社畜批判 洗脳予防

「とりあえず3年働け」は嘘だと断言する!不向きなら即座に辞めるべき!

石の上にも3年

新入社員で働くと先輩からこんなことを言われると思います。

 

「とりあえず3年働け!3年働いたら仕事が楽しくなるし、今まで見えてなかったものが見えてくる」

「最低でも3年以上働かないと転職で不利になる」

「どんなに辛いことがあっても3年は乗り越えるべきだ!」

 

と・・・やたらと3年以上働くことに拘ることが現実社会では多いですね。

実際に私も前職で入社式で私が新入社員代表としてスピーチしていた時に寝ていた部長から言われたことがありましたね・・・

何も知らない新卒がこういった言葉を聞くと

 

「何があっても3年我慢して働き続けよう」

 

と真に受けてしまいがちです。

結論を言うと、こんな言葉なんて真に受ける必要がありませんし、ましては業界自体興味がない・仕事がつまらない・周りよりも能力が明らかに劣っていて職場から問題児扱いされるのなら、無理に3年も続けずに就職活動を継続するべきですね。

下手したら自分が仕事が出来ないことに対してサンドバックにされて精神的にやられてしまうので、そうなる前にも自分が向いている職場を探す必要があるのです。

今回は「仕事は3年続けるべき」という風潮について書いていきます。

こんな方におすすめ

  • 「石の上にも3年」という言葉に疑問視を抱いている方
  • 3年も今の会社で働くことに我慢出来なくなった方
 

▼ブラック企業を徹底排除した転職エージェント▼

ブラック企業を徹底的に排除!入社後定着率業界NO1の「ウズキャリ」

独自の審査基準や利用者からのフィードバックでブラック企業を完全に排除!

平均20時間程度のサポートに加え、Google評価が平均して★4以上と高評価なのが「ウズキャリ」の強みだ!

首都圏のIT業界や営業の就職に強く、大阪・名古屋・福岡の求人も取り扱っているぞ!

「ウズキャリ」の詳細記事はコチラ

労基法を守ったら潰れるような会社を排除!「第二新卒エージェントneo」

会社の財源情報をチェックすることで、労基法を守ったら潰れるような会社を排除!

求人数は12000以上とブラック企業の排除を公言している中では最多!

平均10時間程度のマンツーマンサポートも整えられているぞ!

「第二新卒エージェントneo」の詳細記事はコチラ

月収20万・年間休日120日以上の求人多数の「キャリアスタート」

月給25万円以下の20代の既卒・第二新卒・フリーター・ニートに特化している転職エージェント。

内定率86%・定着率92%と驚異的な実績を持っており、ブラック企業を排除した良質な求人を取り揃えている。

北海道から熊本県と北から南まで幅広く対応しているぞ!

「キャリアスタート」の詳細記事はコチラ

会社がやたらと3年に拘る理由は?

会社がやたらと3年に拘る理由は何なのだろうか?

たとえ自分が仕事が出来なくて職場から邪魔な存在だと思われても・・・

 

「今辞めるのは勿体ないよ!せめて3年続けてからにしようよ。そしたら何か見えてくるよ」

 

と言われて引き留められることが多いので、なんだかおかしいですよね。

本人からしてみれば、こんな仕事が出来ないとか言われてディスられる環境なんてとっとと辞めたいと思うのですが・・・

会社がヤケに3年に拘る理由は以下の通りです。

 

会社がやたらと3年に拘る理由

  • 石の上にも3年という諺を真に受けてる会社が多い
  • 離職率を減らしたい目的がある
  • 自分が我慢した経験があるからお前も我慢しろという押し付け
 

それぞれ解説します!

