プライベート

仕事辞めたら人生楽しすぎィ!ADHDの私が辞めてスッキリした理由を語る!

仕事辞めたら人生楽しすぎ

 
悩男
今の仕事を辞めようかどうか悩んでいる・・・仕事を辞めた後は人生が楽しくなるのだろうか?
 

こんな疑問に答えていきたいと思います。

当記事の概要について簡単にまとめると、以下の通りです。

 

当記事の概要

  • 仕事を辞めたら人生が楽しすぎだと思った私の5つの体験談
  • 逆に仕事を辞めなきゃよかったと思ったこと
  • 仕事を辞めたら人生が終わるのか?
  • 嫌な現実や辛いことはどう足掻いても避けられない
 

実際に会社を辞めて独立してから3年半経った私の事情を踏まえ、仕事を辞めたら人生が楽しいのかについて書いていきます!

 

こんな方におすすめ

  • 仕事を辞めて独立しようかと考えている
  • 仕事を辞めた後の世界について知りたい
 

当記事のボリューム

この記事は9000文字程度です。

 

▼ブラック企業を徹底排除した転職エージェント▼

ブラック企業を徹底的に排除!入社後定着率業界NO1の「ウズキャリ」

独自の審査基準や利用者からのフィードバックでブラック企業を完全に排除!

平均20時間程度のサポートに加え、Google評価が平均して★4以上と高評価なのが「ウズキャリ」の強みだ!

首都圏のIT業界や営業の就職に強く、大阪・名古屋・福岡の求人も取り扱っているぞ!

「ウズキャリ」の詳細記事はコチラ

労基法を守ったら潰れるような会社を排除!「第二新卒エージェントneo」

会社の財源情報をチェックすることで、労基法を守ったら潰れるような会社を排除!

求人数は12000以上とブラック企業の排除を公言している中では最多!

平均10時間程度のマンツーマンサポートも整えられているぞ!

「第二新卒エージェントneo」の詳細記事はコチラ

月収20万・年間休日120日以上の求人多数の「キャリアスタート」

月給25万円以下の20代の既卒・第二新卒・フリーター・ニートに特化している転職エージェント。

内定率86%・定着率92%と驚異的な実績を持っており、ブラック企業を排除した良質な求人を取り揃えている。

北海道から熊本県と北から南まで幅広く対応しているぞ!

「キャリアスタート」の詳細記事はコチラ

 

仕事辞めたら人生楽しすぎだと実感した理由【実体験】

ADHDを抱えている私の場合、前職を辞めて独立した後は色々と苦難や挫折がありましたが、今では仕事を辞めたことで人生が楽しいと本気で思うようになりました。

 
Hiroki
「仕事辞めたら人生が楽しすぎ」だと実感した理由を簡単にまとめると、以下の通りです。
 

見出しまとめ

  • 自分の思い通りに仕事が出来るのが何よりもいい!
  • 仕事を押し付けた挙句に怒るような邪魔者がいない
  • 自信が身についたことで前職のパワハラおばちゃんを見下せた
  • 休みたい時に休めるので、平日限定の格安サービスを受けられる
  • 場所に縛られずに同じ金額を稼ぐことが出来る
 

自分の思い通りに仕事が出来るのが何よりもいい!

まず会社を辞めて人生が充実したと実感したことは、上司や会社側のやり方に縛られることなく、自分の思い通りに仕事が出来ることになったことに何よりも喜びを感じたことです。

 

独立してからADHDの特性を最大限に発揮できるような仕事方法にチェンジしたことで、ミスや失敗に悩まされることは、もう化石状態と化しています。

 

実際に私は以下のような仕事環境だと本領を発揮できず、ミスや失敗ばかりを誘発して散々な目に遭いましたからね。

 

前職での嫌な体験

  • 上司の指示や話を聞きながら仕事を行うということ
  • 沢山の種類の仕事を押し付けられ、「優先順位を決めろ」と押し付けられる
  • 効率や利益率の悪い仕事を「皆がやってるから」と押し付けられる
  • 業務連絡やお客様からの連絡を完璧に伝えなければならない
  • つまらない仕事に必ずと言っても良いほど遭遇する
 

私は人の話を聞いて理解するというのが大の苦手です。

 

上司の話を聞きつつもメモを取るのも例外ではなく、当時ボイスレコーダーで録音するという発想が無かったこともあってか、仕事を覚えるという作業が地獄のようでした。

 

