人間関係の悩み

職場でキレたら負けは大嘘だ!上手な反撃手段を4つ紹介する!

職場でキレたら負け

「キレたら負け」という言葉って、職場いじめやパワハラを受けている中ではどうしても納得のいかない言葉ですよね。

クソ上司が自分の思い通りにならないからといってキレるのなら分かりますが、職場いじめやパワハラ行為を受け続けたことが原因でキレるのは「大目に見ろよ」と迷わず言いたくなります。

 

だって・・・相手が好き放題やっているのに、自分だけキレることは許さないとか不公平すぎるじゃん?

 

しかも職場いじめやパワハラというのは特に相手に悪いことをしているわけでも無く、ただ単に優しくておとなしい性格の中で職場で目立った存在になったからこそ起こるパターンが多いしね・・・

相手がそう簡単にキレたり反撃しない人間だと判断しているからこそ、弱者をいびって楽しんでいるのです。

こんなふざけた理由で他人を平気で傷つけるような人間に悩まされる中、「キレたら負け」という意見を赤の他人から押し付けられるのは流石に「クッソうぜぇ」と言いたくなりますよマジで。

 

結論を言うと、職場いじめやパワハラを受けている中では「キレたら負け」は大嘘なので、迷わずキレつつも当記事で紹介している反撃手段を早めに実行することをオススメします。

 

今回はパワハラや職場いじめで苦しんでいる中、ネット上に腐るほど溢れている「キレたら負け」という言葉に納得いかない方の鬱憤をスッキリする記事を書いていきます!

 

当記事のボリューム

この記事は7500文字程度です。

 

▼ブラック企業を徹底排除した転職エージェント▼

ブラック企業を徹底的に排除!入社後定着率業界NO1の「ウズキャリ」

独自の審査基準や利用者からのフィードバックでブラック企業を完全に排除!

平均20時間程度のサポートに加え、Google評価が平均して★4以上と高評価なのが「ウズキャリ」の強みだ!

首都圏のIT業界や営業の就職に強く、大阪・名古屋・福岡の求人も取り扱っているぞ!

「ウズキャリ」の詳細記事はコチラ

労基法を守ったら潰れるような会社を排除!「第二新卒エージェントneo」

会社の財源情報をチェックすることで、労基法を守ったら潰れるような会社を排除!

求人数は12000以上とブラック企業の排除を公言している中では最多!

平均10時間程度のマンツーマンサポートも整えられているぞ!

「第二新卒エージェントneo」の詳細記事はコチラ

月収20万・年間休日120日以上の求人多数の「キャリアスタート」

月給25万円以下の20代の既卒・第二新卒・フリーター・ニートに特化している転職エージェント。

内定率86%・定着率92%と驚異的な実績を持っており、ブラック企業を排除した良質な求人を取り揃えている。

北海道から熊本県と北から南まで幅広く対応しているぞ!

「キャリアスタート」の詳細記事はコチラ

 

職場でキレたら負けは大嘘な理由

 
職場でキレたら負けは大嘘である理由
 

①単細胞のバカ相手には「大人の対応」は通用しない

職場でキレたら負けと唱える人間に対し、どうしたら耐え難い現状を乗り越えることができるのかについて問いてみると

 

「冷静になりつつも淡々と正論を並べて追い詰めろ!」

「辛いと思うのなら真っ先に逃げろ!」

「可哀そうな人だと思って聞き流せ!」

「成功して相手を見下せる人間になれ!」

 

と・・・現に自分を傷つけている憎い相手を野放しにするという「大人の対応」とやらを提示してくるパターンが非常に多いですよね。

 

まず、冷静になって反論することができる人間であれば職場いじめやパワハラ行為を受ける訳ないですし、おとなしい性格であればほぼ確実にできないもんです。

それと逃げることや可哀そうだと思って聞き流すっていうのは、それだけでも相手を野放しにすることになり、結局自分が逃げたとしてもまた次の人がターゲットにされるだけなのですよね。

更に何も対処せずに逃げるとなれば、次の職場でパワハラやいじめ行為を受けても再び逃げたくなることは十分にあり得るので、結局自分を犠牲にし続けるだけで終わるのがオチです。

 

結局これらは「大人の対応」とやらを貫いたことで・・・

 

「自分は成熟した大人だ!相手はお子ちゃまだ!」

 

という感じに自己満足に浸るだけで何も意味が無いのですよ。

 