石の上にも3年という諺を真に受けてる会社が多い

世の中には「石の上にも3年」という冷たい石の上に3年も座っていれば暖まるとかいう意味の諺がありますよね。

コレを仕事版で比喩したものが

 

「3年仕事を続ければつまらない仕事でもその内楽しくなる」

「3年仕事を頑張れば今は仕事が出来ない人でも評価されるようになる」

 

と・・・仕事を3年続ければ誰だってスーパーマンになれるみたいなことを押し付けられます。

こういう諺自体真に受けて新入社員に押し付けるといった先輩は意外と多く存在します。

私自身は「石の上にも3年」は個人差があると思いますし、人によっては正解だけど人によっては間違いなことだってあるのですよね。

自分が得意で興味がある分野の仕事が出来るような環境であったら、入社してから1年経たずに他の先輩よりも明らかに仕事が出来るようになりますし、逆に別に興味が無くて苦手な分野だったら、たとえ3年経とうが会社からは

 

「お前は仕事が出来ない」

「仕事が出来ないヤツに権利を主張する資格はない」

「後輩に追いつかれて恥ずかしいとは思わないの?」

 

とか言われるので、こうやって永遠と「仕事が出来ないヤツ」扱いにされて悩まされることになり、こんな状況に陥ったら長く仕事を続けるだけ逆に損することになりますね。

こんな結果が出ないと努力が認められない世の中だと「石の上にも3年」は間違いだと断言しますし、全ての職場で真に受ける必要なんて無いのですよね。

「石の上にも3年」は結果を出した人のみが認められるようなモノですから、いつまでも問題児扱いされる上にこんな環境で頑張ったとしても結果が出ないと判断したら、出来るだけ早い内に辞めるべきなのです。

 

関連記事

離職率を減らしたい目的がある

会社がやけに3年に拘る理由として、離職率を減らしたいという事情もあります。

離職率というのは入社してから3年を基準としていることが多く、会社にとっては

 

「優秀な人材を集める為にもこの割合をなんとしてでも減らしたい」

 

という思惑があるのは目に見えて分かりますよね。

それで・・・入社した人に対して必ずと言ってもいいほど何かと理由をつけて3年働くように言われるのです。

上司からは「お前の為」だと言われるように押し付けられてきますが、本心を見たら会社のご都合主義なのです。

自分が我慢した経験があるからお前も我慢しろという押し付け

やたらと根性論とやらに拘る上司だと

 

「俺はたとえパワハラを受けたとしても3年以上続けたぞ!お前にはもっと苦労してもらわないとな!」

 

とか思いつつも、仕事を何としてでも3年以上続けさせるように押し付けてきます。

こういうヤツは自分が過去に苦労した経験からして楽している人を見ると許せないような気分になり、有休申請に対して「取れるもんなら取ってみろ」と開き直って拒否を押し付けることがありますし、定時に帰ろうとすると文句ばかり垂れ流してくるので、関わるだけでも疲れるパターンです。

こんな上司がいる職場だと自分まで上司と同じような性格にされてしまうことがあるので、危ないと言っても過言ではありません。

 

関連記事

3年も仕事を続ける必要が無い理由

次に仕事を無理に3年も続ける必要が無い理由について書きます。

基本的に自分がやりたくもないような仕事を行っている上に生活の為に割り切ってやっているといった事情があったら早めに転職した方が無難ですね。

もっと詳しい理由をあげるとしたら、以下の通りです!

 

3年も仕事を続ける必要が無い理由

  • つまらない仕事を続けたら会社に迷惑になるのは目に見えている
  • 向いていない仕事を無理に続けたとしても、問題児扱いされるのがオチ
  • 第二新卒と呼ばれる時期を逃してしまう方が深刻
  • 異業界に転職するなら3年働いたとしても未経験扱いにされる
 

それぞれ解説します!

