ブラック企業 社畜批判

休憩時間をまともに取れない職場はブラックだ!戦う方法も解説するぞ!

休憩時間をまともに取れない職場はブラックだ!戦う方法も解説するぞ!

 

休憩時間をまともに取れない環境はやる気が下がってしまいますよね。

給料が発生することが無いですから、出来るだけプライベートの時間に充てたいものです。

 

それなのに会社側から30分程度で仕事に戻るように強要されたり、

休憩を取らずに定時まで働くような場面に遭遇したり、

先輩方が飯を食べた後に仕事に戻るような状況に直面した時は、

そりゃ悩んだことがあったとしても無理も無い話です!

 

結論を言うと、休憩時間を取れない会社はおかしいと即刻判断するようにし、近い内に退職するか会社側に改善を求めるなどの行動に移すことをお勧めします!

 

今回は休憩時間をまともに取れなかった場合に取るべき行動について書いていきます。

 

こんな方におすすめ

  • 休憩時間がまともに取れなくて悩んでいる方
  • 現在就職・転職活動を行っており、休憩時間が少ない会社についての知識を身に着けたい方
 

▼ブラック企業を徹底排除した転職エージェント▼

ブラック企業を徹底的に排除!入社後定着率業界NO1の「ウズキャリ」

独自の審査基準や利用者からのフィードバックでブラック企業を完全に排除!

平均20時間程度のサポートに加え、Google評価が平均して★4以上と高評価なのが「ウズキャリ」の強みだ!

首都圏のIT業界や営業の就職に強く、大阪・名古屋・福岡の求人も取り扱っているぞ!

「ウズキャリ」の詳細記事はコチラ

労基法を守ったら潰れるような会社を排除!「第二新卒エージェントneo」

会社の財源情報をチェックすることで、労基法を守ったら潰れるような会社を排除!

求人数は12000以上とブラック企業の排除を公言している中では最多!

平均10時間程度のマンツーマンサポートも整えられているぞ!

「第二新卒エージェントneo」の詳細記事はコチラ

月収20万・年間休日120日以上の求人多数の「キャリアスタート」

月給25万円以下の20代の既卒・第二新卒・フリーター・ニートに特化している転職エージェント。

内定率86%・定着率92%と驚異的な実績を持っており、ブラック企業を排除した良質な求人を取り揃えている。

北海道から熊本県と北から南まで幅広く対応しているぞ!

「キャリアスタート」の詳細記事はコチラ

8時間労働なら1時間休憩を取らせないと労基法第34条違反だ!

 

第三十四条 使用者は、労働時間が六時間を超える場合においては少くとも四十五分、八時間を超える場合においては少くとも一時間の休憩時間を労働時間の途中に与えなければならない。

② 前項の休憩時間は、一斉に与えなければならない。ただし、当該事業場に、労働者の過半数で組織する労働組合がある場合においてはその労働組合、労働者の過半数で組織する労働組合がない場合においては労働者の過半数を代表する者との書面による協定があるときは、この限りでない。

③ 使用者は、第一項の休憩時間を自由に利用させなければならない。

引用:労働基準法

 

労働基準法第34条では、1日6時間以上働いている従業員には最低45分、8時間以上働いている従業員には最低でも60分以上の休憩時間を与えなければならないと定めています。

 

更に休憩時間は賃金が発生しないことから、従業員の自由に利用させなければならないので、

たとえ従業員が昼休み中にゲームセンターに行ったとしても、会社は口出しすることは出来ません。

 

これらを無視した場合は労基法第34条違反となり、6か月以下の懲役または30万円以下の罰金が科せられます。

 

当然休憩時間をあまり取らないように会社側が強要した場合は上記の違法性を主張することが出来ます!

