人間関係の悩み

パワハラ加害者(上司)のその後は悲惨だ!コイツらの対処法も紹介する!

パワハラ上司の末路

 

パワハラを受けて悩まされている方、もしくは過去にパワハラを受けた経験があってそれを思い出して苦しんでいる方は私以外にも多くいるはずです。

実際に私は勤続10年目のベテランのおばちゃんから精神的なパワハラを受けていた経験があり、思い出すだけでも腹が立つのと同時に苦しむことがあったので、パワハラ上司という存在は20代の方にとっては嫌な記憶として残ってしまうこともあり得ます。

さて・・・パワハラ上司に苦しめられたら、なんとしてでもやり返したい、パワハラ上司の末路を見てスカっとしたいと思うことがありますよね。

今回はパワハラ上司に憎しみしかない方の為に、パワハラ上司をボロクソに批判するのと同時にパワハラ上司の悲惨な末路について書くことにしました。

こんな方におすすめ

  • パワハラ・クラッシャー上司に悩まされている方
  • パワハラへの対処法について知りたい方
 

▼ブラック企業を徹底排除した転職エージェント▼

ブラック企業を徹底的に排除!入社後定着率業界NO1の「ウズキャリ」

独自の審査基準や利用者からのフィードバックでブラック企業を完全に排除!

平均20時間程度のサポートに加え、Google評価が平均して★4以上と高評価なのが「ウズキャリ」の強みだ!

首都圏のIT業界や営業の就職に強く、大阪・名古屋・福岡の求人も取り扱っているぞ!

「ウズキャリ」の詳細記事はコチラ

労基法を守ったら潰れるような会社を排除!「第二新卒エージェントneo」

会社の財源情報をチェックすることで、労基法を守ったら潰れるような会社を排除!

求人数は12000以上とブラック企業の排除を公言している中では最多!

平均10時間程度のマンツーマンサポートも整えられているぞ!

「第二新卒エージェントneo」の詳細記事はコチラ

月収20万・年間休日120日以上の求人多数の「キャリアスタート」

月給25万円以下の20代の既卒・第二新卒・フリーター・ニートに特化している転職エージェント。

内定率86%・定着率92%と驚異的な実績を持っており、ブラック企業を排除した良質な求人を取り揃えている。

北海道から熊本県と北から南まで幅広く対応しているぞ!

「キャリアスタート」の詳細記事はコチラ

 

パワハラ・クラッシャー上司の悲惨な末路!

因果応報というものは必ずしも起きる訳では無く、中にはこういうヤツに限って会社で出世したり、周りから好かれていたりするパターンに遭遇することもあり、理不尽だと感じてしまうことがあるのかもしれません。

しかし、パワハラ・クラッシャー上司は結果的に悲惨な末路になることが多く、パワハラを行った本人が自覚していないような悲惨な末路を迎えるパターンが多いかと思われます!

私が考えるパワハラ上司の末路は以下の通りです!

 

パワハラ・クラッシャー上司の悲惨な末路

  • 離職率を高くする原因なので平社員止まりになる
  • 職場で優越感を出すことが生きがいになっているのでリアルはお察し
  • SNSで証拠をアップされて叩かれまくる
  • このサイトみたいにネタにされてバカにされる
  • あなたの行動次第で降格・左遷させられることがある
 

それぞれ解説します!

 

離職率を高くする原因なので平社員止まりになる

パワハラを平気で行うヤツというのは、会社内で悪い噂が立っていたりします。

たとえば・・・

 

「この人が原因で今まで10人以上の社員が辞めてしまった」

「この人の下で働いたら半年ももたない」

「この人怖いよ・・・」

 

なんて、普通に流されていたりします。

実際に私の前職のパワハラおばちゃんは、過去にパワハラおばちゃんと関わった経験のある従業員は口をそろえて

 

「この人怖く無かった?」

 

と・・・私がパワハラおばちゃんの店舗配属前に一度だけ店舗の応援に行った翌日、商品倉庫に戻った際に一時的に訪れた他店の店長の人に何度も言われましたね。

最初に配属された時こそは普通の対応でしたが、本格的に配属されてから鬼のような態度になったので、まさに噂は本当だったことを当時実感しました・・・

実際にこの人が原因で5人もの過去の新入社員が耐えきれなくなって辞めたという噂を聞いたくらいですし、配属前は不安だらけでしたが、まさか自分にも降りかかって来たのは本当に辛い出来事でした。