その為、上司からの曖昧な指示や教え方のせいで失敗やミスを多発し、何故か責任を押し付けて自分だけが怒られることが何度もあったほどです。

 
Hiroki
店舗で勤務していた時は、レジ締めの際にキーを回すことを具体的に説明しなかったせいなのか、点検の状態のまま本日売上分のレシートを出してしまい、レジ締めされていない状態のまま閉店作業に移ってしまったことがあったゾ・・・
 
それでどうなったの?
悩子
 
Hiroki
休みだったはずの店長が店舗に訪れ、テナント従業員用の食堂につれていかれてまで「やる気あんの?」と長々と説教されたね・・・
 

あとは、複数の種類を同時に押し付けられることにより、頭の処理がついていけなくてミスを多発してしまう現象にも悩まされることもありました。

 
  • 本来は自分のやり方で仕事を行いたいっていうのに、会社の環境だと強制的に上司や会社のやり方に縛られる。
  • 上記が原因でミスを多発したとしても、何故か会社側は責任を取ろうともせず、本人に問題があると意地でも主張し続ける。
 

私が悪くないとは言い切れませんが、こういった環境にかなーり理不尽を感じましたね。

 
Hiroki
これらが原因で発達障害だと疑い始め、ネガティブな感情になったのは言うまでも無いです。
 

所詮社会っていうのは、みんなと同じになりきれないような人を容赦なく「発達障害」とレッテルを貼るようなもんです。

 

たとえ自分のパフォーマンスを最大限発揮できる方法で仕事を行ったとしても、上司の指示や意向とやらに反すると・・・

 

「甘えてる」

「自分勝手な行動は許せない」

 

とか無神経に唱えてきます。

 

ジグゾーパズルの形を削ってまで無理やりはめ込むかの如く、みんなと同じになることを強要させられるという非情な現実なのです。

(もちろん全ての会社に当てはまりませんが)

 

私は上記の風潮に耐えきれず、上司に縛られることなく、自分の能力を最大限発揮できるような環境を自ら形成したいと、独立の意思を強く固めました!

 

その結果、独立してから仕事が圧倒的に楽しくなったのは言うまでもないッ!

 

クソみたいな指導方法によって、部下に責任を押し付けるという上司がいなくなっただけで仕事にかなり余裕が出たほどです。

このまま前職に勤務し続けていたら、間違いなく自分が無能だと錯覚したことでしょう。

「普通の人間」になりきれないからといって悩むこと自体、マジでバカらしいですからね。

 
Hiroki
社会から発達障害だと扱われ、障がい者雇用で野犬の野糞みたいな底辺染みた労働環境に苦しめられるくらいなら、たとえ多大なリスクを負ってでも、独立した方が遥かにマシだし!
 

今では前職を辞めてから3年半経過していますが、WEBライターだけの収益でも前職の収入を余裕で上回っていますし、あと半年もしたらサイト収益も前職を上回ると見込めるほど、何とかやっていけています。

 

会社で働いていた時と比較し、圧倒的に成果を残せていると自負しているので

 

「上司や会社のやり方に捉われることなく、自由に働けるような環境は最高だぜ!」

 

という感想しか出てきません(笑)

 

仕事を押し付けた挙句に怒るような邪魔者がいない

次に仕事を辞めて人生が楽しいと思った点として、嫌な仕事を押し付けて仕事の邪魔してくるようなクソ上司がいなくなくなったというものです。

 

前職で働いていた時は「みんなやっていたんだから」とかいうクソみたいな理由で、嫌な仕事を押し付けられたのは本当に耐えられませんでしたね。

 

実際に私が前職の店舗で働いていた際

 

商品の紙包装

 

という大の苦手分野を押し付けられたことが何度もありました。

 
 

私は商品販売やデータ入力が得意な方だったので、こういった不利益を生むような仕事は出来るだけ避けたく

 

「包装の仕事を行わない分、先輩の分まで接客に重点的に取り組んでいきたい」

 

と直接店長に対してお願いを申し出たのですが

 

「みんな辛い中練習して覚えたんだから、あなたも覚えなさい!」

「もしもあなた一人になった時に包装が出来なくてどうするの!?」

「出来なきゃ困ります!」

 

