ブラック企業 社畜批判

台風でも仕事・定時出社・宿泊はブラック!何故日本では台風で休めない?

▼ブラック企業を徹底排除した転職エージェント▼

ブラック企業を徹底的に排除!入社後定着率業界NO1の「ウズキャリ」

独自の審査基準や利用者からのフィードバックでブラック企業を完全に排除!

平均20時間程度のサポートに加え、Google評価が平均して★4以上と高評価なのが「ウズキャリ」の強みだ!

首都圏のIT業界や営業の就職に強く、大阪・名古屋・福岡の求人も取り扱っているぞ!

「ウズキャリ」の詳細記事はコチラ

労基法を守ったら潰れるような会社を排除!「第二新卒エージェントneo」

会社の財源情報をチェックすることで、労基法を守ったら潰れるような会社を排除!

求人数は12000以上とブラック企業の排除を公言している中では最多!

平均10時間程度のマンツーマンサポートも整えられているぞ!

「第二新卒エージェントneo」の詳細記事はコチラ

月収20万・年間休日120日以上の求人多数の「キャリアスタート」

月給25万円以下の20代の既卒・第二新卒・フリーター・ニートに特化している転職エージェント。

内定率86%・定着率92%と驚異的な実績を持っており、ブラック企業を排除した良質な求人を取り揃えている。

北海道から熊本県と北から南まで幅広く対応しているぞ!

「キャリアスタート」の詳細記事はコチラ

 

2019年秋には、千葉県に大規模な停電を引き起こした台風15号に続き、更に勢力が強い台風19号が上陸して話題となっていましたね。

住民が台風に備えている中、SNSやニュースでは「台風でも出社しなければならない・・・」という悩みが多く見かけられました。

台風が通り過ぎて安全が確認出来てからの出社なら良いですけど、中には大型台風の暴風域に入ったとしても定時出社、社内や近くのビジネスホテルに宿泊させるような会社が存在しています。

私はこれらの会社を見て

そんな従業員をギリギリまで酷使させたいのかよ!従業員のモチベーションのことを考えていないのか?

としか思いませんでした!

ということで、今回は台風の日に定時出社・宿泊を強要させる会社は例外なくブラックな理由と台風でも休めない理由について書きます!

 

台風通勤は海外から見たらおかしい!

台風出勤は海外でも当たり前のように起きているのではないのか?と思いますが、実はそうでもないようです。

アメリカではハリケーン・大雪が来ると予測されたら休業・休校を行い(出典:秒刊SUNDAY、コロンビア・メキシコ・アルゼンチンにおいても同様に行います。(出典:黄金の国ジパング

更に日本の隣にある台湾は、一定の勢力の台風が上陸すると予測されたら「台風休暇」を政府が発令することがあります。これは日本にも是非とも導入して欲しい制度ですよね。

このように、海外から見たら「台風でも出勤」するという文化は「おかしい!」という声がいくつか挙がっています!

自分の身を犠牲にしてまで会社に尽くすことは日本と比較して少なそうですね。

日本で台風出勤が避けられない理由

外国では台風が上陸したら休業の処置を取ることが多いのに、何故日本では台風が上陸しても出勤しなければならないのか?

そこには会社の事情だけでは無く、以下の理由もあるからだと考えられます。

日本で台風出勤が避けられない理由

  • 台風の数が世界的に見て多いから
  • 災害が生活に馴染んでいるから

確かに日本は世界的にも災害が多く発生していますね。長年の災害と共存生活で免疫がついてしまったのでしょう。

では、それぞれ解説します!

 

台風の数が世界的に見て多いから

日本近海で発生する台風の数は世界で何割だと思いますか?

答えは・・・

参照:数値で観た世界の台風(広瀬駿)(画像クリックで参照リンク先に飛びます)

なんと世界の約3割の台風が日本近海で発生している!

