社畜批判 洗脳予防

定時退社を指示されたら遠慮無く従うべき!勝手な残業はダメ!

世の中には残業が当たり前のように定着している場所がありますが、中にはブラック化を恐れて定時に帰宅を促すような場所があります。

上記のホワイトな取り組みを行っている場所に転職できたら運がいいですよ!社員のモチベーションを上げ、効率的に仕事を終わらせようとする姿勢がバッチリと読み取れますよね。

ですが、このような環境であるのにも関わらず、「残業が当たり前」という価値観をぬぐえずに勝手に残業を行う人は一部存在します。恐らく会社に貢献したい、上司からの評価を上げたいといった理由でしょね。

「残業が当たり前」という価値観はホワイト企業に転職出来たら捨てるべきです!

むしろ残業することによって会社全体に迷惑がかかってしまうことになります!

今回は定時に帰らない人の特徴と定時退社を指示されたら遠慮なく従うべき理由について書きます。

 

▼ブラック企業を徹底排除した転職エージェント▼

ブラック企業を徹底的に排除!入社後定着率業界NO1の「ウズキャリ」

独自の審査基準や利用者からのフィードバックでブラック企業を完全に排除!

平均20時間程度のサポートに加え、Google評価が平均して★4以上と高評価なのが「ウズキャリ」の強みだ!

首都圏のIT業界や営業の就職に強く、大阪・名古屋・福岡の求人も取り扱っているぞ!

「ウズキャリ」の詳細記事はコチラ

労基法を守ったら潰れるような会社を排除!「第二新卒エージェントneo」

会社の財源情報をチェックすることで、労基法を守ったら潰れるような会社を排除!

求人数は12000以上とブラック企業の排除を公言している中では最多!

平均10時間程度のマンツーマンサポートも整えられているぞ!

「第二新卒エージェントneo」の詳細記事はコチラ

月収20万・年間休日120日以上の求人多数の「キャリアスタート」

月給25万円以下の20代の既卒・第二新卒・フリーター・ニートに特化している転職エージェント。

内定率86%・定着率92%と驚異的な実績を持っており、ブラック企業を排除した良質な求人を取り揃えている。

北海道から熊本県と北から南まで幅広く対応しているぞ!

「キャリアスタート」の詳細記事はコチラ

 

定時でも帰らない部下を抱えた悩み

ここでは、定時でも帰らない部下を抱えている人の悩みを一部紹介します。

知恵袋で「定時 帰らない」と検索すると意外と多く出てきますね。ここでは一番上に出てきたものについて取り上げます!

 

定時で帰らない新卒

私の職場の今年入社した新人の子が定時で帰ろうとしません。女性二人しかいない職場で私が帰らないと帰ろうとしません。
いつも人を伺っている感じです。私は先輩なのであんまりその子より早く帰るのは気が引けるのですが、自分は早く帰りたい性質なので、普通に仕事したら定時で帰れるのに、だらだらやって定時帰らない新人にイライラします。家族に受験生がいるらしく早く帰らないほうが良いと家族に言われているそうです。

引用:yahoo知恵袋

新卒の子が帰らなくて、上司が帰れないといった悩みでまさに立場が逆転しているパターンですね。

基本的に新人は一人にさせておくわけにはいかないので、上司は残らざるを得なくなります。

その時に定時に帰るような環境であれば部下が進んで残ってしまうようであれば上司にまで迷惑をかけてしまうことになりますね。

この新人は残業を行うのにも拘らず、ダラダラと仕事を行っているそうなのである意味会社にとっては害悪な存在です。「受験生がいる」という理由で帰らないのも納得できません。

恐らく新人は「サービス残業でも構わない!会社に貢献できるからいいでしょ?」とでも思っているでしょうが、上司が定時に帰りたいのにサービス残業を行っていたら、上司にまで迷惑をかけてしまいますよ・・・

上司から定時退社を指示されたら遠慮なく従って欲しいところです。理由については後で話します!