とか抜かしてくる以上、上司の提案を断ると人間関係に支障が出るので、嫌でも練習しなければなりませんでした・・・

 

包装作業が下手だとお客様に迷惑をかけてしまうし、せめて最低限の包装が出来るまで接客に取り組みたいというのが本音でした。

得意不得意をチームワークで補うことなく、「みんなと同じになれ」ということを重点的に押し付けるっていうのは、マジで疑問しか思い浮かないし。

コレだから前職はいつまで経っても赤字経営から抜け出せないのだろうね(愚痴)

 

こうして苦手な包装作業を続けた結果、お客様からクレームが来ることがあれば、紙包装が出来ないことが原因でパワハラに発展したのは言うまでもありません。

 

実際に私は紙包装を必死に練習したのですが、ギフト箱の包装はうまくいくものの、

ぬいぐるみやバッグといった形がいびつな商品までは包装出来なかったので、

お客様を待たせてしまうことが何度かありました。

 

その結果、私に苦手な包装を押し付けた張本人である「パワハラおばちゃん」と呼んでいるお局に近い存在から、包装の仕事を取り上げられつつも・・・

 

「あなたがこんな仕事が出来ない人だとは思いませんでした!」

 

とヒステリックに怒鳴られて以来、パワハラやモラハラを受け続けたのは言うまでも無いです。

 

もっと詳しく

 

これらの出来事から、「普通になりきれない」ということに関して次第にトラウマが芽生えるようになり・・・

 

「上司の思い通りに動けないようなヤツは無能で社会不適合者だ!」

「誰にでもできる仕事が出来ないようなヤツは明らかに人格がおかしい」

 

といった風潮に耐えきれず、独立を決意するキッカケとなったほどです。

 

実際に独立してからは、当然クソ上司から苦手な仕事や雑務を押し付けられることは無くなり、得意分野で時間を忘れるような仕事だけを厳選することが出来るようになったので、人生が楽しくなったのは言うまでも無いです。

 

昔は「仕事が趣味」なんて考えられませんでしたが、今は「仕事が趣味」になっているようなもんです(笑)

 
Hiroki
WEBライターやブログ執筆を始めてから、1日があまりにも短く感じることから、何とも言えない虚無感が生まれるほどだ・・・
 

クソ上司に嫌な仕事を押し付けられて邪魔される環境が無くなっただけでも、かなり気楽になるものですからね。

クソ上司のせいで、自分の人生がメチャクチャにされたらたまったものではありませんし。

(実際に私はパワハラおばちゃんのせいで精神的に病み、死にたくなった時期があったほどです)

 
Hiroki
ADHDの私にとっては、誰にも邪魔されない環境の方が仕事が捗りやすいです。
 
苦手な仕事が原因でパワハラに発展したらその仕事から逃げるべきだ!

▼ブラック企業を徹底排除した転職エージェント▼ ブラック企業を徹底的に排除!入社後定着率業界NO1の「ウズキャリ」 独自の審査基準や利用者からのフィードバックでブラック企業を完全に排除! 平均20時間 ...

続きを見る

 

自信が身についたことで前職のパワハラおばちゃんを見下せた

趣味を満喫しているついでに前職に訪れた際、現場で働いているクソ上司を高みの見物で見下せたのも、割と楽しい人生を過ごしているなと実感しています。

 

前職でパワハラおばちゃんから散々な目を受けたのは、前頁で散々言った通りです。

 

当時はパワハラの影響下で私が無能で使えないヤツだと本気で自覚していたので、到底逆らったり、見下せるような状態ではありませんでした。

 

でも・・・WEBライターやサイト運営で一定の収益を出してからは、自然と自信が身についたことで、前職のパワハラおばちゃんを思い切り見下すことが出来ました(笑)

 

実際に私は隠居人かのごとく、ツーリングやサイクリングのついでに前職の店舗に立ち寄ることが今でもあるのですが、その中で偶然パワハラおばちゃんを発見しました。

(当然別の店舗に異動されていた)

 

働いていた当時の私なら、パワハラおばちゃんの姿を見るだけでも病むほどでしたが、今となってはそこまで恐怖を感じることなく、ただのお惣菜コーナーに良くいるようなおばちゃんにしか見えませんでしたねww

 

んで・・・私は店舗が見える位置のベンチで座りつつ、ノートPCで記事の執筆を行いながら、パワハラおばちゃんの仕事っぷりとやらを高みの見物で拝見させてもらうことに。

 