こういうヤツの末路と言えば、お察しの通り、平社員から抜け出すことが出来ないということです。

実際に私の前職は部長は、部署異動の要請を応じた上に、商品倉庫で勤務していた時は発送物を本来とは異なる店舗に発送した時にも寛容に許してくれるほど優しい性格でしたし、私に良くしてくれた先輩というのは大体管理職の人ばかりでした。

パワハラおばちゃんは私が働いていた時点で勤続10年目でしたが、正社員であるのにも関わらず、未だに店舗勤務のままで店長になることすら出来ず、実質アルバイトとそこまで変わらないような仕事内容ばかりやっていましたね。

やはり会社で悪い噂が流れていた場合は、それを会社が見逃すという訳にはいきませんからね。

ぶっちゃけこんなヤツが店長になったら、独裁政治になること間違いないですし、それが原因で常に人手不足になりそうですから、パワハラおばちゃんを店長に昇格しないことは賢明な選択だと思いますよね。

ちなみに退職してから2年後、暇つぶしに前職の店舗の様子を見ようとサイクリングをしつつ、各店舗を周ってみたのですが、パワハラおばちゃんは当時私が働いていた店舗にはいなかったものの、別の店舗で偶然見つけてしまいました。

やはり店舗勤務でアルバイトとほとんど変わらないような仕事を暇そうに行っていましたね・・・

一生コレだと思ったら、なんだかスッキリしましたよ。

 

職場で優越感を出すことが生きがいになっているのでリアルはお察し

パワハラを行うヤツっていうのは、職場で優越感を出すことで日々のストレスを解消していることを日課としているので、成功者になり上がるといったことはゼロと言っても過言ではありません!

たとえば、本気で稼ぐ為に副業を死ぬ気で行ったり、実績やスキルを得るために目の前の仕事に対して必死に取り組む場合は、他人のことを考える暇なんて無くなるはずです。

こうやって反撃出来ない弱い立場の人を批判して優越感を味わうようなヤツは、自分の現状に納得しているのと同然で、自分のことを考えずにやたらと他人ばかり気にして全く進歩しないことがほとんどですね。

こんなヤツが成功者になれる訳がありません!

実際にパワハラおばちゃんは平社員止まりですし、パソコン操作に対しては全くできないという程なので

Hiroki
このまま月6休み・最低賃金以下というブラック労働や自粛要請やら赤字経営による倒産の危機の中で部下にマウントを取って延命処置しながら生涯終えていくんだなぁ

と思ったら、なんだかスッキリしてきます。

部下の態度やら多少のミスなどの些細なことでもイライラし、パワハラを行うことで優越感を得て幸せになっている人生なんて送りたくないですよね!

パワハラを行うヤツというのは、こういった事情に対しては自覚していないことが多いので、生温かく見守ってあげましょう。

 

SNSで証拠をアップされて叩かれまくる

昔は会社の中で悪い噂が立つ程度で済んでいましたが、現代ではパワハラを行うと証拠を取られてSNSにアップされ、それが拡散されて黒歴史が可視化されて残る危険性が十分にあります。

インターネットを良く利用している世代であればこの危険性について十分承知なのですが、パワハラを行うヤツはコレについてあまり熟知していないことが多く、平気で人格否定やら暴力なんて行ってくるのですよね。

それで、本人が自覚していない中、裏ではSNSで叩かれまくって黒歴史をインターネット上に作成しているのです。

 

 

と・・・上記の動画みたいな感じで晒され、パワハラを行った張本人が知らない場所で叩かれまくったり、ネタにされたりするので、自ら墓穴を掘ってるようなものです。

こういった系統の動画をツイッターで何度も見てますが、誰もが予想する通り私はコレに対して

Hiroki
ざまぁあああああああミソヅケッ!!!

としか思っていませんね!

コイツのせいで会社のイメージがただ下がりっていうこともあるので、見ていて爽快です!

 

ブログ記事のネタにされる

このサイトでは多くの記事でパワハラおばちゃんの名前を出しています。

当時は死にたくなる程辛かったのですが、今ではある意味良いネタ・経験になったと思っていますね。

パワハラの実例があった方が記事を書きやすいですし、何よりネタにすることが出来るので、ある意味感謝しています。

辛い経験は抱え込むよりも、逆に利用した方がいいですね。

パワハラを平気で行うようなヤツは何処かしらでネタにされてバカにされているのがオチです!

