人間関係の悩み

敢えて仲良くなったほうがいい?職場で告げ口・チクる人の特徴や心理

敢えて仲良くなったほうがいい?職場で告げ口・チクる人の特徴や心理

上司に良く告げ口、チクる同僚や部下が近くにいるような環境はかなり辛いですよね。

こんなヤツが近くにいると落ち着いて仕事が出来はしませんし、常に監視されているような環境だと今の職場で仕事を続ける気力すら失わせてしまいます。

実際に私の場合は、上司にチクる同僚に遭遇したことがありませんが、似たようなタイプに上司の陰口を直接伝えてくるような同僚がいたのでこちらもある意味チクリマンと同じくらい迷惑なやつでしたよ・・・

どうやら陰口を伝えて本人が困る顔を見て楽しんでいるようでしたね。

チクリマンも大体この傾向を持っていることが多く、時には修羅場を見るために事実とは関係のないことを上司に伝えてくることがあるので、こういうヤツはマジで害悪としか言いようがありませんね!

今回は告げ口する人について書いていきます。

こんな方におすすめ

  • 告げ口する同僚や部下に悩まされている方
 

▼ブラック企業を徹底排除した転職エージェント▼

ブラック企業を徹底的に排除!入社後定着率業界NO1の「ウズキャリ」

独自の審査基準や利用者からのフィードバックでブラック企業を完全に排除!

平均20時間程度のサポートに加え、Google評価が平均して★4以上と高評価なのが「ウズキャリ」の強みだ!

首都圏のIT業界や営業の就職に強く、大阪・名古屋・福岡の求人も取り扱っているぞ!

「ウズキャリ」の詳細記事はコチラ

労基法を守ったら潰れるような会社を排除!「第二新卒エージェントneo」

会社の財源情報をチェックすることで、労基法を守ったら潰れるような会社を排除!

求人数は12000以上とブラック企業の排除を公言している中では最多!

平均10時間程度のマンツーマンサポートも整えられているぞ!

「第二新卒エージェントneo」の詳細記事はコチラ

月収20万・年間休日120日以上の求人多数の「キャリアスタート」

月給25万円以下の20代の既卒・第二新卒・フリーター・ニートに特化している転職エージェント。

内定率86%・定着率92%と驚異的な実績を持っており、ブラック企業を排除した良質な求人を取り揃えている。

北海道から熊本県と北から南まで幅広く対応しているぞ!

「キャリアスタート」の詳細記事はコチラ

告げ口する人の特徴

まず、告げ口する人の特徴についてまとめてみます。

私自身告げ口する人を快く思っていないので、各特徴についてぶっ叩いていこうかなと思います!

直接本人に伝えるのが怖い小心者

上司にすぐ告げ口するような人は、本人に直接注意を入れられないような小心者であることが多いです。

本人に直接注意したら、後々面倒なことになるのは目に見えていますし、下手したら極度に嫌われる可能性があるので、そういうのを恐れているような小心者に限って上司にチクって気に入らないような人を安全圏から蹴落とそうとするのです。

ある意味虎を威をかるような狐みたいなもので、上司の権力をちらつかせ、自分には下手に手を出さないように自己保身の姿勢を取るようなヤツも存在するので、こういう系統の人間の側で仕事を行うというのは耐えられるようなものではありません。

大人の社会というのは下手に反撃するとそちらが悪とみなされることが多く、こういうズル賢く立ち回っているヤツに限って勧善懲悪や因果応報の法則を無視して特に何も咎められることもなく社会生活を満喫していることがあるので、本当に理不尽しか感じませんよね。

こういう同僚や部下の揚げ足取り叩きというのはネットの世界だけに留めて欲しいところです!

人の不幸を喜ぶようなヤツ

「あなたは今幸せですか?」

 

って聞かれた時に「俺は不幸に満ち溢れている!」とか言いつつも幸せを得るために何も行動しないやつに限って、他人の不幸で喜ぶような傾向を持っていることがあります。

これもネットの世界だけで留めておくのであればまだマシな方なのですが、現実社会に他人の不幸を感情に出して喜ぶようなヤツがいたら「最低なヤツ」としか言いようがありませんよね!

 

中には他人が不幸になるようにおびき寄せてくるようなヤツもいても不思議ではありません。

それが「上司に告げ口をして周囲の同僚や部下を不幸にする」というものです。

 

自分が現在進行系で不幸で幸せを得るために何も行動できないからといって、周りの人間が自分と同じでないと気が済まなくなるため、揚げ足を取って上司に告げ口をし、周りの同僚や部下がストレスを抱え込んで自分と同じような姿になるのを見て安心感を得ているのです。

これもまた嫌なヤツですよね。

 

「自分の不幸を他人に投げかけるな!」

「他人の足を引っ張るんじゃねぇ!」

 

と思い切って言いたいところです!

