人間関係の悩み

新人の飲み会あるある11選!行きたくない理由が分かるわ!

 

こんにちは!前職では忘年会2回しか行かなかったHirokiです!

会社の飲み会は人付き合いする上で避けられないのが辛いところですよね。

特に新入社員では誘いを断れないといった悩みを抱えているはずです。

飲み会に参加しないと上司からの評価が下がることがありますし、酷い場所では出世に響くところがあります。

これらの不安を抱える恐れがあってか

 

「行きたく無くても行かなければならない」

 

という風潮がまかり通っているのでしょう。

嫌な風潮ですよね・・・

私自身、飲み会で上司の評価が変わる文化はウ○コだと思っていますし、行きたい人だけで行けばいいと思っていますね。

私と同じように飲み会に対して冷たく思う理由についてはこの記事でご紹介しています。

今回は「新人の飲み会あるある」に加え、飲み会に行きたくない理由について書いていこうかなと!

 

▼ブラック企業を徹底排除した転職エージェント▼

ブラック企業を徹底的に排除!入社後定着率業界NO1の「ウズキャリ」

独自の審査基準や利用者からのフィードバックでブラック企業を完全に排除!

平均20時間程度のサポートに加え、Google評価が平均して★4以上と高評価なのが「ウズキャリ」の強みだ!

首都圏のIT業界や営業の就職に強く、大阪・名古屋・福岡の求人も取り扱っているぞ!

「ウズキャリ」の詳細記事はコチラ

労基法を守ったら潰れるような会社を排除!「第二新卒エージェントneo」

会社の財源情報をチェックすることで、労基法を守ったら潰れるような会社を排除!

求人数は12000以上とブラック企業の排除を公言している中では最多!

平均10時間程度のマンツーマンサポートも整えられているぞ!

「第二新卒エージェントneo」の詳細記事はコチラ

月収20万・年間休日120日以上の求人多数の「キャリアスタート」

月給25万円以下の20代の既卒・第二新卒・フリーター・ニートに特化している転職エージェント。

内定率86%・定着率92%と驚異的な実績を持っており、ブラック企業を排除した良質な求人を取り揃えている。

北海道から熊本県と北から南まで幅広く対応しているぞ!

「キャリアスタート」の詳細記事はコチラ

 

新人の飲み会あるある11選!嫌な理由はコレだ!

友人同士の飲み会であれば喜んでいくはずなのに、何故会社の飲み会にここまで抵抗感が出てしまうのか・・・?

答えは以下のような体験をしてしまうからです。

 

新人の飲み会あるあるor行きたくない理由11選

  • 恋人の有無を聞かされ、いなければ説教される
  • 酒が飲めないので金の無駄
  • 酒・たばこ・ギャンブルの話を持ちかけられる
  • 「若いんだから食べろ!」と言われて残飯を押しつけられる
  • 出し物を要求される。やらなければ「協調性が無い」
  • 飲み会での遅刻も許されない
  • 新人は一番早く来て準備がマナーとなっている
  • 和田アキ子みたいに食事のマナーを過剰に指摘される
  • 嫌でも盃を交わされることがある
  • 部長や社長の長話が苦痛!
  • プライベートな時間まで気を遣いたくない
 

どれも遭遇したくないものですね・・・

特に若い世代であればありがちのものばかりです!

それぞれ解説します!

恋人の有無を聞かされ、いなければ説教される

初めて飲み会に行く時に避けられないのが「恋人の有無」を聞かれることです。

特に結婚適齢期を過ぎた既婚者の上司だと、恋愛話が好きな傾向があります。

新入社員がちゃんと恋愛をして充実した人生を送っているのかどうかが気になるわけです。

 

初めて飲み会の席で上司と対面する際は・・・

 

「彼女いる?」

「結婚はしてるの?」

 

と・・・ほぼ高確率で聞かれます!(実際に私も最初の忘年会で聞かれましたし・・・)

恋人がいる人であれば良いのですが、今の時代は恋人居ないどころか交際経験が無い人が昔よりも多いので、この質問に対しては困ることが多いです。

実際に私は彼女がいないので、「いない」と答えたら・・・

 

「それはアカンだろ。早く作らなきゃこれから先恋人が出来なくなるぞ!」

「恋人がいなくて寂しくないの?」

 

