プライベート

仕事にスーツは暑いし窮屈で着たくないわ!スーツあるあると脱出法

仕事にスーツは暑いし窮屈で着たくないわ!スーツあるあると脱出法

サラリーマンになったらスーツで仕事をしなければならないというスーツ文化に対して疑問視を抱いていた人は私だけでは無いはずです。

私にとってはスーツは窮屈で暑苦しいものですから、あまり着たいとは思うものではありませんでした。

サウナスーツという着るだけでサウナに入った状態と同じような感覚になれるというスーツがあるのですが、正にアレに似たようなモノだと形容したいレベルです。

汗っかきの私はスーツを着るだけで夏は汗だくになって恥ずかしい思いをしますし、あの太陽光を効率良く吸収しそうなカラーリングは見てるだけでも汗が出てしまいますよ・・・

更に面接の時はスーツを着て汗をかきまくったおかげで面接が5分程度で終わって門前払いしたことがありましたから、スーツに関しては本当に良い思い出がありません!

この記事を読んでいるのであれば、少なくとも私と同じようにスーツ文化に対して疑問をいだいているはず。

今回はスーツ文化でのあるあるな出来事とスーツの窮屈さから少しでも脱出出来る方法について書いていきます。

こんな方におすすめ

  • スーツ文化に疑問詞を抱いている方・悩んでいる方
  • スーツを着るのが嫌いな方
 

▼ブラック企業を徹底排除した転職エージェント▼

ブラック企業を徹底的に排除!入社後定着率業界NO1の「ウズキャリ」

独自の審査基準や利用者からのフィードバックでブラック企業を完全に排除!

平均20時間程度のサポートに加え、Google評価が平均して★4以上と高評価なのが「ウズキャリ」の強みだ!

首都圏のIT業界や営業の就職に強く、大阪・名古屋・福岡の求人も取り扱っているぞ!

「ウズキャリ」の詳細記事はコチラ

労基法を守ったら潰れるような会社を排除!「第二新卒エージェントneo」

会社の財源情報をチェックすることで、労基法を守ったら潰れるような会社を排除!

求人数は12000以上とブラック企業の排除を公言している中では最多!

平均10時間程度のマンツーマンサポートも整えられているぞ!

「第二新卒エージェントneo」の詳細記事はコチラ

月収20万・年間休日120日以上の求人多数の「キャリアスタート」

月給25万円以下の20代の既卒・第二新卒・フリーター・ニートに特化している転職エージェント。

内定率86%・定着率92%と驚異的な実績を持っており、ブラック企業を排除した良質な求人を取り揃えている。

北海道から熊本県と北から南まで幅広く対応しているぞ!

「キャリアスタート」の詳細記事はコチラ

スーツを着ると感じるあるあるな出来事について

ここでは、スーツを着ると感じるあるあるな出来事について書いていきます。

スーツが嫌いな方にとっては共感出来る内容となるようにまとめました!

着るのに時間がかかって面倒!

まず、スーツで嫌なのが着るのに時間や手間がかかって面倒だということですね。

ワイシャツのボタンを通すのは地味に面倒ですし、特にネクタイは手慣れていたとしても営業職や接客業などお客様に直接相手をする仕事であれば、少しゆるんでいただけでも上司の指摘が入るので、やたらと丁寧に締めなければならないのも嫌な点です!

私にとっての衣類は

 

かぶって腕を通して装着完了!

 

というのが一番性に合っていますね・・・

お手軽に着られる方が時間がかかりませんし、なにより気楽でいいです。

夏に上着を着るのはサウナスーツと同じだ!

