人間関係の悩み

退職が裏切りとかおかしすぎるだろ!対処法とおかしい理由について

退職が裏切りとかおかしすぎるだろ!対処法とおかしい理由について

今の会社の労働環境がどうしても耐えられなくて辞めたい、今の会社で十分な実績とスキルを身に着けたので次はもっと良い会社に転職したい事情があったら即座に辞めることは何も責められることではありません。

そこで・・・退職届を出した際に会社から裏切り者扱いされるかどうか心配になりますよね。

退職までの1~2ヶ月の間に徹底的に嫌がらせを受けたりすることもあれば、次の会社が決まったのかどうか聞かれた際に曖昧な回答を出すと・・・

 

「お前なんかに次の会社なんか務まるか!」

「今の会社を辞めるくらいなら次に行っても続かない」

「そうやって親にまた迷惑をかけるつもりか?」

 

なんて露骨に嫌味たっぷりと言われることがあるので、こういった発言を受けるとますます今の会社を離れたくなる上に殺意しか沸きません。

結論を言うと、退職は裏切り行為でも何にでもなく、特に罪悪感なんて抱く必要なんて無いのですよね。

一生定着したいような待遇を用意していない会社に原因がありますし、やりたいことをやりにくい、否定ばかりの人間関係が成り立っているような場所だと尚更です。

会社に気を遣いすぎて自分の人生を台無しにする必要なんて全くありませんから!

こんな裏切り者扱いする会社なんて「裏切りと認識してもらっても結構」と割り切ってさっさと離れるのが身のためです。

今回は退職・転職者を裏切り者扱いする会社について書いていこうかなと!

こんな方におすすめ

  • 今の会社を退職したい方
  • 退職届を出した際に裏切り者扱いされて悩んでいる方
 

▼ブラック企業を徹底排除した転職エージェント▼

ブラック企業を徹底的に排除!入社後定着率業界NO1の「ウズキャリ」

独自の審査基準や利用者からのフィードバックでブラック企業を完全に排除!

平均20時間程度のサポートに加え、Google評価が平均して★4以上と高評価なのが「ウズキャリ」の強みだ!

首都圏のIT業界や営業の就職に強く、大阪・名古屋・福岡の求人も取り扱っているぞ!

「ウズキャリ」の詳細記事はコチラ

労基法を守ったら潰れるような会社を排除!「第二新卒エージェントneo」

会社の財源情報をチェックすることで、労基法を守ったら潰れるような会社を排除!

求人数は12000以上とブラック企業の排除を公言している中では最多!

平均10時間程度のマンツーマンサポートも整えられているぞ!

「第二新卒エージェントneo」の詳細記事はコチラ

月収20万・年間休日120日以上の求人多数の「キャリアスタート」

月給25万円以下の20代の既卒・第二新卒・フリーター・ニートに特化している転職エージェント。

内定率86%・定着率92%と驚異的な実績を持っており、ブラック企業を排除した良質な求人を取り揃えている。

北海道から熊本県と北から南まで幅広く対応しているぞ!

「キャリアスタート」の詳細記事はコチラ

退職が裏切り行為という考えは捨てるべきだ!

会社を辞めたい時はどうしても

 

「今会社を辞めてしまうと会社に損失を与えたまま辞めることになる。このまま辞めたら会社に迷惑をかけるだろうな・・・」

「今の会社では十分に期待されているし、辞めたら自分の仕事を引き継げる人間なんていないだろうな・・・退職したら間違いなく裏切り者になる」

 

と・・・上記のように自分の将来よりも今の会社に迷惑をかけたくないという気持ちの方が上回るときがありますよね。

確かに会社を辞めてしまうと、短期間で辞めてしまう場合は会社に対して損害を与えることは間違いないですし、自分が会社から期待されている人材となってしまえば自分にしかできない仕事を沢山割り振られてしまいますので、辞めてしまえば今の職場に対して迷惑をかけてしまうと思っても仕方がありません。

ですが、今自分が本気で辞めたい会社のことなんて真剣に考えるだけでも時間の無駄ですよ!

