社畜批判 洗脳予防

「趣味を仕事にするな」という意見はガン無視を貫いても良い7つの理由を語る!

趣味を仕事にするな

仕事を選ぶ際に趣味・やりたいことを重視して選んだことで・・・

「趣味を仕事にすると嫌いになる!」

「好きなことを仕事にできるのは限られた人間だけだ!」

「趣味を仕事にするな!」

と言われ、泣く泣く諦めてしまった経験を持っていませんか?

実際に私は過去にこの手の意見を真に受けたことでやりたくもない仕事をしたり、反発したことで趣味を仕事にした経験を併せ持っているのですが

「趣味を仕事にするな」という意見を投げかけるのは、趣味を仕事にした経験のない雑魚が足を引っ張ってるのに過ぎない

という結論が真っ先に出ましたよ。

この手の意見を真に受けたことで仕事が充実しないどころか、「社会不適合者」というレッテルを貼られて潰されましたからねー・・・

それに耐えきれなくて独立したのですが、退職してから4年経った今でも前職の収入を上回るほどの収益や充実感を味わっているので、趣味を仕事にするのは間違いではなくて良い方向に導かれているとしか言えないです。

結局は他人を不幸のどん底に突き落として優越感や安心感を浸りたいだけゴミクズの意見という訳です。

今回は「趣味を仕事にするな」という意見を無視するべき理由について語っていきます。

当記事のボリューム

この記事は5000文字程度です。

▼ブラック企業を徹底排除した転職エージェント▼

ブラック企業を徹底的に排除!入社後定着率業界NO1の「ウズキャリ」

独自の審査基準や利用者からのフィードバックでブラック企業を完全に排除!

平均20時間程度のサポートに加え、Google評価が平均して★4以上と高評価なのが「ウズキャリ」の強みだ!

首都圏のIT業界や営業の就職に強く、大阪・名古屋・福岡の求人も取り扱っているぞ!

「ウズキャリ」の詳細記事はコチラ

労基法を守ったら潰れるような会社を排除!「第二新卒エージェントneo」

会社の財源情報をチェックすることで、労基法を守ったら潰れるような会社を排除!

求人数は12000以上とブラック企業の排除を公言している中では最多!

平均10時間程度のマンツーマンサポートも整えられているぞ!

「第二新卒エージェントneo」の詳細記事はコチラ

月収20万・年間休日120日以上の求人多数の「キャリアスタート」

月給25万円以下の20代の既卒・第二新卒・フリーター・ニートに特化している転職エージェント。

内定率86%・定着率92%と驚異的な実績を持っており、ブラック企業を排除した良質な求人を取り揃えている。

北海道から熊本県と北から南まで幅広く対応しているぞ!

「キャリアスタート」の詳細記事はコチラ

「趣味を仕事にするな」という意見を無視するべき理由

見出しまとめ

  • ①楽しくないと仕事は続かないだろ?
  • ②利益優先なら有利な条件がいいに決まってる
  • ③仕事が趣味の人にはどう足掻いても勝てない
  • ④他人の足を引っ張りたいだけの雑魚
  • ⑤実際に趣味を仕事にしている人は大勢いる
  • ⑥今の仕事を頑張るメリットが見つからなくなる
  • ⑦ウソをついてまで「志望動機」を考える方がバカらしい

①楽しくないと仕事は続かないだろ?

