ブラック企業 社畜批判

後任が決まるまで辞められない会社はブラックだ!無視してでも退職しろ!

後任が決まるまで辞められない会社はブラックだ!無視してでも退職しろ!

後任が決まるまで退職を認めてもらえず、その結果辞められなくなって悩むパターンはブラック企業では良くあるあるです。

現にあなたがブラック労働で悩まされているとしたら、今の会社の待遇や労働時間で新規採用は見込めませんし、

グループウェアや社内メールで後任者を探そうとしても、自ら進んで引き継ぐ人なんて早々見つからないでしょう。

自分だけの力では到底太刀打ちできるものではありません。

後任を見つけるのは経営者側の力量にかかっていることが殆どなのに、それを労働者に対して責任を押し付けるのはある意味クソみたいな文化だと思っています。

結論を言うと、後任が決まるまで退職届を提出しない必要性は全くありませんので、会社側の戯言なんて無視してでも退職届を内容証明付きで送付して無理やり退職しましょう!

今回は後任が決まるまで辞められない会社について書いていきます。

 

こんな方におすすめ

  • 引き継ぎが見つからなくて退職を思いとどまっている方
  • 退職出来ずに悩んでいる方
 

▼ブラック企業を徹底排除した転職エージェント▼

ブラック企業を徹底的に排除!入社後定着率業界NO1の「ウズキャリ」

独自の審査基準や利用者からのフィードバックでブラック企業を完全に排除!

平均20時間程度のサポートに加え、Google評価が平均して★4以上と高評価なのが「ウズキャリ」の強みだ!

首都圏のIT業界や営業の就職に強く、大阪・名古屋・福岡の求人も取り扱っているぞ!

「ウズキャリ」の詳細記事はコチラ

労基法を守ったら潰れるような会社を排除!「第二新卒エージェントneo」

会社の財源情報をチェックすることで、労基法を守ったら潰れるような会社を排除!

求人数は12000以上とブラック企業の排除を公言している中では最多!

平均10時間程度のマンツーマンサポートも整えられているぞ!

「第二新卒エージェントneo」の詳細記事はコチラ

月収20万・年間休日120日以上の求人多数の「キャリアスタート」

月給25万円以下の20代の既卒・第二新卒・フリーター・ニートに特化している転職エージェント。

内定率86%・定着率92%と驚異的な実績を持っており、ブラック企業を排除した良質な求人を取り揃えている。

北海道から熊本県と北から南まで幅広く対応しているぞ!

「キャリアスタート」の詳細記事はコチラ

「後任が決まるまで待って」はブラック企業にとって都合の良い言葉

ブラック企業で辞めさせないパターンとしてあるあるなのが

 

「後任が決まるまで退職は思いとどまってほしい」

 

という言葉を投げつけ、労働者の罪悪感を汚く利用して今の環境に定着しようとさせてくることです。

実際にこの言葉を投げかけられて悩んでいる方は、匿名質問サイトを見ると意外と多く見かけます。

 

会社の事で非常に困ってます。ほんとに助けてほしいです!

実は2月前に口頭で事務所と上司に辞めたいと伝え了解を得たのですが、一週間前に面接で言ったように後任が決まるまでまってくれと言われました!

会社に来る のがイヤでイヤもうどうにもなりません!ばっくれようかなと思い保険証とか退職願いも郵送しようと思ってます。

引用:Yahoo知恵袋

 

退職は仕事の後任が決まるまで待たなければいけないのでしょうか?

