人間関係の悩み

有能になれる場所に移ろうとして何が悪い?無能だから辞めたいのは間違っていない!

有能になれる場所に移ろうとして何が悪い?無能だから辞めたいのは間違っていない!

仕事を行っている際、どう頑張っても成果を残せず、周りの同期や先輩においていかれてばかりの上に少し前に入社した後輩に追いつかれてしまい、しまいには上司から直接仕事ができないヤツ扱いされて悩んでいませんか?

どう頑張っても決して認められず、成果を残したとしても人並みで「出来て当たり前」だと褒められることもない・・・こんな環境だとどうしても今の会社を辞めたくなるはずです。

しかし、この気持ちというのは世間にはなかなか理解してもらえないのが残酷なところです。

今の仕事がどうしても自分には向いていない上に周囲から無能扱いされていて今の環境から本気で抜け出したいと思っているのにも関わらず

 

「いや・・・これから成果を出せるのかもしれないじゃん。もう少し頑張ってみようよ。」

「まだ始めたばかりじゃん。3年も続ければ今の仕事が楽しくなるよ!」

「そんな簡単な理由で辞めたら次の会社でも逃げてばかりになるぞ」

 

なーんて余計なお世話だと言わんばかりの言葉が飛んでくるので正直嫌気が指しますよね。

もしも、自分が今の会社で無能扱いされていたら今の環境をすぐ抜け出したほうが良いケースが多いので、「もう少し頑張ってみようよ」なんて無責任な言葉は無視してでも無能扱いされている会社なんてさっさと辞めるべきです。

辞めたい気持ちなんて自分にしかわかりませんので、基本的に今の仕事に対して嫌気を指したり、今後も成長を見込めないと判断したら即座に辞めたほうが良いですよ!

今回は無能だから辞めたいことについて書いていきます!

こんな方におすすめ

  • 自分は無能だと思ってしまい、今の仕事を辞めたいと思う方
  • 今の仕事だけで無能だと決めつける人に疑問視を抱いている方
 

▼ブラック企業を徹底排除した転職エージェント▼

ブラック企業を徹底的に排除!入社後定着率業界NO1の「ウズキャリ」

独自の審査基準や利用者からのフィードバックでブラック企業を完全に排除!

平均20時間程度のサポートに加え、Google評価が平均して★4以上と高評価なのが「ウズキャリ」の強みだ!

首都圏のIT業界や営業の就職に強く、大阪・名古屋・福岡の求人も取り扱っているぞ!

「ウズキャリ」の詳細記事はコチラ

労基法を守ったら潰れるような会社を排除!「第二新卒エージェントneo」

会社の財源情報をチェックすることで、労基法を守ったら潰れるような会社を排除!

求人数は12000以上とブラック企業の排除を公言している中では最多!

平均10時間程度のマンツーマンサポートも整えられているぞ!

「第二新卒エージェントneo」の詳細記事はコチラ

月収20万・年間休日120日以上の求人多数の「キャリアスタート」

月給25万円以下の20代の既卒・第二新卒・フリーター・ニートに特化している転職エージェント。

内定率86%・定着率92%と驚異的な実績を持っており、ブラック企業を排除した良質な求人を取り揃えている。

北海道から熊本県と北から南まで幅広く対応しているぞ!

「キャリアスタート」の詳細記事はコチラ

結果がすべてという残酷な現実

お金稼ぎの世界に入ると、世の中は結果がすべてということを身をもって実感しますよね。

たとえば、どんなに努力したとしても方向性が間違っていれば何もしていないよりも酷い結果となってしまうのは当たり前ですし、苦手な仕事を必死で努力して克服しようとしても、それが誰でもできることなら「出来て当たり前」と決して褒められることなく、苦手な仕事を頑張っても出来ないといった事情が発生したら「言い訳するな」と普通に返されるのが現実です。

実際に私が今取り組んでいるブログは適当に更新したら成果が出ずにいつまでも収入が発生しないのは当たり前の世界ですし、ライターの世界でも何も考えずに報酬だけをもらうといった思考をしていると高い案件の仕事を引き受けられることがなく、結果的に稼げなくなるので本当に厳しい世界ですね。