定時に帰らない人の特徴

定時に帰らない人は一体どんな特徴を持っているのだろうか?

以下の特徴に多く当てはまれば、ホワイト化を目指す会社をブラック化させてしまうことがあるので注意してください!

定時に帰らない人の3つの特徴

  • 会社の仕事以外に趣味が無い
  • 残業代が欲しい
  • 真面目である

それぞれ見ていきましょう!

 

会社の仕事以外に趣味が無い

会社の仕事以外にやることが無く、家に帰っても得にやることがないといった人は自ら残業しやすい傾向があります。

実際に私の前職で遭遇した社畜上司Tはこのような感じでしたね。社畜上司に私の趣味について聞かれたことが一度ありましたが、社畜上司の返答が

 

「そんな趣味を多く持てるとは羨ましいな。俺は家に帰っても仕事について勉強しているから暇が無いぞ」

 

と返って来たので、あながち間違いではない・・・この上司は自らサービス残業の契約を行うほど会社に貢献したいという思考だったのでかなりヤバかったです。

会社の仕事以外に趣味が無いというのはある意味恐ろしいですね。毎日定時に帰りたくなるほどドップリハマる趣味は持って欲しいものです!(ハマりすぎて仕事を疎かにしてはいけませんが)

 

残業代が欲しい

残業代が欲しくて残業を行っているという声はSNSや掲示板を見ると良く聞きますよね。特に残業代が無ければ生活が困難という人は定時退社に応じないことがあります。

上記の傾向を持つ人であれば、定時までに仕事を出来るだけ多くこなすという思考を持っていないことが無く、仕事をダラダラと行って残業を行わざるを得ないような環境を自分から作るので、会社にとってはある意味害悪な存在です。(前頁の事例と同じですね)

残業が当たり前に起きているような会社であれば、この行動を取っても問題無いことが多いのですが、業務の効率化を求めているホワイト企業でこのような行動を起こすとなれば、会社にとっては迷惑極まりません!

 

真面目である

真面目な性格をしている人であれば、自ら残業を行わないと気が済まないことがあります。

  • 強制的に帰らされるようで、自分の目標達成ができなくなるので、不快だ。
  • 帰るか帰らないか、自分で決められなくて不満だ。
  • 問答無用で帰れと言われているようで、自分が用なしだと言われているよう気がする。
  • 他者と協力すれば、もう少しでやり遂げられると思うのに、そうした斟酌がされていない。
  • 今日はいいけど、仕事が後ろ倒しになるから結局は自分が苦しむのではないか。
  • 遠慮なく帰れるようになったが、これまでの習慣のバランスが崩れてしまいそうだ。

引用:Diamond Online

上記は上司が早く帰れよが部下を怒らせてダメにするという記事から一部引用したものですが、見る限り真面目そうな性格の人が抱えそうなものですね。

目標達成が達成できなくて不快だと思うくらいであれば、仕事の効率化について死ぬ気で取り組んだ方がいいですし、結果的に就業時間内に目標を達成出来なければ能力不足としか言えません。

学生時代に試験を行っている際、時間切れになったらやり残した答案を強制的に回収され、途中まで全問正解だったのに空欄が多いせいで点数が平均点以下になるのと同じように、仕事が遅ければその程度の実力だということです。アメリカの優良企業でやらかしたら近い内に解雇されるレベルですよ!

このような真面目な人がいると、ますます定時に帰りたいという社員に対して迷惑をかけてしまうことになりますね・・・ましては後述する「36協定を会社が結んでいなければ違法になる」に該当していれば、会社全体に迷惑がかかる恐れがあります!

定時退社を指示されたら遠慮なく従うべき理由

会社全体から見て定時退社を指示される頻度が多い環境であれば、労働時間の削減に取り組んでいる優良企業である確率が高いです。(賃金や福利厚生などの待遇を除いて)

もしも上司から定時退社を指示された場合は、たとえ仕事が遅くて終わらなくとも従うべきです!