つまらない仕事を続けたら会社に迷惑になるのは目に見えている

「仕事を3年以上行ったら仕事が楽しくなる」

 

なんて言葉をよく聞きますが、最初から「こんな業界の仕事なんてつまらなくてやりたくもない」と思ったら、将来も同じような環境が続くのは目に見えていますよね。

やる気というのは環境を変化しないと引き出せないものです。

特に私みたいなADHDなどの発達障害の傾向を持っている方は好きな仕事にしか拘ることが出来ないので、最初からつまらないと思ったら3年も乗り越えられる気力なんて沸きませんからね。

最初から楽しい仕事であれば、どんなに辛いことがあってもプライドを持って仕事に臨むことが出来るので、3年を乗り越えるなんて容易いことです。

仕事が楽しければ常にPDCAサイクルを意識して向上心を持つことが出来ますし、最初から仕事がつまらないと思っている人よりも成長速度が圧倒的に速いので、結果的に自然と周りからの評価が高くなる中で仕事を行うことが出来ます。

その反面、仕事がつまらないと思ったらどうしてもやる気というものが出ないので、ただ何も考えずに仕事を行ってつまらない時間を乗り越えようというような思考になり、結果的に指示待ち人間となって上司から問題視されるパターンが多いです。

上司から問題視され続ける仕事生活を送ってしまうと、勤続年数が増える毎にさらに仕事がつまらなくなってしまうループに陥ることになり、この状態で3年も働いたら間違いなく病みます・・・

上記を踏まえれば、仕事がつまらない状態で我慢して働き続けると、会社に貢献するどころか、かえって迷惑になってしまうことがありますね・・・

つまらない仕事を続けるメリットというのは本当に無いので、無理してつまらない仕事を3年も続けて会社に迷惑をかける必要はありません。

向いていない仕事を無理に続けたとしても、問題児扱いされるのがオチ

「苦手な事を頑張って克服しようとすることは素晴らしい努力だ!」

 

なんてよく言われますが、こんなの空想上のモノで現実は結果が出なければこういった努力なんて一切認められません。

上記のような環境だと、結果が出るまで問題児扱いにされ、結果が出ない期間が長くなればなるほど取り返しがつかなくなります。

このような辛い現実の中、自分の不向きな仕事を頑張って3年も続けたところで結果なんて出る訳がなく

 

「アイツは学習能力がない!ちゃんと指導するべきですよ~」

 

と・・・自分の努力を認められることが無いまま、周りの上司から陰でバカにされるような未来しか見えません。

はじめから不向きだと思った仕事なんて3年経っても不向きのままであることが多いので、下手したら・・・

 

「3年経っても仕事が出来ないような無能なヤツ」

「後輩に追いつかれて恥ずかしくないのか?」

 

とか永遠と責められるハメになります。

3年我慢して頑張ったらたとえ結果が出なくても努力が認められるような環境であればまだマシなのですが、現実は結果が出ない期間が長くなればなる程問題児扱いにされるのがオチであり、こんな環境で無理に3年も頑張り続けるだけ無駄です!

仕事が出来る人と出来ない人の差は大体試用期間で分かって来るので、試用期間で他の同期と比較して明らかに上司にディスられてるような環境の中で働くと、会社から問題児扱いされるような結末を迎えてしまう可能性が高いです。

こんな上司から日々責められる中で仕事を我慢して続けた結果、自分が仕事が出来ないヤツだと自覚してしまうようになったら、「仕事が出来ない」というワードを聞く度に憂鬱になってしまうハメになるので、「ここでは結果が出ない」と確信した環境で無理に頑張ることは本当にお勧めできません。

実際に私が前職で勤務していた時は経理事務で働くまで苦手で不向きな仕事に遭遇したことが多く、それが原因でパワハラまで発展したことがあり・・・

 

「自分は仕事が出来ないヤツなんだな・・・」

 

と・・・落ち込むハメになった上に、ネットで「仕事が出来ないヤツの特徴」とか見る度に自分を照らし合わせて更に病んだ時期があったので、最初から仕事が出来ないヤツ扱いにされるような職場なんて長く働くだけでも時間の無駄だと確信しましたよ。

「石の上にも3年」なんて冒頭で言ったように結果を出した人にしか認められないので、我慢して仕事を頑張る気力があるのなら、「ここなら結果を出せる・勝てる」と確信した環境のみにエネルギーを使うべきです!

