ブラック企業 社畜批判

昇給1000円の会社は例外なくヤバイと思え!選ぶべきではない7つの理由を語る!

昇給1000円の会社

 
悩男
就活がうまくいかなくて妥協しようと思っているんだけど、昇給1000円の会社って選んでもいいのかな・・・?
 
悩子
昇給1000円の会社に在職しているけど、近い内に退職した方がいいのかな・・・?
 

こんな疑問・悩みに答えていきたいと思います。

当記事の概要について簡単にまとめると、以下の通りです。

 

当記事の概要まとめ

  • 昇給1000円の会社を選ぶべきではない理由
  • 0~5000円みたいな幅を利かせた昇給額の求人は信用してはいけない理由の解説
 
Hiroki
実際に私は前職で年間休日77日・年収200万円に加え、昇給ゼロで5年目の先輩と給料が変わらなかった悲しい事例に遭遇しています。
 

こんな方におすすめ

  • 現時点で就職・転職活動を行っている
  • 昇給が1000円以下の会社に在職している
 

当記事のボリューム

この記事は5000文字程度です。

 

▼ブラック企業を徹底排除した転職エージェント▼

ブラック企業を徹底的に排除!入社後定着率業界NO1の「ウズキャリ」

独自の審査基準や利用者からのフィードバックでブラック企業を完全に排除!

平均20時間程度のサポートに加え、Google評価が平均して★4以上と高評価なのが「ウズキャリ」の強みだ!

首都圏のIT業界や営業の就職に強く、大阪・名古屋・福岡の求人も取り扱っているぞ!

「ウズキャリ」の詳細記事はコチラ

労基法を守ったら潰れるような会社を排除!「第二新卒エージェントneo」

会社の財源情報をチェックすることで、労基法を守ったら潰れるような会社を排除!

求人数は12000以上とブラック企業の排除を公言している中では最多!

平均10時間程度のマンツーマンサポートも整えられているぞ!

「第二新卒エージェントneo」の詳細記事はコチラ

月収20万・年間休日120日以上の求人多数の「キャリアスタート」

月給25万円以下の20代の既卒・第二新卒・フリーター・ニートに特化している転職エージェント。

内定率86%・定着率92%と驚異的な実績を持っており、ブラック企業を排除した良質な求人を取り揃えている。

北海道から熊本県と北から南まで幅広く対応しているぞ!

「キャリアスタート」の詳細記事はコチラ

 

昇給1000円の会社を選ぶべきではない7つの理由

 
Hiroki
昇給1000円の会社を選ぶべきではない理由について簡単にまとめると、以下の通りです。
 

見出しまとめ

  • 物価と税金が上がるスピードの方が早い
  • 平均が3000円程度なので底辺を実感することになる
  • 仕事を沢山押し付ける傾向が強い
  • いつでも「不景気」を言い訳する
  • 給料が少ないのにサービス早出や残業が多い
  • 下手したら週44時間労働を採用している
  • 副業を禁止しているパターンが多い
 

物価と税金が上がるスピードの方が早い

まず、昇給1000円だと、他の手当を除くと年に12000円しか収入が上がらないことになる為、年々上がる物価や税金のスピードに追い付く訳がありません。

 

日本は少し前までは年に2%程度、現在は0~0.5%程度のインフレ率なのですが、年に150万円出費するとしたら

 

150万×0.02=3万円

150万×0.005=7500円

 

と・・・単純計算なのですが、大体1%のインフレ率に達したら、昇給が物価の上昇に追い付くことは無く、下手したら一生入社時と同じ生活を続けなきゃいけなくなるハメになります。

 

更にコレに加えて消費税や住民税の増税はもちろんのこと、水道料金や電気代といったライフライン料金、銀行の手数料、各種保険料、酒・タバコ、ガソリン代の値上げも考えれば、昇給1000円だと物足りない感が半端ありません。

 

また、コアな条件である昇給を出し惜しむ会社っていうのは、例外なく福利厚生も出し惜しむ傾向も強いです。

役職手当なんてオマケ程度しか付きませんし、下手したら残業ばかりの新入社員みたいな待遇と化すことだってあります。

 