休憩時間がまともに取れない問題を解決する為に行うべき行動

 

大まかに手順をまとめると以下の通りです。

 

会社と争う際に行うべき行動

  1. まずは休憩を時間いっぱい取りつつも上司の台詞を記録する
  2. 経営陣or労働組合に証拠を提示しつつも改善を提案する
  3. 会社に相談しても無駄だった場合は労基署に駆け込んで申告する
  4. 何かしら不利益を受けるならそこはカス会社だと見限って退職する

まずは休憩を時間いっぱい取りつつも上司の台詞を記録する

まずは休憩を時間いっぱい取るようにし、上司から休憩時間の早上がりについて直接指導されないかについてチェックします。

 

特に上司から何も言われなければ、休憩を時間いっぱいまでとっても良いということになるので、

この時点で休憩が取れない問題が解決することになります。

 

「先輩が早上がりしているから自分も早上がりしなくては・・・」

 

という心配があると思いますが、

こういった会社に限って出世のメリットが皆無の上に真面目な人はバカを見ることが多いので、

無言の圧力に流される必要なんて全くありませんよ。

 

先輩が早く仕事に戻っている中、自分だけ休憩を時間いっぱい取る状況がしばらく続くと、

上司が見かねて何か嫌味を吐くことがあるのかもしれません。

 

たとえば・・・

 

「あなた休憩時間いっぱいまで取るよね~・・・そんなに仕事に余裕があるのかなぁ?」

「別に休憩を取ってもいいんだけど、その代わり仕事にしっかりと集中してよね。」

 

と上司に嫌味を吐かれた当日からボイスレコーダーや日記帳を使って記録することを習慣化してください。

 

嫌味を吐いたことで休憩を沢山取るあなたに不信感を抱いている頃ですから、

こういった嫌味を華麗にスルーし続けたら、

今後はハッキリと休憩を早上がりするように命令を下すことがあるのかもしれません。

 

命令という形で休憩の早上がりを要求されたら、録音を忘れずにしっかりと日記帳に記録しましょう!

 

コレで会社側に休憩時間の早上がりについて相談出来る材料を獲得することが出来ました。

後は人事権のあるお偉いさんか労働組合を通して改善を求めるまでです。

 

上司の嫌味に屈して自分から休憩時間を早上がりしたらそれこそ不利益を受けることになるので、決して負けないようにしましょう!

人事権のあるお偉いさんに証拠を提示しつつも改善を求める

上司がハッキリと休憩の早上がりを命令したことに異を唱える為、

人事権のあるお偉いさん(以下重役)に上司の発言の録音データや発言内容が書かれたメモを提示しつつも改善を求めます。

 

この過程をすっ飛ばして労基署に駆け込んだとしても労基署が動くことは無いので、

重役の見解を聞くことは休憩取れない問題を解決する上では避けられません。

 
Hiroki
上司自体が社畜的思考で会社側がまともな思考である可能性は無くはありませんからね。
 

重役に相談する際もボイスレコーダーで録音することは決して忘れないようにしてください。

 

万が一、会社側がハッキリと休憩時間の早上がりについて肯定的な見解を示した場合、

労基署を動かす判断材料に役に立ちますからね。

 

重役に相談する際に注意すべき点としては、違法性を主張するのではなく、上司の問題発言について唱えるようにしてください。

 

社畜上司に惑わされるあまり、重役も同じ穴のムジナだと即座に判断して

 

「休憩時間が取れないのは労基法第34条違反ですよ!」

「改善する動きが無かったら労基署に駆け込むからな!」

 

といきなり主張したら、会社側の警戒心を増幅させてしまう要因となってしまいがちです。

 

なので、最初は重役は労働問題にしっかりと対応してくれるまともな方だと思いつつも・・・

 

「私の上司である〇〇さんの件についてなのですが、本社の規定では1時間昼休憩を取ることになっているのにも関わらず、〇〇さんは30分で仕事に戻るように強要してきます。」

「これが実際に私が受けた発言の記録です。(発言記録が書かれたメモ帳を見せる)」

「私は55分で仕事に戻るようにしているのですが、執拗に「戻ってくるのが遅い」と言われて困っています。」

「私の発言は聞く耳を持たないので、会社側から改善するようにお願いして欲しいところです。」

「誠に勝手な都合で申し訳ないのですが、どうか宜しくお願いします!」

 
Hiroki
素人ながらの交渉例なので参考にすることはあまりオススメしないゾ。
 

と・・・上記のように社畜上司に対して改善を呼びかけるように要請してみてください。

 

重役がまともな方であれば、社畜上司や該当する職場に対して勧告を入れてくれるので、

昼休みが取れない問題が解決の方向へと向かうでしょう。

 

ですが、ここで重役が自分の声に耳を一切傾けずに説教をし始めた場合、コイツは同じ穴のムジナの糞みたいなヤツだと判断して即座に労基署に駆け込んでください!

