社畜批判 クソ上司

「体調管理も仕事のうち」はパワハラだ!言われたら退職を決意するべき理由を語る!

体調管理も仕事
 

仕事中に体調不良に陥ってしまい、どうしても早退したくなる時ってありますよね。

実際に私は前職で店舗勤務をしていた際に2度も高熱で頭がボヤァァアっとなって接客に集中できなかった時がありました。

最初の店舗で勤務していた際は我慢できずに店長に早退を申し出たのですが

 

「なんで発熱なんかするの?体調管理も仕事のうちです!」

「あなたがいないと閉店作業ができないんだよ?そういうの非常に困ります。」

「もっと社会を学んだ方がいいよ」

 

とか抜かされ、結局21時の閉店時間まで身体がダルい中サービス残業を行いつつも閉店作業を行ったことがありましたねー・・・

 

この体験がトラウマになって2度目の発熱は早退申し出なんて口が裂けても言えなかったゾ。

 

当時を振り返れば何故自分がここまで言われなきゃいけなかったのかサッパリ理解できません。

 

結論を言うと「体調管理も仕事のうち」という言葉は会社側の責任を立場の弱い人間に押し付けているのに過ぎず、完全にパワハラとしか言いようがないので、コロナ禍でも営業しているような薄給激務の環境で言われたら辞めるべきゴミ環境だと断言できます。

 

当記事では「体調管理も仕事のうち」に対する批判について書いていきます。

 

こんな方におすすめ

  • 上司から「体調管理も仕事のうち」と言われた後にレッテルを貼られたことでムカついている
  • 「体調管理も仕事のうち」という言葉に疑問視を抱いている
 

当記事のボリューム

この記事は4500文字程度です。

 

▼ブラック企業を徹底排除した転職エージェント▼

ブラック企業を徹底的に排除!入社後定着率業界NO1の「ウズキャリ」

独自の審査基準や利用者からのフィードバックでブラック企業を完全に排除!

平均20時間程度のサポートに加え、Google評価が平均して★4以上と高評価なのが「ウズキャリ」の強みだ!

首都圏のIT業界や営業の就職に強く、大阪・名古屋・福岡の求人も取り扱っているぞ!

「ウズキャリ」の詳細記事はコチラ

労基法を守ったら潰れるような会社を排除!「第二新卒エージェントneo」

会社の財源情報をチェックすることで、労基法を守ったら潰れるような会社を排除!

求人数は12000以上とブラック企業の排除を公言している中では最多!

平均10時間程度のマンツーマンサポートも整えられているぞ!

「第二新卒エージェントneo」の詳細記事はコチラ

月収20万・年間休日120日以上の求人多数の「キャリアスタート」

月給25万円以下の20代の既卒・第二新卒・フリーター・ニートに特化している転職エージェント。

内定率86%・定着率92%と驚異的な実績を持っており、ブラック企業を排除した良質な求人を取り揃えている。

北海道から熊本県と北から南まで幅広く対応しているぞ!

「キャリアスタート」の詳細記事はコチラ

 

「体調管理も仕事のうち」がパワハラだと断言できる理由

各見出しまとめ

  • 会社側が有給休暇取得を侵害する権利はない
  • 部下の不在リスクを考えていないような無能の戯言
  • 休日の過ごし方を口出しする筋合いはない

①会社側が有給休暇取得を侵害する権利はない

体調不良を理由として有給休暇を取得する際、体調管理がどうのこうの言われて取得を妨害されたらクッソ嫌な気分になりますよね。

「体調不良で休むのは学生までだ」
「社会人なら体調管理をしっかり行うべきだ」

なんて言われ、有給休暇取得を遠回しに拒否してくるようであれば、パワハラ行為を押し付けていると判断しても良いレベルです。

そもそも有給休暇は会社の待遇でも何でもなく、労基法に定められた権利なので、たとえ年中繁忙期であっても理由関係なく全部消化できるものです。

法律によって定められた権利を体調管理がどうのこうの言われて侵害される筋合いなんて全くないですし、仮に侵害されたらそこは労基法を無視するような底辺ゴミカス企業としか言えないのですよ。