長く勤めていれば自然と豊かになるっていうのは本来あるべき姿なのに、逆に長く勤めれば勤めるほど新入社員と比較して生活も仕事も苦しくなるとか、明らかにバカバカしい環境だと言っているようなもんだ(笑)

 

平均が6000円程度なので底辺を実感することになる

 

「1000円単位の昇給って少なくないですか?」

 

なんて質問を匿名質問板でよく見かけるのですが、質問するまでも無いです。

 

昇給1000円っていうのは明らかに底辺です。

 

そう言える根拠として、以下のリンク先を辿ると嫌でも底辺を実感できますよ。

 

「昇給額 平均」の検索結果

 
Hiroki
実際に上記のリンクをクリックすると、昇給額が「平均5997円」とデカデカと一番上に表示されるゾ。(2021年3月時点)
 

実際に昇給額1000円の会社に勤めているのなら、ネットニュースでこういったデータを見れば・・・

 

「昇給額6000円なんて嘘だろ!大企業だけのデータだろ!」

「そんなにもらっていない!」

「私は毎年昇給1000円です。今の新卒と5000円しか給料が変わりません!」

 

と・・・残酷な事実を信じたくない為に嘘だと疑いまくったり、聞いてもいないのに自分の不幸話を語ってくることでしょう。

まさに底辺の環境を満喫できている証拠です。

(ヤ〇コメ民に良くいる)

 

近い将来、上記のような底辺環境を満喫したくないと強く思っているのなら、昇給1000円の会社は避けておくべきだと断言するゾ。

 

仕事を沢山押し付ける傾向が強い

昇給が少ない会社ほど楽な仕事を行えると思われがちですが、昇給が少ない会社ほど仕事がキツイパターンの方が圧倒的に多いです。

 

薄給激務の会社は、利益の出にくい仕事や本人にとって適性のない仕事であったとしても・・・

 

「みんな辛い中頑張って覚えたのだから、やってくれなきゃ困ります!」

 

とか利益を出すことを優先せずに「会社の風潮」とやらを優先することがマジで多い。

 
苦手な仕事が原因でパワハラに発展したらその仕事から逃げるべきだ!

▼ブラック企業を徹底排除した転職エージェント▼ ブラック企業を徹底的に排除!入社後定着率業界NO1の「ウズキャリ」 独自の審査基準や利用者からのフィードバックでブラック企業を完全に排除! 平均20時間 ...

続きを見る

 

更に会社自体が延命措置に入っており、従業員に過重労働をさせないと会社自体が潰れるという事情も近年目立ってきています。

 

当然こういった環境では、下手に頑張り過ぎると「仕事の報酬は仕事」と言わんばかりに仕事を沢山押し付けられ、真面目で優秀な人間はどんどん潰されていくことでしょう。

 

成果に見合った給料や昇給なんて出す訳が無いですし、

こういった会社だと徹底的にうまくサボった方が遥かに得することがあるので、

結果的に会社の業績が伸びることは一切なく、昇給が夢のまた夢っていうことになるのです。

 

こんな環境の中で仕事のモチベーションを維持することなんて、維持できる人の方がすげぇわww

 
仕事量の割り振りがおかしい会社はブラックだと判断するべき理由を語る!

▼ブラック企業を徹底排除した転職エージェント▼ ブラック企業を徹底的に排除!入社後定着率業界NO1の「ウズキャリ」 独自の審査基準や利用者からのフィードバックでブラック企業を完全に排除! 平均20時間 ...

続きを見る

 

いつでも「不景気」を言い訳する

昇給が少ないほど余裕が無い会社だと、いつでも不景気を言い訳にし、待遇を意地でも改善しないことがあります。

 

嫌らしいのが、不景気を言い訳にしているのにも関わらず、好景気となった時は従業員に還元しようとせずに

 

「不景気になった時に従業員に給料を払えなくなったらどうするんだ!」

 

とか言いつつも福利厚生や昇給を出し惜しみ、会社の経費で経営者の私腹を肥やしていることがあるという点。

 
Hiroki
こんな会社に対して忠誠心なんてへったくれもない・・・
 

もし私がキュイと同様、ベジータに追い込まれるような場面に遭遇したとしたら、社長の悪口をボロクソに言いまくって裏切ろうとすることでしょう。

 
 

