プライベート

【解決策有】インターネットによる7つの不幸あるあるを挙げていく!

【解決策有】インターネットによる7つの不幸あるあるを挙げていく

10分利用するつもりでインターネット検索欄に足を踏み入れたら、思わず数時間利用してしまった経験はありませんか?

途中で閲覧するのを辞めたいと思って右上の「×」ボタンをクリックしたいと思っても、マウスを握っている手が右上方向に進まない。

こんな経験はネット依存あるあるですよね。

インターネットを閲覧して何か得られるものがあればいいのですが・・・

 

「得られるものが何もない上に負の情報だけ頭に残る」

 

という現象に遭遇することがほとんどかと思います。

今回はインターネットによる不幸あるあるについてまとめていこうかなと!

 

こんな方におすすめ

  • インターネットで不幸になって悩んでいる方
  • あるあるネタで共感したい方
 

▼ブラック企業を徹底排除した転職エージェント▼

ブラック企業を徹底的に排除!入社後定着率業界NO1の「ウズキャリ」

独自の審査基準や利用者からのフィードバックでブラック企業を完全に排除!

平均20時間程度のサポートに加え、Google評価が平均して★4以上と高評価なのが「ウズキャリ」の強みだ!

首都圏のIT業界や営業の就職に強く、大阪・名古屋・福岡の求人も取り扱っているぞ!

「ウズキャリ」の詳細記事はコチラ

労基法を守ったら潰れるような会社を排除!「第二新卒エージェントneo」

会社の財源情報をチェックすることで、労基法を守ったら潰れるような会社を排除!

求人数は12000以上とブラック企業の排除を公言している中では最多!

平均10時間程度のマンツーマンサポートも整えられているぞ!

「第二新卒エージェントneo」の詳細記事はコチラ

月収20万・年間休日120日以上の求人多数の「キャリアスタート」

月給25万円以下の20代の既卒・第二新卒・フリーター・ニートに特化している転職エージェント。

内定率86%・定着率92%と驚異的な実績を持っており、ブラック企業を排除した良質な求人を取り揃えている。

北海道から熊本県と北から南まで幅広く対応しているぞ!

「キャリアスタート」の詳細記事はコチラ

インターネットの7つの不幸あるあると解決策

インターネットの沼にハマってしまえば、下記のような感情に襲われることが良くありますよね・・・

 

インターネットの不幸あるある

暗いニュースやネガティブなコメントで不安だらけになる
SNSによる他者との比較で虚しくなる
胸糞悪い事件をSNSで目の当たりにする
自分にとって嫌なヤツを偶然発見し、監視するようになる
自分のコンプレックスを検索し、更に病んでしまう
好奇心によるサイトの閲覧から不幸を生み出す
自分に対する批判でもないのに、自分のように落ち込んでしまう

 

必要な情報を簡単に見つけられる反面、関連情報や自分の閲覧している動画や記事、SNSのコメントから余計な情報を拾ってしまい、結果的に上記のような現象に襲われて不幸になることが多いかと思います。

それぞれの項目について私の実体験を踏まえ、解決策を踏まえて解説していきます!

暗いニュースやネガティブなコメントで不安だらけになる

ヤフーを見ていると、トップニュースのほとんどが暗いニュースだらけですよね。

私は最近ヤフーニュースを閲覧していないので良く分からないのですが、2020年時点では新型コロナウィルスが絶えず話題となっているのは、テレビをチラ見するだけでも分かります。

コロナの他にも「年収」や「税金」などのお金にまつわる記事や、批判されやすいような政策に関する記事、近隣国の批判記事、芸能人のスキャンダルなども目立っているはず。

こういった系のニュースのコメントを見てみると、凄い勢いで批判されていますよね・・・

特に総理大臣は国民の不満の矛先となっていますし、ネットニュースの偏ったコメントに毒されていたら

 

「自分がいま不幸な原因は菅(安倍)総理のせいだ!」

 

とか本気で洗脳されそうになるので恐ろしいです。

マスコミは視聴率や閲覧数を上げる為に不安をあおるのが大好きなので、世間が影響された結果、不安に満ち溢れたコメントが目立つのでしょう。

こんなニュース媒体やコメントを毎日閲覧しているようだと、常に不満にまみれた性格となってしまいます。

そういう不満を紛らわすために、Twitterやヤフーコメントを含めてネットニュースを見ると、総理大臣や国会議員、芸能人に対して憤怒を覚えるようになるのです。

 

