人間関係の悩み

中小企業に向いている人・向いていない人

中小企業に向いている人・向いていない人

 
悩男
中小企業ってメリットがあまりないように見えるんだけど就職する価値はあるのかな?
中小企業でやりたい仕事の下積みをしたいといった事情があるのならメリットとなるのですが、それ以外だと何も恩恵がありません。
Hiroki
 

中小企業のメリットは一見すると何もないように見えます。

確かにグレー企業が多いですし、労基法の抜け道を上手く利用している傾向が多い現状なら分かる気もしなくはない。

 

しかし、最終的にホワイト企業に就職するためには、中小企業での経験は欠かせないものです。

資格だけでは実績としては物足りなく、実務経験が欠かせないからです。

 

今回は中小企業のメリット・デメリット、向いている人と向いていない人について書いていきます。

 

こんな方におすすめ

  • 転職活動中の方
  • 近い内に転職を検討している方
 

▼ブラック企業を徹底排除した転職エージェント▼

ブラック企業を徹底的に排除!入社後定着率業界NO1の「ウズキャリ」

独自の審査基準や利用者からのフィードバックでブラック企業を完全に排除!

平均20時間程度のサポートに加え、Google評価が平均して★4以上と高評価なのが「ウズキャリ」の強みだ!

首都圏のIT業界や営業の就職に強く、大阪・名古屋・福岡の求人も取り扱っているぞ!

「ウズキャリ」の詳細記事はコチラ

労基法を守ったら潰れるような会社を排除!「第二新卒エージェントneo」

会社の財源情報をチェックすることで、労基法を守ったら潰れるような会社を排除!

求人数は12000以上とブラック企業の排除を公言している中では最多!

平均10時間程度のマンツーマンサポートも整えられているぞ!

「第二新卒エージェントneo」の詳細記事はコチラ

月収20万・年間休日120日以上の求人多数の「キャリアスタート」

月給25万円以下の20代の既卒・第二新卒・フリーター・ニートに特化している転職エージェント。

内定率86%・定着率92%と驚異的な実績を持っており、ブラック企業を排除した良質な求人を取り揃えている。

北海道から熊本県と北から南まで幅広く対応しているぞ!

「キャリアスタート」の詳細記事はコチラ

中小企業の定義とは?

「中小企業」だけでは曖昧なので、まずは最初に中小企業の定義について書いていきます。

厚生労働省が提示する中小企業の定義は以下の通りです。

 
業種分類中小企業基本法の定義
製造業その他資本金3億円以下または従業員数300人以下
卸売業資本金1億円以下または従業員数100人以下
小売業資本金5000万円以下または従業員数50人以下
サービス業資本金5000万円以下または従業員数100人以下
 

日本の会社のほとんどがサービス業となっているので、従業員数が100人以下の会社が「中小企業」と呼ばれることが一般的です。

99.7%の会社が上記の条件に当てはまっていますから驚きです。

(しかし0.3%の大企業には日本の従業員数の3割が集中している)

中小企業の4つのメリット

 
Hiroki
中小企業のメリットは以下の通りです。
 

中小企業のメリット

  • 幅広い仕事をやらせてもらえる
  • 社長との距離感が近い
  • 転勤が少ない
  • 責任感のあるポジションに早く就任できる
  • 就職しやすいのでやりたい仕事を行いやすい

幅広い仕事をやらせてもらえる

中小企業は社員が少ない為、別部署への異動の頻度が大企業よりも比較的に多いです。

更に「応援」という名目で別部署の仕事の手伝いをさせられることもあります。

 

一見すると大変なように見えますが、多くの仕事を経験することによって

一早く成長することが出来るのがメリットです。

 

実際に私は中小の前職で経理事務で勤務していた時は、人手不足の店舗の手伝いに行かされたり

商品倉庫の棚卸しの手伝いをさせられたことがあったので

中小企業は大企業よりも仕事の幅が広いのは明らかです。

 

でも・・・人によっては幅広い仕事を行うというのは逆にデメリットともなり得ますよね。

 

実際に私はマルチタスクというのが苦手なので、広く浅くというパターンにはかなり苦戦しましたよ・・・

正直メリットかデメリットどっちにしようか迷いましたが、一応メリットにする。

社長との距離感が近い

中小企業は社長との距離感が近く、経営者のマインドを身につけられやすい環境なので

将来起業する予定であれば、社長を通して事業のやり方について直接学ぶことが出来るのでメリットを享受することが出来ます。

 