と・・・「余計なお世話だわ!」と思いたくなる返答が返って来ましたね。

酷いケースだとそのまま人生相談という名目の説教を長々と受けることがあり、

勝手に交際相手を紹介されることがあるので、新入社員はこれが嫌で飲み会を避けているのかもしれません。

酒が飲めないのでお金の無駄

酒が飲めないから、参加するだけお金の無駄ということで飲み会に行きたくないのは、酒飲めない人あるあるですね。

 

ビールの価格はジョッキ1杯でも普通に500円超えることがあるので、ビールを飲めない人にとっては本当にお金の無駄だと考えています。

 

飲み会費用というのは、ほとんどが酒の価格であったりするので、思っていたよりも費用が高くなるということがあるのですよ。

(具体的な費用については後述します。)

酒が飲めない人にとっては大損ですね。

 

更にお金だけでは無く、酔っぱらった上司とも付き合わなければなりません。

 

自分だけ酔いムードで無い中、周りの同僚や上司が異常にテンションが高かったら何か嫌ですよね・・・

酒臭い中で大声で会話されるのは抵抗感があるでしょう!

これらの事例が嫌で飲み会に参加したくないと思うのは無理もありません。

酒・たばこ・ギャンブルの話を持ちかけられる

中年世代の上司であれば、酒・たばこ・ギャンブルといった話を持ちかけてくることがあります。

特にこれらに興味の無い若者であれば、話についていけずにただ相槌を打つだけで苦痛を感じるはずですね・・・

何て答えればいいのかが分からなく、つまらないと感じることがあるでしょう。

嫌なケースとなれば、酒・たばこ・ギャンブルを強要してくることがあるので、此方に遭遇したら本当に厄介なことになります。

 

「俺の酒が飲めないのか!」

 

と・・・一気呑みを強要されたら命に関わりますよ!

嫌な環境で自分の身を犠牲にしてまで場を盛り上げるのは絶対に避けてほしい所です。

上記のようなリスクがあるためか、飲み会を避けたくなるのでしょうね。

特にブラック企業であれば危険です!

「若いんだから食べろ!」と言われて残飯を押しつけられる

提供された食事を残すというものは、お店に対して失礼であるというモラルがまかり通っているのは良いのですが・・・

残飯処理を新人に任せることがあるので迷惑極まりません。

自分の満腹度を考えずにどんどん注文を行う上司がいたら、残飯処理を任されることがあります!

 

「若いんだから食べられるだろ!遠慮しないでどんどん食え!」

「ほら!まだまだ出てくるぞ!もっと頑張れよ!」

 

実際に入社式で昼食を取る際に社長から言われた言葉ですね・・・

遠慮しないでと言われても自分で注文したものではありませんし、ましては嫌いなものがあった場合は最悪ですね。

幸い私の好きなエビチリだったので良かったのですが。

どうしても食べられなくなった時は隣の社畜上司Tに任せていました。

真面目なのか、ダイソンの掃除機ように処理してくれたのである意味助かりましたよ・・・

上司にとっては「部下に良い印象を与えている」と錯覚しがちですが、新入社員から見れば良い迷惑としか思えないことがあります!

残飯処理が嫌で飲み会を避けている新人は間違い無く存在します。

特に「餌だぞ食え!」と動物扱いをされた場合はトラウマに残るレベルですからね。

出し物を要求される。やらなければ「協調性が無い」

新人の出し物が嫌で飲み会に行きたくない!と悩みを抱える新入社員は数多く存在しているでしょう。

実際に入社式や忘年会の際に社長から出し物を要求されたことがありましたね。

私はその時に「特に思いつかなかった」「用意してない」「恥ずかしい」とハッキリと答えましたが・・・

 

「協調性が無いぞ!新人であればちゃんと場を盛り上げてくれなきゃ!」

「会社にまだまだ貢献していないのだから、こういう場で活躍するべきだ!」

「付き合いっていうものを教えなきゃなぁ・・・」

 

と散々嫌味を言われましたね。

結局は社長に忠実に従えている部長が出し物を出すこととなったので助かりました。

この発言を受けて以来は飲み会を拒否するようになりましたね。

最悪なケースだと裸踊り「アキラ100%」のモノマネを強要されて、失敗して恥をかいたということがあり得るので

出し物が嫌で飲み会を拒否する社員は私以外にも数多く存在しているのかもしれません。

飲み会での遅刻も許されない

流石に飲み会での遅刻は許容している会社が多いのですが・・・

中には飲み会に遅刻しただけでも説教を行う会社は一定数存在しています。

自分が行きたくて行っているのであればまだしも

人付き合いの為に仕方なく行っているのであれば、嫌なイベントであっても遅刻が許されないのはたまったものではありません!

