人間関係の悩み

パワハラ上司を追い込む効果的な4つの方法【メンヘラになれば無敵だ!】

パワハラ上司を追い込む方法

 
悩男
クソ上司からパワハラを受けていて辛い・・・何としてでもクソ上司を異動に追い込めないか?
 

こんな悩みに答えていきたいと思います。

当記事の概要を簡単にまとめると、以下の通りです。

 

当記事の概要まとめ

  • パワハラ上司を退職・異動まで追い込む方法の紹介
  • 逆に自分から逃げたほうがいいパターンの紹介
  • 「大人はこうあるべき」という風潮への疑問視
 
Hiroki
当記事では「やり返したら同レベルになる」などの綺麗事は一切書いていないので、納得のいく対処法を見つけたい方に是非オススメです!
 

こんな方におすすめ

  • パワハラ上司に復讐したいと思っている
  • パワハラ上司への効果的な対処法を知りたい
  • 「やり返してはいけない」という風潮に疑問視を抱いている
 

当記事のボリューム

この記事は7000文字程度です

 

▼ブラック企業を徹底排除した転職エージェント▼

ブラック企業を徹底的に排除!入社後定着率業界NO1の「ウズキャリ」

独自の審査基準や利用者からのフィードバックでブラック企業を完全に排除!

平均20時間程度のサポートに加え、Google評価が平均して★4以上と高評価なのが「ウズキャリ」の強みだ!

首都圏のIT業界や営業の就職に強く、大阪・名古屋・福岡の求人も取り扱っているぞ!

「ウズキャリ」の詳細記事はコチラ

労基法を守ったら潰れるような会社を排除!「第二新卒エージェントneo」

会社の財源情報をチェックすることで、労基法を守ったら潰れるような会社を排除!

求人数は12000以上とブラック企業の排除を公言している中では最多!

平均10時間程度のマンツーマンサポートも整えられているぞ!

「第二新卒エージェントneo」の詳細記事はコチラ

月収20万・年間休日120日以上の求人多数の「キャリアスタート」

月給25万円以下の20代の既卒・第二新卒・フリーター・ニートに特化している転職エージェント。

内定率86%・定着率92%と驚異的な実績を持っており、ブラック企業を排除した良質な求人を取り揃えている。

北海道から熊本県と北から南まで幅広く対応しているぞ!

「キャリアスタート」の詳細記事はコチラ

 

パワハラ上司を退職・異動まで追い込む方法

パワハラ上司を退職・異動まで追い込む方法

 

 

①「お前のせいで死にたい」とド直球でパワハラ上司に伝える

パワハラ上司に精神的に追い込まれた時、少なからずとも「死にたい」という感情を持つことは割とあるかと思います。

どうしても我慢出来なくて自身のSNSやブログで「死にたい」と何度も告げてしまうこともありますよね。

でも・・・これって非常に勿体ないことだと思うのですよ。

ネット上やプライベートで関わる人間に対して「死にたい」と言い続ける生活が続けば、間違いなく周囲の人間を引き離してしまいますからね。

 

「こんなメンヘラ染みたヤツとこれ以上関わると私まで毒されてしまう!」

 

と誰しもが思うようなものですし。

パワハラ上司のせいでプライベートの人間関係をメチャクチャにされるなんて、全く持って意味が分かりません。

 

こういった「死にたい」という感情はプライベートで関わる人間ではなく、パワハラ上司に直接ぶつけてやりましょう。

 

たとえば・・・

 

「もういい加減やめてくれませんか!あなたの心無い発言によって夜も眠れないほど悩んでいるのですよ!」

「あなたのせいでこっちは死にたくなってるんだよ!」

「これ以上傷つけたら、会社のトイレの中で首をつってやりますよ?」

 

と・・・メンヘラが恋人に対して構ってちゃんアピールするかの如く、上記の言葉をクソ上司に投げかけるようにしてください。

 

