、自信を取り戻すために時として手段を惜しまないことは本当に重要です。

 

その為に相手の言動が不快だと思ったら、何でもいいから徹底的に反論して自分の身を守ることを惜しんではなりません。

 

謙虚を変に意識し過ぎて自分を傷つける相手に対しても良いように取り繕ってしまえば、それこそ卑屈な性格と化してしまいますよ!

 

自分を傷つける相手を持ち上げても良いのは、何かしらの分野で結果を出して自信に満ち溢れている状態に限ります。

現に卑屈な性格に陥っている以上は、相手や世間からの評価を気にせずに自分の身を守ることに集中しましょう!

まとめ:決して自分を弱い人間だと思うようにするな!

特定の分野で結果を出しているのなら、

自分を「周囲よりも圧倒的に強い人間」だと自覚することが出来るので、

たとえ謙虚の姿勢を取り繕ったとしても、自分を嫌いになるといったことはあり得ません。

この境地であれば、自身をバカにするようなヤツから何か言われたとしても・・・

 

「ただの嫉妬だから気にするな!」

 

と自分の支持者から慰められる妄想に浸れるので、決して卑屈な性格に陥ることはありません。

金持ちは心に余裕があるというのは、まさに上記のような事情があるからこそです。

 

しかし、特に何も実績を残していない状態であれば、それだけで承認欲求を満たせない状態なので

自分を低く見るだけでも相手の悪口を真に受けやすくなって抱え込んだり、

自分をバカだと卑下するようであれば、

不安を紛らわす為にネットでリサーチ作業を続けて更に不幸を呼び寄せてしまうので、

結果的に自分を「何もすることが出来ない弱い人間」だと受け止めるあまりに卑屈な性格と化します。

 

現に卑屈な性格に陥っているのなら、今すぐ相手への謙虚さなんて捨てて手段を惜しまずに自信を取り戻してください。

 

例えばネットの世界で運悪く自分を批判する対象を見つけてしまった場合は、

現に自分を「相手に言われるがままの弱い人間」だと自覚して無理に抱え込まずに

 

「うるせぇ!お前みたいなプライドだけが高いヤツに言われたくないわ!」

「バカっていうヤツがバカなんだよ!」

 

と・・・容赦なく批判の声を浴びせてあげましょう。

批判された相手や周囲の人間から

 

「論点ずれまくり。やはり私の文章を理解出来ないようなバカが集まってきたわ」

「ムキになって徹底的に反論する方が情けない」

 

と何かしら批判されると思いますが、とにかく自分を弱い人間だと思わず、

自分がスッキリするまで思う存分相手をバカにし続けてください。

 

コレで相手に嫌われることに対して免疫を持つことが出来るのと同時に、

相手に言われるがままの弱い自分を嫌いになるといった感情も捨てることが出来ます。

 

たとえ相手に嫌われてでも自分を持ち上げる習慣を身に着ければ、

自然と自分を「周囲の人間よりも強い存在」と思うようになり、

時が経つにつれて相手のマウント発言を微塵たりとも気にしない余裕のある人間になれるはずです。

 

相手を徹底的にバカにすることで自分への評価を下げてしまうと心配されがちですが、

世間は思っている以上にあなたの行動なんて微塵たりとも気にしていないので、

世間の目なんか気にせずに自分の身を守ることだけを考えるようにしてください。

自信の無い状態だと世間やネットの意見を真に受けるだけでも「卑屈」という名の底なし沼にハマるだけです。

 
「無名」なら世間体を気にして理不尽に耐える必要は全く無い!常に自分を優先しろ!
「無名」なら好き放題反撃しろ!どうせ誰もあなたのことを見ていないし気にしてもいない

続きを見る

 

謙虚を過度に意識するあまり、自分を弱い存在だと決して受け止めないようにしましょう!