夏場でも上着を着なければならない場面は幾度か遭遇しますよね。

流石に職場では体験したことはないのですが、就職活動をしていた時期は夏場でも上着を着る場面が多かったので、あの時はマジで地獄としか言いようがありませんでしたね。

説明会を長時間受けた時はワイシャツは汗でまるでプールに入った直後みたいな感じで濡れまくりましたし、脱ごうとしても汗まみれで臭そうなワイシャツを見せることになるという理由から嫌でも脱げない状況になったことがあったので、あの時の辛さは今でも忘れられないレベル。

まるでサウナスーツのようでした・・・

むしろ、サウナスーツは汗を吸収できるので、サウナスーツの劣化版と言っても過言ではない。

私服OKな女性が羨ましくなる

男性はスーツが義務付けられていても、女性は私服OKな職場は意外と多く存在していますよね。

何故男性だけスーツは良くて、女性だけ私服がいいのかと疑問を抱いていたことがありましたが、女性が私服OKなのは非常に単純な理由で

 

それが伝統だから

 

といったウ○コみたいな価値観で、そういった腐った伝統で男性だけがスーツに苦しまれるということを知った時は

Hiroki
そんな理由でスーツの着用を押し付けてくるなよ・・・

としか思いませんでしたよ・・・

男性もおしゃれする権利はありますからね!

でも・・・「それが社会だから」といって嫌々と受け入れることしかできないのは、マジで理不尽を感じます。

こういった保守的な環境で働き続けているのであれば、私服OKな女性社員が羨ましく感じても無理がありません。

せめてネクタイや革靴を外したい・・・

スーツの着用で嫌なパーツの中に

 

ネクタイ

革靴

 

という2つのパーツはスーツを着ることが苦手な人にとっては、特にイヤに感じるものだと思います。

ネクタイは私にとっては首吊りロープみたいなものでしたし、革靴は裸足で地面を歩いているような感覚がして、まるで足回りの悪いスポーツカーを運転してケツが痛くなるのと似たような感覚に襲われ続けたことがありましたよ・・・

せめてこの2つさえ外してくれれば、一気に楽になりますよね。

実際に私は前職で店舗に勤務していた際、接客で8時間立ちっぱなしの中だと革靴の状態だと足が腫れそうになるレベルで痛くなったことがあったので、せめて黒い運動靴で誤魔化して勤務したことがあったのですが・・・

 

「次の日から革靴で来るようにしてください」

 

と店長から注意が入った時は

Hiroki
コイツは鬼かぁぁああああ!!

と思わず叫びたくなりました。

今思えば革靴の中にインナーソールを入れれば良かったと思っていますが、それでもつま先が窮屈で辛いこともありますよね。(形状によってはつま先が痛くなる!)

なんで女性だけスニーカーが許されて、男性はこんなやたらと窮屈でメンテナンスが面倒な高価な靴を履かなければならないのか・・・という疑問が頭に残るばかりです。

ネクタイにおいても、装着するのが窮屈なことがありますから

Hiroki
クールビズの時期がずっと続けばいいのにな・・・

と切実に願うことも割とあるあるなのかもしれません。

基本的に洗濯出来ないので手入れが面倒

スーツというものは素材がウールとか動物性素材にこだわっていることが多く、洗濯で洗うと色落ちしたり縮んだり、ぬるま湯で洗わなければいけないなど色々な制限がかかるので、基本的に洗濯出来ない&洗濯するのが面倒だという制約がついていることが多いです。

中には化学繊維で出来た水洗いOKのウォッシャブルスーツやストレッチスーツというものが存在していますが、アレは見た目が安っぽいので会社によっては

 

「もう新人じゃないんだから、そんな安っぽいスーツを着るんじゃない!」

「取引先に出向く時はウール製のスーツにしなさい!」

 

なんて上司から押し付けられることがあるのかもしれません。

洗濯で洗えないとなると、クリーニングに出す分お金がかかりますし、ブラッシングや霧吹き・アイロンがけなどの手間が増えるので、着心地が悪い上に着たくもないものに対してコマメにメンテナンスを行うのはなんかイヤですよね。

スーツ1着が高すぎて予備を買える気にならない

スーツの価格というのは、SHIMAMURAやユニクロでコーディネートをしている人にとっては

 

「高すギィ!!」

 

と思うはずです。

アレはウール100%で2〜3万円することが普通ですし、化学繊維で出来たものも1万円を超えることがあります。

一着だけならなんとか買えるものの、流石に予備を買う気力までは出ませんよね・・・

「たかが2〜3万円くらい安い出費だろ!それくらい出せないようなヤツはケチだ!」

なんて言われたとしても、着たいものに2〜3万円使うのであれば良いのですが、着たくもないものには1000円ですら使いたくはありませんよね。

 