自分の時間というのは一生戻ってこないものですし、辞めたら今後とも関わることのない会社のことなんて考える必要性なんてありませんからね。

今後とも関わることのない会社に対して「今辞めたら迷惑がかかる」なんて考えたとしても、退職したらもう関係ありませんし、辞めたい時に真っ先にやめた方が後々後悔しなくて済みます。

周りから特に何も言われること無く今の会社を辞められるのであればそれで良いのですが、中には退職者を裏切り者扱いしてくるヤツというのは一定数存在します。

長時間労働や薄給で働かされている職場は得にこの傾向が多く、つらい状況から抜け出すような人を見かけたら真っ先に足を引っ張って必死に阻止しようとしてくるのです。

阻止してくる時に何かしら「社会人の常識」だとか「無能」だとかの言葉を多用して「お前が悪い」みたいなこと言われてくるので、本当に厄介なモノです。

もしもこんなヤツに遭遇した場合は次頁で紹介する対処法を取ってみてください。

 

後、裏切り者扱いされたとしても決して折れないようにしてください!

退職は裏切りでもなにもないですし、職業選択の自由が定められている以上は労働者の入社、退社は労働者の自由なので、何も悪いことではありません!

会社も上記のリスクを想定して待遇やら労働環境を改善しようとするはずです。

なのに、こういったリスクを全く考慮せず、退職しようとする労働者に対して責任を押し付けるような場所なんて正直言ってウ○コとしか言いようがありません。

もしも退職する時に「裏切った」とか言われたら

 

「好きなことに挑戦しようとして何が悪い?」

「嫌な仕事ばかり任せる上に自分の仕事のやり方について真っ先に否定してくるような場所なんて辞めて当然だろ」

「ボーナス無しというバイト以下の待遇の場所なんか続けられるか!」

 

と言い返したいところです。

会社に対して何かしら不満があったとしても解決することは難しいところですから、自分から動いたとしても解決の方向に向かわないようであれば即座にやめることは何も間違ったことではありませんね。

ここで折れてやりたくもないような仕事をもう少し続けようと決心してしまえば、20代前半〜半ばあたりの未経験での転職期を逃してしまうことがありますし、やりたくもない仕事の実務経験を無駄に身に着けて後戻りできなくなるといったことが起こりうるので、仕事を辞めることに対して罪悪感を覚えることなんて全く必要ありません。

退職が裏切りだという思考は今すぐ捨てるべきです!

 

関連記事

 

裏切り者扱いされた時に取るべき行動

今の会社を辞める時に裏切り者扱いされてしまった場合は、以下のような行動を取ることをお勧めします!

 

退職した時に裏切り者扱いされた時に取るべき行動

  • 裏切り者扱いするヤツが近づいたら即座に背を向けて逃げる
  • 決して会社を辞めるという意思を変えてはいけない
  • 退職理由を聞かれたとしても正直に答える必要は無い
  • 退職届を受け取ってくれないなら、内容証明付で会社に送付する
  • 謝るロボットになる
 

それぞれ解説します!

 

裏切り者扱いするヤツが近づいたら即座に背を向けて逃げる

多くの従業員からは自分の退職について何も突っ込まれない反面、特定の上司や同僚からは裏切り者扱いされるというケースが大半を占めていると思います。

特に会社全体から村八分にされているという状況でなければ、裏切り者扱いするヤツが近づいたら即座に背を向けて逃げるように関わらない姿勢を見せたほうが良いですね。

こんなウ○コみたいなヤツの話でも黙って立ち止まって聞いてしまうといったことがありますが、アレは本当に精神衛生上悪く、聞くだけ自分の精神を蝕んでいくだけで何も得にもなりません。

おそらく世間の常識からして誰が相手であっても無視は良くないからといって、どんなに理不尽な話でも聞かなければいけないといったことが原因なのでしょうが、こんなウ○コみたいなヤツに対して常識なんて考えるだけ無駄ですよ。

常識というものは真面目に考えるだけ損することが多いですし、誰にでも常識を意識したら間違いなく自分を追い込むだけで本当に馬鹿らしいです。

自分に対して明らかに危害を与えてくると判断したら、時には常識を無視してでも自分を守ることは懸命な判断です!