しかも偏西風とやらでほとんど日本に直撃するので、日本は世界から見て台風の上陸数が最も多い部類に入ると思います。

更に日本は島国で狭い上に人口が1億人を超えていますから、台風に上陸したら国土が広いアメリカやオーストラリアとは異なり、多くの国民が台風の被害を受けることになりますね。嫌でも台風に強くなるわけだ・・・

このような背景があってこそ、「台風で会社を休むことができない」という事例に繋がっていると考えます。

台風が発生する度に休業していたら業務に支障が出るレベルですからね・・・海外であれば、台風の上陸数が日本と比較して少ないので休業を出しても余裕があるのでしょう。

因みに南大西洋は台風やら地震が全く発生しない!42年間で発生した台風が3個と世界的に見て異常に少ないですね。

過去ブラジル人のクラスメイトから「ブラジルでは災害は滅多に発生しない!」と聞いたのはあながち間違いではなかったか・・・羨ましい。

災害が多い地域だとインフラ整備で税金が無駄にかかる上、出勤しないといけない風潮が通るのでデメリットしかありません・・・せめて無理のない出勤を義務化して欲しいですよね。

 

災害が生活に馴染んでいるから

日本は台風だけではなく、地震や津波、雪崩、集中豪雨、火山の噴火などといった災害も頻発しています。

プレートの境界面にある上、高温多湿で山も多いですから世界の中では最も災害が多い国なのです。

このような災害を頻繁に遭遇するとなれば、嫌でも災害が生活に馴染んでしまいます。

この結果、たとえ災害が発生しても仕事や学校を休めないといった事例が発生していると考えられます。

震災や津波に比べれば台風なんて可愛いものだと思っていそうです!海外では台風で死人が多く発生するのに対して、日本では死人が出たとしても数人程度なので、大丈夫だと考えているのでしょうね・・・どんな災害であれ、甘く見ないで欲しいですよ。

定時出社・宿泊を強要させる会社がブラックな理由

台風時の出勤は会社側からは基本的に無理しないように業務命令が出されることがあるのですが、中には・・・

 

「台風が来て電車が遅れると分かってるのならもっと早く家を出ろ!それが社会人というものだ」

「台風で遅刻なんて甘えている。学生気分は捨てろ!」

「たかだか台風で遅刻してくる人なんか評価しない!」

 

と平気で発言してくるブラック企業は一定数存在しています。

中には台風の中でも平然と配達を行うこともあるので、異常としか言えませんね。災害が少ない海外から見てみると信じられない光景と思えるでしょう。

上記の発言をする人に限って「終わりの時間がルーズ」であることに何も突っ込まないので、本当に害悪です!(今すぐ使える遅刻理由or言い訳4選!上司への伝え方も解説!

 

さて、台風の日に定時出社・社内や近隣ホテルへの宿泊を強要させる会社がブラックな理由についてですが、私がブラックだと考える理由は以下の通りです。

「定時出社・宿泊」がブラックである3つの理由

  • 従業員を限界まで酷使させようとする下心が丸見え
  • 従業員の安全を考えていない
  • 「皆で不幸になろう」という考え方を押しつけられる

どれも労働者にとっては嫌な理由ですね・・・これでも出勤したいという人は間違い無く洗脳されています!

では、それぞれ解説しますよ!

 

従業員を限界まで酷使させようとする下心が丸見え

自然災害が発生した日は通常であれば無理のない出勤を求めるのに対し、無理やりいつも通りの出勤を強要させるのは、従業員を限界まで酷使させようとする下心が丸見えなのですよね。

従業員のモチベーションを考えず、ただ言うとおりに長時間働かせれば利益が出ると本気で思っているのでしょう!従業員から見たらたまったものではありません。

このような環境下で働けば、間違いなくプライベートの時間まで浸食されます。プライベートの時間を与えなければ、たちまちやる気や覇気の無い社員で満ち溢れることとなるでしょうね。

そしてやる気が出ない中、ブラック企業は仕事に遅れた分だけ更に労働時間を延ばすという暴挙に出ます・・・こうなったらもう負のループです!しまいには過労でうつ病となって限界を迎えてしまいますね。

終いにうつ病となれば、もう用済みとなって捨てられることに・・・

まるで主人公の前でパワーアップしたラスボスが、今まで協力してくれた部下に対して「用済みだ!」とか言って部下を消すように解雇命令が出されるのです。こういうのはマジでドラマやアニメの世界の中だけでやって欲しいですよ!