 

あなたの行動次第で異動・左遷させられることがある

「事なかれ主義」の通りにパワハラ上司を野放しにしている状態だと、パワハラ上司に対しては何も実害を与えることが出来ません。

たとえあなたがパワハラ上司から逃げたとしても、次にパワハラを受ける部下が行動に移さない限りは、悲惨な末路を迎えるといったことはほとんどないのが非情な現実ってものです。

 

ただ、あなたが下記の関連記事で紹介している通りに行動に移した場合、パワハラ上司を降格・左遷させることができるでしょう。

 
パワハラ上司を追い込む方法
パワハラ上司を追い込む効果的な4つの方法【メンヘラになれば無敵だ!】

続きを見る

 

こういったヤツに悲惨な末路を与えてやるには、やはり自分が徹底的に動かなければなりません。

 

「アイツはいつか報いを受ける」

 

という叶うかどうかも分からない期待なんてしない方が身のためです。

 

パワハラ・クラッシャー上司の5つの特徴

ここでは、パワハラ・クラッシャー上司の特徴についてまとめています。

パワハラを行ってくる心理としては、まず些細なことでも揚げ足を取って優越感を得ないと気が済まないという心理があげられます。

分かりやすくたとえるのなら、ネットで批判する人がそのまま現実に現れたような感じです。

こういった系統の人に巻き込まれると本当に面倒なことになりますし、関わるだけでも疲れてしまいますよね。

パワハラ・クラッシャー上司の特徴は以下の通りです!

 

パワハラ・クラッシャー上司の5つの特徴

  • 人によって態度を変えて好かれる相手を選んで味方を作る汚いヤツ
  • 他人ばかり気にして自分の将来は全く心配していない
  • やたらとプライドが高く、他人を叩かないと気が済まない
  • 気弱な人が許せないようなタイプ
  • 自分にとって「当たり前」なことが出来ないと気が済まない
 

このように意地汚い性格であることが多いです。

それぞれ解説します!

 

人によって態度を変えて好かれる相手を選んで味方を作る汚いヤツ

パワハラ上司で一番厄介なタイプが

 

人によって態度を変えてくる

 

というモノです。

分かりやすく例えると、自己主張出来ないような反撃出来そうにないタイプの部下に対しては強く当たるのに対し、目上の上司に対しては媚びを売りまくって味方を作りまくるといったことですね。

これは学生時代のいじめにも応用されており、周囲に味方がいないような人をターゲットにして叩く反面、強い立場の人には好意的に接して味方を作り、万が一反撃されたとしても全員でターゲットを叩きまくるというズル賢い方法があります。

実際に私は高校生時代に怪盗ロワイヤルにハマっていたことがあり、それが原因で私に対して「モバゲー」とかあだ名をつけたヤツらに対して

Hiroki
お前らこそGLEEにハマってるじゃねぇか!人のこと言える立場か?

と・・・異を唱えたのですが

 

「GLEEってなんだよ!それアメリカのテレビドラマだろ?正しくはGREEだから。モバゲーとかあだ名を付けられるお前の方が悪い!」

 

とか些細な事で揚げ足を取られて叩かれまくった挙句、当時自分にはクラスメイトの友人がいないような状態だったので、自分だけおかしいヤツだと叩かれるハメになりましたから、こうやって周囲に同調して味方を作って少数派を叩くヤツっていうのは実体験からして意地汚いヤツだと実感しましたね。

こういう状況になったら、その場で不満を言ったとしても「お前が悪い」とか返されるだけですし、本当に理不尽な環境だと思います。

実際に会社でも同じような現象が起こり得ます。

パワハラ上司に対して他の上司に相談したとしても、自分だけ厳しく当たっているような状態なので、まともに相談に取り合ってくれませんし、実際に私は店長に対してパワハラおばちゃんのことについて相談したのですが

 

「Aさん(パワハラおばちゃん)はキツイ言い方だけど、実はいい人なんだよ。私もプレッシャーがかかったけどAさんの元で頑張れたし、成長できたよ!全てあなたの成長のために厳しく接しているんだよ。」

 

なんて自分の心情を微塵たりとも考えずに「あの人は根はいい人なんだからそれくらい我慢しろ」と言わんばかりの対応をされました。

イヤ~な時は「パワハラを受けるようなお前が悪い!」なんて言われたりしますので、特定の人だけパワハラを行ってそれ以外の人に対しては味方を作るっていう戦法は本当に意地汚いことを実感しますよね。

皆から恨まれるような存在であれば、こんな対応なんて普通しないはずです・・・

こういう意地汚いヤツには、後で紹介する対処法を徹底的に行うか、関連記事を参考にしたほうが良いですね。

 

関連記事

 

他人ばかり気にして自分の将来は全く心配していない

仕事に対して特に意欲的に取り組むことが無く、ただひたすら生活の為に行っているのであれば、自分のことを考える機会なんて中々訪れません。

それでやたらと他人の行動に対して気になり始め、批判して優越感を味わうことが習慣化することになるのですよね。

ネットの世界だけで批判するのであればまだマシな方なのですが、上記をリアルでも行ってくるようなヤツこそがパワハラ・クラッシャー上司という訳です。

自分の将来のことを気にするよりも、他人の行動を細かく監視して些細なことに干渉したり批判したりして優越感を味わいつつも、悲惨な現状を維持することを優先しているという、ある意味可哀想なヤツらです。

 

やたらとプライドが高く、他人を叩かないと気が済まない

会社の中でやたらとプライドが高いような上司っていませんか?