むしろキレて反撃するという選択肢を奪われた結果、何も反撃に移さないことが原因で職場いじめやパワハラが更にエスカレートしていき、自己肯定感よりも自己否定感が更に上回り続けるだけで逆効果としか言えません。

 

たとえるのなら栓を抜いた浴槽にお湯を入れ続けるようなものですし、栓を締めるのと同じように加害者側のいじめやパワハラ行為が止まらない限り、あなたの自己肯定感が自己否定感を上回ることは絶対にありません。

他人を平気で傷つけるような人間はハッキリと「嫌」だとアピールしないと伝わらないような単細胞のバカなので、感情をむき出しにして抗議しないと絶対に伝わらないもんです。

 

こんなバカ相手に大人の対応とやらで自己満足に浸って相手を見下したとしても・・・

 

「コイツは何も言い返してこないし、いじられて喜んでいるからもっといじってやろ!」

「コイツは根性があるからもっと厳しくした方がアイツの為になる!」

 

という一方的な判断でパワハラやいじり攻撃がエスカレートしていくのは良くあるパターンです。

実際に私は前職で散々子ども扱いしつつもいじってきた社畜上司Tに対し、不快感を抱きつつも内心見下している中で愛想笑いを行いながら聞き流していたのですが・・・

 

「なんでお前はいつもニコニコしているの?」

「そこ笑うところじゃないでしょ?www」

 

とかほざいてきたので、他人を平気で傷つけるバカ相手には内心見下されていることに全く気付こうともしません。

こういうバカ相手に対しては本気でキレるか、圧倒的な力で押しつぶすしか有効な対処方法はありません。

 

②結局キレてもキレなくても後悔する

職場でキレてはいけない理由として

 

「キレたら罪悪感に襲われて絶対に後悔する!」

「キレたら職場で浮いた存在になって孤立させられる!」

 

というものがありますが、結局キレてもキレなくても何方を選んでも詰みゲーなので知ったこっちゃないです。

仮にあなたがキレることなくクソ上司に対しての鬱憤が溜まり続けているのなら・・・

 

「あの時に言い返しておけばよかった・・・」

「アイツを思い出す度にトラウマが蘇る・・・」

 

と変えられない過去に捉われ続けることになり、後悔するパターンは良くあるのではないでしょうか?

 

現に私も前職のパワハラBBAに対して何も言い返せることない状態が続いた中、あの時に「てめぇいい加減にしろよ」と言えばよかったと後悔しているほどですよ。

 

更にこういった過去のトラウマが自己肯定感や自信を喪失させる原因となります。

今後は会社に迷惑をかけたくないからといって二度と会社で働けなくなる体質へと変化させられたり

 

「どうせ自分はダメなヤツだから成功しない・・・」

 

という悲観的な考えから行動できない言い訳ばかり考える人間と化すことだってあり得ます。

 

私に対して「どっちかの選択肢を選べ?」と言われたら、当然その場でキレて後悔した方が遥かにマシだと答えます。

 

今後の成功のチャンスを低レベルの人間の影響で自ら棒に振るっていうのは、マジであってはならんものですからね。

別に仕事を取り上げられて職場で干されても時給1000円超えている環境なら十分暮らしていけますし、干されたら開き直って副業にチャレンジした方が下手に出世するよりも圧倒的に得になります。

 
仕事を取り上げる
干されたら開き直れ!仕事を取り上げるパワハラ上司対策法

続きを見る

 

③本気でキレたら問題が解決することがある

世間は「キレたらロクなことが起きない」という結果が必ず発生すると唱えてくるのですが、根拠のない思い込みでデタラメを押し付けるなと反論したいところです。

現に私の前職では自閉症のパートのMさんがいたのですが、嫌味攻撃を行うお局様が原因で本気でキレて職場で暴れまわったことがあり、それからMさんに配慮するよう社長からお願いを出されていた事例があったほどです。

 
パワハラ
パワハラや職場いじめの仕返しにキレても問題ない理由を語る!