このように、従業員を限界まで酷使させようとする傾向が台風でも定時出社・宿泊を強要させる会社にありがちなので、台風で定時出社・宿泊命令を出されたら警戒するべきです!

災害時にいつも通りの出勤は間違い無くやる気やモチベーションの低下に繋がるので、負のループに陥る危険性が高いですからね。用済みとなる前に転職したほうが良いでしょう。

 

従業員の安全を考えていない

たとえ大型台風であっても、いつも通りに出勤を求めるのは従業員の安全を考えていないことが多いです。

風速50m以上の暴風であればトラックが横転するくらいヤバイですし、下手したら電車の脱線もあり得るレベルなのですよね。

こんなところで自動車出勤するとなれば、事故の危険性が極めて高いです!横転したら間違いなく怪我しますし、横風にあおられて対向車線を超えて正面衝突したり、道路の冠水に巻き込まれれば車内に閉じ込められることがあります。

会社まで歩くのであれば、本当に辛いです。目も開けられないくらい風が強いですし、傘をさせませんし、「いつ突風がやってくるのか分からない」という恐怖に満ち溢れることになりますよ。下手したら転倒して怪我をしてしまいます。

こういったリスクを知らないで、「何としてでも定時に出社しろ!」と命令するのは極めて危険な行為です!早く家を出たとしても、早朝から暴風域に入っているのであれば意味がありません。

この対策として、会社に宿泊させるというのもヤバイですね。完全に従業員を酷使させようとする気満々ですし、プライベートの時間を奪うことになるので本当にストレスでしかないです。素直に台風上陸前に早く帰らせて無理のない出勤させた方が間違いなく生産性が上がるのにね。

以上のことから、従業員の安全を考えずに無責任な出勤要請を行うので、ブラックだということが断言できます。

 

「皆で不幸になろう!」という考え方を押しつけられる

大型台風であっても定時出社・宿泊を求められるような場所であれば、「皆で不幸になろう!」という考え方を押しつけられることがあります。

たとえば「台風でも定時出社」の会社で台風の日に遅刻すると・・・

 

「遅刻はたとえ何が起ころうともしてはいけないんだよ。皆頑張ってるんだから、一人だけ自分勝手では困る!」

 

と、「皆で不幸になろう!」キャンペーンを開催している会社では容赦なく発言してきます。

数分や数十分の遅刻で仕事が若干遅れるというよりは、「アイツだけ楽しやがって許さねえ!」という感情で怒っていることが多いでしょうね。

普通であれば台風による遅刻でこんなこと思いませんが、同調圧力で定時出社や宿泊を嫌でも行っていた場合は間違い無く思うはずです。本当に同調圧力は怖いものですよ!

以上のことから、従業員に対して大型台風であっても定時出社・宿泊を平気で求めてくる経営者の下で働けば、「皆で不幸になろう!」キャンペーンが開催されやすい環境となり、同調圧力で嫌な考え方を押しつけられるので、必然的にブラックな環境となってしまうのです。

おわりに:台風でも仕事を強要させられたら転職を検討するべき!

以上、台風の日に定時出社・宿泊を強要させる会社は例外なくブラックな理由と台風でも休めない理由についての記事でした!

台風でも定時出社や宿泊を強要させるような会社は間違い無くブラックかブラック化が進んでいるので、早い内に転職することをお勧めします。

通常の会社であれば、無理のない出社を求めていることが多いですし、台風の中での出社については散々SNSで「おかしい」と話題となっているので、台風でも定時出社・宿泊を強要させるような会社に居るとなれば間違いなくストレスを抱えます。

後は嫌な同調圧力に巻き込まれやすいので、働くだけ辛くなります。「皆で不幸になろう!」という考え方は何としてでも避けてほしいところです。

労働環境の面でストレスを抱えたくないのであれば、始めからこんな会社にいるべきではありません!

もし該当しているのであれば、年齢が若い内にさっさと逃げましょう!