たとえば、自分よりも仕事が出来ると思った部下に対して「お前の為を思って」とか言いつつも厳しく当たって足を引っ張ったり、少し言葉遣いを間違っただけでも露骨に不機嫌になったり、やたらと否定ばかりの教育方法を行う傾向が見られたら、間違いなくプライドが高い上司でしょう。

こうやって部下に対して常に自分の方が優れていることをアピールする為に、パワハラを行って優越感を味わって自尊心を守るというウ○コみたいな特徴を持っている上司は、少なからずとも存在しています。

こういうヤツと関わると見下されるだけでは無く、仕事が出来た途端に足を引っ張って来ることが多いので、関わるだけでも消耗します。

仕事以外の面であっても、趣味でドイツ御三家の高級車やスポーツカーに乗っていたり、高級時計を身に着けていたりすると・・・

 

「若造のくせに俺よりもいいクルマを乗りやがって!許さん!」

 

と一方的に見なされることになり、仕事と全く関係のないことでもパワハラの原因になったりするので、プライドが高いヤツと関わるとロクなことがありませんね。

 

関連記事

 

気弱な人が許せないようなタイプ

体育会系の職場であれば、気弱な人を見るとなんだか腹が立つような性格を持っていることが多いです。

人間というのは価値観が違う人を見ると、どうしても排除したくなるような生き物なので、体育会系のノリである職場に自己主張が出来ないような大人しい人間が入ると、それだけでもパワハラの原因になります。

実際にオドオドして自分の意見をハッキリと主張出来ないような人間と接していると

 

「この人何か言わないの・・・?」

 

と思ってしまうことがありますよね。

通常であれば「この人何か言わないの?」と思う程度で済むのですが、こういう人を見ると無性に腹が立つような人間が一定数存在するのは事実です。

それで、特に相手に対して不快感を与えていないはずなのに、何故か他人からバカにされるという現象が起きる訳です。

おとなしい性格の人間にとっては、この環境はどうしても理不尽だと思いますし、関わるだけでもストレスを抱えてしまいますので、自分とは明らかに価値観が異なるような環境だと思ったら、無理に合わせようとせずに即座に退却したほうが良いです。

 

関連記事

 

自分にとって「当たり前」なことが出来ないと気が済まない

自分にとって当たり前のことが出来ないような人間に対して思わず人格否定を投げかけるというのは、ブラック上司に良くありがちです。

実際に私の場合は商品の紙包装がどうしても出来なかったのですが、これがパワハラおばちゃんにとっては出来ることが当たり前だと思っており、たとえ2週間頑張っても出来なかったという事情があったことが原因でパワハラを受けた経験がありました。

むしろパワハラおばちゃんはパソコン操作が全く出来ない状態で、自分に対して熨斗やラベルの作成やら店舗売上入力のエクセル操作すら全て押し付けていたので、人のことは言えないはずなのですが・・・

こういう自分に甘いヤツに限って、仕事に不慣れな新入社員を追いつめることがあり、相手の苦手分野に対して気合いで乗り越えろと押し付ける割には仕事が出来なかったらパワハラを行ってくるので、もはやウ○コとしか言いようがありませんね。

人によっては「当たり前」だと思うことでも、出来ないようなパターンなんていくらでも遭遇するので、どうしても出来ないことに対してイチイチ細かく指摘するヤツとは関わるだけでも疲弊してしまいます。

 

関連記事

 

パワハラ・クラッシャー上司への効果的な6つの対処法!

パワハラ上司に耐えられなくて、何としてでも仕返ししたい・逃げたいと思っても仕方ありません。

ただ何もせずに我慢するというのは、パワハラ上司が得するだけで何も得ることがありませんからね。

ここでは、パワハラ・クラッシャー上司の効果的な対象法について、いくつかご紹介しています。

巷で良く紹介されている対処法とは少し過激な対処法となっていますが、良ければご参考ください!

私が考える対処法は以下の通りです!