福祉施設で栄養士をしています。 職場でストレスのたまることが続いて精神的に参ってしまい、今年の5月にうつと診断されました。

(中略)

もちろん退職願を伝えてすぐに辞めれるとは思っていませんが、後任の栄養士がなかなか決まらなければ私の退職もズルズルと先送りにされることが心配です。

私が就職した時もそうだったのですが施設は対応が遅く、私の前任の栄養士は出産のための退職だったので何ヶ月も前から退職は決まっていたはずなのに、私が採用されて出勤すると退職された後でした。

引用:Yahoo知恵袋

 

上記の質問を見る限り、真面目な性格の方が辞めさせてくれないブラック企業の被害を受けていることが良く伝わってきます。

本心では今の会社で仕事を続けたいとは思っているのにも関わらず、上司から嫌われることを恐れてなかなか辞められずに悩んでいるのでしょう。

 

でも・・・こんな態勢を貫いているといつまで経っても辞められません!

ブラック企業であれば後任を見つけようとしてもウ〇コみたいな待遇で募集することは容易に想像できますし、

会社側が本気で後任を探してくれるような保障もありません。

上記が原因でいつまで経っても後任が見つからずに退職をどんどん先延ばしにした挙句、下手したらあなたが退職したいという意思までも忘れ去ることもあります。

こんな環境下で働いていると、辞められないことが原因で常に不満や愚痴を吐きつつも卑屈な性格となってしまい、

それでも何も得られることなく会社に搾取されるだけの状況に陥るハメとなってしまいます・・・

下手したら他人からの印象を過度に気にするあまりに出来ない言い訳ばかり考えるようになり、

自分よりも弱い立場の人にやたらと攻撃的な性格と化してしまう危険性も高まります。

上司に好かれたいという自己犠牲の精神によって、かえって他人を傷つけてしまうという災いを引き起こしたら元も子もありません。

こんなブラック企業にとって都合の良い言葉に惑わされ、自分や相手を傷つけてしまうような人間と化してしまうことは何としてでも避けてほしいところなので、

自分が嫌で限界だと感じるような会社に対して遠慮なんて必要ないと先に断言しておきます!

後任を選定出来ないのは会社の責任。労働者に押し付けるな!

後任が選定出来ないのは労働者の責任ではなく、完全に会社の責任です。

そもそも以下のような環境で「後任者を探せ」とか言われたとしても無理があります。

 

こんな会社だと「後任者を探せ」と言われても無理がある

  • 常に「人手不足」とか言って求職者を騙している
  • 薄っぺらい待遇でしか求人を出せないほどの余裕の無さ
  • 毎晩遅くまで残るほどの仕事量を押し付けられている
  • 仕事量の割には給料が少ない
  • 有給休暇が全く取れないくらい忙しい環境
 

新入社員が来ないことが当たり前のようなブラック企業の中だと中途採用は見込めないことは勿論、

現職の社員に対して社内報やアルファオフィスなどのグループウェアで後任者を募集したとしても、自ら進んでやりたがる人はそうそういないでしょう。

自分の労力だけではとても太刀打ちできないことくらいは明らかです。

例えるのなら「生ゴミを1000円で売り付けろ」とか言っているようなもので、

会社側が商品を変えようとしない限りはこんなの素晴らしい営業マンだとしても売れる訳がありません。

生ゴミみたいな労働環境を相手に売ろうとするのは無理があり過ぎるのに、真面目な性格な方であれば・・・

 

「引き継ぎが見つからないのは私のせいなんだ・・・」

「私の責任だから退職は思いとどまるしかない・・・」

 

と思ってしまい、今のブラックな環境を辞められないと思ってしまうことがあります。

中には相手が真面目であることをいいことに会社側がわざと後任者を見つけようとはしない、完全に労働者に責任を押し付けて経営者側はあまり動こうとしないパターンも存在するので、

こんな薄汚いヤツに責任なんか感じるだけでも搾取されてしまいます。

以上から、後任者が見つからないのは労働者の責任ではなく、ブラックな労働や薄っぺらい待遇を押し付けて都合良くコキ使わせて来る姿勢を貫くような会社側の責任であると断言出来るのです。

ブラック企業に情けをかけるだけでも都合良く利用されるのがオチなので、

こんな薄汚い組織相手に対しては次頁で解説するように引き継ぎを無視しても退職するという非情な姿勢を貫いた方が賢明です。

引き継ぎが間に合わなくても容赦なく退職しても良い!