しまいには飲み会に遅刻したことが原因で評価を下げられたり、仕事を与えてくれないといったこともあり得ます。

「たかだか任意参加の飲み会の遅刻くらいで・・・」と思いがちですが、実際に会社の飲み会の遅刻であっても批判を行う人が一定数存在するのは事実です。

(飲み会 遅刻 評価と検索したら分かる)

行きたくも無い飲み会で時間を意識したくないといった理由で「飲み会に参加したくない!」と意思を表示しても不思議ではありません。

新人は一番早く来て準備がマナーとなっている

新人の早出出勤を強制される会社ではありがちなので注意して下さい。

新人が一番早く来て飲み会の準備を行うという風潮が未だにまかり通っている会社は一定数存在していると思います。

 

こういう会社では「新人はコストでしかないからこういう場所で活躍してもらわないと」といった思考で成り立っているので、過剰にコキを使ってきます。

 

でも、今はコストであっても、将来的には長期間利益を出し続ける存在となりますので、

これはこれでアンフェアだと思いますよ・・・

これを考えたら新人に負担を与えるべきではありません。

 
「仕事が遅いからサービス残業しろ」は理不尽である理由を話すぞ!

続きを見る

 

目先の利益しか考えない会社が嫌で飲み会に参加したくないと意思表示するのは無理もありません!

和田アキ子みたいに食事のマナーを過剰に指摘される

自身の食事の作法を過剰に指摘されるのは抵抗感がありますよね。

たとえば箸やお椀の持ち方といった細かい場所を気にするような人とは一緒にいるだけでも疲れることがあります。

指摘だけならまだマシなのですが、中には・・・

 

「その箸の持ち方は親に対して失礼だと思わないのか?」

「教養が身に着いていないのが分かるぞ。もう大人なのだから矯正しないとダメだ!」

「もしも取引先と食事をとる際にもそんな作法で食事をとるのか?」

 

と、和田アキ子を彷彿するような発言をされることがあります。

嫌なケースだと手をぶっ叩かれることも・・・

参加したくもない飲み会に不満を抱えながら参加しているのに

食事の細かい場所まで過剰に指摘されるのは不満を爆発させる原因となってしまいますね。

これが嫌で飲み会に参加したくないと意思表示することがあっても仕方ありません!

嫌でも盃を交わされることがある

Hiroki
どこの任侠映画だよ!
 

と突っ込みたくなりますが、実際に盃を交わす文化は「体育会系でアットホームな会社」と主張する会社には少なからず存在すると思います。

(流石に無いと信じたい)

 
アットホームな会社を辞めたい・気持ち悪いと思う6つの理由!

続きを見る

 

「盃を交わす」という言葉を分からない人に説明すると、小さなお椀に酒を入れて対面して飲むことで義理の血縁関係が結ばれるといったもので、

極道の世界では良くあるイベントです。ワンピースでエースとルフィ、サボが兄弟になる時におこなったアレですね。

 

ワンピースで有名なシーン

 

極道やアニメ・ドラマの世界の中であればいいのですが、

中には会社であっても盃を交わす文化がまかり通っていることがあるのが厄介なところです。

 

一度盃を交わしてしまえば、義理の血縁関係が生まれるほど絆が深くなるということなので

たとえ上司の付き合いが嫌であったとしても参加することが義務付けられてしまいます。

 

不参加の意思を示せば当然パワハラで退職まで追い込まれるでしょう・・・

極道の世界だけでは無く、会社の世界であっても仲間から抜け出すことは容赦しません。

何も知らずに盃を交わしてしまった社員にとってはたまったものではありませんよね。

盃を交わすことが嫌でも無理やり交わされることもあります!