当然こういった環境で働き続ければ、「日本はいつでも不景気な状態」だと洗脳されてしまうことがあるので、経済の話になると常にネガティブな話題でもちきりとなってしまいがちです。

 

日本の経済に対してやたらとネガティブな意見が多いのは、不景気を言い訳にして待遇を出し惜しむ会社が多いからでしょう。

 

昇給1000円以下の会社に入社すると、ネガティブ人間の仲間入りとなることは間違いない。

 

給料が少ないのにサービス早出や残業が多い

給料や昇給額が低いほど仕事がきついだけではなく、サービス残業や早出が常習化していることだってあります。

 

1日あたり30分単位の残業代はもちろんのこと、残業代は出すと言っておきながら、労働者側が自ら残業申請しないと

 

「自発的にサービス残業を行った」

 

という扱いにしてくるような仕組みを整えているのは、昇給が少ない会社では良くありがちなパターンです。

 
残業申請
面倒な残業申請のせいで残業代を請求しにくい会社は定時に帰れ!

▼ブラック企業を徹底排除した転職エージェント▼ ブラック企業を徹底的に排除!入社後定着率業界NO1の「ウズキャリ」 独自の審査基準や利用者からのフィードバックでブラック企業を完全に排除! 平均20時間 ...

続きを見る

 

また、始業時間前に無償で清掃や朝礼を行わせたり、飲食や接客業では開店準備を無償で行わせるなど、労働者の無知につけこんで残業代を節約しているような場所も非常に多いです。

 

そもそも労基法っていうのは、最低限の基準値を定めているものであるはず。

その「最低限」すらロクに守れていないような会社なんて、どこに魅力を感じるのだろうか?

 

下手したら週44時間労働を採用している

昇給というマスト要件を出し惜しむ会社っていうのは、人件費をレースゲームのタイムアタックかのごとく、コンマ1秒でも短縮するように人件費を極限までケチっています。

 

中でも一番ヤバイ人件費節約法っていうのが

 

週44時間労働(特例措置対象事業場)

 

という制度を採用するというもの。

 
週44時間労働
週44時間労働を採用している会社は辞めるべきブラック企業の特徴だ!

▼ブラック企業を徹底排除した転職エージェント▼ ブラック企業を徹底的に排除!入社後定着率業界NO1の「ウズキャリ」 独自の審査基準や利用者からのフィードバックでブラック企業を完全に排除! 平均20時間 ...

続きを見る

 

この制度を採用しているとなれば、1日8時間労働制限の観点からして休みが少なくなります。

その為、たとえ条件に該当したとしても、見送っている会社が多いくらいです。

労働者の生活を思っているのなら、絶対に採用することは無いですしね・・・

 

でも・・・昇給が少ない会社っていうのは、週44時間労働制を容赦なく採用していたりしています。

 
Hiroki
実際に私の前職は週44時間労働を採用していたおかげで、年収200万円という底辺待遇なのに年間休日77日というシュールな待遇と化していましたからね。
 

更に週44時間労働だけでは収まらず、サービス残業や早出が多かったり、頑張る人に仕事を押し付けられたりすることがもれなくセットで付属しているぞ!

 

薄給の会社に入社するだけバカを見るっていうのはまさにこのことだ。

 

副業を禁止しているパターンが多い

経営状況に余裕が無い会社だと目先の利益に捉われがちなので、給料が安いのに副業を禁止しているパターンが非常に多いです。

 

仕事に見合った給料を用意できないというのなら、

せめて今の仕事を副業のノウハウに活かせるよう、

副業を後押しするべきだと考えているのですが・・・

 

「副業をやらせたら本業に支障にでるだろうが!」

「長時間労働を促してしまうので却下!」

 

とか全く訳の分からん理由で拒否してくるのです。

 
Hiroki
私からしてみれば、クソみたいな待遇で無理やりモチベーションを保たせる方が、本業に支障が出るようにしか見えないのですけどね・・・
 

一層のこと「労働者に対して力を持たせたくない」とハッキリと言えばいいのにね。

 

昇給1000円の仕事でも副業の実績やノウハウに活かすことができて、

副業を後押ししてくれるのなら働く価値は少なからずあるのですが、

給料が安いのに副業したくらいで処分を出してくるような会社なら、

全く働く価値はないと言っているようなもんです。

 

▼即日退職できるオススメ退職代行業者▼

労働団体運営で安心!最安値で即日退職に最も力を入れている「退職代行SARABA」

料金は一律25000円と労働組合が運営している中では最安!