他人を蹴落として自分が優位に立ちたいと思うようなヤツ

同僚が多いような環境で出世競争が激しいところでは、一つのポストを全員が必ず得られるような場所では無く、そのポストを得るために周りの同僚を蹴落としてでも獲得するという悪行を行うヤツは一定数存在しています。

また、自分以外の同僚や部下に対して揚げ足を取って告げ口をすることによって「落ちこぼれ」扱いにさせ、相対的に自分が優位になるように仕向けてくるようなヤツも存在しています。

このように、会社でのポジションを獲得するために他人を蹴落として自分だけ上司に認められたいような傾向を持っていたら、チクリマンと化する可能性が高いです。

少し話がそれますが、学校でもクラスのリーダーの取り巻きは良くいじめたり、他人が傷つくような言動を取ることが多いですよね。

クラスのリーダーは既にポジションを獲得しているため、他人をいじめることは少ないのですが、リーダーの取り巻きに限っては自分がいじめの対象とならないよう今の地位を必死に保とうと保身に走る為に、他人をいじめることによって

 

「自分はいじめられない・コミュ力を併せて持ったような優れた人間性の人だ!」

 

とかアピールしてくるので、クラス内においてはこういった取り巻きメンバーが「陽キャで面白い人」だとイメージされていたとしても、クラスのメンバーとは無関係な人からして見ると、こういう取り巻きの人達は「ダサい」としか言いようがないのですよね。

少なくともこういうヤツは、社会人になってからは他人を直接いじめることが無くなると思いますが、学校生活での経験が別の方向に現れ、同僚や部下を告げ口して自分を相対的に優位に保とうとしてくるような行為をしでかすことは無いとは言い切れません。

学生生活での「ダサい」行為を社会人生活においても発揮した場合は、もう心身が未だに成長していないと言っているようなものなので、もしもあなたの周りにチクリマンがいた場合は哀れな目で観察した方がいいのかもしれませんよ。

告げ口をする人の悪意に満ちた心理

次に告げ口をする人の心理について考えます。

前頁と同様、こちらもぶった斬るように書いていこうかなと!

正義マン気取りで優越感を感じたい

正義マン気取りなヤツに限って自分の人生について全く考えておらず、他人が幸せばかり目を向けて目の敵にする上に、他人の足を引っ張りまくって不幸にすることでストレス発散してきます!

2020年の時点で見てみると、自粛警察という緊急事態宣言時に他県への外出を行っている人に対して、取り締まりの権限も無いくせに他人の車に傷をつけたり、店舗の営業を妨害するなど、自分には甘すぎる・他人には厳しすぎるような正義執行をしているような愚かな人間がいますよね。

アレは恐らく・・・

 

「自分は我慢しているのにアイツは楽しやがって!許さん!」

 

なんていう他人の幸福への嫉妬心から発生しているようなものでしょう。

自粛警察系統の人間からしてみると、自分だけ楽をしようとするような人は当然「悪」だとみなされるので、徹底的に潰さないと気がすまなくなり、こういうヤツに絡まれた場合は足を引っ張るばかりで本当に嫌になることは目に見えています。

上司にすぐ告げ口するような人は、心の中では自粛警察と同じような感情があるのでしょう。

同僚や部下が自分よりも遥かに成長し、会社から評価される・上司に認められるという幸福感を自分を差し置いて同僚や部下が得ることを恐れ、自分と同じ不幸のポジションに陥れる為だけに目先の仕事よりもひたすら他人のアラを探し、上司に告げ口していることがあるのかもしれませんよ。

こういうヤツとは一緒に仕事したくねぇ・・・

気に入らない同僚や部下を追い出したい

気に入らない同僚や部下を精神的に追い込むために、告げ口を日々積み重ねて職場から追い出そうとさせるような動きを見せるのは、今の御時世だと常識の抜け道を探すようなヤツだと割と良くありそうです。

現在は上司から部下に直接会社から追い出すような注意を入れると「パワハラ」認定されてもおかしくはないレベルの水準まで上がっており、本人に直接キツめに注意を入れるということは難しいような環境になっています。

そこで「パワハラ」認定されない為にも、無理に本人に直接注意を入れるのではなく、本人の上司や周囲の同僚に対して告げ口・陰口を入れることによって、本人のイメージを段階的に悪くさせ、最終的には陰湿な職場いじめへと繋いで職場から追い出すような動きを見せるのです。