 

パワハラ・クラッシャー上司の6つの対処法

  • 証拠を取り揃えて会社に相談を持ち掛ける
  • 仕事と関係の無い話を持ち出したら即座に背を向けて逃げろ!
  • 部署異動を行って逃げろ!
  • 意地でも関わらないような姿勢を見せるべき!
  • 一層の事キレてみる
  • 上記の対処法が中々上手くいかない場合は転職する
 

それぞれ解説します!

 

証拠を取り揃えて会社に相談を持ち掛ける

ボイスレコーダー+手書きの業務日記で日々パワハラ上司からの行為について記録し、会社側に対して提出して問題の解決を促してみることは、一度だけやってみる価値があります。

まともに取り合ってくれる会社であれば、パワハラを行った張本人に対して何かしら指導を入れてくれるので、解決に繋がるのかもしれません。

ですが、こんな考え方のブラック企業も一定数存在します。

 

「人間関係の問題なんてどこにでもあるだろ!こんな手間がかかる対応なんて面倒でやってられん!嫌ならやめろ!」

「まず直接本人に対して話を持ち掛けて解決したらどうだ?」

 

と・・・ブラック企業では上記のようにまともに取り合ってくれず、仕方なく労基署に行った場合は同情されることはあるとしても・・・

 

「この問題はウチでは取り扱っていませんね~パワハラは労基法違反には該当しないんですよ。」

「まずは部長や社長といった役職の方に対して相談するようにしてください」

「証拠を取り揃えているのなら、弁護士に相談してみてはいかがでしょうか?」

 

とか言われて唯一の頼みの綱でさえ頼りにならなくなる上に、泣き寝入りせざるを得ないような状況に陥ってしまいますよ。(参考:kigg氏のnoteより)

パワハラ問題についてまともに取り合ってくれない会社に運悪く遭遇してしまった場合は、やむを得ずに次に紹介するような対処法を行うか、近い内に転職することをお勧めします。

 

仕事と関係の無い話を持ち出したら即座に背を向けて逃げろ!

パワハラ上司から仕事と関係の無い話を持ち掛けられた場合は、黙って話を聞くのでは無くて即座に背を向けて逃げることが大切です。

たとえば、休憩室という名の説教場に連れていかれそうになったり、仕事とは全く関係のないような説教話が耳に入った瞬間、即座に回れ右をしてBダッシュで逃げてください!

新入社員で良くありがちなのは、たとえ理不尽な話だろうが何時間も立ち止まって話を聞くということですね。

学生時代を思い出してみると、教師からの説教は嫌だと思う反面、その場から逃げることなくひたすら相槌を打ちつつも聞いていた経験は誰しもがあると思います。

でも・・・コレは精神衛生上非常によろしくないことであり、悪い印象は記憶に残りやすいので、長く聞いているだけでも上司からの悪口が自分の記憶にどんどん積み重なることになり、後々思い出して憂鬱になったりします。

最悪自分に自信を失ってしまい、新たなことにチャレンジする気力が無くなってしまうのかもしれません。

一人のパワハラ上司のせいで自分の人生をメチャクチャにされたなんてあってはならないことですから、こんなウ○コみたいな上司の話なんて何時間も立ち止まって聞く必要なんてありません。

相槌を打ちながら話を聞くだけ上司のストレス解消に貢献するハメになりますから、犠牲になってはいけませんよ。

実際に当時の私はパワハラおばちゃんの話を相槌を打ちながら聞いていた時は・・・

 

「分かりましたっていってるけど全然わかっていないでしょ!分かっていないのにそんな返事するのやめてくれないかな?」

 

とか割とどうでもいいことを指摘されてマウントを取られましたから、こんなヤツの話を聞いて相槌を打つだけでも無駄なので、即座に周れ右してBダッシュした方がよろしいかと。

回れ右してBダッシュして逃げた場合は最初は追いかけてくるのでしょうが、意地でも逃げ続けたらパワハラ上司がストレスを発散することが出来なくなり、やがてイライラが溜まって自滅することになるので、話を聞かない素振りを見せ続けることは結構効果的だと私は考えています。

優しい性格の人であれば、上司が自分に対して酷いパワハラを行っていたとしても

 

「さすがに上司が自滅するのは可哀想・・・」

「後々上司から仕返しされるのが怖い・・・」

「こんな上司からでも嫌われるのが怖い・・・」

 

と思って逃げるのを躊躇うのかもしれませんが、自分を精神的に追い込むようなヤツなんて同情するに値しませんし、仕返しなんてむしろ自分からしたい方で既に上司の方から嫌われているパターンが多いので、逃げることに躊躇ってはいけません。

実際に過去にいじめられていた時も、このような思考が邪魔して「どんな人でも仲良くしなきゃいけない」とか無理に思ったせいで、精神的に追い込まれた時期がありましたから

Hiroki
自分が嫌いだと思う対象に優しさなんて必要ないんじゃないのか?