上記の発言をパワハラ上司に投げかける際に忘れてはいけないのは、ボイスレコーダーでしっかりと録音するということ。

 

仮にクソ上司が下記の言葉を投げつけたら、あとあと診断書をもらう際や弁護士に訴える時に有利になりますからね。

 

「あぁ・・・別にお前が死のうがどうだって構わないよ」

「どうせ嘘なんだろ?お前なんかに死ぬ度胸なんてある訳がない」

 

バカ相手なら確実に上記の言葉を投げかけてきます。

 

もしもメンヘラ発言を行った後にパワハラ上司が自殺関与の発言を行ったら、即座に心療内科に駆け込んでください。

 

メンヘラ発言が記録された録音データやパワハラ上司から受けた具体的なパワハラ行為について告げれば、ほぼ確実に診断書を受け取ることができるはず。

 
Hiroki
診断書発行までは数か月かかることがあるので、出来るだけ早めに行動しましょう。
 

診断書をもらった後は、会社側(人事責任者や中小企業なら経営者)に診断書とメンヘラ発言を行った録音データ、パワハラ行為を思い出す限り詳しく書かれた日記帳を提出しつつ・・・

 

「私は○○さんの××といったパワハラ行為に精神的に限界が訪れました」

「もう自分がおかしくなりそうで、直接本人に対して伝えたのにこの有様です!」

「ハッキリと死ねと言われた気分です。これ以上仕事を続けると本気で自殺してしまいそうです」

「精神を落ち着けたいので、休職期間を取りたいです。」

「もう○○さんとは仕事をやっていけません・・・」

 

と・・・自分が直接異を唱えても解決しなかったことを説明しつつも、今の辛い心境を打ち明けます。

診断書を提出しつつも休職を申し出るということは、会社側に対して多大なプレッシャーをかけることができるので、嫌でも動かざるを得なくなることでしょう。

会社側は休職申請を受け止めるか、休職を思い留まるようにさせる代わりにパワハラ上司を異動・左遷(降格)させ、あなたのもとから無理やり引き離すかのどちらかの行動に移す可能性大です。

 

それに加え、クソ上司が自殺関与させて休職申請させるまで追い込んだということが会社内で噂となり、パワハラ上司への風当たりが強くなることでしょう。

パワハラ上司は逆に精神的に追い込まれることになり、居心地が悪くなって退職を告げることがあるのかもしれません。

 

このように、上司に対して直接メンヘラを演じるということは、スゲー絶大的な効果をもたらす可能性を潜めています。

 

SNSやネット上、プライベートの人間に対して「死にたい」と告げているのであれば、こういった対処法を自ら放棄していることになるので、非常にもったいないことです。

 

度重なる死にたいアピールを行って周囲を困らせる人間になるくらいなら、パワハラ上司に死にたいアピールを行って退職・異動に追い込む作戦に実行することを推奨します! 

 

②ハラスメント差し止め要求書を会社に送ってみる

パワハラに悩まされている場合は、会社に対してハラスメント差し止め要求書を送ってみるのも効果的です。

 

たとえば、以下のような文章を書き、本社宛てに送ってみましょう。

 
 

ハラスメント差し止め要求書

 

私は、令和3年1月ごろより、××課の〇〇氏から度々パワーハラスメント行為を受けています。

簡単にまとめると、「お前はバカか?」「お前は無能」「お前の代わりなんていくらでもいる」など言われつつも過度に叱責を受ける、××氏が招待する飲み会に参加を断ってから明らかに自分にだけ罵言を吐きつつも厳しくあたるなどのハラスメント行為を受けました。

このことから私は心身共に疲弊しており、自殺未遂を行っているような状態なので業務に支障が出るばかりです。

つきましては、ハラスメント行為の早急な中止勧告を直接××さんに伝えるよう要求します。

尚、解決が見られない場合は、都道府県が管轄する労働局に当案件について報告致します。

これ以上ハラスメント行為を受け続けると心身共に限界が訪れるので、出来るだけ業務に支障を出したくはありません。

誠に勝手ながらのお願いで申し訳ございませんが、宜しくお願いします。

 