なので、特定の上司や同僚から裏切り者扱いされた場合は、その時点でソイツは敵だと判断し、相手が自分に近づいた瞬間に即座に背を向けて逃げるようにして関わらない姿勢を遠慮なく見せるようにしてください!

 

関連記事

 

決して会社を辞めるという意思を変えてはいけない

一度会社を退職すると決意した場合は、決して辞める意思を変えてはいけません。

会社によっては退職する際に露骨に「裏切り者」だとか「次の会社でやっていけないぞ」なんて否定されることもあれば、急に周りの上司が優しくなって「あなたがいた時は本当に助かった」なんて言われる、給料を上げてやると交渉を出されることがあります。

ですが・・・上記のような事情があったとしても今の会社を続けようなんて思わないでください!

「次の会社ではやっていけないぞ」なんて全く根拠がありませんし、急に回りの上司が優しくなったとしても上辺だけの優しさの可能性が高く、給料が上がったとしても会社自体が赤字だったら長く続かないことなんてザラにあります。

実際に私が前職を退職した際は急に周りの上司が優しくなって

 

「あなたがいなければ私は残業だらけだろうな・・・本当に助かってるから辞めないでほしいなぁ・・・」

 

なんて言われたことがありましたから、危うく退職を踏みとどまるところでしたね。

あのまま続けても年収200万円の年間休日77日労働・副業禁止という環境は変わりませんでしたし、今後も赤字経営で倒産の危機が見え透いていたので、流石に続ける気力はありませんでしたよ!

特に一度裏切り者扱いされたところで今の仕事を続けるようなことがあれば、間違いなく職場いじめの標的になりうるので、裏切られた会社で働き続けようなんて決して意識しないようにした方が身のためです。

一度辞めると決意した会社は辞めたほうが後々後悔することが少ないですから、たとえ裏切り者扱いされようが急に優しくされようが決して辞める意思を捻じ曲げないようにしてください!

 

退職理由を聞かれたとしても正直に答える必要は無い

退職する時は必ずと言っても良いほど退職理由や次の会社は決まっているのかどうかについて聞かれることがあります。

この時に退職理由を真面目に考えてバカ正直に丁寧に答えるということは、自分の夢を否定されるという事態に遭遇した時は落ち込んでしまうことがありますし、上司が納得のいかない退職理由だと何かとアラを探して説教されることがあるので、あまりお勧めできません。

理由によっては裏切り者扱いされて叩かれることもあるので、こんなの真面目に考えるだけでも損しますね・・・

もしも退職理由を聞かれた場合は一言で済むような理由で十分です。

実際に私は前職を退職届を出した後に退職理由を色々な上司から聞かれた際は

 

「IT関係とゴルフ関係の仕事に対して興味を持った為、辞めることにしました」

 

だけ答えるように意識していました。

本当の理由は本格的にライターやブログ、FXに挑戦したいから辞めたいといった理由でしたが、こんな理由を正直に話したら間違いなく否定される、退職を思いとどまるように必死に阻止しようとしてくることが目に見えていましたからね・・・

嘘の理由を一言だけ喋ってあとはなにも答えないスタイルを貫き通したほうが精神衛生上良いですし、何なら・・・

 

「一身上の都合で退職します。細かい理由については申し訳ないですが言うことはできません。」

 

と・・・理由を隠したほうが後々突っ込まれたり、何かとアラ探しされて叩かれることもありません。

特に退職者を裏切り者扱いするようなヤツに退職理由を話したとしても否定されることが目に見えていますから、こんなヤツに対して退職理由を真面目に考えた上にバカ正直に答えるだけ無駄です。

