人間関係の悩み

退職を同僚に言わないほうが良いぞ!変な噂が流れて気まずくなるだけだ!

退職を同僚に言わないほうが良いぞ!変な噂が流れて気まずくなるだけだ!

今の会社を退職することを決断した時、上司よりも先に同僚に退職理由を伝えるのはマズイです!

同僚が退職届を受け取ったとしても上司に届けてくれる訳ではありませんし、届けたとしても高確率で上司から問い詰められてくるでしょう。

更に同僚が表向きでは親切だけど、裏では他人の悪口で盛り上がっている腹黒いヤツである可能性も無くはありません。

下手したら変な噂を流され、辞めることや上司に伝えなかったことが原因で早くも会社から不遇の扱いを受けてしまったり、職場いじめの対象となってしまうことがあります。

退職に関しては直属の上司にのみ相談するようにし、出来るだけ内密にするようにしておくことが一番です!

今回は同僚に退職の旨を伝えたらマズイ理由について書いていきます。

 

こんな方におすすめ

  • 初めて退職に踏み入れようとしている方
  • 退職を同僚に伝えようか悩んでいる方
 

▼ブラック企業を徹底排除した転職エージェント▼

ブラック企業を徹底的に排除!入社後定着率業界NO1の「ウズキャリ」

独自の審査基準や利用者からのフィードバックでブラック企業を完全に排除!

平均20時間程度のサポートに加え、Google評価が平均して★4以上と高評価なのが「ウズキャリ」の強みだ!

首都圏のIT業界や営業の就職に強く、大阪・名古屋・福岡の求人も取り扱っているぞ!

「ウズキャリ」の詳細記事はコチラ

労基法を守ったら潰れるような会社を排除!「第二新卒エージェントneo」

会社の財源情報をチェックすることで、労基法を守ったら潰れるような会社を排除!

求人数は12000以上とブラック企業の排除を公言している中では最多!

平均10時間程度のマンツーマンサポートも整えられているぞ!

「第二新卒エージェントneo」の詳細記事はコチラ

月収20万・年間休日120日以上の求人多数の「キャリアスタート」

月給25万円以下の20代の既卒・第二新卒・フリーター・ニートに特化している転職エージェント。

内定率86%・定着率92%と驚異的な実績を持っており、ブラック企業を排除した良質な求人を取り揃えている。

北海道から熊本県と北から南まで幅広く対応しているぞ!

「キャリアスタート」の詳細記事はコチラ

退職を同僚に伝えたらマズイ7つの理由

直属の上司に退職の意思を伝えるのであれば、そのまま退職の流れに進むので良いのですが、何も裁量権のない同僚に対して退職の理由を伝えたとしても意味がない上に以下のようなリスクが付きまとうことになります。

退職を同僚に伝えたらマズイ理由

ブラックな環境だと同僚から不信感を売られる恐れがある
上司から「非常識なヤツ」だと反感を受ける恐れがある
退職を引き止められることがある
面倒な仕事を押し付けられることがある
転職先や辞めた後のことについて執拗に聞かれることがある
同僚が自分と同じように辞めたくなるかもしれないから
退職時の土産をせびられる

 

基本的に退職に関しては隠し通した方が身のためです!

では、上記の項目について詳しく解説していきます。

ブラックな環境だと同僚から不信感を売られる恐れがある

今の環境が長時間労働で残業が避けられないような状況だったり、人手不足で職場がギリギリの状態だったら、同僚から不信感を売られてしまう危険性が高くなります。

やはりこういう環境では退職して楽しようとする人は許せないもので

 

「お前だけ逃げやがってずるい!」

 

と言わんばかりに退職を妬むことは容易に想像することが出来ます。

一緒に不幸を乗り越えてきた同僚が急に辞めるとなれば、裏切られた気もするのは無理もありません。

こういうときに限って相手の悪い部分を必死に探ったり、日ごろ溜まっていた不満を思い切りぶちまけたくなるものです。

カップルでの喧嘩でもあるあるなのですが、喧嘩した時に恋人に対して日ごろ我慢していた出来事や気に入らないことに関して思い切り相手に本音をぶちまけることがありますよね。

アレと同じようなものです。

それで同僚が気に入らない存在と化したあなたへの日ごろの鬱憤を晴らすために

 

「あいつはもういなくなるんだから、最後くらいは好きにしてもいいよね!」

 