業界最高峰の知名度で累計退職者数が15000人を超え、退職成功率が100%!

即日退職の成功率も高く、「明日から会社に行きたくない・・・」と思う方は是非利用するべきだ!

有給消化成功率98%!

「退職代行SARABA」の詳細記事はコチラ

 

退職後にウズキャリ利用で祝い金5万円が貰える「男の退職代行」

男性専用の退職代行サービス。

退職後に提携転職エージェントで転職成功したら最大5万円の祝い金(キャッシュバック)が貰える!

ブラック企業を完全に排除した20代未経験向けの転職エージェントである「ウズキャリ」と提携しているので、退職後に転職活動したい方は選ばない理由は無いぞ!

月額3300円のサブスクリプションサービス(1年で2回まで利用出来る)も用意しているので、お金が無い方でも今すぐ利用出来る点も良いところだ!

「男の退職代行」の詳細記事はコチラ

 

「男の退職代行」が女性向けのサービスとなった「わたしNEXT」

「男の退職代行」は男性限定ですが、コチラは「男の退職代行」が女性限定となったバージョン。

サービスや料金はもちろん「男の退職代行」と同じであり、唯一異なる点は女性特有の悩みを考慮しているということ。

「男の退職代行」のサービスを女性の方が受けたいのであれば、迷わず「わたしNEXT」を利用しよう!

「わたしNEXT」の詳細記事はコチラ

 

弁護士運営で未払い賃金請求可!もっとも安心出来る「みやびの退職代行」

料金は55000円であり、信頼度や実績から見ると、弁護士が運営している中ではかなり安い!

弁護士が運営しているので非弁行為で訴えられる心配はゼロだ!

通常の退職代行だと出来ない「残業代や退職金の請求」や「会社都合退職の変更交渉」を承っているぞ!

精神的に追い込まれるようなブラック企業に勤務しているのなら、迷わず利用しよう!

「みやびの退職代行」の詳細記事はコチラ

 

求人票の昇給欄に「0円」という記載があった時点で一切信用するな!

求人票の昇給欄でわりと多く見かけるのが

 

「0~5000円」

 

という風に将来大きな昇給が見込めるように見せかけるようなものです。

 

一見すると長く働いていれば5000円の昇給を目指せると思われがちですが、こういった求人条件で最大値になるということは、絶対に無いと言っても過言ではありません。

 

上記の理由から、0円が昇給の最低額として定められていた時点で高確率で昇給が0円になりますし、下手したら長年働いても昇給が0円のままっていうパターンもあり得ます。

こういう幅を利かせた設定値っていうのは、会社の裁量でいつでも変えられるので、求人に偽りはないということになりますからね。

0円と記載していた時点で、0円のままにするのは、就業規則に特段の定めが無い限りは会社の自由ってわけです。

 

コレにうまく騙され、真面目に長年働いたことで辞めにくくなった状態になったのに加え、昇給がゼロ円のままで悩まされた人は数えきれないほど存在するはず。

 

昇給額に0円と記載されている時点で信用してはいけないのです。

求人票の昇給額を見る際は、最低値にしっかりと注目を忘れないようにしよう。

 

まとめ:特に目的が無いのなら昇給1000円の会社は選ぶべきではない!

特に目的が無いのなら、昇給1000円の会社は基本的に選ぶようなものではありません。

仮に昇給1000円の会社を選ぶとするのなら・・・

 
  • 仕事が副業で稼ぐためのスキルや実績になる
  • 仕事が大企業やベンチャー企業への転職のキャリアアップに繋がる
  • 仕事が自分の趣味を極めるのに役に立つ
 

といった条件をいずれ満たす必要があります。

 

何も目的もなく昇給1000円の会社に入るというのは、時間と精神を無駄にするだけで何も意味がありません。

 

給料を第一目的として昇給1000円の会社に入社するっていうのは、間違いなく病むコースですから・・・

 

もしも何も目的が無く、私の前職と同様に昇給ゼロか1000円に近い底辺の会社に在職しているのであれば、今すぐ転職することをオススメします。

 