 

上司がクソで重役もクソであればそこはブラック企業だと言っているようなものなので、

いくら相談したところで無駄だと判断出来ます。

 

会社側に解決を促した記録は労基署を動かす原動力となるほどなので、上司や重役とのやり取りについては絶対に記録を残すようにしてください!

労働組合を通して改善を求める

会社に労働組合があれば、重役に相談せずに組合を通して改善を求める手があります。

やり方については重役と相談する方法と同じです。

 

何より一人で重役に直接相談を持ち掛けるより気楽に相談できる上に、

組合が動くとなれば一人では無く、集団で会社と戦うことが出来るのが良い点です。

 

労働組合がまともに動かないようであれば、コチラも労基署に駆け込むようにしてください。

会社に相談しても無駄だった場合は労基署に駆け込んで申告する

経営陣や労働組合に相談しても解決に至らないと判明した際に初めて労基署に駆け込むことが出来ます。

 

ここでは相談という形で窓口に駆け込むのではなく、労基法違反行為の申告という形で手続きを行いましょう。

 

申告する際は窓口に駆け込んだ際に

 

「会社が休憩時間を30分しか取らせてくれません。どうしたらいいのでしょうか?」

 

と・・・相手に丸投げするのではなく

 

「上司や経営者側に休憩時間を30分しか取らせてくれないことに関し、1時間取らせるように交渉したのですが会社側が受け入れようとしてきません!」

「労働基準法第34条の項目に違反しているとして申告したいのですが、宜しいでしょうか?」

 

上記のように上司や重役のやり取りが記載されたメモ帳や録音データ、

就業規則の休憩に関する規定といった証拠を見せつつも、

労基法違反案件として提示するようにしてください。

 

そのまま申告への手続きに入った場合は

 
労基法違反申告書

出典:http://www.nrec.sakura.ne.jp/ihan,%20shinkokusho,%20shosiki.htm

 

こんな感じの申告書を被害届と同じように記入します。

違反の事実に関しては出来るだけ細かく解説するようにすると、

その後聞き取り調査や是正勧告・指導票が交付される確率がぐっと高まります。

 
Hiroki
休憩時間の違反の場合は会社側に直接命令されたことは勿論、命令を無視したことで不利益な扱いを受けたり、周囲の先輩達が率先して休憩を早上がりしている様子を記入すると良いです。

何かしら不利益を受けるならそこはカス会社だと見限って退職する

労基署に申告した人を報復する為に不利益な行為を行うのは労基法第104条第2項で禁止されているのですが、

法に触れないような嫌がらせを受けることって意外とあるあるだと思います。

 

例えば職場の中で・・・

 

「コイツはすぐに労基署にチクるヤツだから関わらない方がいい」

 

という噂を流しつつも、先輩達が徒党を組んで自分と関わらないように孤立化させたり、

自分にだけ仕事を沢山押し付けてミスの発生確率を上げつつも、

いざミスが発生するとなれば揚げ足を取って叩くような嫌がらせを行ってくることがあります。

 
Hiroki
この他にも出世の対象から外されたり、業務とは関係のない雑用をやらせたり、転勤や異動の対象にさせられる、陰口や悪口のネタとなることだってあります。
 

ぶっちゃけ違法行為を行っている会社から労働者を救おうとしたという面が含んでいるのに、

法を犯した経営者を叩かずに申告した従業員を徒党を組んでいじめ倒すというのは、

カルト教団に洗脳された信者みたいな従業員しかいないようなカス会社としか思えませんよね。

 

ここまで一人で戦ったとしても解決に至らず、結局会社から不利益を受け続けるのは、

その会社で働き続けるメリットなんて皆無に等しいので、

2週間後に退職日に設定しつつも有給休暇を全消化して即日退職したほうが良いです!

 
正社員の即日退職は違法か?退職日まで有給・欠勤扱いなら問題ない!
「明日から行かない」という辞め方は問題ナシ!嫌な会社は有給全消化・欠勤扱いしてでも即日退職しろ!