と・・・一気に冷たくされることがあります。

退職届を提出できないまま敵を一体増やして終わりという虚しい展開です。(同僚のゴシップ好きの程度によってはGの繁殖のように敵が増えることもある)

時間に余裕がある環境であるならまだしも、仕事を沢山詰められて常に忙しモードと化している職場では闇雲に退職を伝えるだけでも「裏切者」だとみなされ、敵を増やしてしまう可能性は無くはないので、出来るだけ直属の上司にのみ伝えるようにしてください。

 
退職が裏切りとかおかしすぎるだろ!対処法とおかしい理由について
退職が裏切りとかおかしすぎるだろ!対処法とおかしい理由について

▼ブラック企業を徹底排除した転職エージェント▼ ブラック企業を徹底的に排除!入社後定着率業界NO1の「ウズキャリ」 独自の審査基準や利用者からのフィードバックでブラック企業を完全に排除! 平均20時間 ...

続きを見る

上司から「非常識なヤツ」だと反感を受ける恐れがある

まずは直属の上司に退職する旨について伝えなければいけないことが一般的なので、伝える順番を間違えてしまうと上司から反感を受ける恐れがあります。

同僚が上司に対してあなたが退職することを伝えてくれなければセーフなのですが、同僚が運悪くゴシップ好きなような性格であればネタ話として上司に間接的に伝わってしまうでしょう。

無論、退職の旨は先に上司に伝えなければいけないものなので

 

「なんで俺に先に言わないんだ!非常識にもほどがある!」

「俺ってそこまで信用されてないのか・・・?」

 

と・・・上司の反感を買ってしまうことになります。

コレが原因で嫌がらせを受けたり、反省するまで退職届を受け取ってもらえないという可能性は無くはありません。

更に上司から何かしら注意が入った場合、退職するまでの1~2か月間がかなり気まずいものとなってしまうことがあります。

円満退職を目指すのであれば、直属の上司にのみ伝えた方が無難です。

退職を引き止められることがある

同僚に退職を伝えてしまうと、退職を引き止められた際に面倒なことになります。

同僚の説得を押し切ったとしても退職できないことに変わりありませんし、同僚の引き止めを押し切って辞める意思を貫くとなれば、それだけで少し前に言ったように嫌がらせを受けてしまうリスクが高まります。

更に無暗に退職理由を吐いてしまえば・・・

 

「お前には転職なんて無理なんだよ!」

「ここで頑張りなって!」

 

と馴れ馴れしく反対してくることもあるので、無駄にエネルギーを消耗するハメになります。(実際に私が社畜上司Tから吐かれた言葉でもある)

 
社畜
社畜上司Tの体験談!社畜的名言がヤバすぎて酷い・・・

▼ブラック企業を徹底排除した転職エージェント▼ ブラック企業を徹底的に排除!入社後定着率業界NO1の「ウズキャリ」 独自の審査基準や利用者からのフィードバックでブラック企業を完全に排除! 平均20時間 ...

続きを見る

 

また、退職することが悪だという風潮が根付いている会社の場合は、同僚から変な噂を流され、陰であなたを叩いて一体感を味わって気持ちよくなりたいと企んでくることもあるので、直属の上司以外には容易に退職理由を話せるものではないです。

コレが原因で職場いじめにまで発展したらたまったものではありません。

 
職場いじめ
職場でいじめられるタイプの特徴とは?我慢出来ないなら逃げるべき!

▼ブラック企業を徹底排除した転職エージェント▼ ブラック企業を徹底的に排除!入社後定着率業界NO1の「ウズキャリ」 独自の審査基準や利用者からのフィードバックでブラック企業を完全に排除! 平均20時間 ...

続きを見る

 

これらの危険性がある上に、退職の手続きが進まないのは流石に辛いものです。

面倒な仕事を押し付けられることがある

同僚に伝えることによって勝手に噂を流され、職場全員に知れ渡るようになったら面倒な仕事を押し付けられることがあります。

 

「1か月後に辞めるのだから今のうちに仕事を沢山押し付けてやろう!」

 

と・・・「どうせ辞めるんだから」と言わんばかりに無茶ぶりを押し付けられるのは意外とよくあるパターンです。

退職までの1か月~2か月の間は会社にとってボーナスタイムみたいなものですからね・・・

 