実際に私のサラリーマン時代は毎朝のようにSNSやネットニュースを閲覧し、ニュース記事のタイトルを見るだけで、以降はSNSやニュースのコメントを見るという生活を送っていました。

コメントは現政権を批判するものばかりで、自分もコメントに流され、総理大臣や国会議員に対して親の敵かの如く怒りを覚えていた時期がありました・・・

今思えば年収が低いのは自分の責任としか思えないのに、当時はガチで

 
Hiroki
景気を回復させない日本が悪い!今のブラック労働に苦しんでいるのは安倍のせいだ!
 

と・・・総理大臣に対して責任を押し付けていましたよ・・・

こんな生活を送っていたら、行動出来ずに言い訳ばかりを考える人間となってしまい、不幸になってしまうことは間違いありません。

 

流石にこのままでは偏った思想に洗脳されてマズイと思ったので、以来はネットニュースをuBlackListで問答無用に非表示しています。

更に今までヤフーを利用していましたが、Googleをメインに利用するようになりました。

検索欄以外の余計な情報が一切無い上に、chromeだと拡張機能が豊富ですから、まさに私のニーズに適合している理想のサイトです。

一生会わないような人に対して本気で怒りを覚えるのは、時間とエネルギーの無駄ですからね。

まさにマスコミの養分と言っても過言ではありません。

胸糞悪い事件や炎上ネタをSNSで目の当たりにする

SNSでは絶えずに胸糞悪い事件や炎上ネタが拡散されていることがあります。

良く拡散されているものは、高額品の窃盗や理不尽な事故、傷害事件、いじめに関する問題、バカッターや著名人の不適切な発言や行動などです。

 

特にいじめや傷害事件、炎上ネタは偶然発見する度に・・・

 
Hiroki
こんなの知らなきゃよかった・・・
 

と私と同じように思うことがあるはずです。

コレもネットニュースと同じく、自分と全く関係のない人間に対して本気で怒りを覚えることがあるので、エネルギーを無駄に消耗する上に不幸になってしまいますよね。

 

特に上級国民が2人轢き殺した上に逮捕されないという事件に関しては、完全に知らなきゃ良かったと思うレベルでした。

いくらSNSをやらないようにしたとしても、私が参考にしているブロガーやトレーダーのSNSを見ると、事件に関してツイートをしていることがあるので、嫌でも知ってしまうのが辛い。

被害者には申し訳ない気持ちなのですが、自分とは関係のない事件で自分のエネルギーを無駄に消費して不幸になることは、出来るだけ避けたいと思うのが本音です・・・

SNSによる他者との比較で虚しくなる

SNSは成功者がビジネスで良く利用しているツールなので、若手実業家や俳優、モデル、YouTuberのアカウントを閲覧したら、人によっては病み過ぎて死にたくなることは意外とあるあるだと思います。

基本的にこういった系統の人のツイッターは見ないように心がけていたとしても、友人のリツイートやYouTubeやブログの関連やオススメから嫌でも知ってしまうのが辛い所です。

 

特に若手で成功している人のSNSを見てみると、金持ちアピールや、何かと行動出来ない人をバカにする、自分の成功体験をドヤ顔で押し付けることが大好きなので

 
Hiroki
あぁ・・・コイツムカつくわ!20代で成功したからって自分が何か特別かと勘違いしてねぇか?
 

と・・・心の中で批判してモヤモヤを抱えるばかりのような生活を一時期送っていたことがありました。

 

モヤモヤをスッキリしようとコメント欄を見ても・・・

 

「その通りですね!大学生の私でも努力したらブログ50万稼げたのに、サラリーマンの年収は低すぎますよね(笑)」

「○○氏の言う通りです!成功している人は説得力が違いますなぁ~」

 

と・・・上記のようなファンのコメントばかりで、特に目立った批判が見当たらない上に、ツイート主以外にも稼いでいる人を見つけては嫉妬にまみれるだけでむしろ逆効果でしたね。