昇給が平均よりも高い会社とまではいかなくとも、最低限でも上記のような条件を満たせるような職業を選ぶようにしましょう。

  • この記事を書いた人

Hiroki

「クソ上司やブラック企業に立ち向かう全ての方を応援する」というコンセプトの下、社畜には見るにたえない汚らわしい記事を量産しています。

暴言ジイサン入りの介護施設(4か月)▶ゲーセンバイト(半年)▶ブラック転職事業(4か月)▶パワハラ有で年間休日77日年収200万円の中小企業(2年)と「ド」がつくほどの底辺環境を味わう。

【退職後】アウトドア・転職関連のメディア執筆3年▶雑記・転職サイト2件運営▶「シゴトイキタクナイ」運営【1年2か月目】最高月3万PV

>>底辺社畜時代の話

>>お問い合わせ

ハローワークを利用するだと?ちょっと待ってくれ!

「一度レールから外れた人間はブラック企業しか就職できない・・・」

「ハローワークの求人がブラック企業ばかりで就職する気力がなくなった・・・」

クッソ理不尽な社会の中でイヤでも生きていると身をもって体感できるよね。

「早期離職したら次の就職先が見つからない」という風潮は未だに根付いているほどですし

「3年以内に辞めようとする自分は欠陥人間なんだ・・・」

「どうせ自分は次にいってもやっていけない・・・」

と自分は価値のない存在だと思い込むあまり、ブラック企業から逃れたくても逃れられなかったり、逃れたとしても再び詐欺求人しか目に入らなくなるのはマジで辛いもんです。

でも・・・そんな化石みたいな風潮に捉われすぎる必要はないッ!

リーマンショックの時代とは異なり、現在はブラック企業を排除した未経験向けの転職エージェントが充実しています。

20代であれば誰でも参加することができますし、正社員経験のないニートやフリーターであっても歓迎要件です!

もちろん無料であり、ブラック企業を排除しているだけではなく、転職活動時のサポートや内定後のアフターサービスも充実し過ぎているほどのテンコ盛りです。

同じ無料サービスであるのにも関わらず、ブラック求人を平気で放置しているのに加え、非正規でやる気のない職員で溢れているハローワークと比較したら雲泥の差と言っても過言ではありません。

20代の既卒未経験であれば、迷わず以下の転職エージェントを利用することを強くオススメしますよ!

ブラック企業を徹底的に排除!入社後定着率業界NO1の「ウズキャリ」

独自の審査基準や利用者からのフィードバックでブラック企業を完全に排除!

平均20時間程度のサポートに加え、Google評価が平均して★4以上と高評価なのが「ウズキャリ」の強みだ!

首都圏のIT業界や営業の就職に強く、大阪・名古屋・福岡の求人も取り扱っているぞ!

「ウズキャリ」の詳細記事はコチラ

ブラック企業徹底排除のIT就職に特化した「ウズキャリIT」

ウズキャリのIT就職に特化したサービス。

ブラック企業を完全に排除しつつ、IT特化型の転職支援を受けられるのはココだけしかない。

27歳就業経験なしのひきこもりニートから年収350万円のベンチャー企業に就職した実績があり、定着率や内定率も業界でナンバーワンだ!

「コロナ禍を経て在宅勤務可能な業界に就職したいけど、資格や経験がないから応募しにくい・・・」

と悩む方に一番オススメだぞ!

労基法を守ったら潰れるような会社を排除!「第二新卒エージェントneo」

会社の財源情報をチェックすることで、労基法を守ったら潰れるような会社を排除!

求人数は12000以上とブラック企業の排除を公言している中では最多!

平均10時間程度のマンツーマンサポートも整えられているぞ!

「第二新卒エージェントneo」の詳細記事はコチラ

月収20万・年間休日120日以上の求人多数の「キャリアスタート」

月給25万円以下の20代の既卒・第二新卒・フリーター・ニートに特化している転職エージェント。

内定率86%・定着率92%と驚異的な実績を持っており、ブラック企業を排除した良質な求人を取り揃えている。

北海道から熊本県と北から南まで幅広く対応しているぞ!

「キャリアスタート」の詳細記事はコチラ

-ブラック企業, 社畜批判
-, ,