コレは明らかに「パワハラ」やら「大人の常識」の抜け道を探しているような行為であり、私からしてみると直接怒鳴ったり暴力を振るうよりも陰湿で最低な行為としか思えないのですよね。

世の中は理不尽に耐えかねて手を出した人間は激しく叩く割には、こういった陰湿な行為については全く触れられないので、こういったやたらとズル賢いような人間が叩かれない世の中は本当におかしいと思う人間は私以外にも少なからず存在しているでしょう。

気に入らない人を追い出すが為に、精神病に追い込んで再起不能にさせるようなヤツに対して「大人の常識」なんて考えたくもありません!

 

関連記事

共通の敵を作って一体感を出したい

友人同士で会話する時に特にネタがない場合は、他人の悪口で盛り上がるということは良くあるあるなパターンだと思います。

他人の悪口を友人同士で共有したら何故か自分が優れているような感情が浮き出てくるので、人によっては中毒症状のように辞められなくなることがあります。

自分ならメリットを享受できてい良いのですが、悪口を言われた対象からしてみるとたまったものではありません!

下手したら悪口を言っている人と関わること自体が怖くなるので、言われている人にとっては他人と関わることが無くなってしまうでしょう・・・

上記のように、他人を陥れてまで共通の敵を作って優越感を得ようとすることが、告げ口マンの心理の一つとしてあるのかもしれません。

上司や同僚に告げ口をして「自分は悪じゃない!」というアピールを必死に行い、それから対象者を陰でディりまくることによっていかに自分という存在が優れているのかどうかを測っているのです。

ここで陰での悪口を快く思っていないような上司や同僚であれば、告げ口マンは自然と飽きてくるので良いのですが、多くの人は他人の悪口を聞いたら「他人が劣っている」ということを本能レベルで感じてしまい、優越感を出すために陰口を言い合うようになるので、そのまま他人ディスりに発展することが多いのが厄介な点です。

他人の悪口を聞いて自然と嬉しくなるようであれば、他人の悪口でしか優越感を感じることが出来ないと言っているようなものであり、このような心理を保つことは

 

 

と言っても過言ではありません。

上記の危険な心理からしてみれば、告げ口マンは・・・

 

他人の悪口でしか優越感を感じることが出来ないような哀れな人間

 

と勝手にイメージしても良いレベルでしょう!

修羅場を見たいというウ○コみたいな好奇心

告げ口マンの最も厄介な心理の一つとして

 

修羅場を見たい

 

という異常な好奇心が挙げられます。

インターネット上でも修羅場に発展した様々な体験談というのが意外と多く掲載されているほど、修羅場となって関係者が不幸になっていく状況は一定数需要があることは事実です。

こういったお話をインターネット上で閲覧して心の中でストレスを発散するのならマシなのですが、インターネットだけでは物足りなく、異常な好奇心からリアルでも修羅場を見てみたいようなサイコパスに近いような人間は存在しないとは限りません!

それで修羅場を形成するためにも、目先の仕事より自分の周囲の人間の弱みを見つけるために日々観察したり、他人のミスを見逃さないようにし、いざという時に上司にチクって修羅場に発展させるのです。

こういうサイコパスなヤツは、個室で上司に怒鳴られている同僚や、同僚の上司の悪口について証拠を取り揃えてから直接上司に伝えて喧嘩まで発展させるところを見て・・・

 

「HAHAHAHAHAHAHAHA!!!!」

 

と感情を表に出さずとも心の中で大笑いして安全圏から高みの見物をするかの如くストレスを発散するのです。(Σ(゚∀゚ノ)ノキャーコノヒトサイテー!!)

中には上司の悪口を吐くように誘導させてきたり、裏でこっそりと仕事の邪魔をしてくるように仕向けてくるような過激なヤツもいないとは言い切れません・・・

職場にこういったヤツがいたと察した場合は、自分の情報をむやみに漏らさないように気をつけたいところです。

告げ口マンへの対処法!

