社畜批判 クソ上司

【うざい】なぜなぜ分析を行うパワハラ上司は関わるべきではないクソ野郎だ!

なぜなぜ分析を行うパワハラ上司

 

仕事で失敗やミスが起きてしまったときに

 

「なぜ失敗した?」

「なぜこうなったと思う?」

 

と問い詰め、理由を答えたら答えたで再び質問責めされるのってマジでイヤですよね。

合コンの場でアピールを行う為に仕事をしている訳ではないですし、執拗に問い詰められたら誰だってイライラするもんです。

掘り下げられるのが2回までならまだしも、4~5回以上掘り下げられるとなれば流石に答えることができず、曖昧な結論が出てしまいがちです。

 

んで・・・クソ上司というのは相手にボロが出たら出たらで

 

「ほら!そういった甘い思考をしているから失敗を起こしたんだ!」

「給料を貰っている以上は真剣にやってくれないと困るんだよねえ?」

 

という感じに説教し出してくるので、クッソうぜぇと思ったとしても無理もないお話です。

 

結論を言うと、「なぜなぜ分析」を行うパワハラ上司はあなたの成長を思うことなく、完全に自分が優越感で気持ちよくなりたいのが目的なので、関わるべきではないクズだと判断するべきです。

 

今回は執拗に問い詰めてくるようなクソ上司に悩まされている方の鬱憤をスッキリさせる記事を書いていきます。

 

こんな方におすすめ

  • 失敗やミスを起こす度に質問責めしてくる上司に嫌気を指している
  • 過去に質問責めされた挙句に怒られた経験があり、鬱憤をスッキリしたい
 

当記事のボリューム

この記事は3500文字程度です。

 

▼ブラック企業を徹底排除した転職エージェント▼

ブラック企業を徹底的に排除!入社後定着率業界NO1の「ウズキャリ」

独自の審査基準や利用者からのフィードバックでブラック企業を完全に排除!

平均20時間程度のサポートに加え、Google評価が平均して★4以上と高評価なのが「ウズキャリ」の強みだ!

首都圏のIT業界や営業の就職に強く、大阪・名古屋・福岡の求人も取り扱っているぞ!

「ウズキャリ」の詳細記事はコチラ

労基法を守ったら潰れるような会社を排除!「第二新卒エージェントneo」

会社の財源情報をチェックすることで、労基法を守ったら潰れるような会社を排除!

求人数は12000以上とブラック企業の排除を公言している中では最多!

平均10時間程度のマンツーマンサポートも整えられているぞ!

「第二新卒エージェントneo」の詳細記事はコチラ

月収20万・年間休日120日以上の求人多数の「キャリアスタート」

月給25万円以下の20代の既卒・第二新卒・フリーター・ニートに特化している転職エージェント。

内定率86%・定着率92%と驚異的な実績を持っており、ブラック企業を排除した良質な求人を取り揃えている。

北海道から熊本県と北から南まで幅広く対応しているぞ!

「キャリアスタート」の詳細記事はコチラ

 

なぜなぜ分析が意味ない理由を挙げてみる

なぜなぜ分析が意味ない理由

 

①頭脳明晰アピールを行いたいだけの痛いヤツ

後輩の質問に突っ込みを入れてくる上司

 

賢い人間はその場で相手の言葉を真に受けて理解しようとせず、必ず理由や根拠を聞き、自身が納得するような答えが出たら理解するというプロセスを経ている傾向はあるかと思います。

ホリエモンがまさにそうですし、実際にホリエモンについて調べてみると、上記の画像のような言葉を多用しているのは良く見かけるものです。

 

こういった有名な著名人に影響され、相手に質問攻めを行うことで自分は頭脳明晰であるとくだらん妄想に浸っているのが、なぜなぜハラスメントを行うようなクソ上司なのです。

 