令和3年2月26日

あなたの住所

あなたの名前 印

 

会社の住所

会社の名前

社長か人事責任者の名前

 
 

この方法は直接相手とやり取りする手間が省ける為、パワハラ上司に直接物申す勇気が出ない方にとってはオススメです。

また、自力でパワハラ問題を解決しようとしても解決できなかったといった証拠も作れます。

 

万が一差し止め要求に応じなかった場合、労働局に報告したら解決の為に動いてくれる可能性が高まりますので、何も行動せずに労働局に駆け込むよりも遥かにマシな状態になりますよ。

(その為に解決しなかったら労働局に報告する旨を記入した)

 

あとあと要求書の最後に書かれた人物から呼び出しを受けることがあるのかもしれませんが、その際はしっかりと録音を忘れないようにしてください。

 

「あの人はお前の為を思って指導しているんだ!」

 

とかパワハラ上司を支持するような発言をしたら、有利な証拠を獲得することができますから。

 
「お前のためを思って」とほざく上司は見限るべきモラハラ野郎だ!

続きを見る

 

③パワハラ上司が原因で退職したいと告げる

人間関係が原因で退職したい場合においても、世間からは会社が不快にならないような退職理由を言うように強引に押し付けられていますよね。

 

でも・・・パワハラ問題の解決を会社側に促したいというのなら、綺麗な退職理由なんて考えるだけでも無駄です。

 

もしもあなたがパワハラ上司が原因で仕事を辞めたいと強く思っているのなら、パワハラ上司が原因で退職したいとハッキリと告げましょう。

 

上司が原因で退職を告げる際は、具体的にどんなパワハラ行為を受けたのかについて5W1H(いつどこで誰が何を何故どんなに)で答えられるようにし、可能な限り録音データや日記帳の記録を用意するようにします。

うまくいけば、メンヘラ作戦で休職したいと言うのと同様、退職を思い留まるようにさせる代わりにパワハラ上司を異動・左遷させ、あなたのもとから無理やり引き離してくれるでしょう。

それに加え、パワハラ上司が原因で辞めたいと告げたことで、パワハラ上司の評価を下げることも出来るのかもしれません。

 

何も自分だけが犠牲になる必要なんてありません!

憎い相手に損害を与えてやるつもりで退職をちらつかせつつも、会社側に問題解決を強引に押し付けるように説得しましょう!

 

④これらが無駄なら証拠を取って弁護士に訴える

今までの対処法を全て行ったとしても、パワハラ上司の悪行が解決しないというのなら、弁護士に助けを求めましょう。

 

仮に当記事に記載されている対処法を全て行ったのなら、十分過ぎるほどに行動しています。

これ以上あなたが動いたところでパワハラ問題が解決することはないはず。

 

自殺未遂を行って診断書を貰ってもパワハラ問題が解決しないのに加え、会社側に助けを求めても我慢を強要してくるのであれば、精神的損害を与えたのことで慰謝料を請求してください!

 

本気で憎いのであれば、赤字覚悟でも戦ってスッキリした方が絶対に良いです。

一生物のトラウマを抱え、変えられない過去に永遠と捉われるくらいなら、数十万の裁判費用や弁護士費用くらい安いものですしね。

ここで行動に移さなければ、次の環境でパワハラ上司や嫌なヤツに遭遇した場合においても、何も出来ずに更なるトラウマを生むだけですから。

 

あと・・・慰謝料を獲得することを目的とするのではなく、相手や会社に対して「コイツに逆らったらヤバイ」と思わせることを優先的に考えたほうが良いです。

 

仮にあなたが訴訟まで行動することが出来れば、今後会社に対してかなりの抑止力となりますからね。

パワハラっていうのは、逆らってこないと判断している相手に対して行われるようなものですし。

更に一度裁判で争うということを体験したら、次の環境においても不利益を受けたら徹底的に争う姿勢というのが身につきます。

コレでパワハラやいじめが怖くなったり、耐え続けて悲観的な性格に陥ることが一切なくなることでしょう。

 

なので、今後ともパワハラ上司に悩まされたくない場合は、自分が出来る範囲で直接相手と戦った後、無駄だと判断したら容赦なく弁護士に助けを求めることを習慣化するよう努力してみてください!