「不要になったスーツはメルカリで売ればいいじゃないか!」

 

とツッコミが入りそうですが、自分が着たものを知らない他人に渡すということに抵抗感があるのは私だけではないはず。

可愛い子が着たスーツであれば定価以上に売れるのかもしれませんが、いい年したおっさんやら汗っかきの人が着たスーツなんて需要はあるのか・・・?(ぁ

仕事帰りにどこかに寄る際に着替えたくない

仕事帰りにぶらっとゲームセンターやらカラオケに行く、友人と遊ぶときはスーツ姿のまま行きたくはありませんよね。

仕事帰りに遊ぶ為に私服を持参した状態で一度着替えてスーツは鞄の中に入れてしまえば重い上にシワになることがありますし、一度帰宅して着替えるのもなんか手間がかかって面倒ですよね。

 

仕事帰りは着替えずにさっさと遊びモードに入りたい!

 

と思うことは、仕事でスーツを着る場面に遭遇した場合は割とあるあるな感情だと思います。

ウ○コをする時に着脱に手間がかかる上にスーツを置く場所が無かったら最悪!

スーツを着るにあたって、私が最も嫌だと感じるのがウ○コをする際に着脱に手間がかかるというところ。

ズボンだけを膝下までおろした状態でウ○コを出来るのであればこの点に関しては得に気にしないと感じる人が多いのでしょうが、私はとにかく軽装の状態でウ○コをしないと気がすまないという性格なので、ワイシャツを除いて全部脱ぎたくなります。

自宅だとシャツ1枚の状態ですからね(ぁ

 

まぁ・・・あれだ・・・ウ○コが衣服に付着するような感じがどうしても耐えられないのだ。

 

ここで一番悩むのが、ウ○コをする際に脱いだスーツやズボンをどうするのかというところ。

 

トイレの個室の中に赤ちゃん用の椅子や荷物置きがあればなんとかなるが、職場では中々そういうものがない・・・

んで・・・仕方なくトイレの床にズボンを置き、その上にスーツを置くという

 

「なんて不衛生な置き方をするんだ!」

 

と突っ込まれるかのような置き方をせざるを得なくなってしまう・・・

ウ○コをする際に確実に高価なスーツやズボンにダメージを与え続けるというのは、私にとっては割と精神的に来ましたね。

基本的にスーツとズボンは洗えるようなものではありませんし、トイレの雑菌が日々付着し続けていると思うとマジでアカン。

ズボンだけ降ろせない人にとっては、スーツはマジで辛いです。

 

最後にお詫びを・・・

 

汚い話になって申し訳ありません。

仕事モードになった気がして気が滅入ることがある

今仕事に行くことが辛い時期であれば、スーツを見るたびに気が滅入ることがあると思います。

アレを着るとどうしても

 

「長い長い仕事の1日が始まる・・・辛い・・・」

 

と無意識に感じてしまうことがありますよね。

スーツというのは仕事の象徴と言っても過言ではなく、アレを身に着けてしまえば嫌でも仕事を思い出すことになるので、今の仕事が好きであればまだしも、職場の人間関係や仕事内容によって今の仕事が嫌いになってうつ病に追い込まれそうになった時は、結構辛いですよね。

休日出勤の際にスーツ姿で電車に乗る時の悲愴感は異常

土日出勤が多い職場で勤務していると、スーツ姿で出勤するというのは割とメンタルに来ることがあったのは私だけでは無いはずです。

実際に私は前職で年間休日77日という土曜日出勤が当たり前のような環境で働いていた経験がありますが、冬の時期が特に辛かったですね。

職場に向かう電車に乗っている中、自分だけスーツ姿で周りの人がスキー用具とウェアを装着している人ばかりの光景に遭遇した時は

Hiroki
うぅ・・・俺が仕事の中、周りはスキーを楽しむのか。羨ましい・・・俺も遊びてぇ!

という心境になってしまい、アウトドア派の私にとっては羨ましくてハゲそうになった時期に遭遇したことがありましたよ。

少なくとも私服通勤さえしていれば、自分だけ仕事モードで周りは遊びモードという悲壮感を感じることは無かったはずです。

私服OKな仕事は顧客やお客様を直接相手にしない業界が多い

スーツを着なくてもいいような業界はどんなものがあるのだろうか?