私はこういった人物を「ホリエモン気取りマン」と心の中で呼んでいるのですが、討論の場でやるのならまだしも、会社の教育の場でやるのは完全に場違いとしか言いようが無いのですよね。

部下の性格や得意不得意を理解しつつ、それを考慮した指導を送るというのが効率的な成長に繋がるのに、揚げ足取って論破して優越感に浸るっていうのは完全に教育を放棄しているようにしか見えんのですよ。

 

「いや・・・ミスや失敗を深く掘り下げさせることで理解させないとダメだ!」

「なぜなぜ分析は部下の成長に繋がりやすい!」

 

なーんて理由を挙げていたとしても、部下自身がこういった指導方法に納得がいかなければ全くもって意味のない指導です。

現にこの記事を見ている多くの読者様は、なぜなぜ分析を行うような上司はうざいと思っているはず。

こんなの指導方法の一環というか、ただ単に揚げ足を取って優越感に浸りたいだけだとしか思えないものですよね。

意味が無いどころか、目先の仕事に集中できずに「コイツと関わりたくない」という負の感情に支配されて日常的に悩まされるレベルです。

 

ホリエモン気取りマンの指導に本気で嫌気を指しているのなら、一度「なぜなぜ分析」を行う指導がストレスでイライラしか蓄積されないとハッキリと告げることをオススメします。

 
Hiroki
仮に「部下の為を思っている」なんて理由を返されたら、完全に自分本意の指導方法を行っているような証拠なので、こんなヤツなんか見限って他の上司を頼りましょう。
 

②怒られる口実を増やしてストレスを発散したいだけのクズ

執拗に理由を問い詰められたり深く掘り下げられてしまうと、必ずどこかで言葉が詰まってしまいます。

それが原因で言い訳に近い理由を思わず発したり、パニックになって小並感と言われるレベルの語彙力のなさが露呈することは良くある話です。

 

クソ上司というのは上記の口実をいいことに、怒る材料を形成してストレスを発散しようとしてきます。

 

大体クソ上司というのは相手に怒る立場だと自分が偉くなったような気分に陥る傾向があるので、一度「なぜなぜ分析」で怒る口実が増やすことができると判断したら、麻薬常習者みたいに「なぜなぜ分析」をやめられなくなります。

こんなクソ上司のラリった行動に黙って耐え続けるだけますますエスカレートしていくもんです。

下手したら怒られることがトラウマになって二度と働けなくなったり、相手の思い通りに行動してしまう状況に陥ることになります。

 
Hiroki
間違っても理由を答えられなかった自分は無能だと思い、何も反撃せずに上司から罵倒され続けるといった行動に移さないようにしたいところです。
 

③話を割り振らせることで有利な立場に立とうとしている

討論の場においては、自分が分かっている物事であってもわざと質問することで簡単に有利な立場に立つことができます。

沢山話すとなればそれだけ矛盾点を出してしまうリスクが高まるものなので、徹底的に相手に質問を投げかけることで聞く態勢を貫いた方が有利なのは明らかでしょう。

 

実際にひろゆき氏の「論破力」という著書を少し前に閲読したことがあったのですが

 

ただ、揚げ足取りに対してちゃんと答えられないのであれば、その人の主張じたいがそこまで堅固なものではないということだと思うのですよ。

議論の前提になる知識のない人に対して、きちんと説明できない人というのがたまにいて、それはじつは、その人自身が物事をちゃんと理解していないのではないかという気がするのですね。

なので、おいらは自分がわかっている用語でも、たまに「そもそもそれって何ですか?」と、わざと質問したりします。

引用:ひろゆき「論破力」

 

相手の知識のなさを露呈させる為にわざと質問を投げかけることにより、スキを突いて揚げ足を取って叩くというのが論破のコツだと書かれていたのが印象に残っているほどです。

質問責めを行うことで相手の知識のなさを露呈させることさえできれば、自分を相対的に賢い存在にさせるということができるという訳です。

 