先に結論を言うと、引き継ぎが間に合わないからと言って会社側が退職届を受理しないのは民法627条からして違法なので、内容証明付きで退職届を送ってまで退職の意思を貫きましょう。

ブラック企業の場合、退職期間である1~2か月の間でも後任者である中途入社の社員が見つからない、

既存の社員から引き抜こうとしても自ら進んで応募する人がいないなんていう状況が続いてしまい、

退職するまで後任者が見つからずに引き継ぎが短期間では間に合わないような状況に陥ることがあります。

こういうリスクがあるからこそ、ブラック企業は引き継ぎを終えるまで退職届を受理しない姿勢を貫くことが多いかと思われます。

 

「引き継ぎがいないから今の会社を辞めることは出来ない・・・」

 

と勝手に罪悪感を抱いているようだと、今後も会社から搾取され続けることとなるでしょう。

上下関係のデメリットだけを押し付け、会社の口車にうまい具合に乗せられているようなものです。

 
【マジでいらない】上下関係がめんどくさい会社程くだらな過ぎる件!
【マジでいらない】上下関係がめんどくさい会社は今すぐ逃げるべきだ!

続きを見る

退職届さえ内容証明で提出出来れば、その時点で効力を発揮する

そもそも労基法や民法の中には「後任者が見つからなかった場合は退職出来ない」なんてどこにも定められていません。

 

Q1:  私は、正社員として10年勤務していますが、このたび家庭の事情で会社を辞めたいと思い退職願いを提出しましたが、上司が受け取ってくれません。会社が同意してくれないと私は退職できないのでしょうか?
A1:  退職は、労働者の一方的な意思表示により効力が発生しますので、特に会社の承認は必要としません。民法では期間の定めのない雇用契約については、解約の申し入れ後、2週間(但し、月給制の場合は、当該賃金計算期間の前半に申し入れて下さい。)で終了することとなっており、会社の同意がなければ退職できないというものではありません(民法第627条)。
なお、会社の就業規則において、「労働者は1ヶ月前に退職を申し出なければならない」と定められている場合、民法の規定を任意法規と解して、こうした特約が許されるとする見解もありますが、裁判例では、これを強行法規と解するものもあり、見解が分かれています。
まずは、会社の就業規則の内容を十分ご確認ください。

引用:福岡労働局「退職、解雇、雇い留め編

 

引き継ぎが見つからなくても退職することが出来る見解が示されている他、やろうと思えば就業規則で定められている退職期間ですら無視することが出来ます。

法律の抜け穴を思う存分利用し、会社に嫌われることに対して躊躇ないような人間は成功者になれる素質があると言っても過言ではありません。

会社に嫌われるのが怖いからと言って自分を犠牲にしてしまえば、今後も相手に利用され続けるような人生が続いてしまうのは言うまでも無いです。

ブラック企業の本音としては

 

「上の立場の人間の言うことをしっかりと聞き、会社から好かれる為に常識やルールをしっかりと守って戦おうとしない善人が今後も増えてほしい」

 

というものは少なからず存在していると考えます。

こんなウ〇コみたいな考え方に乗せられない為にも、たとえ「引き継ぎが見つかるまで退職するな!」と言われたとしても退職届を内容証明付きで会社に送付し、無理やりでも退職するように心がけてください!

信義則上の義務違反で損害賠償?そんなの気にした方がアンタの負けだ

無理やりでも退職届を内容証明付きで会社に提出した場合は

 

「もし引き継ぎが間に合わなかったら損害賠償を請求するつもりでいる。それでも退職してもいいんだね?」

「法律では退職前に業務の引き継ぎを完了させることが信義則上の義務となっている」

「ウチで世話になっている顧問弁護士の見解もそうだ。流石に訴えられたくないだろう?だったら引き継ぎを見つけてから退職するんだ!」

 

とか言われて会社側から退職を思い留まるように脅されるケースは無くはありません。

正直この言葉に対しては

 