「いやぁ・・・今でも安くコキ使われている中でよく頑張っているなぁ!」

「今まで無能だと思っていたヤツに収入を抜かされてどんな気持ち?」

 

と思いつつも、記事を執筆を行うっていうのは、直接悪口を投げかけるよりも優越感を感じるものだったゾ。

 

イヤ~な性格のヤツだと思われそうですが、クソ上司の仕返し方法として自分の幸せっぷりを陰でアピールするっていうのは、意外とスッキリするものです。

 
Hiroki
前職のパワハラおばちゃんをいつでも見下せる環境が整ったことで、人生が楽しくなったのは言うまでも無い!
 

休みたい時に休めるので、平日限定の格安サービスを受けられる

前職を辞めて独立してからは、土日休みにこだわる必要性がなくなったので、平日限定の格安サービスを受けられるっていうのが何よりもうれしい点です。

 

たとえば、私が前職を辞めてからは以下のような恩恵を受けることができました。

 

平日休みに得したこと

  • 平日料金(休日の半額)でゴルフ場をラウンドした
  • 1回3000円の高価な日帰り入浴が平日午前中のプランで1600円で入場できた
  • 格安料金で飛行機に乗れることが何度もあった
  • 宿泊施設の平日限定のランチプランを満喫できた
 

他にも、オリックスカーシェアで月額16500円払えば、距離料金無料で6時間乗り放題っていう平日限定のプランがあるのですが、近い内に利用しようかなと考えていたりします。

 

格安サービスを気軽に受けられることによって、人生が充実してきたのは言うまでも無いです。

 

場所に縛られずに同じ金額を稼ぐことが出来る

都会が苦手で田舎の雰囲気が好きな私にとっては、場所に縛られずに同じ金額を稼げるということは、大きなメリットを受けたのと同然です。

 

サラリーマンで豊かになりたければ、東京をはじめとした首都圏に嫌でも移住しなければならないのが、私にとっては何よりも苦痛でした。

(大企業勤務時の転勤で無理やり首都圏に移住させられるっていうのもありますからね・・・)

 

しかし、WEBライターやサイト運営者になってからは、無理に都会に移住する必要が無くなりました。

 

コレが仕事のモチベーションとなっているほどであり、人生が楽しくなってきていると断言できるほどです。

 

時には前頁で言ったように、パワハラおばちゃんを高みの見物しながら仕事をしたり

自然に囲まれた場所でテントを張りながら、焚火をじっくりと眺めつつ執筆を行うっていうのは、

私にとっては何よりも居心地が良いものです。

 
Hiroki
コレで都会や田舎関係なく同じ収益を生み出せることも考慮したら、物価が安いのも相まって最高ですよ!
 

逆に仕事を辞めなきゃよかったと思ったこと

前頁では、仕事辞めたら人生が楽しい点について話してきましたが、逆に仕事を辞めなきゃ良かったと思った時期は幾度もありました。

 

中でも仕事を辞めて一番後悔した代表例が・・・

 

独立直後は周囲との比較による劣等感がヤバかった。

 

ということです。

 

私は前職を辞めてから半年間は何も行動せず、自宅でただひたすらネットサーフィンを送り続けるだけの生活を送っていました。

それから本格的にWEBライターに取り組んだのですが、半年間は0.5円以下の文字単価の仕事しか引き受けられず、ボランティア案件で貯金を切り崩す生活なので、実質ニートと変わらない。

こんな生活だと、贅沢できないのはもちろんのこと、普通の人が楽しむ趣味ですらまともに満喫することが出来ません。

(それでもしばらくゴルフにハマっていたが、金欠過ぎることから泣く泣く引退するハメになった)

 