と改めて思いましたからね。

自分に対してパワハラやいじめを行うヤツと仲良くなろうとしても害しか与えてきませんから、嫌ならその人から逃げることは非常に重要です。

なので、自分を壊さない為にも、時には相手の心情なんて考えずに逃げる選択肢を取り、しっかりと自分の身を守る必要があります!

 

関連記事

 

部署異動を行って逃げろ!

「上司が一人しかいないような職場だから、逃げたら仕事にならない・・・」

 

という事情があったり、その場で逃げる勇気が出ないというのであれば、会社側に対して部署異動を要請してみてはいかがでしょうか。

実際に私は部署異動を行うことによって、パワハラおばちゃんから逃げた経験がありましたね。

実際に部署異動をお願いする際に行ったやり取りについては以下の通りです。

 

Hiroki:「部長、私は経理事務に挑戦してみたいです。ワード・エクセルの扱い、数字の計算が得意ですし、入力スピードも他の人と比較して圧倒的に早いことに自信があります。どうかご検討を宜しくお願いします。」

部長:「あれ?Hiroki君販売に挑戦したかったんじゃないの?」

Hiroki:「店舗で実際に勤務している際、パソコンの作業を通してデスクワークが最も私に向いていると理解したからです。圧倒的に集中力が違いましたから。経理事務の仕事では沢山の業務をこなすことを約束します!どうか宜しくお願いします!」

 

と・・・小並感な理由でしたが、当時はパワハラおばちゃんから何としてでも逃げたいという気持ちで精一杯であり、まるで劇団四季の役者みたいな感じで発言しましたから、何とか部署異動の要請を通すことが出来ましたね。

その後は前職を辞めるまで経理事務に配属されたのですが、人間関係に関しては特に不満に思うことなく、仕事に関しては特に難なくこなせたので、稼動して正解でした。

もしも異動する場合は人間関係が原因で稼動したいと伝えるのではなく

 
  • 自分の得意分野で稼動先でどのように貢献できるのか
  • 稼動先で結果を出すことを約束できるか
 

上記についてしっかりと熱意を持って説明すると異動率がアップしますよ!

私の場合は部長が優しかったことがあってアッサリと稼動が成功したのかもしれませんが、一度だけ試してみる価値はありますね。

 

関連記事

 

意地でも関わらないような姿勢を見せるべき!

「流石にこの人と関わるのは限界だ!」

 

と感じた場合は、意地でも関わらないような姿勢を見せると良いですね。

たとえば、挨拶や仕事のやり取り以外の話は極力せずに、常にパワハラ上司がいる位置を把握し、ソーシャルディスタンスの5倍以上の距離を置くことを意識してみてください。

上記のように意地でも関わらないような姿勢を見せ続けた場合は、他の上司から不審に思われ、何かしら注意を受けるのかもしれません。

そんな時はこんな返答をしてみてください。

 

「アイツと仕事をすると嫌味ばかり吐かれて心身共におかしくなるので関わることを一切拒否してます。どんなに言われようが今後一切関わりませんから。」

 

「子供か!」とか突っ込まれそうですが、この際周囲の評価なんて一切気にせずに自分の心身を優先してください。

意思表示をハッキリとせずに、ひたすら我慢し続けるということは現状に納得しているのと同様に見られますから、「コイツは厳しく接しても問題無い!」とか勝手に思われない為にも、しっかりと自己主張する必要があります。

たとえ他の上司から何を言われようとも、関わらない意思を貫き通したら、他の上司が「この状況はヤバイな」と思うようになり、パワハラ上司に対して何か改善策を出してくれるのかもしれません。

我慢することだけは何としてでも避けてほしい所です。

 

関連記事

 

一層の事キレてみる

上司からのパワハラ行為に対してどうしても耐えられないようであれば、思い切ってキレてみると、後から自分に対して気を遣う文化が生まれるのかもしれません。

たとえば上司から理不尽な暴力や暴言を受けた時は・・・

 

「テメェ!!いい加減にしろよ!!」

 