上記の理由から「なぜなぜ分析」を行うクソ上司というのは、部下に話を割り振らせることで有利な立場に立とうと図っていることは十分に考えられます。

 

こういうヤツの質問は真面目に答えるだけでも相手の思う壺なので・・・

 

「あーすいません!これ以上は分からないので話せません」

「まだまだ未熟ですよね。次からは気をつけまーす!」

 

という感じに適当に流しつつ、再び同じように質問攻めされたら同じやり取りを意地でも繰り返すことをオススメします。

 

④くだらん個人攻撃で失敗を誘発するばかりで逆効果

執拗に理由を問い詰めるようなクソ上司の下で指導を受けるとなれば、かなりのプレッシャーになるのは言うまでもありません。

「なぜなぜ分析」を行うようなクソ上司に限って説教の時間がメチャクチャ長いことがありますからね・・・

こんな状況だと「怒られたくない・・・」という感情に支配されるあまり、仕事どころではなくなります。

 

その結果、重度なプレッシャーによってミスや失敗を誘発することになり、再びクエスチョンマークばかりのクソ上司の餌食になるのです。

 

失敗やミスを起こす度に理由を考えなきゃいけないというのはマジで辛いものです。

 

「本当の理由を話すと怒鳴られるのではないのか・・・?」

 

といった心配が重なり、時にはウソの理由まで考えなきゃいけない場面に遭遇した状況に陥ったら、今すぐ会社の窓から飛び降りて逃げたくなるレベルですからね。

想像するだけでも死にたくなる状況であることは確かです。

 
仕事で明日が来るのが怖いと思っている人
仕事で明日が来るのが怖い状況を打破する4つの対処法を紹介する!

続きを見る

 

なぜなぜ分析を行うパワハラ上司への対処法

 
Hiroki
結論を言うと、以下の記事で紹介しているメンヘラになり切る方法が一番効果的であり、気持ちに余裕があれば嫌いな上司を消す方法を試すことをオススメします。
 
パワハラ上司を追い込む方法
パワハラ上司を追い込む効果的な4つの方法【メンヘラになれば無敵だ!】

続きを見る

 

嫌いな上司を消す方法まとめ

  • 「あなたの対応は不快です」とハッキリと伝える
  • 嫌いな上司に話しかけられた瞬間にその場を去る日常を送る
  • わざと怒らせるように仕向け、自分の首をしめさせる
  • 「てめぇいい加減にしろよ!」と大声で怒鳴ってみる
  • 職場で大暴れしてヤバイヤツだと思わせる
  • 「クソ上司が嫌い!いじめている!」と何度も拒絶反応を示す
  • 嫌いな上司を一発タイキックしてみる
 

もっと詳しく

 

まとめ:クエスチョンマークばかりのクソ上司とは距離を置け!

 

失敗やミスを起こす度に執拗に問い詰めてくるようなクソ上司がいるのなら、迷わず距離を置いて他の上司を頼るか、当記事の対処法を実行するのがベストです。

 

仮に上記の対処法を実行できなかったり、実行しても無駄だったのなら、決して黙って聞き流すという姿勢を貫くような真似をせず、転職や異動を駆使して逃げることをオススメします。

 

こんなの取調室で尋問を受けているような状況と変わりませんし、揚げ足を取るクズのせいで精神的に限界を迎えたらたまったもんではないです。

 

中には部下の成長の為を思って質問攻めしていることも考えられますが、現にあなたが「なぜなぜ分析」がウザイと感じるようであれば、それはクソ上司本意の指導方法だと判断するべきです。

 

あなたに合わないような指導を送っている上司の下だとまともに成長出来ずに潰されるのがオチですから、間違っても信頼してはいけない存在であることを判断するべきです。

  • この記事を書いた人

Hiroki

「クソ上司やブラック企業に立ち向かう全ての方を応援する」というコンセプトの下、社畜には見るにたえない汚らわしい記事を量産しています。

暴言ジイサン入りの介護施設(4か月)▶ゲーセンバイト(半年)▶ブラック転職事業(4か月)▶パワハラ有で年間休日77日年収200万円の中小企業(2年)と「ド」がつくほどの底辺環境を味わう。