「趣味を仕事にするな」という意見を無視するべき理由として、単に楽しくなければ仕事が続かないという点が挙げられます。

実際に私は「仕事はお金の為に割り切って行うもの」といった系統のアドバイスを真に受け、参入障壁が低い好きでもない仕事を幾度か選んでいたのですが・・・

ほとんどが1年も続かない

という結果に襲われたのは言うまでもないです。

人によってはお金の為に割り切って仕事を頑張れることはあるのですが、私の場合は仕事がつまらなければ目先のことに集中できなくなるほど頭が真っ白になるような体質でしたからね。

それが原因で同じ失敗やミスを繰り返したことで「学習能力がない」「社会不適合者」だというレッテルを貼られ、短期間で異動や退職をし続けた時期があったのは言うまでもありません。

やはり仕事自体に面白さを見出すことができなければ、長続きなんてできる訳がない。

「仕事を面白くするために努力しろ!」

と言われたとしても、今の仕事自体が潰しが効かなかったり、稼げる実績や趣味の知識を深めるのに繋がらなければ無理な話だ。

私にとってはどう足掻いてもつまらない仕事を楽しくする努力ができない。

それで前職を辞めてからは失敗やミスを繰り返さない為にも興味のあったWEBライターの仕事を無収入の状態から行うことにしましたが・・・

コレは3年以上続いた!

趣味であるアウトドア関連の記事を執筆したことでお金を得られる環境ですから、これまでの職と比較して圧倒的に集中力を発揮できたのは言うまでもありません。

この他にもツーリングが趣味であることからウーバーイーツやらメニューで宅配したり、収益の一部をFXの自動売買やビットコインやリップルに充てたり、当サイト運営を行うことで収入の柱をどんどん増やしていきました。

その結果、前職を辞めてから4年以上経った今でも仕事で毎日が充実しています。

短期間の離職を繰り返しやすいADHDである私がこんなに仕事を続けられたのは、趣味を仕事にする為に努力や行動を起こしたからこそでしょう。

わざわざ趣味につながらないような仕事を選んでまで仕事が続かないことでクズ呼ばわりされるのはまっぴらごめんです。

(関連記事:仕事が続かない人はクズじゃねぇ!ADHDの私でも簡単に長続きさせる方法を紹介するぞ!

②利益優先なら有利な条件がいいに決まってる

会社は仲良しグループではなく、利益を出した人が偉いとみなされる環境となっている場所がほとんどです。

たとえ人間関係に難ありで部下をいじってくるような最低なヤツでも仕事ができる人材なら見逃してくれることがありますし、優しい性格でも仕事ができなかったら容赦なく切り捨てたりいじめの対象となるなんて良くある話。

仕事の成果次第で自分に対する人当たりが変わってくるのなら、つまらない仕事よりも楽しいと思える仕事を選んだ方が圧倒的有利ではないでしょうか?

「趣味を仕事にするな」といった意見を真に受け、わざわざつまらない仕事を選んでしまうことで「仕事ができない」レッテルを貼られて自滅するのは非常にバカらしいもんです。

なんでわざわざ自分が「仕事ができない」レッテルを貼られるリスクをあげなきゃいけないのか。

利益を出せる人間が偉いというのなら、有利となりうる仕事を最初から選んだ方がいいに決まっているだろうが。

せめてつまらない仕事の中で頑張っても結果を出せない人を応援したり、フォローしてくれるのなら話は別です。

ですが、こういった人間を容赦なく切り捨てるような社会である以上は「趣味を仕事にするな」という意見を投げかける資格なんてまったくない。

③仕事が趣味の人にはどう足掻いても勝てない

どの会社においても今の仕事が趣味である同僚や上司というのは一定数存在しているかと思います。

実際にインテリア業界である私の前職ではインテリアが趣味であるおばちゃんが店舗勤務の先輩であった時期がありました。

その人の仕事のメモ帳を見せてもらったことがあるのですが・・・

図や表を多用しつつも、非常に見やすいレイアウトでまとめられていた・・・!