告げ口マンに遭遇した場合は明らかに上司から呼び出されることが増える為、特にミスを犯していないと実感していたとしても上司から呼び出されることが多かったら、告げ口マンがいることを警戒したほうが良いです。

ここでは、告げ口をされていると感じたらどのような行動に移せばよいのかについて紹介しています。

信頼していない相手には自分の情報を漏らさないようにする

新入社員の内は職場のメンバーについて名前は覚えていたとしても、相手の素性がわからないことが多いため、うっかりと自分の情報を漏らさないように警戒します。

自分の情報を喋りすぎた場合は弱みを握られる確率が必然的に上昇してしまいますし、それが原因でいじられたりナメられたりするので

 

「コイツには何やっても許される!」

 

と勝手にレッテルを貼られ、職場いじめの一つとして上司に告げ口をされるなんていうことは良くあるあるなパターンなので、人間関係からそう簡単に抜け出せないような環境であればあまり喋りすぎない方が身のためです。

特に警戒してほしいのが、「修羅場を見たい」の頁で解説したように、上司の悪口を吐くように誘導してくるヤツ!

共通の敵を作って一体感を出したい」の頁で言ったとおり、他人の悪口を聞いたら「自分は優れている」と本能レベルで感じることになり、その優越感から上司の悪口のネタが飛んできた場合は思わず上司の悪口について口を出すことがあるのかもしれません。

もし、この場面で思わず上司の悪口を口に出してしまえば相手の思う壺となってしまい、自分に被害が及ぶことになるので、職場の関係者には上司の悪口だけでは無く、無闇に同僚や部下の悪口を吐かないように気をつけたいところです。

職場の人間に対しては業務上の付き合いだけで十分です!

 

関連記事

告げ口マンと仲良くなり、自分を敵の対象から外す

告げ口マンが誰なのかがなんとなく把握出来た場合は、自分を告げ口の対象から外すために敢えて仲良くなる方法も効果的です。

 

「いや・・・前頁では信頼していない相手とは喋りすぎるなって言ってたじゃん!」

 

と・・・ツッコミが入りそうですが、あくまでも前頁は告げ口マンが誰なのかが特定出来ない場合の話として置いておきましょう。

何故告げ口マンと仲良くならないといけないのかというと、「単純接触効果」という心理からです。

「単純接触効果」について簡単に解説すると

 

単純接触効果は、繰り返し接すると好意度や印象が高まるという効果。

初めのうちは興味がなかったり、苦手だったりしたものも、何度も見たり、聞いたりすると、次第によい感情が起こるようになってくる

引用:Wikipedia

 

というものです。

更にコレを人間関係で解説すると

 

単純接触効果とは?(人間関係の場面)

初対面に近い人間に対しては嫌悪感を示すものの、次第に話し合ったり、付き合いを重視していくと相手が良い人だと思うようになる
 

上記のように、日々会話や付き合いを惜しまずに参加したら次第と相手から良い印象を受けられることになるので、敢えて告げ口マンと仲良くなる姿勢を見せ続ければ、告げ口の対象から外されることは高確率で起こり得ると言えます。

実際の生活においても、このような心理状態を体感したことは一度はありますよね。

初対面の状態だとイヤ〜なヤツに見えたけど、いざ実際に話し合ってみると案外いいやつに見えてくる現象・・・

割と良くありますよね・・・?

実際に私の場合は基本的にYouTuberや生放送の配信者に対しては何も交流が無い状態だとあまり良い印象を受けないのですが、いざ興味のあるYouTuberや生放送の配信者にコメントを送り続けたらその配信者のファンになったなんてことは良くありました。

リアルにおいても、私が4年前にメダルゲームにハマっていた時期、同じ店舗の常連とは交流がない状態だと相手側から色々と陰で悪い噂を仕立てられましたが、Twitterで交流し始めたら急に仲良くなって毎回のように「いいね」をくれるようになった体験も現在も鮮明に覚えているレベルです。

上記のような体験から

Hiroki
この状態はなにかの心理学で解説されているのではないのか・・・?

と疑問に思った時期がありましたが、案の定「単純接触効果」という心理効果が存在していると分かりましたね。

話がそれてしまいましたが、上記のような心理効果は、私の実体験からして告げ口マンに発揮したら意外と効果があるのではないでしょうか?

告げ口マンからしてみると、あまり交流の盛んではないような同僚や部下は「敵」と思っているのかもしれません。

自分が告げ口の対象にされない為にも、敢えて積極的に交流して「敵」の対象から外すように取り組むことは良い対処法と成り得ることがある・・・?