警備事業や雀荘を運営している古きネトゲの友人がいるのですが、サラリーマン時代に社長や役員と頻繁に食事をしつつも

警備や太陽光関連の事業について学んだり、取引先の会社のメンバーと高級海鮮丼を食べたりして人脈を広げていました。

それで起業した結果、20代の内に5000万円の家を購入したそうなので羨ましい限りです。

 

友人同士のDiscordの会話ログ。自分もこんなこと言えるような人間になりたい

 

社長の下で色々と学びつつも、今の会社で実績やスキル、取引先や関連企業との人脈や人望を身に着けさえ出来れば

中小企業のメリットをフルに享受出来ると言っても過言ではありません。

転勤が少ない

中小企業は全国展開出来るほど資金が潤っていないので、転勤はあったとしても市内か県内に限られます。

 

転勤したくない人にとっては中小企業勤務は多大なメリットとなります。

 

もし副業も容認しているようであれば、大企業の給料を貰いつつも転勤無しで過ごすことも可能です。

 

ただ、中小企業であっても遠方地に事業を構えていることがあるので、転勤が無いとは限りません。

 

実際に私が大学時代に説明会を受けた中小IT企業は、東京の他に石垣島にもオフィスを構えていたので

応募をキャンセルしなかったら、少なくとも飛ばされていた可能性はあったでしょう。

(しかも石垣島にオフィスを構えたのは完全に社長の趣味というね)

就職前に念入りに会社のホームページを確認することを忘れないようにしてください。

責任感のあるポジションに早く就任できる

中小企業は出世が早いので、大企業よりも早い内に責任感のあるポジションを獲得することが出来ます。

 

近い将来大企業に転職したい、独立したいという明確な目標意識を持つことが出来れば

中小企業での役職の経験を「実績」として残すことが出来るのでメリットを享受することが出来ます。

 

大企業の転職活動で「リーダーシップ」の経験があれば、他の応募者と大きく差別化することが出来るので

中小企業の勤務は時として良い経験となるでしょう。

就職しやすいのでやりたい仕事を行いやすい

やりたい仕事を社会人になってから見つけたとしても、大企業に未経験で入社することは困難を極めます。

 

ここはハードルを下げ、中小企業を視野に居れつつもやりたい仕事を行える会社に就職したら

その分メリットを享受することが出来ます。

 

そこから下積みとして実績や資格・スキルを身に着け、豊富な実務経験を身に着けたら

やりたい仕事を行える大企業に転職出来る可能性がぐっと高まるので

コチラも良い経験となり得ます。

中小企業の5つのデメリット

 

中小企業のデメリットは以下の通りです。

 

中小企業のデメリット

  • 薄給激務の環境である確率が高い
  • グレー企業が非常に多い
  • ワンマン経営になりがち
  • 人手不足に陥りがち
  • 古いやり方に固執しがち

薄給激務の環境である確率が高い

中小企業は資金が潤っていなくて転勤が発生しにくい分、薄給激務の環境である可能性が高いです。

中小企業は大企業と比較して世間からの認知が乏しく、大手取引先からの信用も無い状態なので

「ブランド力」というものが少ない傾向があります。

ブランド力が無ければ高単価の仕事を受け取ることが出来ないので、単価の低い仕事ばかり受けてしまうことになります。

たとえば、下請け企業なんてまさにそうですし、この他にも地域展開で薄利多売の商売を行っているようなら

あまり利益を出すことが出来ず、低賃金で長時間労働させなければやっていけないような状態となりがちです。

下積み期間を経て20代の内に離れるのならまだしも、定年まで働き続けるのはお勧めしませんね・・・

 
薄利多売の業務を正社員にやらせている会社はブラックだ!
飲食・小売の接客スタッフを正社員にやらせている会社はブラックだ!

▼ブラック企業を徹底排除した転職エージェント▼ ブラック企業を徹底的に排除!入社後定着率業界NO1の「ウズキャリ」 独自の審査基準や利用者からのフィードバックでブラック企業を完全に排除! 平均20時間 ...