会社で働いていた時は、誰にでもできる反面、私にとってはかなり苦手な商品の紙包装という作業が頑張っても出来ないことが原因でパワハラを受けていた時があったので、成果を残せなければ意味がないどころか、こっぴどく責められたりします。

自分の心の中では

「頑張っているのに成果が出ない・・・こんな気持ちを理解してくれる人がいれば良いな・・・」

と思いつつも、仕事が出来ない理由について答えれば

「言い訳するな!お前のやる気がないだけだろ!」

「お前は無能だ!無能なりにもっと努力しろ!」

とか必死に頑張っているのにも関わらず、「もっと努力しろ!」なんて言われるので、本当に理不尽な世界です。

つまり・・・必死で頑張っているのにも関わらず、仕事が出来ずにまともな成果を残せない場所に居続けると、その分野で有能になんかなれるわけ無く、ただ他人の足を引っ張る存在と周囲からイメージされるだけなので、こんなところで無理に居続けようとしても無駄ということです!

世の中はこういった個人的な感情なんて理解してくれる人は少なく、今の会社で無能扱いされているから辞めたいと悩んでいても

 

「いや・・・誰だって最初は怒られるのは当たり前だよ。今の仕事をもっと頑張ればそのうち周囲から認められるようになるよ!」

「1年も経っていないのにそんな悩みを抱えているのは甘えている!そのうち仕事が楽しくなるぞ!」

 

なんて根拠もない理由を押し付けて「今の仕事を続けろ」と言わんばかりの言葉を押し付けてくることが本当に多いです。

 

「いや・・・今の会社で頑張っても会社から問題児扱いされている上に成長の見込みがないからマジで辞めたいのだが・・・」

 

と返答したとしても、理解してくれる人なんて指で数えるくらいしかいないでしょう。

頑張っても結果を残せずに同僚や後輩と比較されて問題児扱いされ、しまいには精神障害者扱いにされるような人に気持ちなんて、同じような境遇に陥った人にしかわかりません。

なので、こんな無責任な言葉は今の仕事が嫌いで頑張っても成果を残せないという事情があった場合は、真に受ける必要は無いのです!

自分が今の環境で頑張っても成果を残せず、今後もそのような見込みがあると判断したら、さっさと辞めたほうが良いのですよね。

会社から問題児扱いされるような環境なんて、間違いなく今の環境は自分には向いていないと言われているようなものなので、最初から同期や後輩と比較して圧倒的な成果を出せるような環境を見つけたほうが良いに決まっています。

こんな「仕事が出来ないような無能」とか周りから言われるような環境で上記のような無責任な言葉を真に受けて仕事を続けてしまえば、巷でよく紹介されているような「仕事が出来ない人の特徴」の記事を見て自分を投影して落ち込むハメになりますから、続けるだけ精神衛生上本当に良くありません。

頑張っても成果を出せないような場所は、結果が全ての世の中だと年齢が若い内にさっさと見切りをつけるのが正解なのです。

 

関連記事

 

つまらない仕事で有能になれるなんて一部の人間しか存在しない

つまらない仕事で有能になれる人はごく一部しか存在しません。

たとえば、学校でのテスト勉強をつまらないと思いながらも、改善点をしっかりとチェックし、どの科目も苦手意識を無くせることができるような人であれば、会社に出て働いた時は間違いなく仕事ができる人になります。

上記の例のように、今の仕事がつまらないと思おうが、楽しいと思おうが、PDCAサイクルというものをしっかりと回せるような人なら仕事ができる人になり得やすいのです。

PDCAサイクルというのはどの分野であっても面倒なものです。

でも、これを回さなければいつまで経っても成長することが出来ず、仕事が出来ない人のままで終わってしまう危険性が高くなります。

つまらない仕事でPDCAサイクルを回せる人は本当に一部の人間だけです。

将来独立する為にスキルや実績を身に着けたいという目標意識を持っている人や、上記の例と同じように学校でのテスト勉強によってPDCAサイクルを回すことが幼少期から習慣化している人であれば、たとえ今の仕事がつまらないと思っていても成長することができるでしょう。

しかし、ただひたすら就職活動を終えるためだけに企業分析をあまりせずに沢山応募した結果、今の会社に入社し、今の仕事を生活のためだけに行っていて何も目的意識を持っていない、PDCAサイクルを回すことが幼少期から習慣付いていない人が大半だと思います。