理由は以下の通りです。

定時退社を指示されたら遠慮なく従うべき理由

  • 36協定を会社が結んでいなければ違法になる
  • 職場に「帰らない方がいい」という考え方を伝染させる

それぞれ見ていきましょう!

 

36協定を結んでいなければ残業が違法になる

36協定を知らなければ、残業は会社が自発的に行ってもいいものとイメージされがちですが、実際は36協定というものを労働基準監督署に提出しなければ残業を行うことは許されません。

労働基準監督署に届け出を出さずにに無許可で残業が行うということは、労基法第36条に違反することになります。

もっともホワイト企業であれば、「従業員に対して残業をさせない。効率化を意識させる!」というプレッシャーをかける為にあえて36協定を結んでいないことがありますね。

36協定を結んでいない会社であれば、上司から「帰って欲しい」と言われた場合は即座に応じなければなりません。

そのまま残り続ければ当然違法となって会社に迷惑をかけてしまいますよ!

例えるとしたら、昔のゲーセンで16歳未満の年少者が18時を過ぎたら退店しなければならないといったルールと同じようなものです。

此方も帰宅に応じなければ、下手したら店側に営業停止処分をかけられてしまうので、時間を過ぎても残り続ける客は害悪でしかありません・・・

実際に私の高校時代の友人で店側からの帰宅命令に応じなくて店員にマジギレされたことがありましたからね(笑)会社においても同じような処置を取ってくる可能性があるので注意して欲しいところです!

 

職場に「帰らない方がいい」という考え方を伝染させる

自ら進んで残業を行う人がいれば、下手したら残業が当たり前の文化になってしまうことがあります。

定時で帰れるような環境であるのに、誰かが意地でも残業を行ってしまえば会社を消灯することが出来ないので、必然的に周りの人が残業を行わざるを得なくなってしまいますね。

管理職であるのならいいのですが、特に権限も無い新人が自ら残業するとなれば上司も残らざるを得なくなります。

もしもこのような状況を放置していたら容認せざるを得なくなり、残業が当たり前の文化となる恐れがありますね。そして、後の世代の人が入社する際に無駄な残業を押しつけられることになるので、会社がホワイト化を目指すのを妨げているようにしか見えません。

なので、上司から定時になって帰宅指示を出されたら素直に応じるべきです。

おわりに:定時に帰宅指示を出されたら遠慮せずに従うべきだ!

以上、定時に帰らない人の特徴と定時退社を指示されたら遠慮なく従うべき理由についての記事でした!

もしも上司に定時退社の指示が出されるラッキーな環境で働いているのであれば、遠慮せずに帰宅するべきです!

理由は36協定を結んでいなければ残業が違法になる、職場に「帰らない方がいい」という考え方を伝染させてブラック化させてしまう可能性があるからですね。

36協定を締結せずに残業を行っていたら違法となって会社に迷惑がかかる恐れがありますし、36協定を結んでいたとしても自ら残る社員がいるせいで残業削減に取り組んでいたのに残業せざるを得なくなるといった環境に陥りがちなので、ホワイト化を目指す会社にとってはデメリットしかありません。

 

「日本では残業が当たり前だから、残業して会社に貢献しないと・・・」

 

という考え方はホワイト企業に転職したら今すぐ捨てるべきです!全ての会社が「残業が当たり前」という価値観であるとは限らないので、この考え方のおかげで上司に対して遠慮が出てしまうといったことが無いようにして欲しいところです。

なので、上司から定時退社の指示が出された場合はすぐに応じるようにしましょう!遠慮などいらぬわッ!