 

簡単にまとめると、私服OKな業界は顧客やお客様を直接相手にしない業界が多いです。

たとえば、IT関係、通販・ネットショップ系、出版・編集・マスメディア系、WEBデザイン・広告関係、デザイナーや写真家・オンラインゲーム開発などのクリエイター系などが挙げられます。

 

これらの業界は外注化された仕事を請け負う、お客様に関わらずに個人で活動することが多いので、別にスーツを着なくとも印象は変わらないということからスーツの着用が義務付けられていないのでしょう。

 

スーツを着ないのに加え、上記のような業界は今後とも成長を望めるような業界なのも良い点です。

たとえばIT関係やらデザイナー写真家・編集者であれば、個人で仕事を行うにあたって高価な設備を取り揃える必要がなく、商品の在庫を抱えずにゼロからサービスを生み出すことが出来るので、実績やスキルによる信頼さえ会社で得られるような状態であれば、個人でも仕事を請け負えるような環境を容易に整えることが出来ます。

現在のサラリーマンの年収が物価や税金によって相対的に下がるような状況においては、副業を行いやすい環境を整えることは有利となり得ます。

 

「スーツがどうしても無理!」

 

という方は、迷わずこれらの業界に力を入れるようにするべきですね!

どうしてもスーツ着なければならない。少しでも窮屈から脱出する方法とは?

「お客様や顧客を直接相手にしない業界に転職する気力は起きないけど、スーツの窮屈さからなんとしてでも脱出したい」

 

という方のために、スーツ姿でのあの窮屈感から少しでも脱出出来る方法についていくつか紹介しています。

素人ながらの意見ですが、参考にしていただければ幸いです。

低反発クッションのようなインナーソールを購入する

革靴を履いていると、地面の凹凸やら衝撃がモロに足に来てしまうので、歩くことですら苦痛になってしまいますよね。

その時に足の負担をできるだけ下げる為にも高い革靴を選んでしまうのかもしれません。

しかし、革靴自体に価格差はあったとしても長持ちすることはありませんし、アレは完全に第一印象を良くするための道具なので高い革靴を買ったとしても足の負担が変わらないといったことは良くある事例です。

 

そこで注目して欲しいところが、革靴自体ではなく、革靴の中に装着するインナーソールです。

 

コレは数万円する革靴とは違い、1000〜2000円程度で買うことが出来るので、コスパが最強です。

試しにこちらの記事を執筆する前に革靴にインソールを装着したらどういう履き心地になるのかについて試しに近くのスーパーのテナント靴屋でインソールを試着してみたのすが・・・

Hiroki
Oh・・・なんでいままでコイツの存在に気づけなかったんだ!

と・・・履いた瞬間に思ってしまいましたね。

流石に今愛用している運動靴には及びませんでしたが、あの革靴独特の地面が硬く感じるような感触は大分無くなりましたね。

これさえあれば、8時間立ちっぱなしでもそこまで疲労を感じることは無かったはず。

 

でも・・・やはりつま先は窮屈のままでキツイ!

 

これは我慢するしかない。

革靴で足が痛くなって耐えられないと悩んでいた場合は、一度インソールを試してみてはいかがでしょうか。

伸縮性が高いスーツを購入すると世界が変わる

ワイシャツ姿であるのならまだしも、上着を着た状態だと重っ苦しくて腕を動かしたらなんだか引っかかるような気分がして嫌ですよね。

 

このような悩みを一気に解決してくれたのがストレッチスーツ!