続きを見る

 

この他にも某有名メンタリストがいじめを受けている際にナタをぶん投げて反撃したことでいじめがピタッと止んだ事例がありますし、雑用押し付け上司に対してキレ気味で断ったら今後上司自身が関わりの姿勢を見せなくなったというのもあります。

 

極端な例で信憑性が薄いですが、「本気でキレたら問題が解決するどころか悪化する」なんてことは必ずしも発生しないと断言できます。

 

相手はあなたのことが気に入らないのではなく、ただ単に反応を見て面白がっているパターンは割と良くありますからね。

弱いヤツをいびって楽しむ人っていうのは予想外の反撃が来たらビビるものなので、一度我慢の限界を迎えたら真顔で本気でキレてみることをオススメします。

 

④卑屈な優しい人間を嫌う傾向がある

何よりバカらしいと感じるのは、常識やルールを律儀に守りつつも我慢し続けている真面目で優しい人間は何故か世間から距離を置かれる存在と化すことです。

 

コレは明らかに他人の無責任なアドバイスを真に受け続け、自分を犠牲にし続けたことで悲観的な性格に陥っているのが原因だと思われます。

パワハラや職場いじめに悩まされている中だと「キレたら負け」なんてどう足掻いても納得できないものですし、納得できない行動に移したことで悩みや鬱憤を我慢し続けるなんてとても耐えられるような状態ではありません。

それで自分を追い込むことしか出来なくなり、悲観的なオーラを出し続けることによって周囲から避けられる人間と化すのは現代社会では良くありがちです。

 

実際にSNSの世界では、キレたことでその場でスッキリした人間よりも、キレずに我慢を貫いたことで愚痴をこぼした人間が嫌われるという現象が発生しています。

 

私がパワハラBBAから嫌味や説教攻撃を受け続けていた時は思い切り愚痴をツイートしまくっていましたが、フォロワーが明らかに減ったことがありましたからね。

 

350人近くフォロワーがいる中、誰もリプやいいねを送られることなく、ネガティブオーラでプライベート上で関わる人間から避けられるのはマジで辛いもんですよ。

上記の事情から、私の近くに「キレたら負け」なんてほざいてくるような人間が近くにいたら

 

「私の行動に一々口出しするのなら、私の仕事上での愚痴をリツイート&いいねで拡散するくらいのことをして当然だよなァ?」

「私の愚痴に対して励ましのリプを送ることなく不快だと思ってミュートするくらいなら、「キレたら負け」とか二度と言うんじゃねぇぞゴミが!」

 

と思わず反論したくなってしまいます(笑)

 

優しい人だけが他人からの無責任なアドバイスに苦しめられる状況の中、自分にとって不要なアドバイスを無視しつつも自分の意思を尊重して行動できる人間の方が、何故か周囲から好かれる存在へと進化するのが非情な現実というもんです。

自分が嫌いで暗い性格に陥っている人間よりも、自分が好きな人間のほうが明るくて一緒にいて楽しいと自然と思えるものですしね。

 

自分が嫌いになるくらいなら、たとえどんな荒業をこなそうとも自衛の手段に出ることが一番なのです。

 

「キレたら負け」という意見を真に受けたことが原因で暗い性格に陥っているのなら、一層のこと理不尽を押し付けるヤツに対してキレてスッキリした方が勝ちになりますよ。

 

職場の憎い相手に上手に反撃する方法

 
職場の憎い相手に上手に反撃する方法
 

①嫌いな上司を消す方法を試してみる

 

クソ上司からパワハラ攻撃やいじり攻撃を受けるあまり、コイツを何としてでも視界から消したいという場合は以下の行動に移すと効果的です。

 

嫌いな上司を消す方法まとめ

  1. 「あなたの対応は不快です」とハッキリと伝える
  2. 嫌いな上司に話しかけられた瞬間にその場を去る日常を送る
  3. わざと怒らせるように仕向け、自分の首をしめさせる
  4. 「てめぇいい加減にしろよ!」と大声で怒鳴ってみる
  5. 職場で大暴れしてヤバイヤツだと思わせる
  6. 「クソ上司が嫌い!いじめている!」と何度も拒絶反応を示す
  7. 嫌いな上司を一発タイキックしてみる
 

もっと詳しく

 

まだ精神的に追い込まれておらず、心の余裕が保てている状態なら1番目と2番目の対処法を行うことがオススメです。

どうしても我慢できずに鬱憤を抑えきれない場合は、あとあとやり返せなかったことに後悔しない為にも、3番目以降の対処法を行うのが効果的です。

 

②自殺発言を憎い相手に投げかけてみる

クソ上司から罵倒・人格否定を受けてたり、職場から陰湿な陰口・悪口・無視攻撃を受けていたら・・・

 