続きを見る

グレー企業が非常に多い

中小企業は悪い意味で目立たないので、労基法を平気で無視しているような場所というのは当たり前のように存在しています。

明らかに黒と呼べるような違反はしないとしても

 

グレー企業の特徴

  • 残業代が1日で30分単位でしか出ない
  • 30分以上前に早出をしなければならない
  • パワハラが常習的に行われており、労働組合が結成されていない
  • 普通ならおかしいと思われる暗黙の了解がある
  • 健康診断料や定期診断料を自己負担させる
  • インターネットビジネスが禁止されている
  • 週44時間労働を採用している
 

上記のような現象は中小企業に良くありがちです。

数年程度ならまだしも、定年まで頑張るというのなら無駄にする時間が計りしれません。

早出清掃や30分単位の残業などで1日1時間無駄にするだけでも、時給1500円程度なら年に40万円程度も損するので

甘く見ないようにしたいところです。

 
グレー企業
グレー企業のあるある7選!基本的に長く続けるべきではない!

▼ブラック企業を徹底排除した転職エージェント▼ ブラック企業を徹底的に排除!入社後定着率業界NO1の「ウズキャリ」 独自の審査基準や利用者からのフィードバックでブラック企業を完全に排除! 平均20時間 ...

続きを見る

ワンマン経営になりがち

上場していないような中小企業であれば、大株主が社長の親族であったり社長自身のパターンであったりするので

実質社長が会社を独占しているような状態となります。

 

この環境の中では絶対王政のような体制となりがちなので、社長の意思が全てなワンマン経営に陥りがちです。

 

上に媚びる人がうまいのならまだしも、上に媚びて出世する人がバカらしいと感じているようであれば

間違いなくデメリットを享受してしまいます。

 
ワンマン社長の隠されたメリット・良くあるデメリット合計9選!

▼ブラック企業を徹底排除した転職エージェント▼ ブラック企業を徹底的に排除!入社後定着率業界NO1の「ウズキャリ」 独自の審査基準や利用者からのフィードバックでブラック企業を完全に排除! 平均20時間 ...

続きを見る

人手不足に陥りがち

中小企業は下積み期間として上手く利用して退職している人が一定数存在している上に

大企業並みの待遇を用意できないので、当然人が集まらないような状態が続きます。

この状態で会社側が下手に事業を展開しているような状態なら、それだけで1人あたりの負担が増すことになり、

休みが取れなくなる環境と化してしまうことがあります。

古いやり方に固執しがち

中小企業は資金が潤っていないので、事業の革新は「リスクがある」といって拒む傾向があります。

インターネットの発達や機械化が進んでいるのに、未だに昭和時代のやり方に固執しているような場所というのは

ブラック企業なら良くありがちです。

手作業自体がブランドとなる物作りの職人であるのならまだしも、手作業の拘りが無いような商品に対して

手作業を押し付けているのなら、近い将来に薄給激務で苦しむ中で倒産して路頭に迷うリスクが高まります。

 
還暦過ぎた老害が経営している中小企業は選ぶべきではない理由を語る!
還暦過ぎた老害が経営している中小企業は選ぶべきではない理由を語る!

▼ブラック企業を徹底排除した転職エージェント▼ ブラック企業を徹底的に排除!入社後定着率業界NO1の「ウズキャリ」 独自の審査基準や利用者からのフィードバックでブラック企業を完全に排除! 平均20時間 ...

続きを見る

中小企業に向いている人

 
Hiroki
近い将来に自分のやりたい仕事が出来る大企業に転職したい、起業したいという志向があれば、中小企業勤務は良い経験となります。
 

中小企業に向いている人

  • いち早く責任のあるポジションに就いて実績やスキルを手に入れたい
  • やりたい仕事で下積みしたい
  • 転勤せずに生きていきたい
  • 未経験の分野にチャレンジしたい

中小企業に向いていない人

 
Hiroki
「仕事は生活の為に我慢して行うもの」と考えているようなら、中小企業で働くだけでもストレスを抱えてしまうでしょう。
 

中小企業に向いていない人

  • スキル・実績を意識せずにお金の為だけに働く
  • 世間の意見を気にし過ぎて仕方なく働いている
  • ブラック企業で働きたくない人

まとめ:中小企業は大企業への下積み期間として入社するのが一番良い!