 

関連記事

第二新卒と呼ばれる時期を逃してしまう方が深刻

巷では既卒3年以内の人を「第二新卒」と言い表しています。

近年になって転職市場が拡大した背景から生まれた言葉なのでしょう。

たとえ短期間で前職を辞めても、今話題の転職エージェントを利用したら、未経験で新たな業界に踏み入れられることが普通に行えるので良い時代となりましたよね。

第二新卒だと定着出来る会社かどうか、自分はここで仕事が出来るかどうかの判断をする為に業界を転々としやすい時期なので、出来るだけ逃したくないところです。

しかし・・・3年も働いてしまえば第二新卒を逃してしまうことになります。

特に自分がやりたくもないような仕事を我慢して続けたというのなら、後述するように別業界の転職に圧倒的に不利となってしまうので、やりたくもないような仕事なんて続けるだけでも後悔するハメになります。

業界を転々と移動出来る時期を易々と逃すことになったら、その方が深刻ですよね・・・

会社の離職率を減らしたいという口車に乗せられ

 

「つまらない仕事を3年以上続けたら第二新卒を逃してしまった・・・」

 

なんてことにならないようにしましょう!

別業界に転職するなら3年働いたとしても未経験扱いにされる

同じ会社で3年以上仕事を続ける大きなリスクとして、別業界で転職する際に前職の経験が無駄になってしまうことがあります。

たとえば業界自体がブラックな場所で3年以上働いて自分が興味のある業界の会社の求人票を見た時に・・・

 

「○○の分野での実務経験2年以上」

 

なんて記載があったらスタート地点に立つことすらできませんし、前職で働いた3年とは何だったのかとしか思えなくなりますよね。

上記を踏まえたら、別業界に転職する際は前職の経験なんて未経験に等しい上に、同じような条件なら年齢が若い方が重宝されることがあるので、転職で不利となってしまいます。

もしも前職を3年も続けることなく、1年で辞めて興味ある業界で2年以上働けば、実務経験2年以上の会社に応募し、内定を得られたのかもしれません。

特に20代は異業界の転職がほとんどですので、自分が嫌だと思った環境に3年以上も定着する必要はありません。

下手に仕事がつまらない上にブラックな業界に長年定着してしまったらサラリーマン人生が終わったのと同然となってしまいますから、20代の内は勝てる環境が見つかるまではひたすら転職を惜しまないことが最善です!

まとめ:最初から結果を出せる環境を見つけるまで就職活動は終わらない

就職活動という人生最大のイベントは最初に入った会社がゴールではなく、「ここで結果が残せる・勝てる」と確信した環境に定着するまでは永遠と走り続けなければなりません。

新卒で入社した会社で早い内に会社から評価され、競争社会で余裕で勝てるような環境だと確信出来れば、そこを就職活動のゴールと定めても良いのですが、苦手な仕事を嫌々と行う挙句、結果を出せずに会社から問題児扱いされるような環境だと転職を惜しんではなりません。

一定の期間を経て平均よりも結果が出せないと確信したら、即座に新しい分野に挑戦することが大切です。

目指すは頑張らなくとも平均以上です。

結果さえ出れば、たとえ頑張らなくとも努力が認められて評価されるような社会なので、自分が勝てると自信を持った環境でエネルギーを使うことを意識すると、人生がイージーモードになると思います。

実際に私は超苦手な商品の紙包装が2週間頑張っても出来ないことが原因でパワハラに発展しましたから、世の中結果が全てなんだということを実感しましたからね。

結果が出ないような環境で無理に頑張っても、こうやって周りからバカにされるのがオチです・・・(努力が認められないのは本当に理不尽としか言いようが無い)

あんな体験は二度と起こしたくないですね・・・

なので、無理に仕事を3年も続けるのではなく、最初から同期や先輩と比較して圧倒的に結果を残せるような環境が見つかるまで就職活動を継続するように意識しましょう!