それと比較して私のメモ帳は単に上司から教えられたことを書きなぐっただけなのに加え、ポケットの中でページが破けているような見るに耐えないもの。

コレでも頑張ってメモを取っていたと当時は自覚していましたが、まさに格の違いを見せられたような気分になりましたね・・・

仕事をつまらないと思い込んでいる中で努力したとしても、仕事が趣味の人にはどう足掻いても勝てないことを実感しましたよ。

④他人の足を引っ張りたいだけの雑魚

この手の意見を投げかけるヤツっていうのは、大体が趣味を仕事にしたことがないような行動力のない雑魚であったりします。

趣味を仕事にした経験がないのにも関わらず「趣味を仕事にするな」と唱えるのは、単に僻みによる羨ましさから適当なアドバイスを押し付けて足を引っ張っているだけなんです。

動画で武井壮が言っているように、趣味を仕事にするのを妨害してくるヤツっていうのは、自分が辛い中で楽しい仕事をしてお金を貰っているのが気に入らないと思っているだけ。

そんな不幸で惨めなヤツの意見なんて微塵たりとも聞く価値はない。

大体この手の雑魚が好きな言葉というのが・・・

「好きなことで成功している人間なんてごく一握りだ!」

「ほとんどの人は趣味を仕事にすると嫌いになる!」

「好きな仕事はお金にならない!」

という妄想ばかり押し付ける言葉なので、趣味を仕事にして失敗する根拠なんて何処にもないと断言しても良いレベルです(笑)

それで他人のやりたいことや好きなことを無理やり放棄させ、つまらない仕事で苦しめられたり、「仕事ができない」レッテルを貼られて落ち込んだら落ち込んだで・・・

「今のお前がそうなったのは自己責任」

「自分が嫌いだから仕事ができないんです。もっと自信を身につけましょう(笑)」

「仕事ができない人間は社会に必要ない」

だの無責任に投げかけつつも安心感に浸るような最低な野郎だったりします。

こんなの自分より下の存在を作り出すことで安心感に浸りたいという野獣先輩のケツの穴レベルの汚い下心丸見えですし、足を引っ張るようなゴミクズの言いなりになるだけ人生を阻害されてしまうだけですよ。

⑤実際に趣味を仕事にしている人は大勢いる

Q.今、好きなことを仕事にしていますか?

はい 39.8%
いいえ 60.2%

引用:マイナビニュース

「好きなことを仕事にできるのはごく一部の人間に限る」だの言われていることがありますが、実際に好きなことを仕事にしている人間というのは上記の引用文を見る限り意外と多いです。

現にどの会社においても「仕事が趣味」と唱える人間は少なからずいるはずですから、やりたいことを仕事にするのに特別な才能なんて不必要だと断言してもいいくらいです。

実際に湾岸ミッドナイトというアーケードレースゲームの上位ランカーである私の知人達は全員が車が趣味であるのに加え、塗装屋や整備工など趣味に繋がる仕事に就いていました。

この他にも起業して警備や不動産の事業を手掛けた結果、5000万の新居を買うほど豊かになってオタク生活を満喫しているネトゲの古き友人もいます。

更に言うのなら自分の趣味に関連する店舗に通う際も、目の前にいる店員はあなたと趣味が被っているパターンがほとんどです。

たとえば、釣具屋なら店員はほとんどが釣りが趣味だったりしますし、バイク修理店や販売店ではほとんどがツーリングが趣味な店員であったりします。

仕事の種類なんて星の数ほど存在していますし、探そうと思えば自分の好きなことを仕事にできる場所なんていくらでも見つかるんです。

そのおかげで好きなことを仕事にしている人の割合が意外と高いのでしょう。

特別な才能がなくても好きなことを仕事にしている人間が多い環境の中で「自分の趣味を仕事にするのは無理ゲー」と諦める必要はありません。

⑥今の仕事を頑張るメリットが見つからなくなる

せめて欧米諸国みたいに仕事の成果によって給料が大きく変化する環境であれば、趣味でもない仕事においても頑張れる気力が自然と出るものです。

ですが、日本は未だに終身雇用の文化が根付いており、どんなに頑張ったとしても給料が増えずに仕事が増えるような体制を整える場所は未だに多いです。

当然日本の労働環境においては、給料以外にもやりがいや頑張るメリットを見つけなければとてもやっていけません。

そういった頑張るメリットを見つけるのに重要なのが・・・

  • 趣味の知識を極めたい為に仕事を趣味にする
  • 副業の知識や実績を高める為に副業に繋がる仕事をする
  • 興味のある業界へのキャリアアップに繋がる仕事をする