  • この記事を書いた人

Hiroki

「クソ上司やブラック企業に立ち向かう全ての方を応援する」というコンセプトの下、社畜には見るにたえない汚らわしい記事を量産しています。

暴言ジイサン入りの介護施設(4か月)▶ゲーセンバイト(半年)▶ブラック転職事業(4か月)▶パワハラ有で年間休日77日年収200万円の中小企業(2年)と「ド」がつくほどの底辺環境を味わう。

【退職後】アウトドア・転職関連のメディア執筆3年▶雑記・転職サイト2件運営▶「シゴトイキタクナイ」運営【1年2か月目】最高月3万PV

>>底辺社畜時代の話

>>お問い合わせ

ハローワークを利用するだと?ちょっと待ってくれ!

「一度レールから外れた人間はブラック企業しか就職できない・・・」

「ハローワークの求人がブラック企業ばかりで就職する気力がなくなった・・・」

クッソ理不尽な社会の中でイヤでも生きていると身をもって体感できるよね。

「早期離職したら次の就職先が見つからない」という風潮は未だに根付いているほどですし

「3年以内に辞めようとする自分は欠陥人間なんだ・・・」

「どうせ自分は次にいってもやっていけない・・・」

と自分は価値のない存在だと思い込むあまり、ブラック企業から逃れたくても逃れられなかったり、逃れたとしても再び詐欺求人しか目に入らなくなるのはマジで辛いもんです。

でも・・・そんな化石みたいな風潮に捉われすぎる必要はないッ!

リーマンショックの時代とは異なり、現在はブラック企業を排除した未経験向けの転職エージェントが充実しています。

20代であれば誰でも参加することができますし、正社員経験のないニートやフリーターであっても歓迎要件です!

もちろん無料であり、ブラック企業を排除しているだけではなく、転職活動時のサポートや内定後のアフターサービスも充実し過ぎているほどのテンコ盛りです。

同じ無料サービスであるのにも関わらず、ブラック求人を平気で放置しているのに加え、非正規でやる気のない職員で溢れているハローワークと比較したら雲泥の差と言っても過言ではありません。

20代の既卒未経験であれば、迷わず以下の転職エージェントを利用することを強くオススメしますよ!

ブラック企業を徹底的に排除!入社後定着率業界NO1の「ウズキャリ」

独自の審査基準や利用者からのフィードバックでブラック企業を完全に排除!

平均20時間程度のサポートに加え、Google評価が平均して★4以上と高評価なのが「ウズキャリ」の強みだ!

首都圏のIT業界や営業の就職に強く、大阪・名古屋・福岡の求人も取り扱っているぞ!

「ウズキャリ」の詳細記事はコチラ

ブラック企業徹底排除のIT就職に特化した「ウズキャリIT」

ウズキャリのIT就職に特化したサービス。

ブラック企業を完全に排除しつつ、IT特化型の転職支援を受けられるのはココだけしかない。

27歳就業経験なしのひきこもりニートから年収350万円のベンチャー企業に就職した実績があり、定着率や内定率も業界でナンバーワンだ!

「コロナ禍を経て在宅勤務可能な業界に就職したいけど、資格や経験がないから応募しにくい・・・」

と悩む方に一番オススメだぞ!

労基法を守ったら潰れるような会社を排除!「第二新卒エージェントneo」

会社の財源情報をチェックすることで、労基法を守ったら潰れるような会社を排除!

求人数は12000以上とブラック企業の排除を公言している中では最多!

平均10時間程度のマンツーマンサポートも整えられているぞ!

「第二新卒エージェントneo」の詳細記事はコチラ

月収20万・年間休日120日以上の求人多数の「キャリアスタート」

月給25万円以下の20代の既卒・第二新卒・フリーター・ニートに特化している転職エージェント。

内定率86%・定着率92%と驚異的な実績を持っており、ブラック企業を排除した良質な求人を取り揃えている。

北海道から熊本県と北から南まで幅広く対応しているぞ!

「キャリアスタート」の詳細記事はコチラ

-社畜批判, 洗脳予防
-