上記の状況の中だと、当然「劣等感」という感情に押しつぶされるハメになったのは言うまでも無いです。

 
Hiroki
特にTwitterやFacebookなんて、収益ゼロが続いている時期は見るようなものではありません。
 

SNSで敗北感を感じたこと

  • Facebookで高校時代の好きな人の結婚式の画像を見て、自分が出遅れていることを痛感した。
  • 中学時代に私をイジめていた生徒会長のFacebookを見たら、「インペリアルカレッジロンドン」というノーベル賞受賞者多数の大学院に通っている中、白人の女性と遊んでいる画像を見て殺意が沸いた。
  • Facebookで高校時代に嫌いだった野球部の男が、タバコを吸いつつもグラサンを装着したイカツイ姿で、私の憧れの車であるBMWの「Xシリーズ」とツーショットを撮った画像を見て悔しくなった。
  • 「湾岸ミッドナイト」というアーケードレースゲームにハマっていた時、TwitterでタイムアタックのTOPランカー達が自身の高級車を見せびらかす画像をアップロードしていたのを見て、お金を沢山使えていることに嫉妬した。
  • アフィリエイトやブログで成功した人間をTwitterで見る度に、収益ゼロの自分と照らし合わせて不幸になった。
  • SNSで日本一周している人を見たり、海外で暮らす人に対して妬みの感情を持つようになった。
 

と・・・私を散々イジメていたヤツが因果応報の法則を完全に無視してまで社会で成功したり、都度都度「金持っている」アピールを行うようなSNSの投稿に散々振り回されましたね・・・

せめてゴルフを行えるくらい収入に余裕があれば、こんなことは起こり得なかったのかもしれない。

 
Hiroki
独立するなら、副業としてある程度取り組みつつ、一定の実績を残してから会社を辞めた方がいいとマジで後悔した瞬間でした。
 

貯金を切り崩しながら、プライベートに使うお金を節約してまで仕事に取り組むっていうのは、クソ上司に悩まされる以上に消耗することだってあるほどですし。

 

「SNSなんて幸せの一部を切り取ったものだから、そこまで気にする必要は無いと思うよ!」

 

とネット上で励ましの言葉を受けたことは腐るほどあったのですが、幸せの一部すら得られない状況が続いている中だと、全く慰めになっていないようなもんでしたよ・・・

 

因みに現在は前職以上に稼げるようになったので、他人との比較による劣等感からある程度解放されたのですが、まだ完全に治ったとは言い切れない状態です。

 

SNSが発達していない時代ならまだしも、SNSが発達して他人の幸せな生活が気軽に見られるようになった以上、実績や経験が無い状態でいきなり独立することはオススメしないと身をもって断言出来ます。

 

仕事を辞めると人生が終わり?→人によってはそうかもしれん

 

「仕事を辞めると人生が終わる!」

「新卒で入社した会社を辞めると人生が終わる!」

 

上記のように、一度レールから外れた人生を送ってしまえば、底辺な人生を歩むことになると、我々は洗脳されているような状態です。

 

私にとっては「それはいつの時代の言葉なんだ?」と突っ込みどころしかないのですが、人によっては仕事を辞めたことで人生が終わってしまうことがあるのかもしれません。

 

「仕事を辞めたことで人生が終わってしまう」と考えられる原因はただ一つです。

 

やると決めたことを継続出来ない

 

という単純なものです。

 

何故継続しないとダメなのかについては、実績や経験を身につけないと収入を得られる訳が無いからです。

 

たとえば、あなたがホームページを作成する為にクラウドワークスで依頼したとしましょう。

ここで2人の受注者が応募してきた際、あなたはどちらを選びますか?

 
  • 経験やスキルをアピールしていることがなく、ただ単に意気込みだけを語っている。
  • 100件以上ホームページ作成に取り組んでいる実績がある中、WEBデザイナーとしての実務を3年以上経験している。
 

たとえ前者の受注者が1万円を提示し、後者の受注者が5万円を提示したとしても、絶対に後者を選ぶはず。

実績やスキルというのは、それほど顧客に対して信頼や安心を与えるようなものなのです。

 

後者の受注者のようなフリーランスになりたいというのなら、今の会社の給料以上に稼げるまでの過程の中、当然収益ゼロや最低賃金以下の状態が続くことがあったり、時期によっては仕事が全くない状態が続いてまともな収益を得られないことだってあるでしょう。

 
Hiroki
あとは私の実体験で一度あったのですが、コロナ禍による影響で、お世話になっているリピート先の執筆案件を強制的に打ち切られたこともありましたね・・・
 

この状態が続くのであれば、挫折やショックを受け続けることになるので、モチベーションが急激に低下してしまうのは言うまでも無いです。

 

ですが、たとえ上記のような状況下に陥ったとしても、地べたをはいつくばるかの如く、意地でも継続する必要があります。

 