「知るかボケ!」

 

と冷たく突き放した方が身のためです。

万が一退職後に訴えられた場合に備え、退職期間中に業務引き継ぎ書を事前に作成し、自分の仕事に関するマニュアルを予め作成しておくと安心です。

実際に巷で話題の「退職代行」を利用する際も作成するように求められることがある程です。

コレさえ出来れば後は会社が求人を出したり人員を配置すればいいだけなので、会社側が損害を受ける要素が無くなります。

期間内に人員が見つからなかった場合は完全に会社の責任なので

 

「信義則上の義務だと・・・?労働者にだけ責任を押し付けるな!後は知らん!」

 

という強気の姿勢を見せた方が賢明です。

現に辞めたいと思う環境に無理やり定着してしまえば、それだけでストレスや不満が溜まりやすくなってしまいますし、

あなたがSNSを日頃行っている場合は、下手したら愚痴投稿ばかりになってフォロワーに迷惑をかけてしまう羽目になります。

自己犠牲の精神もここまで行けば、もはや行き過ぎた感がします。

現に退職の意思を阻害していることから民法627条に反していますし、こんな脅しに屈した方がバカを見るだけです。

 
第627条
  1. 当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

引用:WIKIBOOKS「民法第627条

 

そもそも退職を申し出ることで請求できるほどの損害が発生することはありませんし、

多くの弁護士・公的サイトの見解では引き継ぎが出来ないことで退職を認めないことは間違いだと示していますので

ブラック企業の言葉を真に受けてビビる必要なんてありません。

仮に請求されたとしても、あなたがしっかりと引き継ぎに関する資料を作成していれば会社側が負けて墓穴を掘るだけでしょう。

実際に引き継ぎが見つからないまま退職したことで損害賠償請求を受けた人の話なんて聞いたことありませんし。

(あったら理不尽過ぎてSNSや就職メディアで拡散されるはず)

更に損害賠償を請求することで今後も退職者が続出しないようにあなたを見せしめにするような姿勢を見せてきますので、

こんなブラック企業で働き続けるだけでも損害賠償を請求額以上に精神的な障害を受けるハメになりますよ。

なので、会社から損害賠償を受けてしまうことなんて心配するだけ無駄です。

損害賠償なんて気にするだけでブラック企業の思う壺となるので、気にした時点であなたの負けが確定してしまいますよ!

まとめ:人手不足のブラック企業が悪いので、辞めたい時はいつでも辞めても良い

引き継ぎが見つからないことで退職届を提出出来ないのは完全に間違いなので、今の会社に限界を感じて辞めたいと思っているのなら無理やり送付してでも退職するようにしましょう。

そもそも1~2か月もあれば後任が見つかるのは当たり前なのに、その期間ですら後任が見つからないほど窮地に追い込まれているのは流石にどうかとしか言えません。

恐らく人手不足過ぎてヤバイような状況か、経営者側が無駄な業務を増やしたくない為に労働者に面倒な引き継ぎ作業を押し付けているのでしょう。

 
【ざまぁ】人手不足は会社の責任だ!労働者に責任を押し付けるな!
【ざまぁ】人手不足は会社の責任だ!労働者に責任を押し付けるな!

続きを見る

 

酷い場所だと家族や友人を今の職場に誘わなければ辞めさせてくれないなんて脅すような場所もあります。(ブラックバイトあるあるですよね)

こうやって労働者に対して責任や罪悪感を押し付け、自分だけ既得権益を得ようとするような会社なんかに貢献する必要性は全くありません!

会社の言う通りに働くだけでも、あなたの貴重な時間が会社に搾取されてしまいます。

自分の貴重な時間を守るためにも、こんなブラック企業なんか嫌われる覚悟を持ってしてでも辞める意思を捻じ曲げないようにしてください!