このような事情で入社した場合は、PDCAサイクルで例えるのならDをひたすら実行するような行動に出てしまうので、ただ目の前の仕事を何も考えずに必死にこなそうとするような傾向が目立ってしまいます。

つまらない仕事から少しでも逃げよう、楽しようとPDCAサイクルを回そうとしないのです。

これによって「頑張っても成果が出ない」といったことが起こりやすく、この状態はある意味危険だと言っても過言ではありません。

もしも、PDCAサイクルを回せないような環境であれば、間違いなく「仕事が出来ない人間」になりやすいので、自分にとっては続ける価値は無いと思っても良いです。

今は仕事がつまらなくとも、将来的には起業して金持ちになるなどの一部の人間しか持っていないような目標意識があれば続ける価値はあるのですが、特にこういった事情が無ければ即座に辞めるべきです。

 

関連記事

 

有能になれる場所に移ろうとする人を批判するのは間違いだ

前頁で言ったようにPDCAサイクルをしっかりと回せるような環境であれば、誰だって有能な人間になり得ます。

PDCAサイクルを回すのが面倒でDしか実行出来ないような環境なんて続けるだけ無駄ですし、自分がどうしても出来ないような苦手意識のある仕事を避けられないような環境の場合はPDCAサイクルなんて並の人間では回せる訳がないので、有能になれる可能性というのが大幅に減少してしまいます。

結果がすべての世の中では、こういった事情があった場合はさっさと見切りをつけることは、前にも言ったように何も間違ったことではありません。

なのに、さっさと見切りをつけて短期間で会社を辞めようとする人を

 

「そんな甘えた思考だと社会ではやっていけない」

「嫌な環境からすぐ逃げるようなヤツは次に行っても同じだ」

 

なんて批判するような人は一部ですが存在しています。

正直こんなヤツの言葉を真に受けて根性で乗り越えようとしたとしても、PDCAサイクルを回せるわけがありませんし、今の会社で更に頑張り続けたとしても「仕事ができないヤツ」と罵られるだけ逆効果で何も意味がありませんよ。

所詮自分の気持ちなんて自分にしか理解できないので

 

「うるせえ!やりたい仕事が見つかって何が悪い?今の会社の仕事なんて正直つまらなくてやる気なんて全く出ねぇんだよ!むしろ辞めて正解だろ!」

「今のつまらねー仕事なんて続けたとしても仕事が出来ないと罵られ続けることが目に見えてるんだよ!」

「新たな環境で頑張ろうとする人を批判する権利なんて全くねぇよ!!」

 

と心の中で思いつつも、真に受けずに自分の意思を貫くことをお勧めします。

私自身は不向きな環境にさっさと見切りをつけて、自分がやりたいと思う仕事を新たに挑戦する人を応援していますので、同じような価値観のある人の話だけ耳を傾けるようにしてください。

他人にやりたいことを潰されるというのは本当にバカらしいことです。

こういったヤツの意見に耳を傾けてしまえば、将来こういったヤツと同じように

 

「大人になったらやりたいことが無くなってつまらない」

 

なんてことが起こり得る上に今度は自分も他人のやりたいことを批判するような人間と化してしまうので、やりたいことを否定するようなヤツの意見なんて聞く価値は一切ありません。

やりたいことが見つかった場合は、次の環境では有能になれる可能性がかなり高くなるので、何も悪いことでは無いですよ!

 

「今の仕事が好きか?」と聞かれて「好き」と即答出来なければ退職した方がいい

「今の仕事が好きか?」

 

この質問を上司や同僚から聞かれたことがありませんでしたか?