自分のミスを自ら上司に伝えるようにし、告げ口を聞かないように交渉してみる

告げ口が多いと感じた場合は、一度上司に対して相談してみるのもアリです。

自分のミスについて告げ口で報告されていないかどうかを一度上司に対して確認し、誰かが告げ口をしていると発覚した場合は告げ口を聞かないように交渉を持ち出してみてください。

その時に自分のミスは即刻上司に伝えるような姿勢を見せ、告げ口されるのはあまり快く思っていないことについての意思を表明することが大切です。

自分のミスを隠し通すような部下だと上司からしてみると、たとえ告げ口がイヤだと思っていたとしても

 

「お前が悪いんだ!自業自得だ!」

 

と上司から一方的に思われてしまうことになるので、告げ口マンよりも早くミスを報告出来るような姿勢を見せなければ話を聞いてくれません。

自分のミスをいち早く報告し、反省する機会を上司に対して日々見せ続ければ、そのうち同僚や部下からの告げ口が無くなるかと思います!

  • この記事を書いた人

Hiroki

「クソ上司やブラック企業に立ち向かう全ての方を応援する」というコンセプトの下、社畜には見るにたえない汚らわしい記事を量産しています。

暴言ジイサン入りの介護施設(4か月)▶ゲーセンバイト(半年)▶ブラック転職事業(4か月)▶パワハラ有で年間休日77日年収200万円の中小企業(2年)と「ド」がつくほどの底辺環境を味わう。

【退職後】アウトドア・転職関連のメディア執筆3年▶雑記・転職サイト2件運営▶「シゴトイキタクナイ」運営【1年2か月目】最高月3万PV

>>底辺社畜時代の話

>>お問い合わせ

ハローワークを利用するだと?ちょっと待ってくれ!

「一度レールから外れた人間はブラック企業しか就職できない・・・」

「ハローワークの求人がブラック企業ばかりで就職する気力がなくなった・・・」

クッソ理不尽な社会の中でイヤでも生きていると身をもって体感できるよね。

「早期離職したら次の就職先が見つからない」という風潮は未だに根付いているほどですし

「3年以内に辞めようとする自分は欠陥人間なんだ・・・」

「どうせ自分は次にいってもやっていけない・・・」

と自分は価値のない存在だと思い込むあまり、ブラック企業から逃れたくても逃れられなかったり、逃れたとしても再び詐欺求人しか目に入らなくなるのはマジで辛いもんです。

でも・・・そんな化石みたいな風潮に捉われすぎる必要はないッ!

リーマンショックの時代とは異なり、現在はブラック企業を排除した未経験向けの転職エージェントが充実しています。

20代であれば誰でも参加することができますし、正社員経験のないニートやフリーターであっても歓迎要件です!

もちろん無料であり、ブラック企業を排除しているだけではなく、転職活動時のサポートや内定後のアフターサービスも充実し過ぎているほどのテンコ盛りです。

同じ無料サービスであるのにも関わらず、ブラック求人を平気で放置しているのに加え、非正規でやる気のない職員で溢れているハローワークと比較したら雲泥の差と言っても過言ではありません。

20代の既卒未経験であれば、迷わず以下の転職エージェントを利用することを強くオススメしますよ!

ブラック企業を徹底的に排除!入社後定着率業界NO1の「ウズキャリ」

独自の審査基準や利用者からのフィードバックでブラック企業を完全に排除!

平均20時間程度のサポートに加え、Google評価が平均して★4以上と高評価なのが「ウズキャリ」の強みだ!

首都圏のIT業界や営業の就職に強く、大阪・名古屋・福岡の求人も取り扱っているぞ!

「ウズキャリ」の詳細記事はコチラ

ブラック企業徹底排除のIT就職に特化した「ウズキャリIT」

ウズキャリのIT就職に特化したサービス。

ブラック企業を完全に排除しつつ、IT特化型の転職支援を受けられるのはココだけしかない。

27歳就業経験なしのひきこもりニートから年収350万円のベンチャー企業に就職した実績があり、定着率や内定率も業界でナンバーワンだ!

「コロナ禍を経て在宅勤務可能な業界に就職したいけど、資格や経験がないから応募しにくい・・・」

と悩む方に一番オススメだぞ!

労基法を守ったら潰れるような会社を排除!「第二新卒エージェントneo」

会社の財源情報をチェックすることで、労基法を守ったら潰れるような会社を排除!

求人数は12000以上とブラック企業の排除を公言している中では最多!

平均10時間程度のマンツーマンサポートも整えられているぞ!

「第二新卒エージェントneo」の詳細記事はコチラ

月収20万・年間休日120日以上の求人多数の「キャリアスタート」

月給25万円以下の20代の既卒・第二新卒・フリーター・ニートに特化している転職エージェント。

内定率86%・定着率92%と驚異的な実績を持っており、ブラック企業を排除した良質な求人を取り揃えている。

北海道から熊本県と北から南まで幅広く対応しているぞ!

「キャリアスタート」の詳細記事はコチラ

-人間関係の悩み
-