しかも体調不良で有給を取得する際に嫌味を吐くようなブラック企業に限って

「自発的に有給を取得していない」

だのハッキリ命令していないのをいいことに適当な言い訳を流しつつ、労基署の監査から逃れるような野獣先輩レベルの汚さを持っています。

こんなパワハラ行為に押され、有給取得を自ら放棄しようとするだけバカを見るのは明らかなもんです。

②部下の不在リスクを考えていないような無能の戯言

「体調不良で休まれては職場が回らなくなって困る」

といった事情があり、体調不良で休むことを許さないような上司っていうのは人手不足の業界では当たり前のように存在しているのですが、こんなの上の管理が甘いのを立場の低い人間に押し付けているだけです。

人間である以上は体調不良を患ってしまうことは避けられないので、いつ部下が休んでも職場が回るようなシフトを組み合わせたり、増員するように人事や経営者側に要請するようにリスクヘッジを取るのが最善のはず。

ですが、こういった行動を起こさないということは

「経営者や人事に対して意見するのがめんどくさい・・・」
「無茶な提案を申し出たら自分の評価が落とされる・・・」
「過去に人事に提案しても拒否されたのでどうしようもない」

といった理由を並べるようなもんなので、管理を怠っている無能上司か数値だけでしか現場を判断しないような無能上層部の責任が大きいのは明らかです。

本来なら会社側の責任であるのにもかかわらず、立場の低い人間に体調不良で休むことの罪悪感を押し付けて洗脳を図っているようなゴミカス野郎なんですよ。

リスクヘッジを怠っている時点で部下が休んで損害を与えられても自業自得としか言いようがないですし、自分の責任を人格否定してまで立場の低い人間に押し付けるっていうのは、完全にパワハラ行為だと判断して良いレベルです。

③休日の過ごし方を口出しする筋合いはない

「体調管理も仕事のうち」っていうのは、完全にプライベートに仕事要素を持ち込んでいます。

プライベートの時間は犯罪でも犯さない限り、何をしたって自由なものです。

 

もちろん会社の信用に傷つける行動はNGなのですが、体調管理の為に休日は家でゴロゴロを強制させられたり、趣味を制限される筋合いは全くありません。

 

こういった労働者のプライベートの事情を踏まえ、体調不良の発生を予測しつつも人員配置を調整するっていうのが経営者の役目だと私は思います。

 

そういう行動を制限したいというのなら見合う給料を出せって話です。

 

どうしても体調管理が仕事というのなら当然報酬や経費が発生するよね?

給料や健康を維持させる為の経費を出さななければ仕事とは言えないゾ。

 

「体調管理も仕事のうち」

 

とか言われた後に

 

「お前は社会人失格だ!」

 

とかレッテルを貼られるパターンは定番なのですが、こんなん仕事でもなんでもなく、ただ単に定額使い放題で都合良くコキ使わせたいだけなので、罪悪感を抱くカケラすらないと思った方がいいです。

 

こういうこと言う会社に限って健康診断を自腹で行わせたり、風邪薬や栄養ドリンク代も一切出さない傾向があるというね・・・(前職は健康診断費が自腹だった)

 
入社前の健康診断料の自己負担はブラックだ!交渉法について書くよ!

▼ブラック企業を徹底排除した転職エージェント▼ ブラック企業を徹底的に排除!入社後定着率業界NO1の「ウズキャリ」 独自の審査基準や利用者からのフィードバックでブラック企業を完全に排除! 平均20時間 ...

続きを見る

「体調管理も仕事のうち」と言われる会社は退職するべき理由

見出しまとめ

  • 足の引っ張り合いが多発している底辺環境
  • 例外なく人手不足の環境に追い込まれている
  • 労働者側の体調を考えようとしない方が大概
  • 緊急事態宣言の中でも出社を強制させる方が問題

①足の引っ張り合いが多発している底辺環境

少し前に言ったのですが、まともな会社であれば体調を崩した時点で有給を消化させて休息期間を与えたり、欠勤扱いにして代わりの人材を即座に見つけてくれます。

仮に有給を全く取らせてくれないのに加え、自分の代わりがいないような状況が続いている中で

 

「体調管理も仕事のうちだ!」

 

とか抜かしてくるようであれば、明らかに会社側に問題があるようにしか見えないのですよ。

本来なら有給を消化すればいいだけなので、ただ単に体調不良が原因で休んだとしても、全く責められるべきものではありません。

 

それなのに有給を全く使わせず、風邪を引いたら競馬でハズレ馬券をぶん投げるかのようにムキになって体調不良になった相手に怒りをぶつけるっていうのは、今の会社に余裕がないと言っているようなもんです。

 