実際に私は前職を辞めるまでの2か月の間は散々な目に遭いました。

催事の応援でテントを張って商品を陳列する中、10時間以上猛暑の中で歩道を歩いている通行人に対して接客をしたことがありましたし、クッソ面倒なアウトレット店舗の開店準備の手伝いも10時から21時まで4日間連続でほぼ一人で行わされたこともありました。

会社が契約している倉庫に行ってわ重機を腰を痛くするまで運ぶわ運転するわ店舗に戻って配置して重機を組み立てるわのループで、しまいには大量の段ボールに詰められた商品を重機の上に丁寧に配置したので地獄だった覚えしかない・・・(真夏だったので最悪過ぎる)

 
「人手不足」「急募」は「奴隷不足」でブラックの証だ!罠である4つの理由

▼ブラック企業を徹底排除した転職エージェント▼ ブラック企業を徹底的に排除!入社後定着率業界NO1の「ウズキャリ」 独自の審査基準や利用者からのフィードバックでブラック企業を完全に排除! 平均20時間 ...

続きを見る

 

私みたいなリスクを出来るだけ避けるためにも、退職については出来るだけ上司(直属・人事権のある人)とあなただけの秘密にしておくことが理想です。

職場中の上司や同僚から仕事を押し付けられたら、退職期間中に転職活動がやり辛くなってたまったものではありませんから!

転職先や辞めた後のことについて執拗に聞かれることがある

転職先や辞めた後のことについてはなるべく周りからは聞かれたくはないですよね。

別に転職先や辞めた後のことについて伝えなくとも何も支障のない同僚に、執拗にこれらを聞かれたら面倒で嫌な気持ちになること間違いなしです。

闇雲に喋ってしまったら、後頁で解説するように自分のやりたいことを否定される恐れがあります。

同僚からの味気ない言葉によって転職活動を行う気力がなくなってしまえば詰みゲーとなってしまいがちです。

転職活動をやりやすくするためにも、同僚に過度に退職を言いふらさない方が身のためです!

同僚が自分と同じように辞めたくなるかもしれないから

ある日突然上司から同僚に対してあなたが辞めることが伝わった場合は、仕事のモチベーションはそこまで下がることはありません。

でも・・・あなたが同僚に対して真剣に退職したいことに対して相談した場合は

 

「そこまで不安に思っていたのか・・・俺も前からすげー不安に思ってたんだよなぁ」

「あなたが辞めるのであれば、俺も思い切ってやめようかな」

 

と・・・同僚が日ごろ会社に不満をためていた場合は、あなたが退職することをキッカケに退職を申し出ることは無いとは言い切れません。

同僚に先を越された場合は上司に退職を伝えにくくなってしまいますし、あなたが同僚の業務を引き継いでしまうことになれば最悪な展開となってしまいます。

退職時の土産をせびられる

同僚によって必要以上に退職の噂が広まってしまった場合、退職する際に職場の皆から土産をせびられることがあります。

 

退職する際はお世話になった会社のメンバーに対してお土産を渡さなければいけない

 

という謎の風習で苦しめられている方は私以外にもいるはず。

一生モノの付き合いならまだしも、退職したら二度と会わない、数年たったら顔を忘れるような相手に対して無駄金を使うのに多少の抵抗感があったとしても仕方ありません。

出来るだけ土産の数は最小限に抑えたいですよね。

土産を早い内から多くの社員にせびられない為にも、同僚には退職することについてしばらく内緒にしておきましょう。

 
会社のお土産は無理に買う必要は無い。嫌味を吐く上司は乞食だから離れるべきだ!

▼ブラック企業を徹底排除した転職エージェント▼ ブラック企業を徹底的に排除!入社後定着率業界NO1の「ウズキャリ」 独自の審査基準や利用者からのフィードバックでブラック企業を完全に排除! 平均20時間 ...

続きを見る

転職先も正直に伝えないほうが良い。嘘で十分だ!