 

対処を行わずに即座に自分から逃げたほうが良いパターン

パワハラ上司を追い込む方法3

 

①会社自体がパワハラ気質で解決しようがない

会社自体が「伝統」とやらにやたらと拘り、先輩が後輩を「かわいがる」という名目でいじり倒すような文化が根付いていたら、解決に移そうとするだけで無駄なことです。

こんな会社だと、たとえ「○○さんが原因で退職したい」なんて告げたとしても

 

「お前の根性が足りないからだ!人のせいにするな!」

「そんな腑抜けた根性じゃどこにいってもやっていけないぞ!」

「親に甘やかされて育ったのかな?」

 

とか抜かされ、根性と忍耐を押し付けられるのがオチですからね。

 

自分だけではなく、自分以外の同期や後輩も先輩にいじり倒されるような状況に遭遇している場合は、会社自体がパワハラ気質である危険性が高いです。

 

たとえ自分だけがパワハラ解決の為に行動に移したとしても、自分だけ先輩から見放されるような存在と化し、浮いた存在となったり、孤立化してしまうことは無くはありません。

どっちにしても不幸な運命を辿るくらいなら、その環境から真っ先に逃げることが最善ですよ。

 
Hiroki
まぁ・・・ただ逃げるだけでは気が済まないと思うので、最後くらいは会社の内部の事情について転職サイトの口コミでボロクソに叩いてやりましょう。
 
体育会系企業の特徴7選!ブラックな環境であれば即逃げるべし!

続きを見る

 

②社長自身がパワハラを見て見ぬ振りをしている

社長自身がパワハラを見て見ぬ振りしているのなら、コレもまた解決しようがないです。

 

実際に私の前職の社長はまさにパワハラを見て見ぬ振りするような人物でした・・・

前職ではSさんといった外販担当の先輩がいたのですが、私が入社する前に当時の上司から殴る蹴るの暴行を受けたり、胸くらを掴まれて怒声を浴びせさせるなどのパワハラ行為を受けたのにもかかわらず・・・

 

「仕事に関する知識は全て聞こう!それ以外は全て聞き流せ!」

 

と・・・社長はこれらの行為を受けていることを知りながらも、Sさんに告げたことがあったというね。

(何故入社前の話を知っているのかというと、社長が入社式や面接という場で自慢気にSさんのストーリーを語っていたからです)

 
パワハラを乗り越えた社員を入社式で自慢するような環境はヤバイと断言しよう!

続きを見る

 

パワハラじみた指導を「苦労」だと判断し、それを乗り越えるような社員が賞賛されるような環境では、直接会社に対して異を唱えても解決は困難でしょう。

 

しかも、こういう会社に限って薄給激務の傾向があり、賞賛に値した社員を意地でも辞めにくくさせる傾向があるので、乗り越えたところで不利益を押し付けられるだけなのですよね。

(因みにSさんは会社でたった一人の外販担当なのに、月給はたったの13万円という酷い待遇)

 

社長がパワハラを見て見ぬふりしている会社なんて、さっさと辞めた方が無難です。

 

③パワハラ上司に直接意見を言える勇気が出ない

もしもあなたが当記事の対処法を行う勇気が出ず、パワハラ上司に直接意見を言える勇気が出ない状態なら、今すぐ部署異動か転職を行うのが最善です。

パワハラ上司の下で何もせずにひたすら耐え続けるということは、飢えた猛獣のオリの中に入れられ、じわじわと食い殺されるのと同じようなものですしね。

 

パワハラ上司の腹を満たす存在になりたくなければ、食われる前にもオリの中(今の職場)から意地でも逃げ出しましょう。

 