  • この記事を書いた人

Hiroki

「クソ上司やブラック企業に立ち向かう全ての方を応援する」というコンセプトの下、社畜には見るにたえない汚らわしい記事を量産しています。

暴言ジイサン入りの介護施設(4か月)▶ゲーセンバイト(半年)▶ブラック転職事業(4か月)▶パワハラ有で年間休日77日年収200万円の中小企業(2年)と「ド」がつくほどの底辺環境を味わう。

【退職後】アウトドア・転職関連のメディア執筆3年▶雑記・転職サイト2件運営▶「シゴトイキタクナイ」運営【1年2か月目】最高月3万PV

>>底辺社畜時代の話

>>お問い合わせ

ハローワークを利用するだと?ちょっと待ってくれ!

「一度レールから外れた人間はブラック企業しか就職できない・・・」

「ハローワークの求人がブラック企業ばかりで就職する気力がなくなった・・・」

クッソ理不尽な社会の中でイヤでも生きていると身をもって体感できるよね。

「早期離職したら次の就職先が見つからない」という風潮は未だに根付いているほどですし

「3年以内に辞めようとする自分は欠陥人間なんだ・・・」

「どうせ自分は次にいってもやっていけない・・・」

と自分は価値のない存在だと思い込むあまり、ブラック企業から逃れたくても逃れられなかったり、逃れたとしても再び詐欺求人しか目に入らなくなるのはマジで辛いもんです。

でも・・・そんな化石みたいな風潮に捉われすぎる必要はないッ!

リーマンショックの時代とは異なり、現在はブラック企業を排除した未経験向けの転職エージェントが充実しています。

20代であれば誰でも参加することができますし、正社員経験のないニートやフリーターであっても歓迎要件です!

もちろん無料であり、ブラック企業を排除しているだけではなく、転職活動時のサポートや内定後のアフターサービスも充実し過ぎているほどのテンコ盛りです。

同じ無料サービスであるのにも関わらず、ブラック求人を平気で放置しているのに加え、非正規でやる気のない職員で溢れているハローワークと比較したら雲泥の差と言っても過言ではありません。

20代の既卒未経験であれば、迷わず以下の転職エージェントを利用することを強くオススメしますよ!

ブラック企業を徹底的に排除!入社後定着率業界NO1の「ウズキャリ」

独自の審査基準や利用者からのフィードバックでブラック企業を完全に排除!

平均20時間程度のサポートに加え、Google評価が平均して★4以上と高評価なのが「ウズキャリ」の強みだ!

首都圏のIT業界や営業の就職に強く、大阪・名古屋・福岡の求人も取り扱っているぞ!

「ウズキャリ」の詳細記事はコチラ

ブラック企業徹底排除のIT就職に特化した「ウズキャリIT」

ウズキャリのIT就職に特化したサービス。

ブラック企業を完全に排除しつつ、IT特化型の転職支援を受けられるのはココだけしかない。

27歳就業経験なしのひきこもりニートから年収350万円のベンチャー企業に就職した実績があり、定着率や内定率も業界でナンバーワンだ!

「コロナ禍を経て在宅勤務可能な業界に就職したいけど、資格や経験がないから応募しにくい・・・」

と悩む方に一番オススメだぞ!

労基法を守ったら潰れるような会社を排除!「第二新卒エージェントneo」

会社の財源情報をチェックすることで、労基法を守ったら潰れるような会社を排除!

求人数は12000以上とブラック企業の排除を公言している中では最多!

平均10時間程度のマンツーマンサポートも整えられているぞ!

「第二新卒エージェントneo」の詳細記事はコチラ

月収20万・年間休日120日以上の求人多数の「キャリアスタート」

月給25万円以下の20代の既卒・第二新卒・フリーター・ニートに特化している転職エージェント。

内定率86%・定着率92%と驚異的な実績を持っており、ブラック企業を排除した良質な求人を取り揃えている。

北海道から熊本県と北から南まで幅広く対応しているぞ!

「キャリアスタート」の詳細記事はコチラ

-ブラック企業, 社畜批判
-,