と大声で上司に叫んでみると、予想外の反撃にパワハラ上司は黙り込むのかもしれません。

上手くいけば、その後自分に対して何も言わなくなるのかもしれませんが、それと同時に会社から危ないヤツだと認定される可能性も無くはありません。

でも・・・孤立化させて簡単な仕事しかやらせてもらえないような事情に遭遇したら、それはそれで本職で頑張ることを放棄して副業に力を入れることでいつでも辞められるタイミングを形成できる良い機会になるのではないでしょうか。

職場でキレたことを良い機会に、自分の過ごしやすいような場所を作り出すことに挑戦してみることは、重い腰を上げられるチャンスになるかもしれませんよ。

大体意地汚い「大人のいじめ」なんか言われる行為をするヤツよりも、それに耐えきれなくなってブチ切れた人が悪く言われるのはおかし過ぎる文化だと思いますし、ブチ切れた人よりもこんな冷静で意地汚いヤツの方が世間では評価されるっていうのは理不尽極まりありませんよね。

どんな理由があれ、幼稚な対応をした方が社会の敗北者とかいうウ○コみたいなルールのせいで苦しめられた人は数多くいるでしょう。

中にはコレが原因でワンピースのドフラミンゴのように世間に対して恨みを持つようになって、犯罪を犯した人もいるのかもしれません。

私からしてみれば、たとえ幼稚だと言われようとも理不尽なイジメに対してキレて反撃することは間違いではないと思いますし、陰湿な「大人のいじめ」なんかして本来なら真面目な人をブチ切れさせた方が100%悪いと思っていますから、時にはキレることは仕方の無いことだと思っています。

 

 

こんなツイートがありましたが、現実っていうのは本当に残酷なモノだと感じますよね。

ああいう風潮は強者が弱者に対して一方的に納得させようと作りだしたモノだと私は考えていますので、たとえ幼稚だとか社会不適合者とか言われようとも気にする必要はありません。

こういう「大人のルール」とやらをズル賢く利用している強者はやりたい放題で弱者はひたすら我慢しなければならないとか理不尽にも程がありますからね・・・

キレたら負けという謎ルールのせいで弱者は一方的に我慢を強いられるのは、マジでおかしいとしか言いようがないです。

 

関連記事

 

上記の対処法が中々上手くいかない場合は転職する

会社に相談してもまともに取り合ってもらえず、上記の方法を行っても解決しない、中々実行に移せないといった事情があった場合は転職することをお勧めします。

こんなところで我慢して働き続けても給料が劇的に増えるといったパターンはありませんし、ましては仕事に対して特に目的意識を持つことが無く、ただ生活の為に何も考えずにやっているといった事情があったら、迷わず転職するべきですね!

こんなストレス解消で自分をサンドバックにしている上司の下で「我慢することが美徳」なんて風潮を真に受けたら相手の思う壺ですよ!

別に自分がやりたいことでも無ければ我慢しないほうが良いパターンの方が多いですからね。

むしろ我慢し続けて自分を追い込んだ結果、うつ病になって立ち直れなくなる方がヤバいですよ・・・

日本でうつ病の患者が年々増加しているのは、「我慢することが大人」「反撃したり逃げるヤツは幼稚」みたいな風潮のせいだと私は考えています。

こんな風潮なんて無理に受け止めても多くの人から評価される訳でも無いですし、自分が最善だと思う選択肢を取ったほうが良いかと思われます。

そこら中歩いている通行人に対して特に意識していないように、人間というものは他人に対して「どうでもいい」と思っています。

たとえ自分が常識を破って生きていようとも、常識を守って真面目に生きていようとも、自分の近くに歩いている通行人にとっては、キムタクやら菅田将暉でも無い限りは「どうでもいい」と思われているはずです。

特に有名人でも無ければ、風潮なんてまともに意識するだけ無駄であり、そんな他人からどうでもいいと思われている状況の中でも、多くの人に好かれたいと思って無理するのは心身に良くありません。

 

関連記事

 

上記の事情から、他人の声なんかよりも常に自分の声を優先するべきだと思っています。

なので、どうしても我慢出来なくて転職したいというのであれば、迷わず転職することは間違いではありません。

我慢し過ぎて自分を壊さないようにしましょう!

 

関連記事

 

まとめ:こんなヤツらに運悪く遭遇したら基本的に逃げるべき!