体調管理がどうのこうの言って休みを阻止してくる職場っていうのは、人件費に余裕がないからと言ってバイト以下の待遇の正社員を募集し、一人でも休んだら店舗が回らないよう人員を配置している傾向が強いです。

その影響か経営者や人事に対して直接改善を求めるエネルギーすら失われ、労働者同士で監視し合って足の引っ張り合いを行うというヤバイ現象が起こっていることがあります。

 

実際に私の前職は年間休日77日なのに加え、週44時間労働を採用していてシフトもギリギリでしたからね・・・

 

こんなギスギスした環境なんて働き続けても何も報われることがありませんし、下手したら近い将来に自分までもが・・・

「楽しようとする人間は許さん!」

「くだらん理由で有給取得するヤツは敵だ!」

みたいな思考に溢れるあまり、足の引っ張り合いに参加してしまうような底辺人間と化すだけなので、正常な感覚を保っている内にとっとと今の会社を見限るべきだと断言できるのです。

 

②労働者側の体調を考えようとしない方が大概

「体調管理も仕事のうち」という会社で特にクソだと思うのが、体調管理うんぬん言っている割には、労働者の体調を会社側が全く考慮していないという点です。

 

代表的な例としては薄給激務の環境が続いていたり、ドス黒い人間関係によって精神的にストレスを抱えてしまうといったものです。

 

コレに関しては自ら体調管理を行うよりも明らかにヤバイとしか思えないのですよね。

この様な野獣先輩のケツの穴のような汚い環境の中だと、プライベートの時間が圧迫されたり、睡眠時間を削らないとプライベートの時間を確保できなかったりし、ストレスが中々発散できない状況に置かれてしまいます。

 

上記の状況に労働者を無理やり置かせていたら明らかに会社側が悪いとしか思えませんし、体調管理うんぬん抜かすよりもまずはブラックな環境をどうにかしろとしか言えません。

 

まぁブラック企業は・・・

 

「そんな環境は何処にでもあるぞ!甘ったれるな!」

「お前が体調不良に陥ってしまうのは根性が足りないからだ!」

「まだ大丈夫だろ!それくらいの熱で休もうとするな!」

 

とか言ってクソ環境を全く改善しようとせず、ムチを打ちつつも余計に体調を悪化させるのが目に見えていますけど。

 

こんなゴミみたいな環境で働き続ければいずれ洗脳されてしまい、本気で根性が足りない自分が無能だと錯覚するようになるので

 

「体調管理も仕事のうち」

 

とか抜かして来る割にはクソ環境を改善しない傾向が見られたら、即座に辞めるべきゴミカス会社だと判断するべきなのです。

 

③緊急事態宣言の中でも出社を強制させる方が問題

最初に述べたよう、実際に私は前職で店舗勤務をしていた際に「体調管理も仕事のうち」と言わんばかりの説教を受けた経験があります。

そんな痛い経験がある中、コロナ禍で緊急事態宣言が地元で発令した際に気になって前職の店舗があるテナント店のホームぺージを見たのですが・・・ 

 

ほとんどの店舗が営業休止になっている中、2時間だけ営業時間を短縮して営業していたというね。

 

いやぁ・・・これはヒドイ。

 

今こそ従業員の体調管理の為に現場の営業を休止してテレワークに移行させるタイミングだっていうのに、平気で出社を要請している会社に体調管理がうんぬんなんて言われたくはないとしか言えん。

 

こういった状況下でコロナに感染して

 

「体調管理を行わないヤツは社会人失格だ!」

 

なんて抜かしたら間違いなくニュースに取り上げられるレベルでしょう。

部下に対しては厳しいのにも関わらず、自分の危機管理のなさを棚に上げてまで休む部下を批判してくるような会社はさっさと見限ろうぜホンマに。

 

経営に余裕がない会社は社員に感染者が出たとしても、何食わぬ顔で隠ぺいして普通に営業を継続しそうなのが怖い。

 
コロナ渦でも電車通勤強要 そこはヤバイ環境だ!
コロナ禍で電車通勤を強要する会社は辞めるべきクソ環境だ!

▼ブラック企業を徹底排除した転職エージェント▼ ブラック企業を徹底的に排除!入社後定着率業界NO1の「ウズキャリ」 独自の審査基準や利用者からのフィードバックでブラック企業を完全に排除! 平均20時間 ...

続きを見る

 

まとめ:「体調管理も仕事のうち」と言われたら退職を決意だ!