上司や同僚から転職先を聞かれた際、馬鹿正直に答えてしまうと

 

「その業界辞めたほうがいいんじゃないの?」

「あなたには向いていなさそう。今の会社の方がいいのに」

 

とか嫌味臭く転職先を否定される可能性はゼロではありません。

ましてはフリーランスや自営業を目指すというのであれば、間違いなく相手が引き止めマンと化すことは目に見えているので、出来るだけ転職先や辞めた後の動向について告白したくありませんよね。

自分のやりたいことについて否定されるとショックを受けるので、上司や同僚に本音を吐きたくないという気持ちは痛いほどわかります。

 

でも・・・別に正直に答える必要なんてありません。

今の会社の同僚や上司たちは退職後自分から会社に出向きさえしなければ二度と会わない上に、数年経ったらあなたのことを忘れるような人間ばかりなので、決して嘘を言い合わないような親しい仲みたいに付き合う必要性なんて全くありません。

実際に私は少し前にサイクリングのついでに前職が開催している店舗の催事イベントに訪れ、商品倉庫で良くしてくれた上司が偶然接客の応援に来ていたのを見かけたので挨拶をしたのですが

 

「あれ・・・誰だったっけな?」

「名前を聞いたら思い出すのかもしれない」

 

と・・・完全に私の顔を忘れていた程印象に残っていなかったみたいでしたね・・・

私の名前と当時の仕事場での出来事を伝えたら思い出してくれたのですが、会社の人間というのは大体そういうものです。

上辺だけの付き合いっていうやつですね。

ネトゲでもあるあるなのですが、ネトゲを引退する際にギルドメンバーからさんざん悲しそうに引き留めてられたのにも関わらず、数年後に復帰したら忘れ去られているパターンが本当に多いです。

私がドラクエ10にはまっていた際、4年前に仲良くしていた私と同じギルドメンバーだったプレイヤーが復帰していたので久々に挨拶したことがあったのですが、私が誰なのか、何をしていた人なのかについてさっぱり忘れていた様子だったので、思わずショックを受けた経験もありましたよ。(自分は覚えていたのに!)

会社とギルドっていうのは「組織」という面で共通しているので、一見親しく見えたとしても所詮上辺だけの付き合いなのが当時を振り返って改めて実感した瞬間です。

 

どうでもよい話となってしまいましたが、上記の体験のように組織での付き合いっていうのは一生物の友人というわけでもないので、別に正直に告白する必要はありません。

転職先を否定されるのが嫌で嘘をついたとしても、退職後に咎められることは無いです。

たとえ転職先が決まっていたとしても

 

「まだ就職活動中です」

「(どこの業界を目指しているのか聞かれると)私の趣味は自作パソコンを組み立てることなので、趣味に関連した会社に就職するつもりです」

 

と・・・趣味を仕事にするつもりは無くとも、上記のように答えれば何とか受け流せるはず。

実際に私は前職ではゴルフとアウトドア関連の仕事で働く、介護職ではIT企業で働く、パチスロ店の清掃やラウ〇ドワンで働いていた時は公務員試験の勉強に集中すると答えて何とか乗り越えました。

もちろん全部

 

 

と言いたくなる理由である。

現に嘘をつきたくなるほど相手を信頼していないということですから、信頼していない相手には自分の本心をさらけ出す必要性は無いですからね。

ので、同僚に退職を伝えないのと同じように、転職先についても同僚や上司にハッキリと伝えようとしなくても特に問題ありません!

退職期間を上手く乗り越えるコツとは?

退職を申し出てから退職までの期間は会社によっては1~2か月とバラつきがありますが、この間が凄く長く感じるのは言うまでもありません。

いくら同僚に言わずに直属の上司にだけ退職届を出したとはいえ、人事権のある人が周囲に報告した場合は多少は居づらくなってしまいます。

下手したらボーナスタイムと言わんばかりに仕事を沢山押し付けられることがありますし、この間に職場の皆から辞める理由や転職先や転職活動の動向について一々報告するのも面倒なものです。

この辛い退職期間を何としてでも乗り越えたいと思いますよね。

実際に私が行った方法については以下の通りです。

バレずに退職期間を上手く乗り越えるコツ

退職期間は目先の仕事に集中して話す隙を与えないようにする
上司と昼休みを取ることを極力避ける
出来るだけ周りに言わないように頼んでみる
有給休暇は全て消化して会社に居る時間を少なくする

 

それぞれ私の実体験を踏まえて解説します!

退職期間は目先の仕事に集中して話す隙を与えないようにする

業務時間中は基本的に私語厳禁なので、目先の仕事に集中していれば上司や同僚からの無駄話の頻度が自然と下がります。

退職理由や転職先について出来るだけ話したくなければ、とにかく目先の仕事に集中して上司から無駄話させられる隙を無くすようにしましょう!