 

コレは水洗いが出来る上に伸縮性が素晴らしいという評判の一品です。

ちなみに私は前職ではストレッチスーツを着用して仕事を行っていたので、父親のお下がり品のウール製のスーツと比較すると、まるでワイシャツ状態と同じような着心地になって大分マシになりましたよ。

それでも太陽光を良く吸収するので風が無い夏の日だと暑苦しいことがありましたが、ウール製と比較するとサウナスーツっぽさは大分無くなりましたね。

ただ、一つデメリットとして見た目が安っぽいというものがあるので、取引先に出向く時はウール製のスーツを用意した方がいいのかもしれません。

私の場合は特に何も言われることがありませんでしたが、役職についたり、取引先に出向く際は会社によってはストレッチスーツを快く思っていないことがあるので、状況に応じてスーツを選択することをお勧めします。

通勤時だけは私服でいる

私が最初の店舗に勤務していた時は通勤時だけ私服が認められていたので、私服で通勤していた時期がありました。(ロッカー完備の為)

私服通勤が認められなくとも、会社の最寄り駅やコンビニのトイレなどで一度スーツに着替えることが出来ることがある為、出来ないことはありません。(私は面倒なので本社通勤の際はしませんでしたが)

私の実体験からしてみると、スーツ姿で通勤するのと、私服姿で通勤するのとでは着心地の面だけでは無く、感情の面においても気楽さが出ましたので、意外と良い効果を期待できますよ!

前にも言ったとおり、スーツ姿だとどうしても仕事ムードが出て嫌になってしまうことがあります。

勤務時間内であればまだしも、給料が発生しないような通勤時間で仕事ムードが出てしまうのはなんとしてでも避けたいと思っても無理はありませんよね。

そこで、通勤時間だけ私服でいると・・・

 

意外と仕事モードにならない!

 

職場に向かう最中なのに、何故か私服だとこれから遊びに行くかのような感覚になれる。

不思議でたまらん・・・

仕事モードの時間を出来るだけ短縮するためにも、せめて通勤時間だけは窮屈なスーツとおさらばするのも良い手段だと思います!

特に通勤時間が片道1時間以上の場合はやってみる価値アリです。

20代がスーツを着るとサラリーマン階級社会の底辺として見られる

20代はスーツを着るとどうしても

 

若手サラリーマン

 

というイメージが付いてしまうため、中年以降のサラリーマンの方にとっては、たとえ自社とは無関係の存在であったとしても、スーツを着た20代は格下の存在として認識されることがあります。

何せ現在の中年以降の世代の方は、終身雇用・年功序列の価値観が未だに根付いていることが多い為、20代がスーツを着ているだけでサラリーマン階級社会の底辺層として見られることがあるのですよ。

実際にプライベートで中年以降のサラリーマンと会話する機会が訪れると、明らかにナメた態度を取られたり、人生の先輩面して長々と世間話やら説教を押し付けられることは意外とあるあるな話です。

彼らにとってはスーツを着た20代は

 

「はい・・・はい・・・」

 

と、ニコニコしながらも弱弱しくただ相槌を打つだけで文句を言わずに従うようなイエスマンの自社の部下を目の前にいるスーツを着た若者に投影されることがあることから、どうしてもナメられやすくなるのです。

上記のようにサラリーマン階級社会の底辺層として認識される背景から、20代にはスーツは似合わないと言っても過言ではありません。

 

逆に60代を過ぎてからはスーツを着るだけでも

 

経営者・重役の方

 

と認識されることがある為、スーツは絶好に似合います。

たとえ60代以降の引きこもりであっても、スーツを着るだけで世間からは「偉い人」だと認識されるレベルですからね・・・

実際に政治家や官僚の方々はスーツを着たオッサンばかりですから、そう思われたとしても不思議ではありません。

スーツを着ることによって世間から認知される階級が変化するのは、60代以降の方なら良くても、20代の方にとっては流石に耐えられん!

まとめ:やっぱりスーツは辛い!

スーツは基本的に窮屈で暑苦しいものなので、苦手な人にとっては苦手なままなので、社会の風習から無理やり着せられるとなるとどうしても悩みますよね。

社会の風習というものは中々変えられないものなので、会社員として働いた時点でまるでジグゾーパズルの形を削って無理やりはめ込むかのごとく自分が社会に適用しなければならないので、本当に嫌な世の中だと感じます。

男性だけスーツ文化を共用されて、女性は服装自由という伝統から来る文化を強制させられるというのは、人によってはマジでストレスを感じるでしょう。

この記事をご覧になった男性の方は恐らくそうなのかもしれません。

理不尽なスーツ文化を強要されるのは、本当に辛いことですよね!