上記の背景から、若手成功者と比較して不幸になるどころか、何も反論出来ずに本気で悔しさを覚えてしまって泣きそうになってしまった経験があったことは私以外にも絶対にいるはず。

 

冷静に考えれば、ビジネスで注目を浴びる、自分の権威性を示す為に敢えて読者やリスナーを挑発していると理解出来るのですが、理解していたとしてもモヤモヤを抱えてしまいますよね・・・

インターネットビジネスの参入者は年々増加しており、ライバルよりも注目を浴びる為に過激な手段を取ったとしても無理はありません。

一定数アンチが沸くよりも、読まれないほうが辛いですから。

実際に当サイトもブラック企業や上司に対して過激な発言しまくったり、解決策を押し付けたりしていますし!(おい)

 

他者との比較に関しては、他者のSNSを極力見ず(リツイートも一切非表示)、著名人を参考にしたいなどでSNSを閲覧する必要性があれば、関連アカウントやトレンドを一切非表示にするようにしてください。

 
Twitterのおすすめユーザーやいまどうしてる?を消したい!「Stylus」を使おう!
見たくないサイトやSNSの情報をブロックしたい!Stylusを始め、オススメ機能を色々紹介する!

▼ブラック企業を徹底排除した転職エージェント▼ ブラック企業を徹底的に排除!入社後定着率業界NO1の「ウズキャリ」 独自の審査基準や利用者からのフィードバックでブラック企業を完全に排除! 平均20時間 ...

続きを見る

 

可能であれば書籍をメインに利用するようにし、分からない用語があればインターネットで調べることが望ましいです。

更にuBlackListでツイッターやインスタグラム、noteといった成功者ホイホイサイトを非表示にして検索結果から消すことが出来れば、煩わしい若手成功者と会うことはありません。

ネットニュースと同じように面識のない人に対して腹立たしさを感じる生活とはもうおさらばです!

自分にとって嫌なヤツを偶然発見し、監視するようになる

自分にとって嫌なヤツをSNSやYouTubeで見つけてしまった場合は最悪です!

たとえば・・・

 

嫌なヤツを偶然発見してしまった場合の不幸例

自分の求めている情報を見つけようと検索したら、自分の価値感を否定するような記事を見つけてしまった
明らかに炎上狙いで拡散しているようなヤツのツイートを偶然見てしまった
金持ち自慢・モテ自慢系のYouTuberやSNSを見つけてしまった
自分にとって不快な発言をしている人のSNSや動画やブログを発見した

 

ということは、誰しもが経験したことがあると思います。

インターネットは気軽に情報を発掘できる反面、こういった自分にとって害を与える系統の人間も偶然発掘することがあるので、もしも偶然発掘してしまった場合は不幸になること間違いなしでしょう。

 

相手に本気でイライラしているのにもかかわらず、どうしても相手のSNSやブログ、動画が気になってしまい、つい閲覧して時間や精神を毟り取られてしまう・・・

それで批判コメントを送らないと気が済まなくなる。

まさにアンチが生まれる瞬間です。

 

ただ、批判コメントをしたくなったとしても、コメント欄は批判コメントが見当たらず、応援コメントばかりだったら、コレも若手成功者と同じように批判することが出来ずに悔しくなってしまうことが多いかと思います。

そして相手に対して何も批判出来ない場合は

 

「何か弱みを握れる情報はないか?相手が奈落の底に突き落とされる瞬間はないのか?」

 

と・・・期待しつつも自分にとって気に入らない存在を日々監視するようになり、結局相手は幸せムードのままで何も批判できずにモヤモヤを抱えるだけ・・・

 

コレはマジで耐えられない!!

 

出来ればドラえもんの秘密道具にある「ワスレンボー」を自分の頭にブッ叩いて嫌な存在を忘れたい所なのですが

 

「そんな道具は存在しないッ!いい加減目を覚ませッ!」

 

と・・・誰かから言われそうです。

 

嫌なヤツの偶然発見に関しては、SNSや関連動画を視界に映らないようにするという予防策を練ることが大切です。

実際に私は嫌なヤツを偶然発見しない為にも、SNSは基本的に見ないことは勿論、YouTubeにおいても関連動画を非表示にしています。

 

DFTubeというchromeの拡張機能を使用し、私のYouTubeのTOP画面は以下のようになっています。

DFTube 非表示

登録チャンネル欄は伏せています。寂しい画面ですが、Googleと同じだと考えれば意外と落ちつくかも?