  • この記事を書いた人

Hiroki

「クソ上司やブラック企業に立ち向かう全ての方を応援する」というコンセプトの下、社畜には見るにたえない汚らわしい記事を量産しています。

暴言ジイサン入りの介護施設(4か月)▶ゲーセンバイト(半年)▶ブラック転職事業(4か月)▶パワハラ有で年間休日77日年収200万円の中小企業(2年)と「ド」がつくほどの底辺環境を味わう。

【退職後】アウトドア・転職関連のメディア執筆3年▶雑記・転職サイト2件運営▶「シゴトイキタクナイ」運営【1年2か月目】最高月3万PV

>>底辺社畜時代の話

>>お問い合わせ

ハローワークを利用するだと?ちょっと待ってくれ!

「一度レールから外れた人間はブラック企業しか就職できない・・・」

「ハローワークの求人がブラック企業ばかりで就職する気力がなくなった・・・」

クッソ理不尽な社会の中でイヤでも生きていると身をもって体感できるよね。

「早期離職したら次の就職先が見つからない」という風潮は未だに根付いているほどですし

「3年以内に辞めようとする自分は欠陥人間なんだ・・・」

「どうせ自分は次にいってもやっていけない・・・」

と自分は価値のない存在だと思い込むあまり、ブラック企業から逃れたくても逃れられなかったり、逃れたとしても再び詐欺求人しか目に入らなくなるのはマジで辛いもんです。

でも・・・そんな化石みたいな風潮に捉われすぎる必要はないッ!

リーマンショックの時代とは異なり、現在はブラック企業を排除した未経験向けの転職エージェントが充実しています。

20代であれば誰でも参加することができますし、正社員経験のないニートやフリーターであっても歓迎要件です!

もちろん無料であり、ブラック企業を排除しているだけではなく、転職活動時のサポートや内定後のアフターサービスも充実し過ぎているほどのテンコ盛りです。

同じ無料サービスであるのにも関わらず、ブラック求人を平気で放置しているのに加え、非正規でやる気のない職員で溢れているハローワークと比較したら雲泥の差と言っても過言ではありません。

20代の既卒未経験であれば、迷わず以下の転職エージェントを利用することを強くオススメしますよ!

ブラック企業を徹底的に排除!入社後定着率業界NO1の「ウズキャリ」

独自の審査基準や利用者からのフィードバックでブラック企業を完全に排除!

平均20時間程度のサポートに加え、Google評価が平均して★4以上と高評価なのが「ウズキャリ」の強みだ!

首都圏のIT業界や営業の就職に強く、大阪・名古屋・福岡の求人も取り扱っているぞ!

「ウズキャリ」の詳細記事はコチラ

ブラック企業徹底排除のIT就職に特化した「ウズキャリIT」

ウズキャリのIT就職に特化したサービス。

ブラック企業を完全に排除しつつ、IT特化型の転職支援を受けられるのはココだけしかない。

27歳就業経験なしのひきこもりニートから年収350万円のベンチャー企業に就職した実績があり、定着率や内定率も業界でナンバーワンだ!

「コロナ禍を経て在宅勤務可能な業界に就職したいけど、資格や経験がないから応募しにくい・・・」

と悩む方に一番オススメだぞ!

労基法を守ったら潰れるような会社を排除!「第二新卒エージェントneo」

会社の財源情報をチェックすることで、労基法を守ったら潰れるような会社を排除!

求人数は12000以上とブラック企業の排除を公言している中では最多!

平均10時間程度のマンツーマンサポートも整えられているぞ!

「第二新卒エージェントneo」の詳細記事はコチラ

月収20万・年間休日120日以上の求人多数の「キャリアスタート」

月給25万円以下の20代の既卒・第二新卒・フリーター・ニートに特化している転職エージェント。

内定率86%・定着率92%と驚異的な実績を持っており、ブラック企業を排除した良質な求人を取り揃えている。

北海道から熊本県と北から南まで幅広く対応しているぞ!

「キャリアスタート」の詳細記事はコチラ

-人間関係の悩み
-