もしも、この時に「好き」と即答出来ないような環境であったら、PDCAサイクルを回すことが困難な環境であると暗示されている為、将来に渡って無能な人材となってしまう可能性が高いです。

恐らく今の会社から「無能」だと罵られている、周囲からの目からして「自分は無能だ」と自覚するような人は、今の仕事が自分には向いていないと確信している上にモチベーションというものが無くなっていると思いますので「今の仕事が好き」だととても言えるような状態では無いでしょう。

このような状態に陥っていた場合は、今の会社を近い内に辞めたいと思っても何もおかしくはありません。

好きでもない仕事を続けたとしてもPDCAサイクルを回す気力が無ければ無能のまま終わることがありますし、逆に仕事が好きであれば意識しなくともPDCAサイクルというものを回すことができるので、仕事の好き嫌いは仕事が出来る出来ないに大きく影響を与えるかと思います。

たとえば、あなたがオンラインゲームや家庭用ゲームが上位1%に入るほどの素晴らしいプレイヤースキルを持っているとしたら、間違いなく無意識下でPDCAサイクルを回していると言っても良いです。

「周りよりも優れたプレイヤーになりたい」という意識から、自分のプレイを毎回チェックして改善している習慣が身についているからこそ、上位1%に入っているのかもしれません。

ただ・・・不思議なことにこれだけ成果を残しているのにも関わらず

 

「努力をしたという実感が全く湧かない」

 

と自然と思ってしまうのですよね。

恐らく自分の好きなことや得意分野に関しては誰にも負けたくないという自尊心により、誰にも負けたくないという思いから無意識にPDCAサイクルを高速回転させているようなプレイスタイルになっているからでしょう。

スマブラで例えるのなら、徹底的に身体で覚えるまでコンボの練習をして次戦った時にコンボミスが全く無くなったなどという小さな成長が積み重なった結果、気づいたら戦闘力が大幅に上がって指で数えられるような順位になったということはPDCAサイクルを無意識に高速回転していたら良くあるような事例です。

仕事でも同じことが言えます。

仕事のミスや改善点などを毎日無意識に分析できるようになれば、気づいたら仕事が出来ると周囲から褒められる上に大きな仕事を任せてもらえるようになったなんてことは十分にあり得ますね。

無意識にPDCAサイクルを回すということは、今自分がやっていることが「好き」と即答出来る上にやっていることに対して誇りを持てるような感情がなければ、とてもやっていけるようなものではありません。

努力したとは思えないような感情の中で圧倒的な成果を残せるというのは、まさに理想の状態と言っても良いでしょう!

圧倒的な成果を残したのにも関わらず、努力した実感が湧かないような状態に持っていくためにも、好きな仕事を行うというのは重要な点であり、今の仕事に対して「好き」と即答出来ない場合はすぐに辞めたとしても否定できません。

嫌いな仕事なんか続けたとしてもPDCAサイクルを無意識に回すことなんて出来ず、もしも回せたとしても辛い努力と感じる上にあまり成果を残すことが出来ないのが目に見ていますから、嫌いな仕事を無理して続ける必要なんか無いのです。

 

まとめ:今の会社で無能扱いされたら迷わず転職するべき!

今の会社で無能扱いされた場合は、間違いなく仕事のモチベーションというものが失っており、自分の将来やりたいことのビジョンが思いつかないことが多いので、近い内に転職するべきです。

よく無能だから仕事を辞めたいという人に対して

 

「今の仕事を死ぬ気で頑張ったらそのうち認められる」

 

と退職を思いとどまるように言う人がいますが、コレは今の仕事が無意識にPDCAサイクルを回せるほど好きで目標意識を持っている人や嫌いな仕事であってもPDCAサイクルを回せる人のみにしか効果が発揮されません。

好きでもない仕事を生活の為に行っているというのであれば、将来を見ても仕事が出来なくて無能だと扱われるか、特に有能だと褒められることもないことが殆どだと思います。

こんな仕事生活を続けていたとしても、仕事が楽しくなるわけがありません。

人生の半分以上は仕事と言っても過言では無く、この時間を有意義に使わなければ人生が楽しくなくなることが目に見えているので、早い内に自分のやりたいことがやれるような楽しい環境に移るように意識したほうが良いですね!

今の会社では無能であっても、次の環境で有能になれる可能性は誰にだってありますから、転職出来るチャンスを逃してはいけません。

特に20代であれば、未経験での転職が行いやすい時期なので、今の仕事がつまらない・自分にはあっていないと思ったら無理に3年も定着する必要なんて無く、やりたいことが見つかったら即座に転職することを惜しんではなりません。

なので、「仕事が出来ないヤツ」と周囲から思われないためにも、周囲から既に無能だと扱われている・自分には向いていないと思う環境で無理に頑張ろうとせず、自分には向いていそう・興味ある仕事で無意識にPDCAサイクルを回せるようになるような人間になれる環境で頑張るようにしましょう!