続きを見る

昼休み中に仕事に戻る社員が讃えられる環境はヤバいと思え!

休憩時間に関して異を唱えた人を批判するような会社は、昼休み中に仕事に戻る社員が讃えられるような環境であることが多いです。

 

実際に私の前職は昼休み中に仕事に戻る先輩というのが必ずと言っても良いほど現れていましたが、

休憩時間を先輩よりも多く取る生活を毎日のように送っていたら、

昼休み開始から30分程度で仕事に戻る先輩を見習うように指導されたことがありました。

 

コレはハッキリ言って自らブラック企業と告げているようなものですし、

こんな環境だと自ら労基法違反を犯すようなヤツだけが評価され、

労基法を律儀に守っている従業員は何故か陰口や悪口の標的となるのが目に見えています。

 

同調圧力によって不利益を押し付けるような環境なんてクソとしか言いようが無いです!

 
昼休み中に仕事に戻る社員は迷惑!コイツを評価する会社はブラックだ!
昼休み中に仕事に戻る社員は迷惑!休憩を取らない人を評価する会社はブラックだ!

続きを見る

休憩時間がやたらと長い会社は下心丸見えである

休憩時間が1時間と定められている会社が多い中、たまに90分~2時間と長めに設定しているような会社を見かけることがありますよね。

 

休憩時間は1時間でも十分すぎるのに、90分~2時間と長めに設定するような会社は下心が隠されていることがあると疑ったほうが良いです。

 

今まで話したように休憩の早上がりを強制してわざと労働時間を長くさせようと仕向けてくることがありますからね!

特に年間休日が少ない会社だと、1日の労働時間を7時間程度に抑えなければならないといった事情があるので、

無理やり8時間労働にさせようと休憩時間を延ばして補おうとすることがあります。

 

休憩時間の上限が無いのを逆手にとって、休憩時間に無理やり労働を行わせることでうまい具合に労働時間を8時間以上に調整するのはブラック企業では良くあるあるです。

 
【90分・2時間】休憩時間を取り過ぎる会社はブラック企業だと断言する!
90分以上休憩時間を取る会社はブラック企業の確率大だ!

続きを見る

 

もしもあなたが今就職・転職活動を行っているというのであれば、休憩時間を良くチェックすることをお勧めします!

休憩がギリギリまで取れるとこんなに世界が変わる!

休憩時間が30分しか取れないのと、1時間しか取れないのとでは目を持って世界が変わることを体感出来ます!

 

例えば15分程度で昼食を取れるのであれば・・・

 

休憩時間を1時間取れれば出来ること

  • 近場の公園で30分以上日光浴を堪能できる
  • 5㎞範囲ならサイクリングで気分転換できる
  • 近場にゲームセンターがあれば500円分楽しめる
  • 30分間昼寝出来れば午後がスゲー楽になる
  • 外食をゆっくりと楽しむことが出来る
  • 空いた時間に副業を行える
 

などといった行動を楽しむことが出来ます。

 
Hiroki
前職の本社から自転車で5分で行ける場所にゲームセンターがあったので、昼休み中は湾岸ミッドナイト5という体感型レースゲームにハマっていたことがありましたねww
 

ゲーセン巡りやらサイクリング、公園での日光浴など自分の趣味を楽しむことが出来れば、

それだけでも仕事のモチベーションというのが格段と変化するので、

休憩を時間いっぱいまで取ると得られる効果はバカに出来るようなものではありません!

 

休憩は何としてでも60分取れるようにしましょう!

まとめ:昼休みや休憩時間が取れない会社はおかしいと思え!

休憩時間がまともに取れない会社は同調圧力によって不利益を押し付けられている傾向が多く、

休憩時間以外の面においても、長時間残業が常習化していたり、

朝の清掃の強要といった問題は少なからず存在していると思います。

 

今の時代なら休憩時間を1時間取れることは当たり前なので、まともに休憩時間を取れない会社は明らかにおかしいと思ったほうが良いです。

 

平日の18時半過ぎたあたりから100円寿司店で30分待ちした経験がある以上、

休憩時間だけではなく、定時退社というのも当たり前となりつつある時代です。

 

今どき皆で不幸を乗り越えようとする環境なんてさっさと抜け出すか、

会社側と徹底的に争って解決を促すことをお勧めします!