「もういい加減辞めてくれませんか?あなたのせいで夜眠れなくなっているのですよ?」

「これ以上迷惑かけるというのならその場で死んだ方がいいですよね?」

「これ以上傷つけるのなら、会社のトイレの中で首をつってやりますよ?」

 

と言いつつも身辺整理した部屋の画像や職場のデスクを見せつつ唱えてやると、あなたに対して今後危害を加えなくなる可能性大です。

 

何故なら、こういったやり取りを録音したら会社側や弁護士が動く確率が非常に高くなりますし、うつ病に関する診断書を確実にもらえる証拠となるからです。

 

たとえば、クソ上司に対して自殺発言を投げかけたところで

 

「あぁ・・・別にお前が死のうがどうだって構わないよ」

「どうせ嘘なんだろ?お前なんかに死ぬ度胸なんてある訳が無い」

 

とバカ発言を投げかけるのを録音したら、パワハラどころか自殺関与の証拠が揃いますからね。

精神科医に対してこういった事情に関して具体的に説明することさえできれば、うつ病の診断書がもらえるのは確定しているようなもんです。

現に死にたい発言を行ったのにもかかわらず、相手に死ねばいいなんて言われている状況に置かれている人間なんて誰であってもヤバイと思いますしね。

 

んで・・・2週間~1か月の期間を経て診断書を貰った後は、即座に人事権のある重役や経営者に対して例の証拠と診断書を提出しつつも・・・

 

「私は○○さんの××といったパワハラ行為に精神的に限界が訪れました」

「もう自分がおかしくなりそうで、直接本人に対して伝えたのにこの有様です!」

「ハッキリと死ねと言われた気分です。これ以上仕事を続けると本気で自殺してしまいそうです」

「精神を落ち着けたいので、休職期間を取ります!」

「もう○○さんとは仕事をやっていけません・・・」

 

と・・・自分が必死になっても解決できなかった旨を示し、ハッキリと辛い心境を打ち明けましょう。

クソ上司からの自殺関与の発言に加え、診断書を持って休職を申し出るということは会社に対して相当プレッシャーを与えることができるので、腰が重くても動かざるを得なくなります。

会社は休職要請を受け止めるか、休職を思いとどまる代わりにパワハラや職場いじめの原因となった上司を異動・左遷させるかの何方かの行動に移るはずです。

 

また、クソ上司が自殺関与したことで悪い噂が流れ始め、クソ上司自身が職場から追い込まれることだってあるので、職場からうまく追い出しことだって出来ちゃいます。

我慢の限界を迎えたら自殺をほのめかすようなメンヘラになり切る方法は、パワハラクソ上司や他人を平気で傷つける職場の人間に対しては効果は絶大かと!

 

③「アイツが原因で退職する」とハッキリと告げる

常識的な観念からして退職理由を「人間関係が悪い」と告げてしまうのは良くないとされていますが、時には真に受けるべきではありません。

クソ上司や同僚に対してどうしても仕返ししたいと言うのであれば・・・

 

「○○さんの××といった行為に耐えられなく、精神的に限界が訪れたので退職します!」

 

とハッキリと伝えつつも退職願(届じゃない)を提出すると良いです。

 

何故退職願にするかというと、退職するデメリットをちらつかせて問題解決を促すといった目的があるからです。(届だと確実に退職コースとなりますからね)

 

基本的に会社っていうのは腰が重いです。

 

闇雲に人間関係の問題を相談するだけだと我慢や忍耐を押し付けられますから、確実に相手に対して不利益を与えたいのなら強引な手段を取らなきゃいけません。

 

うまくいけば思惑通りに退職を思いとどませる代わりに問題の発端となった人間を異動・左遷したり、厳重注意を受けたことで二度とあなたに対して厳しい言動を投げかけることは無くなるでしょう。

この対処法はあなたが会社に必要とされていればされているほど効果が絶大となるので、現に職場から認められていると自覚しているのなら迷わず実行してみてはいかがでしょうか。

 

④赤字覚悟で訴訟することで「コイツはヤバイ」と思わせる

最初に「大人の対応」とやらが通用しない相手に対しては、圧倒的な力で黙らせるしか対処方法がないと述べましたが、赤字覚悟で訴訟することはまさにソレです。

訴訟するということは国という圧倒的な存在を味方にするので、相手がどんなヤツであれ、訴訟されたらかなりビビってしまうのは言うまでもありません。

 