このような状況の中で・・・

 

「タダ働きなんか耐えられん!これなら会社で働いた方が遥かにマシ!」

「あー・・・稼げないからつまらない。別の事業にチャレンジしよ・・・」

 

と継続を怠っていれば、特定の分野で実績やスキルがゼロに近い状態が続いてしまうので、一生稼げるわけがありません。

 

これらの理由から、たとえ収益ゼロであっても継続を怠る性質を持っている状態なら、会社を辞めた後に確実に後悔してしまうでしょう。

 

正直、独立してからは「お金」よりも「実績やスキル」を身に着ける方が遥かに大事だと意識しなきゃならないので

 

「仕事は生活の為に行っている!最低賃金以下の仕事なんてやってられん!」

 

という「目先のお金が大事」という考えが強いのであれば、今の仕事を辞めずに勤務し続けた方が、後悔することなく人生が幸せになりますよ。

 

嫌なことや辛い現実はどう足掻いても避けられんが・・・

 

「世の中楽しいことばかりの人生が訪れるほど甘くない」

 

と良く言われることがありますが、確かに一理はあるかと。

 

結局どこの世界にいっても、嫌なことや辛い現実はどう足掻いても避けられません。

 

「それじゃ会社を辞めても人生が楽しくなるわけねぇじゃん!」

 

と突っ込まれそうですが、楽しい人生を得る以上、何かを犠牲にする覚悟が必要です。

 
Hiroki
私は収益が安定しない中で仕事一筋という自分の性格に合った生活にチェンジしましたから、恋愛や友人関係を捨てました。
 

大事なのは、嫌なことや辛い現実に直面したとしても、耐えることで大きな恩恵を受けると確信しているのであれば、どんどん立ち向かうということです。

 

仮に自分の性格や特性と照らし合わせて耐えるメリットが無ければ、即刻逃げたほうが良いですね。

 

私の場合は発達障害ということがあり、会社の環境下だと定型発達者の何倍も努力してやっと追いつくっていう感じだったので、会社で嫌なことを乗り越えるっていうのは、私にとっては割に合いませんでした。

 

それで、会社の環境から逃げ出し、独立してWEBライターやブロガーという執筆業に挑戦することにしたのです。

 

当然コチラの世界も・・・

 
  • 1年間収益ゼロか最低賃金以下の生活が続く
  • 確定申告を自分でやらなきゃいけない
  • 自分で営業して仕事を取らなきゃいけない
  • 審査が緩いクレジットカードの審査すら通らない
  • 友人付き合いがネット上でしか起こらない
  • 恋愛はともかく、結婚は絶望的
  • 収益が出ていない時にSNSを見ると周囲との比較で不幸になる
  • コロナ禍で収益が下がっても、国から支援を受けられない
 

などといった嫌なことや辛い現実が会社員と同等以上にあるのですが

 
  • 自由な働き方が可能となる環境下で仕事を行いたい
  • 自分の努力次第で収益が無限大になるというロマンがある
  • 周囲よりも数倍努力してやっと常人レベルという現実から解放されたい
  • 上司の指示や仕事の割り振りが原因でミスを多発して問題児扱いされたくない
 

という理由から、たとえ五体満足でなくとも地べたにはいつくばるかのごとく、嫌なことから辛い現実に立ち向かう必要がありました。

 

その結果、会社員時代よりも人生が楽しくなったのは言うまでもありません。

 

発達障害で会社に後戻りしたくないという気持ちが強かったからこそ、独立して過ごせるようになったのかなと強く実感しています。

 

辛いことや嫌なことは何処の世界でもありますが、耐えられるメリットが無いと思ったら即刻逃げ、耐えるメリットがある場所で自分のエネルギーを最大限に発揮しましょう!