 

ただ、たとえあなたが仕事中であったとしても話す上司は話してくるので過信は禁物です。

実際に私は経理事務で退職までの期間を過ごしていた際、パソコンと睨めっこしながら時には高速入力している素振りを見せて上手くごまかしてきましたが、社長が退職後のことについての動向を聞いてきたり、お節介なアドバイスをしてくることがあったので、重役の方には流石に効果は薄かったです。

介護職で勤務していた時は更に地獄で、私は当時介護の資格を取得せずに新卒入社したこともあり、仕事で手が空く時間がかなり多かったので先輩方から退職理由や今後どうするのかについて容赦なく聞かれました。

挙句の果てに一部の利用者までもが私が退職することを知ってしまい・・・

 

「もう辞めちゃうのかい?活気のあって良い男なのに残念だねぇ~」

 

と優しいお婆さんから言われることもありました。(幸い文句を言う利用者がいなかったので良かったのですが)

最後は利用者と先輩たちに見送られて職場を去ったので、円満退社出来たことは不幸中の幸いといったところか。

 

このように、退職期間中に仕事の手を開けてしまえば上司から容赦なく声をかけられるので、目先の仕事にとにかく集中することをお勧めします。

コレが効かない上司は一定数存在しますが、何もしないよりは良いかと思いますので、退職期間中は私語を与える隙を見せないように心がけてください!

他の上司と昼休みを取ることを極力避ける

コレが一番目に見えて効果がある。

昼休み中は私語だらけの状態なので職場に退職の噂が流れてしまった場合は、間違いなく退職後や転職先、転職活動の動向について探られます。

会社によっては休憩室で向かい合うように昼食を取ることがあるので、休憩室で上司の顔が嫌でも見えてしまう席の配置だったらヤバイです。

 

退職者だと嫌な意味でモテまくるような状態となるので、上司に動向を探られたくなければ昼休み中は出来るだけ会社の外にいるようにすることがお勧めです。

実際に私は退職を上司に伝えた翌日に昼食を休憩室(向かい合う席)で取ったのですが、案の定退職後の動向について探られてしまったので、今後は外で昼食を取るようにしました。

近くの河川敷にクロスバイクで向かい、石段の上に座って自作の唐揚げ弁当を食べることが何よりも至福の時でしたよ。

まるでドーナツを食べるカタクリみたいな状態になったのは言うまでもありません。

 
メリエンダ

出典:尾田栄一郎「ONE PIECE」88巻

 
Hiroki
上司に貴重な昼食タイムを邪魔されず、川や野鳥のせせらぎを聞きながら食べる唐揚げは旨すぎるッ!
 

雨が降ったり、弁当を作れない時は会社の近くにある蕎麦屋やラーメン店、駅近くの大型スーパーでケンタッキーやらサイゼリヤで過ごすことで何とかしのげましたね。

退職の動向を聞かれてから外に行く生活を続けていたら、直属の上司や役員以外のメンバーから特に突っ込まれることは無くなったので良かったです。

別の課で私に良くしてくれた先輩が私の退職を羨ましがっていたことはありましたが、退職後の動向については特に突っ込まなかったので最後まで優しい先輩でした。

 

と・・・私の無駄話が長くなってしまいましたが、他の上司と昼休みを取らないことで目に見えて退職期間を過ごしやすくなりますからお勧めの方法です!

出来るだけ周りに言わないように頼んでみる

出来るだけ退職の被害を最小限に抑えるため、勇気を振り絞って直属の上司や人事権のある人に対して出来るだけあなたが退職することを内緒にするように一度頼んでみるのも吉です。

実際に私は介護職で散々な目に遭ったので、前職を退職する時は上司に口止めをするようにお願いしました。

 

「私事で申し訳ないのですが、私が退職することについては極力秘密ということにしていただけませんか?」

「もちろん人事の方であれば仕方ないのですが、出来るだけ他の課の社員方達には言わないでください」

「(理由を聞かれた)私が退職することで周囲の同僚に影響を与え、仕事のモチベーションを落としてしまう恐れがあるからです」

「(特にそんなことはないよと言われた)すいません・・・とにかく内密にしていただきたいです」

 

退職後の動向を聞かれたくないというのが本音でしたが、上辺だけの付きあいということなので嘘は方便です。(突っ込まれた時に厄介ですからね)

幸い当時の経理事務の上司は私より少し年上の優しい女性だったので、話しやすくて良かったですね。

 

もちろん内密にしてくれることに対して上司は納得してくれたのですが

部長に休憩室に呼び出されて退職の件について話した際、内密にするように頼んでおくのを忘れたのであった・・・

流石に休憩室で部長と二人きりなら緊張感が増すので、伝え忘れたとしても仕方ないね。(ビリーヘ〇ントン風)

 

案の定上司に退職を伝えた翌日の朝礼の時に部長から私が退職することについてハッキリと伝えらえれ、コレに加えてスピーチも求められました。

 
Hiroki
くそ!なんであの時「内密にしろ」と伝えなかったんだ!これじゃ公開処刑じゃねぇか!
 