新卒で大手企業に就職出来なくて、中小企業のまま過ごしてしまうのは勿体ないです。

バブル期以前みたいに何も新卒で人生が決まるという訳では無いので、既卒になってから自分のやりたいことを今一度見つめなおし、

見つかったら関連する中小企業を探して入社し、そこで下積みを経てから大企業に転職するという生き方は全然アリだと思いますよ。

1日のほとんどが仕事ですから、仕事とプライベートの境界線が無くなるような環境で働くことさえ出来れば

毎日が楽しくなるのは言うまでもありません。

中小企業はやりたい仕事の下積み期間として入社するのがベストです!

  • この記事を書いた人

Hiroki

「クソ上司やブラック企業に立ち向かう全ての方を応援する」というコンセプトの下、社畜には見るにたえない汚らわしい記事を量産しています。

暴言ジイサン入りの介護施設(4か月)▶ゲーセンバイト(半年)▶ブラック転職事業(4か月)▶パワハラ有で年間休日77日年収200万円の中小企業(2年)と「ド」がつくほどの底辺環境を味わう。

【退職後】アウトドア・転職関連のメディア執筆3年▶雑記・転職サイト2件運営▶「シゴトイキタクナイ」運営【1年2か月目】最高月3万PV

>>底辺社畜時代の話

>>お問い合わせ

ハローワークを利用するだと?ちょっと待ってくれ!

「一度レールから外れた人間はブラック企業しか就職できない・・・」

「ハローワークの求人がブラック企業ばかりで就職する気力がなくなった・・・」

クッソ理不尽な社会の中でイヤでも生きていると身をもって体感できるよね。

「早期離職したら次の就職先が見つからない」という風潮は未だに根付いているほどですし

「3年以内に辞めようとする自分は欠陥人間なんだ・・・」

「どうせ自分は次にいってもやっていけない・・・」

と自分は価値のない存在だと思い込むあまり、ブラック企業から逃れたくても逃れられなかったり、逃れたとしても再び詐欺求人しか目に入らなくなるのはマジで辛いもんです。

でも・・・そんな化石みたいな風潮に捉われすぎる必要はないッ!

リーマンショックの時代とは異なり、現在はブラック企業を排除した未経験向けの転職エージェントが充実しています。

20代であれば誰でも参加することができますし、正社員経験のないニートやフリーターであっても歓迎要件です!

もちろん無料であり、ブラック企業を排除しているだけではなく、転職活動時のサポートや内定後のアフターサービスも充実し過ぎているほどのテンコ盛りです。

同じ無料サービスであるのにも関わらず、ブラック求人を平気で放置しているのに加え、非正規でやる気のない職員で溢れているハローワークと比較したら雲泥の差と言っても過言ではありません。

20代の既卒未経験であれば、迷わず以下の転職エージェントを利用することを強くオススメしますよ!

ブラック企業を徹底的に排除!入社後定着率業界NO1の「ウズキャリ」

独自の審査基準や利用者からのフィードバックでブラック企業を完全に排除!

平均20時間程度のサポートに加え、Google評価が平均して★4以上と高評価なのが「ウズキャリ」の強みだ!

首都圏のIT業界や営業の就職に強く、大阪・名古屋・福岡の求人も取り扱っているぞ!

「ウズキャリ」の詳細記事はコチラ

ブラック企業徹底排除のIT就職に特化した「ウズキャリIT」

ウズキャリのIT就職に特化したサービス。

ブラック企業を完全に排除しつつ、IT特化型の転職支援を受けられるのはココだけしかない。

27歳就業経験なしのひきこもりニートから年収350万円のベンチャー企業に就職した実績があり、定着率や内定率も業界でナンバーワンだ!

「コロナ禍を経て在宅勤務可能な業界に就職したいけど、資格や経験がないから応募しにくい・・・」

と悩む方に一番オススメだぞ!

労基法を守ったら潰れるような会社を排除!「第二新卒エージェントneo」

会社の財源情報をチェックすることで、労基法を守ったら潰れるような会社を排除!

求人数は12000以上とブラック企業の排除を公言している中では最多!

平均10時間程度のマンツーマンサポートも整えられているぞ!

「第二新卒エージェントneo」の詳細記事はコチラ

月収20万・年間休日120日以上の求人多数の「キャリアスタート」

月給25万円以下の20代の既卒・第二新卒・フリーター・ニートに特化している転職エージェント。

内定率86%・定着率92%と驚異的な実績を持っており、ブラック企業を排除した良質な求人を取り揃えている。

北海道から熊本県と北から南まで幅広く対応しているぞ!

「キャリアスタート」の詳細記事はコチラ

-人間関係の悩み
-,