 

「体調管理も仕事のうち」っていうのは会社の責任を押し付けたり、プライベートを土足で踏みにじっているので、完全にパワハラとしか言いようがないのですよね。

 

もしも薄給激務の環境の中、「体調管理も仕事のうち」って言われたら辞めるべき地雷企業だと判断したほうが良いでしょう。

 

今ではブラック企業を排除した転職エージェントが充実している中、そういう会社に在籍しているのならもっとまともな会社があるはずなので、近い内に転職を検討することをオススメします。

  • この記事を書いた人

Hiroki

「クソ上司やブラック企業に立ち向かう全ての方を応援する」というコンセプトの下、社畜には見るにたえない汚らわしい記事を量産しています。

暴言ジイサン入りの介護施設(4か月)▶ゲーセンバイト(半年)▶ブラック転職事業(4か月)▶パワハラ有で年間休日77日年収200万円の中小企業(2年)と「ド」がつくほどの底辺環境を味わう。

【退職後】アウトドア・転職関連のメディア執筆3年▶雑記・転職サイト2件運営▶「シゴトイキタクナイ」運営【1年2か月目】最高月3万PV

>>底辺社畜時代の話

>>お問い合わせ

ハローワークを利用するだと?ちょっと待ってくれ!

「一度レールから外れた人間はブラック企業しか就職できない・・・」

「ハローワークの求人がブラック企業ばかりで就職する気力がなくなった・・・」

クッソ理不尽な社会の中でイヤでも生きていると身をもって体感できるよね。

「早期離職したら次の就職先が見つからない」という風潮は未だに根付いているほどですし

「3年以内に辞めようとする自分は欠陥人間なんだ・・・」

「どうせ自分は次にいってもやっていけない・・・」

と自分は価値のない存在だと思い込むあまり、ブラック企業から逃れたくても逃れられなかったり、逃れたとしても再び詐欺求人しか目に入らなくなるのはマジで辛いもんです。

でも・・・そんな化石みたいな風潮に捉われすぎる必要はないッ!

リーマンショックの時代とは異なり、現在はブラック企業を排除した未経験向けの転職エージェントが充実しています。

20代であれば誰でも参加することができますし、正社員経験のないニートやフリーターであっても歓迎要件です!

もちろん無料であり、ブラック企業を排除しているだけではなく、転職活動時のサポートや内定後のアフターサービスも充実し過ぎているほどのテンコ盛りです。

同じ無料サービスであるのにも関わらず、ブラック求人を平気で放置しているのに加え、非正規でやる気のない職員で溢れているハローワークと比較したら雲泥の差と言っても過言ではありません。

20代の既卒未経験であれば、迷わず以下の転職エージェントを利用することを強くオススメしますよ!

ブラック企業を徹底的に排除!入社後定着率業界NO1の「ウズキャリ」

独自の審査基準や利用者からのフィードバックでブラック企業を完全に排除!

平均20時間程度のサポートに加え、Google評価が平均して★4以上と高評価なのが「ウズキャリ」の強みだ!

首都圏のIT業界や営業の就職に強く、大阪・名古屋・福岡の求人も取り扱っているぞ!

「ウズキャリ」の詳細記事はコチラ

ブラック企業徹底排除のIT就職に特化した「ウズキャリIT」

ウズキャリのIT就職に特化したサービス。

ブラック企業を完全に排除しつつ、IT特化型の転職支援を受けられるのはココだけしかない。

27歳就業経験なしのひきこもりニートから年収350万円のベンチャー企業に就職した実績があり、定着率や内定率も業界でナンバーワンだ!

「コロナ禍を経て在宅勤務可能な業界に就職したいけど、資格や経験がないから応募しにくい・・・」

と悩む方に一番オススメだぞ!

労基法を守ったら潰れるような会社を排除!「第二新卒エージェントneo」

会社の財源情報をチェックすることで、労基法を守ったら潰れるような会社を排除!

求人数は12000以上とブラック企業の排除を公言している中では最多!

平均10時間程度のマンツーマンサポートも整えられているぞ!

「第二新卒エージェントneo」の詳細記事はコチラ

月収20万・年間休日120日以上の求人多数の「キャリアスタート」

月給25万円以下の20代の既卒・第二新卒・フリーター・ニートに特化している転職エージェント。

内定率86%・定着率92%と驚異的な実績を持っており、ブラック企業を排除した良質な求人を取り揃えている。

北海道から熊本県と北から南まで幅広く対応しているぞ!

「キャリアスタート」の詳細記事はコチラ

-社畜批判, クソ上司
-,