 

勿論、動画を閲覧したとしても横に関連動画が表示されることはありません。

更にuBlackListでYouTubeサイトを非表示にすることで、Google検索した際にYouTuberや胡散臭いビジネスマンの動画が検索結果に現れることを防ぐことも可能です。

上記のような人間はサムネ詐欺とタイトル誇張が大好物ですから、黙って閲覧しないことを貫くことは余程意思力が無い限りは困難です。

一層のこと非表示にした方が、サムネとタイトルにホイホイと釣られることが無くなるのでオススメですよ!(勿論コメントも非表示にできる優れモノ)

嫌なヤツは忘れられないものですから、早い内に予防策を取った方が最善です!

自分のコンプレックスを検索し、更に病んでしまう

人間何かしら一つは気になる弱点を持っているでしょう。

たとえば、身長や顔といった外見、交際経験、年齢、学歴、収入、経歴などコンプレックスを抱える要素は沢山あります。

こういった弱点から来る不安を紛らわすために、Google先生に対して自分の弱点を告白するといった経験は割とあるあるなのではないのかなと思います。

 

でも・・・不安を紛らわすどころか更に傷口を広げてしまうことばかりですよね。

コンプレックスを刺激するような匿名掲示板のサイトが検索結果に出てしまったり、匿名質問板で批判するような質問や回答も肯定意見が多い中にポツンとあったりすることは、思い出すだけでも病みそうになるレベルです。

嫌な所に注目がいくものですから、たとえ肯定意見が多かったとしても、一つでも批判意見があったら落ち込むでしょう。

みんな価値観が同じという訳ではありませんから、自分のコンプレックスを闇雲に検索するだけで不幸になることは間違いありません。

 

ちなみに私は過去に金が無いことをコンプレックスとしてGoogle先生に悩みを相談していたのですが

 

「稼げない、年収が低い人の特徴。貧乏人とは関わってははいけない理由!」

「あなたが稼げない理由をアフィリエイトで1年で月収200万円を達成した僕が教えます(ドヤ顔)」

「貧乏なヤツほど性格が悪い理由!」

 

なんて馬鹿にしてくるようなサイトをちらほら見かけたので、金が無い不安を紛らわすどころか、今置かれている状況が悲惨過ぎて死にたくなったことがありましたね・・・

これ以上傷口を広げない為にも、自身の弱みやコンプレックスについてGoogle先生に相談しそうになったら

 

「絶対に検索するな!絶対に検索するなァ!!」

 

と5回以上声に出して唱えるようにしています。

今置かれている不幸な状況を更に悪化させてはいけません!

好奇心によるサイトの閲覧から不幸を生み出す

好奇心は時としてネット上においても牙をむきます。

たとえば・・・

 

好奇心によって生み出される不幸例

検索してはいけない言葉を検索し、胸糞悪い事件や作り話、気味が悪い画像を閲覧してトラウマを抱える
ネットゲームの「晒しスレ」を閲覧し、自分のキャラクターの名前が晒されているのを見て酷く落ち込む
自分の価値観をあからさまに否定している記事をつい閲覧してしまう
ツイッターやはてなブックマークで自分のブログのURLをエゴサーチし、批判意見を見つけて落ち込む

 

上記のように、異常な好奇心から自身に害を与えるサイトを態々閲覧して不幸になってしまうことも良くある出来事です。

私自身、オンラインゲームにハマっていた際は晒しスレを見て落ち込んでしまった経験は幾度かありました。

自分に害を与えると分かっていても、気になって見てしまうものですから恐ろしいです。

 

コレに関してはネット回遊率が上がれば自然と好奇心を招くサイトに遭遇する確率が上がりますので、無駄な検索を避けるように注意したいところです。

好奇心を招くサイトに遭遇したくなければ、部屋の壁に

 

「必要な情報以外は一切検索しないこと!」

 

という注意書きを貼り、常に目を通すようにしなければなりません。

ネット検索は必要最小限に抑えましょう!