  • この記事を書いた人

Hiroki

「クソ上司やブラック企業に立ち向かう全ての方を応援する」というコンセプトの下、社畜には見るにたえない汚らわしい記事を量産しています。

暴言ジイサン入りの介護施設(4か月)▶ゲーセンバイト(半年)▶ブラック転職事業(4か月)▶パワハラ有で年間休日77日年収200万円の中小企業(2年)と「ド」がつくほどの底辺環境を味わう。

【退職後】アウトドア・転職関連のメディア執筆3年▶雑記・転職サイト2件運営▶「シゴトイキタクナイ」運営【1年2か月目】最高月3万PV

>>底辺社畜時代の話

>>お問い合わせ

ハローワークを利用するだと?ちょっと待ってくれ!

「一度レールから外れた人間はブラック企業しか就職できない・・・」

「ハローワークの求人がブラック企業ばかりで就職する気力がなくなった・・・」

クッソ理不尽な社会の中でイヤでも生きていると身をもって体感できるよね。

「早期離職したら次の就職先が見つからない」という風潮は未だに根付いているほどですし

「3年以内に辞めようとする自分は欠陥人間なんだ・・・」

「どうせ自分は次にいってもやっていけない・・・」

と自分は価値のない存在だと思い込むあまり、ブラック企業から逃れたくても逃れられなかったり、逃れたとしても再び詐欺求人しか目に入らなくなるのはマジで辛いもんです。

でも・・・そんな化石みたいな風潮に捉われすぎる必要はないッ!

リーマンショックの時代とは異なり、現在はブラック企業を排除した未経験向けの転職エージェントが充実しています。

20代であれば誰でも参加することができますし、正社員経験のないニートやフリーターであっても歓迎要件です!

もちろん無料であり、ブラック企業を排除しているだけではなく、転職活動時のサポートや内定後のアフターサービスも充実し過ぎているほどのテンコ盛りです。

同じ無料サービスであるのにも関わらず、ブラック求人を平気で放置しているのに加え、非正規でやる気のない職員で溢れているハローワークと比較したら雲泥の差と言っても過言ではありません。

20代の既卒未経験であれば、迷わず以下の転職エージェントを利用することを強くオススメしますよ!

ブラック企業を徹底的に排除!入社後定着率業界NO1の「ウズキャリ」

独自の審査基準や利用者からのフィードバックでブラック企業を完全に排除!

平均20時間程度のサポートに加え、Google評価が平均して★4以上と高評価なのが「ウズキャリ」の強みだ!

首都圏のIT業界や営業の就職に強く、大阪・名古屋・福岡の求人も取り扱っているぞ!

「ウズキャリ」の詳細記事はコチラ

ブラック企業徹底排除のIT就職に特化した「ウズキャリIT」

ウズキャリのIT就職に特化したサービス。

ブラック企業を完全に排除しつつ、IT特化型の転職支援を受けられるのはココだけしかない。

27歳就業経験なしのひきこもりニートから年収350万円のベンチャー企業に就職した実績があり、定着率や内定率も業界でナンバーワンだ!

「コロナ禍を経て在宅勤務可能な業界に就職したいけど、資格や経験がないから応募しにくい・・・」

と悩む方に一番オススメだぞ!

労基法を守ったら潰れるような会社を排除!「第二新卒エージェントneo」

会社の財源情報をチェックすることで、労基法を守ったら潰れるような会社を排除!

求人数は12000以上とブラック企業の排除を公言している中では最多!

平均10時間程度のマンツーマンサポートも整えられているぞ!

「第二新卒エージェントneo」の詳細記事はコチラ

月収20万・年間休日120日以上の求人多数の「キャリアスタート」

月給25万円以下の20代の既卒・第二新卒・フリーター・ニートに特化している転職エージェント。

内定率86%・定着率92%と驚異的な実績を持っており、ブラック企業を排除した良質な求人を取り揃えている。

北海道から熊本県と北から南まで幅広く対応しているぞ!

「キャリアスタート」の詳細記事はコチラ

-ブラック企業, 社畜批判
-