という「やりたいことや趣味を仕事にする」という事項なんです。

たとえ給料が変わらなくても、今の仕事で趣味の知識を深めたことで趣味を更に充実させることができたり、今の仕事が副業において顧客から仕事を受け取れるのに相応する実績や経験に繋がれば、頑張るメリットを見いだせられます。

それで仕事に熱心に取り組んだことで会社から「この人は仕事ができる」とみなされ、正当な評価を受けたり、職場から信頼されることで自己肯定感が高まるなどの恩恵を受けられるので、まさに一石二鳥という訳です。

「趣味を仕事にするな」という無責任なアドバイスに流され、やる気が出ないような薄給の仕事に就いたことで「仕事ができないヤツ」扱いされるより遥かにマシなのは誰もが理解できるはず。

成果を出しても給料が変わらない会社が多いの中で給料以外に頑張るメリットを見つけて仕事を選ぶのは何が悪いのでしょうか?

「趣味を仕事にするな」と唱えるくらいなら、欧米諸国みたいに成果がしっかりと給料に反映される体制を整えてからにしろと言いたい。

(関連記事:苦手な仕事を続ける必要無し!結果が全てだから諦めるべきだ!

⑦ウソをついてまで「志望動機」を考えるほうがバカらしい

そして何よりも疑問に思うのは「仕事を趣味にするな」と唱えているのにもかかわらず、ウソをついてまで志望動機を考えるのに何も口出ししないという点です。

会社側にとっては嘘をついてまでやりたくもないことをやりたいと唱えるような求職者は害悪極まりないと感じるし、できるだけ本気で仕事が好きな人を雇いたいと思うものです。

上記の観念からしてみれば、明らかににおかしいとしか言えないのですよ。

何故やりたくもない仕事をウソをついてまでやりたいと唱える必要があるのだろうか?

結局はつまらない仕事の中で頑張るような仲間を増やして安心感に浸りたいだけか?

悪い意味で同調圧力が発揮されている証ですね。

そんな不幸な人間と同じ境遇に陥る必要なんて全くない。

ウソをついてまで志望動機を考えるくらいなら、趣味を仕事にする為に行動に移したほうが何千倍もマシです。

まとめ:趣味や副業に繋がる仕事を選ぶのは間違いではない!

仕事というのは結果を出さなければ努力が認められないという非情な世界なので、結果を出す為に少しでも有利な条件を見つけた方が絶対に良いに決まっています。

その有利な条件というのが、お金以外にも頑張るメリットを見つる為に自分の趣味や副業に繋がる仕事を選ぶという点なのです。

好きなことを仕事にしている人が4割以上もいる中で好きな仕事を選ぶのに躊躇する必要はないですし、特別な才能を求められることもありません。

何なら今好きな仕事を行っているADHDの自分は何なのかとしか言いようがないです。

私は特別な才能があるとはコレっぽっちも思っていませんし、会社員時代は失敗やミスを起こしまくったことでボロ雑巾にされたほどダメなヤツでしたからね(笑)

趣味を仕事にするという有利な条件を赤の他人のアドバイスで放棄するような行動を起こそうとするだけ、過去の私のようになってしまう危険性が高くなりますよ。

以上の理由から「趣味を仕事にするな」という挑戦や行動を起こしたことすらないような負け犬の戯言なんて無視し、自分の趣味や副業につながる仕事を選ぶのは「何も間違った考え方ではない」と躊躇なく判断しましょう。

今では記事最後で紹介している未経験向けのブラック企業を排除した転職エージェントが充実していますので、やりたい仕事を探したい場合は是非利用することをオススメします!