自分に対する批判でもないのに、自分のように落ち込んでしまう

自分が優しい性格であると自覚しているのであれば、自分とは関係のない人に矛先が向けられている批判であったとしても、まるで自分が批判されたのかのように落ち込むことがあります。

たとえば、自分が支持しているYouTuberやブロガーであったり、自分と価値観が同じような人間が批判されているのを見かけたら、何故か自分とは関係がないのに怒りが沸いてくることがありますよね。

この現象は心理学では「エンパス」と呼ばれており、共感力が高い人にありがちなものです。

 

他人の気持ちを思いやれる優しい人がインターネットを行う場合は、間違いなく心身の負担が高いでしょう。

自分の批判以外はどうでもいいと思っているのであれば得に問題無いのですが、批判が多いネット社会の中で他者の批判ですら自分のように感じてしまうのは、流石に・・・

 

 

としか言いようがありません!

 

この状態でネットを続けると間違いなく病む危険性が高くなりますので、期限付きでネット断捨離を行うことをお勧めします。

たとえば、1か月間パソコンやスマホを実家の倉庫に閉まってネットが無い生活を耐えてみる、有給を取って思い切って一週間スマホを持たずに旅に出るなど、少しずつネットから離れていく生活を送るようにしてください。

どうしてもビジネスを行うにあたってネットから離れられない場合は、uBlackListやDFTubeをフル活用し、他人のSNSや動画についているコメントを一切見ないように意識することが望ましいです。

関連記事で埋め尽くされているサイトも要注意なので、このようなサイトを見かけた場合は即刻ブラウザバックしてuBlackListで非表示にするようにしてください。

優しすぎる人はネットの沼にハマらないように注意したいところです!

インターネットは攻撃的な性格な人だけが得する世界

インターネットは優しい人を不幸にすることが多い反面、一定の人はインターネットが快楽になって辞められないことがあります。

それは、インターネット上で他者を攻撃して優越感を覚えるような人達のことです。

 

インターネットは自分よりも強い者を簡単に見つけられる反面、弱者も容易に発見することが出来ます。

たとえば、一昔前にニコニコ動画で警察沙汰になるほどの問題を起こしてブレイクした生主や、親の金をFXで全て溶かした生主、DQN系生主などの俗にいう「底辺配信者」は彼らの絶好の的となっています。

上記のような生主は彼らからは

 

「コイツは叩かれてもしょうがないヤツだ!」

 

とすでに認知しているので、コメント欄を見ると批判コメントで埋め尽くされています。

こういう生主を見つけては安心感を覚え、優越感を持って叩けるような人であれば、インターネットはまさに楽園です。

 

更に有名配信者がターゲットを見つけては徹底的に叩きのめすいじめに近いような動画も人気であったりします。

たとえば・・・

 

「マインクラフトの暴言キッズを徹底的に泣かしてみた」

「GTA5のボイスチャット勢を発狂させてみた」

 

という動画も、彼らの絶好の的となっています。

リアルでは中々不満を晴らせない反面、ネットで弱者を批判して優越感や快楽を覚えられるようであれば、卑屈になって病むことが無くなるので、インターネットが彼らを救っていると言っても過言ではありません。

まとめ:インターネットは不幸のゼロサムゲームだ!

他人の辛い状況でも自分のように感じられる、嫌なことがあっても批判できずに抱え込んでしまうような人はインターネットにハマるだけでも不幸になってしまいます。

自分が特に他者を批判できない、他人の言動や行動を気にする傾向があると確信しているのであれば、ネット依存にならないように警戒するべきです!

 

実際に過去にネット依存になって分かったことなのですが、ネットは優しい性格の人だけが損をしてしまうような世界です。

ネットの世界では常に言いたい放題ですし、自分の正義感から他人の言動や行動を過度に気にする傾向があるような状態でインターネットに踏み入れることは、もはや地雷原に足を踏み入れるようなものです。

逆に躊躇なく他人を批判出来る人であれば、それだけで優越感や快楽を覚えられるので、ネットでストレスを発散できる分、リアルを充実することが出来ているのかもしれません。

SNSで良くいる若手成功者も、ビジネスで注目を浴びる度に読者に対して挑発気味の文章を送り続けているのと同時に、偉くなった気分になって承認欲求や自己肯定感を満たしていることがあります。

 

上記の背景から、優しい性格の人は彼らのエサ同然の存在なのです。

まるで不幸のゼロサムゲームですね・・・

FXと同じように1割の人間が幸福を掴み、9割の人間が不幸になっているのでしょう。

なので、彼らの食い物にされると判断したら、ネット依存にならないように警戒してください!