 

まとめ:仕事を辞めて正解だったわ!(私の場合)

独立した直後はメンタルに不調を起こし、途中で何度も投げ出したくなったものです。

 

ですが、私はADHDということもあり・・・

 

「会社で働いたら障がい者雇用で格安でコキ使われる」

「周囲の数倍努力してやっと人並みに追いつける」

 

という社会から何が何でも逃げ出す必要があり、途中で投げ出すことなんて考える余裕はなかったです。

 

その結果、たとえ何度も挫折を味わったとしても継続を怠らず、3年半以上WEBライターやサイト運営に取り組み続けることができたので、何とか人並み以上に稼げるようになりました。

 
Hiroki
コレを機に仕事を辞めて正解だったと本気で感じるようになったゾ。
 

ただ、仕事を辞めた後でも幸せな生活が訪れるとは限らないので、退職する際は慎重に判断して行動することをオススメします。

  • この記事を書いた人

Hiroki

「クソ上司やブラック企業に立ち向かう全ての方を応援する」というコンセプトの下、社畜には見るにたえない汚らわしい記事を量産しています。

暴言ジイサン入りの介護施設(4か月)▶ゲーセンバイト(半年)▶ブラック転職事業(4か月)▶パワハラ有で年間休日77日年収200万円の中小企業(2年)と「ド」がつくほどの底辺環境を味わう。

【退職後】アウトドア・転職関連のメディア執筆3年▶雑記・転職サイト2件運営▶「シゴトイキタクナイ」運営【1年2か月目】最高月3万PV

>>底辺社畜時代の話

>>お問い合わせ

ハローワークを利用するだと?ちょっと待ってくれ!

「一度レールから外れた人間はブラック企業しか就職できない・・・」

「ハローワークの求人がブラック企業ばかりで就職する気力がなくなった・・・」

クッソ理不尽な社会の中でイヤでも生きていると身をもって体感できるよね。

「早期離職したら次の就職先が見つからない」という風潮は未だに根付いているほどですし

「3年以内に辞めようとする自分は欠陥人間なんだ・・・」

「どうせ自分は次にいってもやっていけない・・・」

と自分は価値のない存在だと思い込むあまり、ブラック企業から逃れたくても逃れられなかったり、逃れたとしても再び詐欺求人しか目に入らなくなるのはマジで辛いもんです。

でも・・・そんな化石みたいな風潮に捉われすぎる必要はないッ!

リーマンショックの時代とは異なり、現在はブラック企業を排除した未経験向けの転職エージェントが充実しています。

20代であれば誰でも参加することができますし、正社員経験のないニートやフリーターであっても歓迎要件です!

もちろん無料であり、ブラック企業を排除しているだけではなく、転職活動時のサポートや内定後のアフターサービスも充実し過ぎているほどのテンコ盛りです。

同じ無料サービスであるのにも関わらず、ブラック求人を平気で放置しているのに加え、非正規でやる気のない職員で溢れているハローワークと比較したら雲泥の差と言っても過言ではありません。

20代の既卒未経験であれば、迷わず以下の転職エージェントを利用することを強くオススメしますよ!

ブラック企業を徹底的に排除!入社後定着率業界NO1の「ウズキャリ」

独自の審査基準や利用者からのフィードバックでブラック企業を完全に排除!

平均20時間程度のサポートに加え、Google評価が平均して★4以上と高評価なのが「ウズキャリ」の強みだ!

首都圏のIT業界や営業の就職に強く、大阪・名古屋・福岡の求人も取り扱っているぞ!

「ウズキャリ」の詳細記事はコチラ

ブラック企業徹底排除のIT就職に特化した「ウズキャリIT」

ウズキャリのIT就職に特化したサービス。

ブラック企業を完全に排除しつつ、IT特化型の転職支援を受けられるのはココだけしかない。

27歳就業経験なしのひきこもりニートから年収350万円のベンチャー企業に就職した実績があり、定着率や内定率も業界でナンバーワンだ!

「コロナ禍を経て在宅勤務可能な業界に就職したいけど、資格や経験がないから応募しにくい・・・」

と悩む方に一番オススメだぞ!

労基法を守ったら潰れるような会社を排除!「第二新卒エージェントneo」

会社の財源情報をチェックすることで、労基法を守ったら潰れるような会社を排除!

求人数は12000以上とブラック企業の排除を公言している中では最多!

平均10時間程度のマンツーマンサポートも整えられているぞ!

「第二新卒エージェントneo」の詳細記事はコチラ

月収20万・年間休日120日以上の求人多数の「キャリアスタート」

月給25万円以下の20代の既卒・第二新卒・フリーター・ニートに特化している転職エージェント。

内定率86%・定着率92%と驚異的な実績を持っており、ブラック企業を排除した良質な求人を取り揃えている。

北海道から熊本県と北から南まで幅広く対応しているぞ!

「キャリアスタート」の詳細記事はコチラ

-プライベート
-