訴訟するタイミングとしてオススメなのは、②の対処法を行うことでクソ上司から自殺関与発言を受けたのに加え、診断書を貰っている中で日常的なパワハラやいじめ攻撃の証拠が取りそろっている時です。

 

うつ病を患うことで本気で死にたいという状況に追い込まれていることを立証でき、それに加えてパワハラやいじめ攻撃の証拠がしっかりと取りそろっている状態であれば、十分に訴訟案件が成立しているような状態です。

慰謝料を獲得することさえできれば、たとえ弁護士費用や裁判手数料で赤字になったとしても・・・

 

「コイツは何かあれば徹底的に戦うようなヤバいヤツだ・・・」

 

と単細胞のバカ相手であっても職場全体に根深くイメージさせることができますので、赤字か黒字かどうかはそこまで気にしなくても問題ありません。

今後はパワハラやいじめ攻撃を受けることは絶対に無くなるでしょう。

 

ただ、人間関係によるトラブルは労働審判では扱っておらず、民事裁判で最低でも1年以上は争い続ける必要があります。

 

それまで嫌な環境に身を置き続けたり、嫌なヤツと顔をあわせなきゃならないっていうのは、人によっては到底耐えられるものではありません。

よほど復讐心が無い限りは③までの対処法を移すのが現実的です。

 

早めに行動に移さないと犯罪者と化す恐れがある

我慢し過ぎたことで限界を迎えてキレた時の変貌っぷりっていうのは恐ろしいものです。

冷静さで我を失うあまりにクソ上司を原型を留めなくなるまでボコボコにしたり、背後からパイプ椅子で後頭部をぶん殴ったりすることは十分にあり得ますからね。

普段は犯罪行為とかけ離れているような他人に優しい性格なのに、こういった人間ばかりが精神的に追い込まれて嫌でも犯行に移してしまうっていうのはマジで胸糞悪いもんです。

 

たとえ明らかにクソ上司が原因であったとしても、我慢の限界を迎えて理性が効かなくなったことで重大な障害や死亡事故が発生したら、容赦なく我慢の限界を迎えた側が前科者されるのが今の社会ですよ。

 

殺人事件に関してはニュースで毎日のように流れていますが、中には被害者側が加害者側を煽ったことで発生していることだってあるでしょう。

それなのにマスコミは加害者側の動機や心情について何も触れることなく、殺人を犯して逮捕しましたという情報だけを提示するので、どんな事情であれ世間に叩かれるのは間違いありません。

 

クズ相手に自分の人生をメチャクチャにされたらたまったものではありませんよね。

 

だからこそ、我慢の限界を迎えて犯罪行為に手を出す前にも、適度にキレてスッキリしたり、当記事で紹介している反撃手段に早めに出たほうがいいのです。

 

「キレたら負け」という思想に捉われるあまり、限界を迎えて犯罪者になってしまえば元も子もありません。

こういう「キレたら負け」という意見を真に受けたことで精神的に限界を迎え、不本意に犯罪行為に走ったとしても・・・

 

「そりゃお前の自己責任だろ!同情の余地なんてないわ!」

 

とフツーに責任を押し付けてくるのが他人っていう存在です。

こんな無責任なヤツの意見を真に受け、我慢や忍耐を続ける意味なんてどこにあるのでしょうか?

 

まとめ:キレて失敗した経験がないなら一度キレてみろ!

 

「キレたら負け」という根拠のないアドバイスを真に受けるくらいなら、一層のこと一度キレてみて失敗するか成功するか試してみた方が遥かに有意義です。

バカ相手に対してはキレずにおとなしく振舞うことで自然と攻撃をエスカレートしていきますから、バカ相手にでも分かりやすいように意思表示してみる為にも、思い切ってキレることは何も間違ったことではありません。

「キレたら負け」という声を真に受けるあまり、大人の自分を演じたことで我慢の限界を迎えた結果、暴力や殺人といった犯罪行為や自殺に走るより遥かにマシですからね。

 

当記事で紹介した対処法を意識しつつ、うまくキレることが出来れば職場いじめやパワハラ行為がピタっと止むことがありますから、一度やってみる価値は大アリですよ。

 

もしうまくいかなかった場合は転職や異動などの逃げの手段を取り、環境を変えれば人間関係はいくらでもリセット出来るので、バカ相手に罪悪感なんて抱える必要は一切ありません。

何もせずに逃げるのは非常に勿体ないので、今後変えられない悲惨な過去に捉われるあまりに暗い性格に陥りたくないのなら、一度本気でキレてみてはいかがでしょうか。

 

今ではブラック企業を排除した未経験向け転職エージェントが充実していますので、やむを得ずに逃げたくなった場合は是非利用してみることをオススメします!