実際に私はパワハラおばちゃんと呼んでいる存在からパワハラを受けた際は、真っ先に部長に対して異動の要請を行い、店舗から経理事務に異動して素早く逃げました。

経理事務に異動してからは仕事が自分に合っていましたし、何よりも茅野愛衣に近いボイスの優しい女性が上司になったので、まるで地獄から天国に這い上がった気分になりましたよ。

直接戦う勇気が出なかったら、逃げるが勝ちです。

 
Hiroki
今すぐ即日退職したい方は以下の記事の一読をオススメします。
 
正社員の即日退職は違法か?退職日まで有給・欠勤扱いなら問題ない!
「明日から行かない」という辞め方は問題ナシ!嫌な会社は有給全消化・欠勤扱いしてでも即日退職しろ!

続きを見る

 

▼即日退職希望者向けのオススメサービス▼

労働団体運営で安心!最安値で即日退職に最も力を入れている「退職代行SARABA」

料金は一律25000円と労働組合が運営している中では最安!

業界最高峰の知名度で累計退職者数が15000人を超え、退職成功率が100%!

即日退職の成功率も高く、「明日から会社に行きたくない・・・」と思う方は是非利用するべきだ!

有給消化成功率98%!

「退職代行SARABA」の詳細記事はコチラ

 

退職後にウズキャリ利用で祝い金5万円が貰える「男の退職代行」

男性専用の退職代行サービス。

退職後に提携転職エージェントで転職成功したら最大5万円の祝い金(キャッシュバック)が貰える!

ブラック企業を完全に排除した20代未経験向けの転職エージェントである「ウズキャリ」と提携しているので、退職後に転職活動したい方は選ばない理由は無いぞ!

月額3300円のサブスクリプションサービス(1年で2回まで利用出来る)も用意しているので、お金が無い方でも今すぐ利用出来る点も良いところだ!

「男の退職代行」の詳細記事はコチラ

 

「男の退職代行」が女性向けのサービスとなった「わたしNEXT」

「男の退職代行」は男性限定ですが、コチラは「男の退職代行」が女性限定となったバージョン。

サービスや料金はもちろん「男の退職代行」と同じであり、唯一異なる点は女性特有の悩みを考慮しているということ。

「男の退職代行」のサービスを女性の方が受けたいのであれば、迷わず「わたしNEXT」を利用しよう!

「わたしNEXT」の詳細記事はコチラ

 

弁護士運営で未払い賃金請求可!もっとも安心出来る「みやびの退職代行」

料金は55000円であり、信頼度や実績から見ると、弁護士が運営している中ではかなり安い!

弁護士が運営しているので非弁行為で訴えられる心配はゼロだ!

通常の退職代行だと出来ない「残業代や退職金の請求」や「会社都合退職の変更交渉」を承っているぞ!

精神的に追い込まれるようなブラック企業に勤務しているのなら、迷わず利用しよう!

「みやびの退職代行」の詳細記事はコチラ

 

「大人はこうあるべき」という洗脳のせいで行動に移せない害悪文化

 

これまで数々のパワハラ上司への対処法を紹介しましたが、中々実行に移せないことってありますよね?

実際に私も過去にパワハラ上司に何もすることが出来ずに逃げた身ですから、その気持ちはスゲー良く分かります!

 

なんというか・・・パワハラ上司に直接物申すよりも、自分が反撃の行動に移したことによって周囲から白い目で見られる方が怖いと思うよね。

 

世の中は「やり返してはいけない」「大人の対応を貫くべき」といった風潮が根付いている以上、周囲の目線が気になって行動に移せないのは仕方ないものです。

他人を平気で傷つけるような相手に対しても、穏便に対応すれば

 

「大人の対応だ!」

「あなたは精神年齢が高い!」

 

と賞賛されることがありますから、無理をしてでも自分を犠牲にしたくなるようなものですからね。

逆に自分に危害を加える相手に容赦ない対応を貫いた場合は・・・

 