  • この記事を書いた人

Hiroki

「クソ上司やブラック企業に立ち向かう全ての方を応援する」というコンセプトの下、社畜には見るにたえない汚らわしい記事を量産しています。

暴言ジイサン入りの介護施設(4か月)▶ゲーセンバイト(半年)▶ブラック転職事業(4か月)▶パワハラ有で年間休日77日年収200万円の中小企業(2年)と「ド」がつくほどの底辺環境を味わう。

【退職後】アウトドア・転職関連のメディア執筆3年▶雑記・転職サイト2件運営▶「シゴトイキタクナイ」運営【1年2か月目】最高月3万PV

>>底辺社畜時代の話

>>お問い合わせ

ハローワークを利用するだと?ちょっと待ってくれ!

「一度レールから外れた人間はブラック企業しか就職できない・・・」

「ハローワークの求人がブラック企業ばかりで就職する気力がなくなった・・・」

クッソ理不尽な社会の中でイヤでも生きていると身をもって体感できるよね。

「早期離職したら次の就職先が見つからない」という風潮は未だに根付いているほどですし

「3年以内に辞めようとする自分は欠陥人間なんだ・・・」

「どうせ自分は次にいってもやっていけない・・・」

と自分は価値のない存在だと思い込むあまり、ブラック企業から逃れたくても逃れられなかったり、逃れたとしても再び詐欺求人しか目に入らなくなるのはマジで辛いもんです。

でも・・・そんな化石みたいな風潮に捉われすぎる必要はないッ!

リーマンショックの時代とは異なり、現在はブラック企業を排除した未経験向けの転職エージェントが充実しています。

20代であれば誰でも参加することができますし、正社員経験のないニートやフリーターであっても歓迎要件です!

もちろん無料であり、ブラック企業を排除しているだけではなく、転職活動時のサポートや内定後のアフターサービスも充実し過ぎているほどのテンコ盛りです。

同じ無料サービスであるのにも関わらず、ブラック求人を平気で放置しているのに加え、非正規でやる気のない職員で溢れているハローワークと比較したら雲泥の差と言っても過言ではありません。

20代の既卒未経験であれば、迷わず以下の転職エージェントを利用することを強くオススメしますよ!

ブラック企業を徹底的に排除!入社後定着率業界NO1の「ウズキャリ」

独自の審査基準や利用者からのフィードバックでブラック企業を完全に排除!

平均20時間程度のサポートに加え、Google評価が平均して★4以上と高評価なのが「ウズキャリ」の強みだ!

首都圏のIT業界や営業の就職に強く、大阪・名古屋・福岡の求人も取り扱っているぞ!

「ウズキャリ」の詳細記事はコチラ

ブラック企業徹底排除のIT就職に特化した「ウズキャリIT」

ウズキャリのIT就職に特化したサービス。

ブラック企業を完全に排除しつつ、IT特化型の転職支援を受けられるのはココだけしかない。

27歳就業経験なしのひきこもりニートから年収350万円のベンチャー企業に就職した実績があり、定着率や内定率も業界でナンバーワンだ!

「コロナ禍を経て在宅勤務可能な業界に就職したいけど、資格や経験がないから応募しにくい・・・」

と悩む方に一番オススメだぞ!

労基法を守ったら潰れるような会社を排除!「第二新卒エージェントneo」

会社の財源情報をチェックすることで、労基法を守ったら潰れるような会社を排除!

求人数は12000以上とブラック企業の排除を公言している中では最多!

平均10時間程度のマンツーマンサポートも整えられているぞ!

「第二新卒エージェントneo」の詳細記事はコチラ

月収20万・年間休日120日以上の求人多数の「キャリアスタート」

月給25万円以下の20代の既卒・第二新卒・フリーター・ニートに特化している転職エージェント。

内定率86%・定着率92%と驚異的な実績を持っており、ブラック企業を排除した良質な求人を取り揃えている。

北海道から熊本県と北から南まで幅広く対応しているぞ!

「キャリアスタート」の詳細記事はコチラ

-プライベート
-