 

  • この記事を書いた人

Hiroki

「クソ上司やブラック企業に立ち向かう全ての方を応援する」というコンセプトの下、社畜には見るにたえない汚らわしい記事を量産しています。

暴言ジイサン入りの介護施設(4か月)▶ゲーセンバイト(半年)▶ブラック転職事業(4か月)▶パワハラ有で年間休日77日年収200万円の中小企業(2年)と「ド」がつくほどの底辺環境を味わう。

【退職後】アウトドア・転職関連のメディア執筆3年▶雑記・転職サイト2件運営▶「シゴトイキタクナイ」運営【1年2か月目】最高月3万PV

>>底辺社畜時代の話

>>お問い合わせ

ハローワークを利用するだと?ちょっと待ってくれ!

「一度レールから外れた人間はブラック企業しか就職できない・・・」

「ハローワークの求人がブラック企業ばかりで就職する気力がなくなった・・・」

クッソ理不尽な社会の中でイヤでも生きていると身をもって体感できるよね。

「早期離職したら次の就職先が見つからない」という風潮は未だに根付いているほどですし

「3年以内に辞めようとする自分は欠陥人間なんだ・・・」

「どうせ自分は次にいってもやっていけない・・・」

と自分は価値のない存在だと思い込むあまり、ブラック企業から逃れたくても逃れられなかったり、逃れたとしても再び詐欺求人しか目に入らなくなるのはマジで辛いもんです。

でも・・・そんな化石みたいな風潮に捉われすぎる必要はないッ!

リーマンショックの時代とは異なり、現在はブラック企業を排除した未経験向けの転職エージェントが充実しています。

20代であれば誰でも参加することができますし、正社員経験のないニートやフリーターであっても歓迎要件です!

もちろん無料であり、ブラック企業を排除しているだけではなく、転職活動時のサポートや内定後のアフターサービスも充実し過ぎているほどのテンコ盛りです。

同じ無料サービスであるのにも関わらず、ブラック求人を平気で放置しているのに加え、非正規でやる気のない職員で溢れているハローワークと比較したら雲泥の差と言っても過言ではありません。

20代の既卒未経験であれば、迷わず以下の転職エージェントを利用することを強くオススメしますよ!

ブラック企業を徹底的に排除!入社後定着率業界NO1の「ウズキャリ」

独自の審査基準や利用者からのフィードバックでブラック企業を完全に排除!

平均20時間程度のサポートに加え、Google評価が平均して★4以上と高評価なのが「ウズキャリ」の強みだ!

首都圏のIT業界や営業の就職に強く、大阪・名古屋・福岡の求人も取り扱っているぞ!

「ウズキャリ」の詳細記事はコチラ

ブラック企業徹底排除のIT就職に特化した「ウズキャリIT」

ウズキャリのIT就職に特化したサービス。

ブラック企業を完全に排除しつつ、IT特化型の転職支援を受けられるのはココだけしかない。

27歳就業経験なしのひきこもりニートから年収350万円のベンチャー企業に就職した実績があり、定着率や内定率も業界でナンバーワンだ!

「コロナ禍を経て在宅勤務可能な業界に就職したいけど、資格や経験がないから応募しにくい・・・」

と悩む方に一番オススメだぞ!

労基法を守ったら潰れるような会社を排除!「第二新卒エージェントneo」

会社の財源情報をチェックすることで、労基法を守ったら潰れるような会社を排除!

求人数は12000以上とブラック企業の排除を公言している中では最多!

平均10時間程度のマンツーマンサポートも整えられているぞ!

「第二新卒エージェントneo」の詳細記事はコチラ

月収20万・年間休日120日以上の求人多数の「キャリアスタート」

月給25万円以下の20代の既卒・第二新卒・フリーター・ニートに特化している転職エージェント。

内定率86%・定着率92%と驚異的な実績を持っており、ブラック企業を排除した良質な求人を取り揃えている。

北海道から熊本県と北から南まで幅広く対応しているぞ!

「キャリアスタート」の詳細記事はコチラ

-人間関係の悩み
-,