「あなたは相手と同レベルだ!」

「精神年齢が低いお子様ですか?」

「相手もクソだけど、お前も相当ダサイよな」

 

とか言われ、何故か自分まで批判されるのですよ。

 

こういった「大人はこうあるべき」といった風潮のせいで、本来の自分を引き出せなくなることは良くあることかと。

それから世間の言う通りに不本意な対応を貫いたことで、相手に何も損害を与えることなく、自分だけ一生モノの後悔を抱くといった現象が発生するのは、もはや定番のパターンです。

 

上記の事情から、「大人はこうあるべき」っていう理想を押し付ける風潮っていうのは、弱者にとってはマジで害悪文化にしか見えないのですよね。

 

だって・・・自分に危害を加えている相手に対して何もせずに野放しにするっていうことは、相手側にとって非常に都合が良いことだし。

まるで強者が面倒事なく生きられるよう、弱者に対して「立派な大人」という輝かしい肩書を与えることで、自己満足に浸らせるように洗脳しているようにしか見えないのですよね。

逆に強者にとって都合が悪くなれば「常識が分からないお子様」「精神的に幼い」といったレッテルを貼ることで、いとも簡単に相手の思い通りに従わせることが出来ますし。

 

もう精神年齢が幼いほうが楽しく生きられるんじゃないのかなと思うくらいです。

それなのに、世間ではお子様とレッテルを貼られた人に対しては非常に冷たい理由からか、ありのままの自分を無理やり変えてでも強者にひれ伏すというね。

 

世にも奇妙な物語みたいに「オトナ免許」という資格がある訳でもないし。

あなたが政治家や有名人でもない限り、あなたの些細な行動なんて世間にリークされることは絶対にないし。

ぶっちゃけ、そこまで気にする必要あるの・・・?

 

「大人はこうあるべきだ」という洗脳は本当に良くできたモノだと思います。

 
Hiroki
相手がクソ野郎なら過激な対応、相手が自分に対して好意的なら紳士的な対応を心がけるのが、ストレスフリーで最善かと。
 
ウンコ
「大人になれ」というウンコみたいな価値観は無視するべき理由を語る!

続きを見る

 

まとめ:メンヘラを演じることが一番効果的な対処法だ!

 

パワハラ上司に悩まされているのなら、メンヘラを演じることが一番効果的です。

 

パワハラ上司が原因で「死にたい」とSNSやプライベートの人間にアピールするくらいなら、直接上司に対してアピールした方が圧倒的に良いですしね。

パワハラ上司っていうのは相手の辛い気持ちが分からないことが殆どですから、直接嫌悪感を示すことで事の重大さに気づき、改善に向かうことがあります。

更に上司が「死にたいなら勝手にしろ!」という自爆発言を誘発させることも可能となり、事を大きくすることも出来るので、一石二鳥です。

 

別にパワハラ上司みたいなヤツに落ち着いた対応なんて行う必要はありません。

 

相手の辛い気持ちを簡単に理解出来ないようなヤツに対しては、過激な対応を行うのが一番なのです!

 

例えるのなら、東日本大震災クラスの津波が首都圏にやってくるとして

 

「津波です!早く逃げてください!」

「バカ野郎!早く逃げろよ!死にてぇのか!」

 

避難勧告を出す際にどっちかの言葉を選べと言われたら、後者の方が生存率が圧倒的に高くなるようなものですからね。

津波警報と同じように、パワハラに関しても感情的に訴えた方が、事の重大さを相手に気づかせるのに有効的なのです。

だからこそ、下手に大人の対応とやらを貫くよりも、メンヘラを演じたほうが圧倒的に良いのです。

 
Hiroki
自分だけが後悔しない為にも、パワハラ上司に対しては何かしら損害を与えてやるつもりで徹底的に争う姿勢を貫きましょう!