【退職後】アウトドア・転職関連のメディア執筆3年▶雑記・転職サイト2件運営▶「シゴトイキタクナイ」運営【1年2か月目】最高月3万PV

>>底辺社畜時代の話

>>お問い合わせ

ハローワークを利用するだと?ちょっと待ってくれ!

「一度レールから外れた人間はブラック企業しか就職できない・・・」

「ハローワークの求人がブラック企業ばかりで就職する気力がなくなった・・・」

クッソ理不尽な社会の中でイヤでも生きていると身をもって体感できるよね。

「早期離職したら次の就職先が見つからない」という風潮は未だに根付いているほどですし

「3年以内に辞めようとする自分は欠陥人間なんだ・・・」

「どうせ自分は次にいってもやっていけない・・・」

と自分は価値のない存在だと思い込むあまり、ブラック企業から逃れたくても逃れられなかったり、逃れたとしても再び詐欺求人しか目に入らなくなるのはマジで辛いもんです。

でも・・・そんな化石みたいな風潮に捉われすぎる必要はないッ!

リーマンショックの時代とは異なり、現在はブラック企業を排除した未経験向けの転職エージェントが充実しています。

20代であれば誰でも参加することができますし、正社員経験のないニートやフリーターであっても歓迎要件です!

もちろん無料であり、ブラック企業を排除しているだけではなく、転職活動時のサポートや内定後のアフターサービスも充実し過ぎているほどのテンコ盛りです。

同じ無料サービスであるのにも関わらず、ブラック求人を平気で放置しているのに加え、非正規でやる気のない職員で溢れているハローワークと比較したら雲泥の差と言っても過言ではありません。

20代の既卒未経験であれば、迷わず以下の転職エージェントを利用することを強くオススメしますよ!

ブラック企業を徹底的に排除!入社後定着率業界NO1の「ウズキャリ」

独自の審査基準や利用者からのフィードバックでブラック企業を完全に排除!

平均20時間程度のサポートに加え、Google評価が平均して★4以上と高評価なのが「ウズキャリ」の強みだ!

首都圏のIT業界や営業の就職に強く、大阪・名古屋・福岡の求人も取り扱っているぞ!

「ウズキャリ」の詳細記事はコチラ

ブラック企業徹底排除のIT就職に特化した「ウズキャリIT」

ウズキャリのIT就職に特化したサービス。

ブラック企業を完全に排除しつつ、IT特化型の転職支援を受けられるのはココだけしかない。

27歳就業経験なしのひきこもりニートから年収350万円のベンチャー企業に就職した実績があり、定着率や内定率も業界でナンバーワンだ!

「コロナ禍を経て在宅勤務可能な業界に就職したいけど、資格や経験がないから応募しにくい・・・」

と悩む方に一番オススメだぞ!

労基法を守ったら潰れるような会社を排除!「第二新卒エージェントneo」

会社の財源情報をチェックすることで、労基法を守ったら潰れるような会社を排除!

求人数は12000以上とブラック企業の排除を公言している中では最多!

平均10時間程度のマンツーマンサポートも整えられているぞ!

「第二新卒エージェントneo」の詳細記事はコチラ

月収20万・年間休日120日以上の求人多数の「キャリアスタート」

月給25万円以下の20代の既卒・第二新卒・フリーター・ニートに特化している転職エージェント。

内定率86%・定着率92%と驚異的な実績を持っており、ブラック企業を排除した良質な求人を取り揃えている。

北海道から熊本県と北から南まで幅広く対応しているぞ!

「キャリアスタート」の詳細記事はコチラ

-社畜批判, クソ上司
-,