スーツ文化を強要しない業界が今後急激に成長することを願うばかりです。

  • この記事を書いた人

Hiroki

「クソ上司やブラック企業に立ち向かう全ての方を応援する」というコンセプトの下、社畜には見るにたえない汚らわしい記事を量産しています。

暴言ジイサン入りの介護施設(4か月)▶ゲーセンバイト(半年)▶ブラック転職事業(4か月)▶パワハラ有で年間休日77日年収200万円の中小企業(2年)と「ド」がつくほどの底辺環境を味わう。

【退職後】アウトドア・転職関連のメディア執筆3年▶雑記・転職サイト2件運営▶「シゴトイキタクナイ」運営【1年2か月目】最高月3万PV

>>底辺社畜時代の話

>>お問い合わせ

ハローワークを利用するだと?ちょっと待ってくれ!

「一度レールから外れた人間はブラック企業しか就職できない・・・」

「ハローワークの求人がブラック企業ばかりで就職する気力がなくなった・・・」

クッソ理不尽な社会の中でイヤでも生きていると身をもって体感できるよね。

「早期離職したら次の就職先が見つからない」という風潮は未だに根付いているほどですし

「3年以内に辞めようとする自分は欠陥人間なんだ・・・」

「どうせ自分は次にいってもやっていけない・・・」

と自分は価値のない存在だと思い込むあまり、ブラック企業から逃れたくても逃れられなかったり、逃れたとしても再び詐欺求人しか目に入らなくなるのはマジで辛いもんです。

でも・・・そんな化石みたいな風潮に捉われすぎる必要はないッ!

リーマンショックの時代とは異なり、現在はブラック企業を排除した未経験向けの転職エージェントが充実しています。

20代であれば誰でも参加することができますし、正社員経験のないニートやフリーターであっても歓迎要件です!

もちろん無料であり、ブラック企業を排除しているだけではなく、転職活動時のサポートや内定後のアフターサービスも充実し過ぎているほどのテンコ盛りです。

同じ無料サービスであるのにも関わらず、ブラック求人を平気で放置しているのに加え、非正規でやる気のない職員で溢れているハローワークと比較したら雲泥の差と言っても過言ではありません。

20代の既卒未経験であれば、迷わず以下の転職エージェントを利用することを強くオススメしますよ!

ブラック企業を徹底的に排除!入社後定着率業界NO1の「ウズキャリ」

独自の審査基準や利用者からのフィードバックでブラック企業を完全に排除!

平均20時間程度のサポートに加え、Google評価が平均して★4以上と高評価なのが「ウズキャリ」の強みだ!

首都圏のIT業界や営業の就職に強く、大阪・名古屋・福岡の求人も取り扱っているぞ!

「ウズキャリ」の詳細記事はコチラ

ブラック企業徹底排除のIT就職に特化した「ウズキャリIT」

ウズキャリのIT就職に特化したサービス。

ブラック企業を完全に排除しつつ、IT特化型の転職支援を受けられるのはココだけしかない。

27歳就業経験なしのひきこもりニートから年収350万円のベンチャー企業に就職した実績があり、定着率や内定率も業界でナンバーワンだ!

「コロナ禍を経て在宅勤務可能な業界に就職したいけど、資格や経験がないから応募しにくい・・・」

と悩む方に一番オススメだぞ!

労基法を守ったら潰れるような会社を排除!「第二新卒エージェントneo」

会社の財源情報をチェックすることで、労基法を守ったら潰れるような会社を排除!

求人数は12000以上とブラック企業の排除を公言している中では最多!

平均10時間程度のマンツーマンサポートも整えられているぞ!

「第二新卒エージェントneo」の詳細記事はコチラ

月収20万・年間休日120日以上の求人多数の「キャリアスタート」

月給25万円以下の20代の既卒・第二新卒・フリーター・ニートに特化している転職エージェント。

内定率86%・定着率92%と驚異的な実績を持っており、ブラック企業を排除した良質な求人を取り揃えている。

北海道から熊本県と北から南まで幅広く対応しているぞ!

「キャリアスタート」の詳細記事はコチラ

-プライベート
-,