  • この記事を書いた人

Hiroki

「クソ上司やブラック企業に立ち向かう全ての方を応援する」というコンセプトの下、社畜には見るにたえない汚らわしい記事を量産しています。

暴言ジイサン入りの介護施設(4か月)▶ゲーセンバイト(半年)▶ブラック転職事業(4か月)▶パワハラ有で年間休日77日年収200万円の中小企業(2年)と「ド」がつくほどの底辺環境を味わう。

【退職後】アウトドア・転職関連のメディア執筆3年▶雑記・転職サイト2件運営▶「シゴトイキタクナイ」運営【1年2か月目】最高月3万PV

>>底辺社畜時代の話

>>お問い合わせ

ハローワークを利用するだと?ちょっと待ってくれ!

「一度レールから外れた人間はブラック企業しか就職できない・・・」

「ハローワークの求人がブラック企業ばかりで就職する気力がなくなった・・・」

クッソ理不尽な社会の中でイヤでも生きていると身をもって体感できるよね。

「早期離職したら次の就職先が見つからない」という風潮は未だに根付いているほどですし

「3年以内に辞めようとする自分は欠陥人間なんだ・・・」

「どうせ自分は次にいってもやっていけない・・・」

と自分は価値のない存在だと思い込むあまり、ブラック企業から逃れたくても逃れられなかったり、逃れたとしても再び詐欺求人しか目に入らなくなるのはマジで辛いもんです。

でも・・・そんな化石みたいな風潮に捉われすぎる必要はないッ!

リーマンショックの時代とは異なり、現在はブラック企業を排除した未経験向けの転職エージェントが充実しています。

20代であれば誰でも参加することができますし、正社員経験のないニートやフリーターであっても歓迎要件です!

もちろん無料であり、ブラック企業を排除しているだけではなく、転職活動時のサポートや内定後のアフターサービスも充実し過ぎているほどのテンコ盛りです。

同じ無料サービスであるのにも関わらず、ブラック求人を平気で放置しているのに加え、非正規でやる気のない職員で溢れているハローワークと比較したら雲泥の差と言っても過言ではありません。

20代の既卒未経験であれば、迷わず以下の転職エージェントを利用することを強くオススメしますよ!

ブラック企業を徹底的に排除!入社後定着率業界NO1の「ウズキャリ」

独自の審査基準や利用者からのフィードバックでブラック企業を完全に排除!

平均20時間程度のサポートに加え、Google評価が平均して★4以上と高評価なのが「ウズキャリ」の強みだ!

首都圏のIT業界や営業の就職に強く、大阪・名古屋・福岡の求人も取り扱っているぞ!

「ウズキャリ」の詳細記事はコチラ

ブラック企業徹底排除のIT就職に特化した「ウズキャリIT」

ウズキャリのIT就職に特化したサービス。

ブラック企業を完全に排除しつつ、IT特化型の転職支援を受けられるのはココだけしかない。

27歳就業経験なしのひきこもりニートから年収350万円のベンチャー企業に就職した実績があり、定着率や内定率も業界でナンバーワンだ!

「コロナ禍を経て在宅勤務可能な業界に就職したいけど、資格や経験がないから応募しにくい・・・」

と悩む方に一番オススメだぞ!

労基法を守ったら潰れるような会社を排除!「第二新卒エージェントneo」

会社の財源情報をチェックすることで、労基法を守ったら潰れるような会社を排除!

求人数は12000以上とブラック企業の排除を公言している中では最多!

平均10時間程度のマンツーマンサポートも整えられているぞ!

「第二新卒エージェントneo」の詳細記事はコチラ

月収20万・年間休日120日以上の求人多数の「キャリアスタート」

月給25万円以下の20代の既卒・第二新卒・フリーター・ニートに特化している転職エージェント。

内定率86%・定着率92%と驚異的な実績を持っており、ブラック企業を排除した良質な求人を取り揃えている。

北海道から熊本県と北から南まで幅広く対応しているぞ!

「キャリアスタート」の詳細記事はコチラ

-人間関係の悩み
-,