恐らく「盃を交わす」のが嫌で飲み会に行きたくない!といった人は皆無だと思いますが

このような事例が未だに存在している可能性があるということは忘れないようにしたい。

部長や社長の長話が苦痛!

飲み会という場で「偉い人の長話で時間を無駄にしたくない!」と悩みを抱えている新入社員は、数多く存在していると考えています。

私の実例だと、社長の話がとにかく長くて苦痛なのが挙げられますね。

面接の際はほぼ社長の話で2時間経つ、入社式の際にも30分以上話すことがあったので、飲み会でも話が長いのかな?と思ったら案の定そうでした。

話の内容は「前に聞いたことがある」という内容ばかりで、時間の無駄だと思いましたね・・・

特にパワハラを受けた社員がパワハラ上司からの苦難を乗り越えて立派になったという話を何度も聞かされた時は

 
Hiroki
ここはヤバイな
 

としか思いませんでしたよ!

プライベートの時間を消費してまで、聞きたくも無い話を聞かされるのは嫌だと思っても不思議ではありません。

プライベートな時間まで気を遣いたくない

飲み会あるあるの中で最も該当するものがコレですね。

プライベートの時間まで上司に気を遣いたくないと思い、飲み会の参加を拒否する社員は数多く存在していると思います。

 

新人であれば上司に酌しなければなりませんし、自分が座りたいと思う場所に座ることができない、

食べるタイミングが決められない、周りと雰囲気を合わせなければならないなどといった気遣いも必要ですから

高い費用と時間を遣ってまで行きたくないと誰しもが思うはずです!

中には上司といるだけでも疲れる、なるべく顔を合わせたくないといった理由もありますので

プライベートな時間を嫌な上司の為に使うのは勿体ないと思っている人も存在しているでしょう。

プライベートの時間を使ってまで、上司に会う、尽くすのが嫌で飲み会に行きたくないと思うのは最早当たり前のことなのです。

飲み会費用は意外と高い!行きたく無ければ金の無駄になる!

学生時代に飲み会の経験が無いのであれば、飲み会の費用が意外と高いことに驚くでしょう。

私も学生の時は酒が飲めなくて飲み会に参加することは無かったのですが、

前職で初めて会社の飲み会に誘われた時、費用は「1500円くらいなのかな?」と思っていたのですが・・・

 

「参加費は4000円だよ!」

 

と上司から聞いたときは唖然しましたね。

「酒が飲めないので金の無駄」で述べたように参加費に酒の値段が多く含まれていることがあるため、こんな割高となっているのでしょう。

 

飲み会の相場は?

3000~4000円程度。中には5000円以上を超えることがあります。
 

4000円も支払うのであれば回転寿司で36皿程度食べることが出来ますし、安いゴルフ場であれば1ラウンド出来たりするので、

行きたくないと思えば本当にお金の無駄ですね。

また、会社の経費で無料で参加できたとしても・・・

 

「会社が費用を負担しているのだから奉仕するべきだ!」

 

とか言われて過剰な気遣いを押しつけられることがあるので、これも嫌ですね。

4000円というのは新入社員であれば半日分の労働に相当しますので、相当無理をさせてくるはずです。

「参加するのが嫌!」という気持ちを抱えながら参加するくらいであれば

最初から断る勇気を身につけて意地でも行かないようにした方が後々ストレスを抱えることが無いので楽ですよ!

 

おわりに:飲み会に行かずに出世しない方が気が楽かも

以上、飲み会あるあるについての記事でした!

 

飲み会が嫌だと思えば参加しない方が気が楽ですね。

 

上司に嫌われるか自身がストレスを抱えるかのどちらかを取れと言われるのであれば、今の私であれば前者を取ります!

 

ですが、飲み会の不参加によって評価を下げてくる会社は一定数存在します。

 
 

「飲み会に参加しないような協調性が無いヤツに仕事を任せられない」

 

といって出世を拒否することがあるでしょう・・・

 

上記のような事例に遭遇した場合は敢えて出世しない選択肢を入れるのもアリです。

 

出世したとしても昇給が少なく、仕事量が増えるだけであれば、副業や投資を頑張ったほうがプラスになることが多いからですね。

会社の収入だけを頼りにしない方がいいですよ!