パワハラ・クラッシャー上司に運悪く遭遇した場合は、基本的に仕事と関係の無い話を投げかけてくるようであれば即座に背を向けて逃げるか、部署異動や転職を行って二度と会わないようにすることが大切です。

一度だけ会社に対して証拠を取り揃えて相談を持ち掛けるのは良い方法なのですが、証拠を取り揃えるまでパワハラに耐えなければならなく、精神的に辛いといった事例に遭遇するのかもしれません。

そんな時は無理しなくとも、逃げ続ける姿勢を取り続けてください。

こんな上司と関わり続けるだけでも、自分もパワハラ上司の末路と同じくらい悲惨な人生を歩むハメになりますから、同じレベルにならない為にも関わらないほうが身のためです。

 
Hiroki
今ではブラック企業を排除した未経験向けの転職エージェントが充実していますので、クラッシャー上司を放置するような底辺環境に二度と遭遇したくない方は迷わず利用することをオススメします。
 

  • この記事を書いた人

Hiroki

「クソ上司やブラック企業に立ち向かう全ての方を応援する」というコンセプトの下、社畜には見るにたえない汚らわしい記事を量産しています。

暴言ジイサン入りの介護施設(4か月)▶ゲーセンバイト(半年)▶ブラック転職事業(4か月)▶パワハラ有で年間休日77日年収200万円の中小企業(2年)と「ド」がつくほどの底辺環境を味わう。

【退職後】アウトドア・転職関連のメディア執筆3年▶雑記・転職サイト2件運営▶「シゴトイキタクナイ」運営【1年2か月目】最高月3万PV

>>底辺社畜時代の話

>>お問い合わせ

ハローワークを利用するだと?ちょっと待ってくれ!

「一度レールから外れた人間はブラック企業しか就職できない・・・」

「ハローワークの求人がブラック企業ばかりで就職する気力がなくなった・・・」

クッソ理不尽な社会の中でイヤでも生きていると身をもって体感できるよね。

「早期離職したら次の就職先が見つからない」という風潮は未だに根付いているほどですし

「3年以内に辞めようとする自分は欠陥人間なんだ・・・」

「どうせ自分は次にいってもやっていけない・・・」

と自分は価値のない存在だと思い込むあまり、ブラック企業から逃れたくても逃れられなかったり、逃れたとしても再び詐欺求人しか目に入らなくなるのはマジで辛いもんです。

でも・・・そんな化石みたいな風潮に捉われすぎる必要はないッ!

リーマンショックの時代とは異なり、現在はブラック企業を排除した未経験向けの転職エージェントが充実しています。

20代であれば誰でも参加することができますし、正社員経験のないニートやフリーターであっても歓迎要件です!

もちろん無料であり、ブラック企業を排除しているだけではなく、転職活動時のサポートや内定後のアフターサービスも充実し過ぎているほどのテンコ盛りです。

同じ無料サービスであるのにも関わらず、ブラック求人を平気で放置しているのに加え、非正規でやる気のない職員で溢れているハローワークと比較したら雲泥の差と言っても過言ではありません。

20代の既卒未経験であれば、迷わず以下の転職エージェントを利用することを強くオススメしますよ!

ブラック企業を徹底的に排除!入社後定着率業界NO1の「ウズキャリ」

独自の審査基準や利用者からのフィードバックでブラック企業を完全に排除!

平均20時間程度のサポートに加え、Google評価が平均して★4以上と高評価なのが「ウズキャリ」の強みだ!

首都圏のIT業界や営業の就職に強く、大阪・名古屋・福岡の求人も取り扱っているぞ!

「ウズキャリ」の詳細記事はコチラ

ブラック企業徹底排除のIT就職に特化した「ウズキャリIT」

ウズキャリのIT就職に特化したサービス。

ブラック企業を完全に排除しつつ、IT特化型の転職支援を受けられるのはココだけしかない。

27歳就業経験なしのひきこもりニートから年収350万円のベンチャー企業に就職した実績があり、定着率や内定率も業界でナンバーワンだ!

「コロナ禍を経て在宅勤務可能な業界に就職したいけど、資格や経験がないから応募しにくい・・・」

と悩む方に一番オススメだぞ!

労基法を守ったら潰れるような会社を排除!「第二新卒エージェントneo」

会社の財源情報をチェックすることで、労基法を守ったら潰れるような会社を排除!

求人数は12000以上とブラック企業の排除を公言している中では最多!

平均10時間程度のマンツーマンサポートも整えられているぞ!

「第二新卒エージェントneo」の詳細記事はコチラ

月収20万・年間休日120日以上の求人多数の「キャリアスタート」

月給25万円以下の20代の既卒・第二新卒・フリーター・ニートに特化している転職エージェント。

内定率86%・定着率92%と驚異的な実績を持っており、ブラック企業を排除した良質な求人を取り揃えている。

北海道から熊本県と北から南まで幅広く対応しているぞ!

「キャリアスタート」の詳細記事はコチラ

-人間関係の悩み
-,