  • この記事を書いた人

Hiroki

「クソ上司やブラック企業に立ち向かう全ての方を応援する」というコンセプトの下、社畜には見るにたえない汚らわしい記事を量産しています。

暴言ジイサン入りの介護施設(4か月)▶ゲーセンバイト(半年)▶ブラック転職事業(4か月)▶パワハラ有で年間休日77日年収200万円の中小企業(2年)と「ド」がつくほどの底辺環境を味わう。

【退職後】アウトドア・転職関連のメディア執筆3年▶雑記・転職サイト2件運営▶「シゴトイキタクナイ」運営【1年2か月目】最高月3万PV

>>底辺社畜時代の話

>>お問い合わせ

ハローワークを利用するだと?ちょっと待ってくれ!

「一度レールから外れた人間はブラック企業しか就職できない・・・」

「ハローワークの求人がブラック企業ばかりで就職する気力がなくなった・・・」

クッソ理不尽な社会の中でイヤでも生きていると身をもって体感できるよね。

「早期離職したら次の就職先が見つからない」という風潮は未だに根付いているほどですし

「3年以内に辞めようとする自分は欠陥人間なんだ・・・」

「どうせ自分は次にいってもやっていけない・・・」

と自分は価値のない存在だと思い込むあまり、ブラック企業から逃れたくても逃れられなかったり、逃れたとしても再び詐欺求人しか目に入らなくなるのはマジで辛いもんです。

でも・・・そんな化石みたいな風潮に捉われすぎる必要はないッ!

リーマンショックの時代とは異なり、現在はブラック企業を排除した未経験向けの転職エージェントが充実しています。

20代であれば誰でも参加することができますし、正社員経験のないニートやフリーターであっても歓迎要件です!

もちろん無料であり、ブラック企業を排除しているだけではなく、転職活動時のサポートや内定後のアフターサービスも充実し過ぎているほどのテンコ盛りです。

同じ無料サービスであるのにも関わらず、ブラック求人を平気で放置しているのに加え、非正規でやる気のない職員で溢れているハローワークと比較したら雲泥の差と言っても過言ではありません。

20代の既卒未経験であれば、迷わず以下の転職エージェントを利用することを強くオススメしますよ!

ブラック企業を徹底的に排除!入社後定着率業界NO1の「ウズキャリ」

独自の審査基準や利用者からのフィードバックでブラック企業を完全に排除!

平均20時間程度のサポートに加え、Google評価が平均して★4以上と高評価なのが「ウズキャリ」の強みだ!

首都圏のIT業界や営業の就職に強く、大阪・名古屋・福岡の求人も取り扱っているぞ!

「ウズキャリ」の詳細記事はコチラ

ブラック企業徹底排除のIT就職に特化した「ウズキャリIT」

ウズキャリのIT就職に特化したサービス。

ブラック企業を完全に排除しつつ、IT特化型の転職支援を受けられるのはココだけしかない。

27歳就業経験なしのひきこもりニートから年収350万円のベンチャー企業に就職した実績があり、定着率や内定率も業界でナンバーワンだ!

「コロナ禍を経て在宅勤務可能な業界に就職したいけど、資格や経験がないから応募しにくい・・・」

と悩む方に一番オススメだぞ!

労基法を守ったら潰れるような会社を排除!「第二新卒エージェントneo」

会社の財源情報をチェックすることで、労基法を守ったら潰れるような会社を排除!

求人数は12000以上とブラック企業の排除を公言している中では最多!

平均10時間程度のマンツーマンサポートも整えられているぞ!

「第二新卒エージェントneo」の詳細記事はコチラ

月収20万・年間休日120日以上の求人多数の「キャリアスタート」

月給25万円以下の20代の既卒・第二新卒・フリーター・ニートに特化している転職エージェント。

内定率86%・定着率92%と驚異的な実績を持っており、ブラック企業を排除した良質な求人を取り揃えている。

北海道から熊本県と北から南まで幅広く対応しているぞ!

「キャリアスタート」の詳細記事はコチラ

-社畜批判, 洗脳予防
-