なので、嫌だと思えば窓際覚悟でも飲み会に行かない方が気が楽になります!

断れない性格が身につけば後々厄介なことになりますので、気を付けてください!

  • この記事を書いた人

Hiroki

「クソ上司やブラック企業に立ち向かう全ての方を応援する」というコンセプトの下、社畜には見るにたえない汚らわしい記事を量産しています。

暴言ジイサン入りの介護施設(4か月)▶ゲーセンバイト(半年)▶ブラック転職事業(4か月)▶パワハラ有で年間休日77日年収200万円の中小企業(2年)と「ド」がつくほどの底辺環境を味わう。

【退職後】アウトドア・転職関連のメディア執筆3年▶雑記・転職サイト2件運営▶「シゴトイキタクナイ」運営【1年2か月目】最高月3万PV

>>底辺社畜時代の話

>>お問い合わせ

ハローワークを利用するだと?ちょっと待ってくれ!

「一度レールから外れた人間はブラック企業しか就職できない・・・」

「ハローワークの求人がブラック企業ばかりで就職する気力がなくなった・・・」

クッソ理不尽な社会の中でイヤでも生きていると身をもって体感できるよね。

「早期離職したら次の就職先が見つからない」という風潮は未だに根付いているほどですし

「3年以内に辞めようとする自分は欠陥人間なんだ・・・」

「どうせ自分は次にいってもやっていけない・・・」

と自分は価値のない存在だと思い込むあまり、ブラック企業から逃れたくても逃れられなかったり、逃れたとしても再び詐欺求人しか目に入らなくなるのはマジで辛いもんです。

でも・・・そんな化石みたいな風潮に捉われすぎる必要はないッ!

リーマンショックの時代とは異なり、現在はブラック企業を排除した未経験向けの転職エージェントが充実しています。

20代であれば誰でも参加することができますし、正社員経験のないニートやフリーターであっても歓迎要件です!

もちろん無料であり、ブラック企業を排除しているだけではなく、転職活動時のサポートや内定後のアフターサービスも充実し過ぎているほどのテンコ盛りです。

同じ無料サービスであるのにも関わらず、ブラック求人を平気で放置しているのに加え、非正規でやる気のない職員で溢れているハローワークと比較したら雲泥の差と言っても過言ではありません。

20代の既卒未経験であれば、迷わず以下の転職エージェントを利用することを強くオススメしますよ!

ブラック企業を徹底的に排除!入社後定着率業界NO1の「ウズキャリ」

独自の審査基準や利用者からのフィードバックでブラック企業を完全に排除!

平均20時間程度のサポートに加え、Google評価が平均して★4以上と高評価なのが「ウズキャリ」の強みだ!

首都圏のIT業界や営業の就職に強く、大阪・名古屋・福岡の求人も取り扱っているぞ!

「ウズキャリ」の詳細記事はコチラ

ブラック企業徹底排除のIT就職に特化した「ウズキャリIT」

ウズキャリのIT就職に特化したサービス。

ブラック企業を完全に排除しつつ、IT特化型の転職支援を受けられるのはココだけしかない。

27歳就業経験なしのひきこもりニートから年収350万円のベンチャー企業に就職した実績があり、定着率や内定率も業界でナンバーワンだ!

「コロナ禍を経て在宅勤務可能な業界に就職したいけど、資格や経験がないから応募しにくい・・・」

と悩む方に一番オススメだぞ!

労基法を守ったら潰れるような会社を排除!「第二新卒エージェントneo」

会社の財源情報をチェックすることで、労基法を守ったら潰れるような会社を排除!

求人数は12000以上とブラック企業の排除を公言している中では最多!

平均10時間程度のマンツーマンサポートも整えられているぞ!

「第二新卒エージェントneo」の詳細記事はコチラ

月収20万・年間休日120日以上の求人多数の「キャリアスタート」

月給25万円以下の20代の既卒・第二新卒・フリーター・ニートに特化している転職エージェント。

内定率86%・定着率92%と驚異的な実績を持っており、ブラック企業を排除した良質な求人を取り揃えている。

北海道から熊本県と北から南まで幅広く対応しているぞ!

「キャリアスタート」の詳細記事はコチラ

-人間関係の悩み
-,