と・・・昨日の自分を悔やんでいる中、かなり焦る自分の姿もありました。

とりあえずスピーチはごり押しで何とか乗り越えました。

 

「えー・・・っと・・・急なお知らせとなってしまい、驚かせてしまって申し訳ございません」

「私事で申し訳ございませんが来月末をもって退職致します」

「入社式で宣誓したのにも関わらず、2年という短期間で退職したことは誠に申し訳なく思っております」

「私の不手際で先輩方に多大な迷惑をかけてしまったことが何度もありましたが、今まで私の成長を見守ってくれた先輩方に対しては感謝しきれません」

「短い間でしたがありがとうございました!」

 

上記のように文章で簡単にまとめたら綺麗な文なのですが、当時はあまりにも予想外の展開だったので、急にスピーチを求められた際はケバが発生しまくりでかなりぎこちなかったのは今でも鮮明に覚えているレベルです。

そして朝礼が終わった後に商品倉庫のパートのおばちゃんに「え!辞めちゃうの?」とか言われたり、昼休みの時に退職理由や今後どうするのかについて色々と質問攻めされたのは言うまでもない・・・

 

このように、上司や人事権のある人に対して内密を頼むことがうまくいけば退職する直前まで今まで通りに勤務することが出来ますが、私みたいに失敗すると意味がないパターンも当然存在します。

この失敗から私は

 
Hiroki
人事権のある人に対してもしっかりと口止めをお願いしないといけない
 

ということが学べました。

私と同じパターンに遭遇したくなければ、直属の上司だけではなく、人事権のある人に対しても可能な限り退職直前まで内密にしてくれるようにお願いを申し出たほうが良いのかもしれません。

有給休暇は全て消化して会社に居る時間を少なくする

もし有給休暇がたくさん余っていた場合は、容赦なく全て消化したほうが身のためです。

退職後の動向や就職活動の近況について聞かれることが必然的に少なくなりますし、退職時に無茶ぶりを押し付けられるリスクも大幅に軽減します。

会社によっては全ての有給を消化してくれないことがありますが、退職後に余った有給を買い取ってくれるならまだ良いです。(退職後の買い取りなら違法ではない)

問題は有給を取らせてくれない&買い取らない会社です。

こういうブラックな事態に遭遇した場合に備えて、有給を申請する際はボイスレコーダーや日記帳で上司とのやり取りについて記録した方が身のためです。(買い取ると明言しても「アレは嘘だ」というパターンは無くはない)

どうしても有給を取らせてくれない、買い取らないのであれば労基署に駆け込むのみです。

 
退職時に有給は絶対捨てるな!ウンコ上司に気遣って遠慮はもったいない!
退職時に有給を捨てるだと?権利の前に義務なんて関係ねぇぞ!

▼ブラック企業を徹底排除した転職エージェント▼ ブラック企業を徹底的に排除!入社後定着率業界NO1の「ウズキャリ」 独自の審査基準や利用者からのフィードバックでブラック企業を完全に排除! 平均20時間 ...

続きを見る

 

退職してからだと遅いパターンなので、出来るだけ早めに申請しましょう。

まとめ:変な噂が流れるだけだから同僚に伝えるのはやめよう!

退職を同僚に伝えるのは、退職を過度に引き止められて面倒なことになる上に変な噂が流れて陰で叩かれるリスクも無くはないので、退職する旨については直属の上司にのみ伝えるようにしてください!

所詮上辺だけの付き合いなので、相手がどうなろうが知ったこっちゃなく、たとえ表面上では仲良くする素振りを見せていたとしても、裏では他の社員の不幸を見て喜ぶような腹黒いヤツであったりすることは良くあります。

あなたの退職が良いネタとなって陰口の標的となったり職場いじめにまで発展する危険性がありますから、このようなリスクを最小限に抑えるために、退職届を人事のもとに届けられる直属の上司にのみ退職の意思を打ち明けたほうが良いのです。

上司に退職の意思を示すのが不安で心の準備として先に同僚に伝えたいという気持ちは分からなくは無いですが、結局上司に伝えなきゃいけない運命なので先にぱぱっと伝えてスッキリした方が、眠れなくなる心配が無くなりますよ。

なので、退職については同僚に伝えず、直属の上司にのみ退職する旨を伝えるようにしてください!