  • この記事を書いた人

Hiroki

「クソ上司やブラック企業に立ち向かう全ての方を応援する」というコンセプトの下、社畜には見るにたえない汚らわしい記事を量産しています。

暴言ジイサン入りの介護施設(4か月)▶ゲーセンバイト(半年)▶ブラック転職事業(4か月)▶パワハラ有で年間休日77日年収200万円の中小企業(2年)と「ド」がつくほどの底辺環境を味わう。

【退職後】アウトドア・転職関連のメディア執筆3年▶雑記・転職サイト2件運営▶「シゴトイキタクナイ」運営【1年2か月目】最高月3万PV

>>底辺社畜時代の話

>>お問い合わせ

ハローワークを利用するだと?ちょっと待ってくれ!

「一度レールから外れた人間はブラック企業しか就職できない・・・」

「ハローワークの求人がブラック企業ばかりで就職する気力がなくなった・・・」

クッソ理不尽な社会の中でイヤでも生きていると身をもって体感できるよね。

「早期離職したら次の就職先が見つからない」という風潮は未だに根付いているほどですし

「3年以内に辞めようとする自分は欠陥人間なんだ・・・」

「どうせ自分は次にいってもやっていけない・・・」

と自分は価値のない存在だと思い込むあまり、ブラック企業から逃れたくても逃れられなかったり、逃れたとしても再び詐欺求人しか目に入らなくなるのはマジで辛いもんです。

でも・・・そんな化石みたいな風潮に捉われすぎる必要はないッ!

リーマンショックの時代とは異なり、現在はブラック企業を排除した未経験向けの転職エージェントが充実しています。

20代であれば誰でも参加することができますし、正社員経験のないニートやフリーターであっても歓迎要件です!

もちろん無料であり、ブラック企業を排除しているだけではなく、転職活動時のサポートや内定後のアフターサービスも充実し過ぎているほどのテンコ盛りです。

同じ無料サービスであるのにも関わらず、ブラック求人を平気で放置しているのに加え、非正規でやる気のない職員で溢れているハローワークと比較したら雲泥の差と言っても過言ではありません。

20代の既卒未経験であれば、迷わず以下の転職エージェントを利用することを強くオススメしますよ!

ブラック企業を徹底的に排除!入社後定着率業界NO1の「ウズキャリ」

独自の審査基準や利用者からのフィードバックでブラック企業を完全に排除!

平均20時間程度のサポートに加え、Google評価が平均して★4以上と高評価なのが「ウズキャリ」の強みだ!

首都圏のIT業界や営業の就職に強く、大阪・名古屋・福岡の求人も取り扱っているぞ!

「ウズキャリ」の詳細記事はコチラ

ブラック企業徹底排除のIT就職に特化した「ウズキャリIT」

ウズキャリのIT就職に特化したサービス。

ブラック企業を完全に排除しつつ、IT特化型の転職支援を受けられるのはココだけしかない。

27歳就業経験なしのひきこもりニートから年収350万円のベンチャー企業に就職した実績があり、定着率や内定率も業界でナンバーワンだ!

「コロナ禍を経て在宅勤務可能な業界に就職したいけど、資格や経験がないから応募しにくい・・・」

と悩む方に一番オススメだぞ!

労基法を守ったら潰れるような会社を排除!「第二新卒エージェントneo」

会社の財源情報をチェックすることで、労基法を守ったら潰れるような会社を排除!

求人数は12000以上とブラック企業の排除を公言している中では最多!

平均10時間程度のマンツーマンサポートも整えられているぞ!

「第二新卒エージェントneo」の詳細記事はコチラ

月収20万・年間休日120日以上の求人多数の「キャリアスタート」

月給25万円以下の20代の既卒・第二新卒・フリーター・ニートに特化している転職エージェント。

内定率86%・定着率92%と驚異的な実績を持っており、ブラック企業を排除した良質な求人を取り揃えている。

北海道から熊本県と北から南まで幅広く対応しているぞ!

「キャリアスタート」の詳細記事はコチラ

-社畜批判, 洗脳予防
-