  • この記事を書いた人

Hiroki

「クソ上司やブラック企業に立ち向かう全ての方を応援する」というコンセプトの下、社畜には見るにたえない汚らわしい記事を量産しています。

暴言ジイサン入りの介護施設(4か月)▶ゲーセンバイト(半年)▶ブラック転職事業(4か月)▶パワハラ有で年間休日77日年収200万円の中小企業(2年)と「ド」がつくほどの底辺環境を味わう。

【退職後】アウトドア・転職関連のメディア執筆3年▶雑記・転職サイト2件運営▶「シゴトイキタクナイ」運営【1年2か月目】最高月3万PV

>>底辺社畜時代の話

>>お問い合わせ

ハローワークを利用するだと?ちょっと待ってくれ!

「一度レールから外れた人間はブラック企業しか就職できない・・・」

「ハローワークの求人がブラック企業ばかりで就職する気力がなくなった・・・」

クッソ理不尽な社会の中でイヤでも生きていると身をもって体感できるよね。

「早期離職したら次の就職先が見つからない」という風潮は未だに根付いているほどですし

「3年以内に辞めようとする自分は欠陥人間なんだ・・・」

「どうせ自分は次にいってもやっていけない・・・」

と自分は価値のない存在だと思い込むあまり、ブラック企業から逃れたくても逃れられなかったり、逃れたとしても再び詐欺求人しか目に入らなくなるのはマジで辛いもんです。

でも・・・そんな化石みたいな風潮に捉われすぎる必要はないッ!

リーマンショックの時代とは異なり、現在はブラック企業を排除した未経験向けの転職エージェントが充実しています。

20代であれば誰でも参加することができますし、正社員経験のないニートやフリーターであっても歓迎要件です!

もちろん無料であり、ブラック企業を排除しているだけではなく、転職活動時のサポートや内定後のアフターサービスも充実し過ぎているほどのテンコ盛りです。

同じ無料サービスであるのにも関わらず、ブラック求人を平気で放置しているのに加え、非正規でやる気のない職員で溢れているハローワークと比較したら雲泥の差と言っても過言ではありません。

20代の既卒未経験であれば、迷わず以下の転職エージェントを利用することを強くオススメしますよ!

ブラック企業を徹底的に排除!入社後定着率業界NO1の「ウズキャリ」

独自の審査基準や利用者からのフィードバックでブラック企業を完全に排除!

平均20時間程度のサポートに加え、Google評価が平均して★4以上と高評価なのが「ウズキャリ」の強みだ!

首都圏のIT業界や営業の就職に強く、大阪・名古屋・福岡の求人も取り扱っているぞ!

「ウズキャリ」の詳細記事はコチラ

ブラック企業徹底排除のIT就職に特化した「ウズキャリIT」

ウズキャリのIT就職に特化したサービス。

ブラック企業を完全に排除しつつ、IT特化型の転職支援を受けられるのはココだけしかない。

27歳就業経験なしのひきこもりニートから年収350万円のベンチャー企業に就職した実績があり、定着率や内定率も業界でナンバーワンだ!

「コロナ禍を経て在宅勤務可能な業界に就職したいけど、資格や経験がないから応募しにくい・・・」

と悩む方に一番オススメだぞ!

労基法を守ったら潰れるような会社を排除!「第二新卒エージェントneo」

会社の財源情報をチェックすることで、労基法を守ったら潰れるような会社を排除!

求人数は12000以上とブラック企業の排除を公言している中では最多!

平均10時間程度のマンツーマンサポートも整えられているぞ!

「第二新卒エージェントneo」の詳細記事はコチラ

月収20万・年間休日120日以上の求人多数の「キャリアスタート」

月給25万円以下の20代の既卒・第二新卒・フリーター・ニートに特化している転職エージェント。

内定率86%・定着率92%と驚異的な実績を持っており、ブラック企業を排除した良質な求人を取り揃えている。

北海道から熊本県と北から南まで幅広く対応しているぞ!

「キャリアスタート」の詳細記事はコチラ

-ブラック企業, 社畜批判
-