  • この記事を書いた人

Hiroki

「クソ上司やブラック企業に立ち向かう全ての方を応援する」というコンセプトの下、社畜には見るにたえない汚らわしい記事を量産しています。

暴言ジイサン入りの介護施設(4か月)▶ゲーセンバイト(半年)▶ブラック転職事業(4か月)▶パワハラ有で年間休日77日年収200万円の中小企業(2年)と「ド」がつくほどの底辺環境を味わう。

【退職後】アウトドア・転職関連のメディア執筆3年▶雑記・転職サイト2件運営▶「シゴトイキタクナイ」運営【1年2か月目】最高月3万PV

>>底辺社畜時代の話

>>お問い合わせ

ハローワークを利用するだと?ちょっと待ってくれ!

「一度レールから外れた人間はブラック企業しか就職できない・・・」

「ハローワークの求人がブラック企業ばかりで就職する気力がなくなった・・・」

クッソ理不尽な社会の中でイヤでも生きていると身をもって体感できるよね。

「早期離職したら次の就職先が見つからない」という風潮は未だに根付いているほどですし

「3年以内に辞めようとする自分は欠陥人間なんだ・・・」

「どうせ自分は次にいってもやっていけない・・・」

と自分は価値のない存在だと思い込むあまり、ブラック企業から逃れたくても逃れられなかったり、逃れたとしても再び詐欺求人しか目に入らなくなるのはマジで辛いもんです。

でも・・・そんな化石みたいな風潮に捉われすぎる必要はないッ!

リーマンショックの時代とは異なり、現在はブラック企業を排除した未経験向けの転職エージェントが充実しています。

20代であれば誰でも参加することができますし、正社員経験のないニートやフリーターであっても歓迎要件です!

もちろん無料であり、ブラック企業を排除しているだけではなく、転職活動時のサポートや内定後のアフターサービスも充実し過ぎているほどのテンコ盛りです。

同じ無料サービスであるのにも関わらず、ブラック求人を平気で放置しているのに加え、非正規でやる気のない職員で溢れているハローワークと比較したら雲泥の差と言っても過言ではありません。

20代の既卒未経験であれば、迷わず以下の転職エージェントを利用することを強くオススメしますよ!

ブラック企業を徹底的に排除!入社後定着率業界NO1の「ウズキャリ」

独自の審査基準や利用者からのフィードバックでブラック企業を完全に排除!

平均20時間程度のサポートに加え、Google評価が平均して★4以上と高評価なのが「ウズキャリ」の強みだ!

首都圏のIT業界や営業の就職に強く、大阪・名古屋・福岡の求人も取り扱っているぞ!

「ウズキャリ」の詳細記事はコチラ

ブラック企業徹底排除のIT就職に特化した「ウズキャリIT」

ウズキャリのIT就職に特化したサービス。

ブラック企業を完全に排除しつつ、IT特化型の転職支援を受けられるのはココだけしかない。

27歳就業経験なしのひきこもりニートから年収350万円のベンチャー企業に就職した実績があり、定着率や内定率も業界でナンバーワンだ!

「コロナ禍を経て在宅勤務可能な業界に就職したいけど、資格や経験がないから応募しにくい・・・」

と悩む方に一番オススメだぞ!

労基法を守ったら潰れるような会社を排除!「第二新卒エージェントneo」

会社の財源情報をチェックすることで、労基法を守ったら潰れるような会社を排除!

求人数は12000以上とブラック企業の排除を公言している中では最多!

平均10時間程度のマンツーマンサポートも整えられているぞ!

「第二新卒エージェントneo」の詳細記事はコチラ

月収20万・年間休日120日以上の求人多数の「キャリアスタート」

月給25万円以下の20代の既卒・第二新卒・フリーター・ニートに特化している転職エージェント。

内定率86%・定着率92%と驚異的な実績を持っており、ブラック企業を排除した良質な求人を取り揃えている。

北海道から熊本県と北から南まで幅広く対応しているぞ!

「キャリアスタート」の詳細記事はコチラ

-人間関係の悩み
-