  • この記事を書いた人

Hiroki

「クソ上司やブラック企業に立ち向かう全ての方を応援する」というコンセプトの下、社畜には見るにたえない汚らわしい記事を量産しています。

暴言ジイサン入りの介護施設(4か月)▶ゲーセンバイト(半年)▶ブラック転職事業(4か月)▶パワハラ有で年間休日77日年収200万円の中小企業(2年)と「ド」がつくほどの底辺環境を味わう。

【退職後】アウトドア・転職関連のメディア執筆3年▶雑記・転職サイト2件運営▶「シゴトイキタクナイ」運営【1年2か月目】最高月3万PV

>>底辺社畜時代の話

>>お問い合わせ

ハローワークを利用するだと?ちょっと待ってくれ!

「一度レールから外れた人間はブラック企業しか就職できない・・・」

「ハローワークの求人がブラック企業ばかりで就職する気力がなくなった・・・」

クッソ理不尽な社会の中でイヤでも生きていると身をもって体感できるよね。

「早期離職したら次の就職先が見つからない」という風潮は未だに根付いているほどですし

「3年以内に辞めようとする自分は欠陥人間なんだ・・・」

「どうせ自分は次にいってもやっていけない・・・」

と自分は価値のない存在だと思い込むあまり、ブラック企業から逃れたくても逃れられなかったり、逃れたとしても再び詐欺求人しか目に入らなくなるのはマジで辛いもんです。

でも・・・そんな化石みたいな風潮に捉われすぎる必要はないッ!

リーマンショックの時代とは異なり、現在はブラック企業を排除した未経験向けの転職エージェントが充実しています。

20代であれば誰でも参加することができますし、正社員経験のないニートやフリーターであっても歓迎要件です!

もちろん無料であり、ブラック企業を排除しているだけではなく、転職活動時のサポートや内定後のアフターサービスも充実し過ぎているほどのテンコ盛りです。

同じ無料サービスであるのにも関わらず、ブラック求人を平気で放置しているのに加え、非正規でやる気のない職員で溢れているハローワークと比較したら雲泥の差と言っても過言ではありません。

20代の既卒未経験であれば、迷わず以下の転職エージェントを利用することを強くオススメしますよ!

ブラック企業を徹底的に排除!入社後定着率業界NO1の「ウズキャリ」

独自の審査基準や利用者からのフィードバックでブラック企業を完全に排除!

平均20時間程度のサポートに加え、Google評価が平均して★4以上と高評価なのが「ウズキャリ」の強みだ!

首都圏のIT業界や営業の就職に強く、大阪・名古屋・福岡の求人も取り扱っているぞ!

「ウズキャリ」の詳細記事はコチラ

ブラック企業徹底排除のIT就職に特化した「ウズキャリIT」

ウズキャリのIT就職に特化したサービス。

ブラック企業を完全に排除しつつ、IT特化型の転職支援を受けられるのはココだけしかない。

27歳就業経験なしのひきこもりニートから年収350万円のベンチャー企業に就職した実績があり、定着率や内定率も業界でナンバーワンだ!

「コロナ禍を経て在宅勤務可能な業界に就職したいけど、資格や経験がないから応募しにくい・・・」

と悩む方に一番オススメだぞ!

労基法を守ったら潰れるような会社を排除!「第二新卒エージェントneo」

会社の財源情報をチェックすることで、労基法を守ったら潰れるような会社を排除!

求人数は12000以上とブラック企業の排除を公言している中では最多!

平均10時間程度のマンツーマンサポートも整えられているぞ!

「第二新卒エージェントneo」の詳細記事はコチラ

月収20万・年間休日120日以上の求人多数の「キャリアスタート」

月給25万円以下の20代の既卒・第二新卒・フリーター・ニートに特化している転職エージェント。

内定率86%・定着率92%と驚異的な実績を持っており、ブラック企業を排除した良質な求人を取り揃えている。

北海道から熊本県と北から南まで幅広く対応しているぞ!

「キャリアスタート」の詳細記事はコチラ

-人間関係の悩み
-