まともじゃないようなヤツに対して相手に与える印象が悪いなんて考える必要はありません。

なので、退職理由を聞かれた場合はあまり深く答えないようにするか、申し訳ないという気持ちを出しつつも退職理由を話さないように意識するようにしてください。

 

退職届を受け取ってくれないなら、内容証明付で会社に送付する

裏切り者扱いされたら退職届を受け取ってくれず、退職できなくて困る場面に遭遇することがあった場合は、内容証明付で無理やりでも会社に退職届を送付するようにしてください。

退職届を受け取ってくれないからといって会社を続けようと思ってしまうと、再び退職の手続きを出すことが困難となってしまいますし、嫌な環境でも我慢し続けて頑張ることでストレスが溜まりまくることが目に見えていますから、退職のチャンスを逃してはいけません。

内容証明付きで出せば証拠というのが残るので、それでも会社側が受け取ってくれない場合は

 

「内容証明がついていますので、退職届を受理してくれない場合は労働基準監督署にて所定の手続きを取らせていただきます」

 

と一言発言するようにし、何が何でも退職することを肝に銘じるようにしてください。

 

謝るロボットになる

退職する時に裏切り者扱いされた場合は、謝るロボットに徹することも有効な手段になり得ます。

たとえば・・・

 

「すいません・・・どうしても今の会社を辞めてでも○○の仕事がしたいのですよ」

「すいません・・・すいません・・・」

 

と・・・最初に何かしら言った時に後々突っ込まれたとしても、ひたすら「すいません」と言い続けるロボットに徹することで、次第に相手の方から諦めてくれることがあります。

ひたすら謝っても精神的に耐えられない場合は最初に紹介した「即座に背を向けて逃げる」方法と併用することがおすすめですね。

とにかく裏切り者扱いするようなヤツとはまともに相手にしないのが一番です。

 

裏切りだと怒るのは明らかに嫉妬。お前の味方になった覚えなんてねぇぞ!?

今の会社を退職することによって裏切り者だとレッテルを貼るのは明らかに嫉妬だと思うのですよね。

裏切り者だと批判するような会社は余裕が無いことが多く、個人の能力を考慮せずに仕事を残業前提で割り振っていて余裕が無い状態が当たり前ですし、それに加えて薄給なので、こんな状況下で働いていたら周りの人も自分と同じようにならないと気がすまなくなります。

それでやたらと他人を監視するようになり、一人でも楽しようとする人がいると・・・

 

「あいつだけ楽しようとしやがって!許さん!」

 

と言わんばかりに退職者を裏切り者扱いして、今後の仕事もうまくやっていけないだの、成功するわけが無いだのと文句を言いつけてくるわけです。

成功・失敗なんて個人の行動によっていくらでも変化するので、こんなヤツの言動なんて全くもって根拠なんてありません。

たとえ「お前ならできる!」と言われたとしても、すぐに諦めたり、行動に移すことができなければ失敗することがありますし、逆に「お前には無理だ!」と言われた時は悔しさが糧になって必死に努力した結果成功したといパターンが普通にあるのが現実です。

上記のパターンから、「今後の仕事もうまくやっていけない〜」なんて批判はただの負け惜しみの嫉妬に過ぎず、全く気にする必要なんてないのですよね。

 

あと裏切り者だと言うけど・・・いつお前の味方になったんだ!?

会社に入れば自動的に味方みたいな扱いをされていると思いますが、正直上司から嫌がらせを受けたり、不当に長時間労働やらサービス残業を無理やり押し付けるような行動が見られたらむしろ敵として見たいところですよね。

たとえウ○コ上司から裏切り者だとか言われたとしても

 

「私は裏切ったんだな・・・流石に失礼だから退職は撤回しよう」

 

とかいう罪悪感を抱える必要は全くありません。

裏切り者扱いされたらそれはそれで結構ですし、露骨に足を引っ張ってくるヤツに情けをかけて退職を思いとどまろうとすることは決して行わないようにしたいところです。

 

他人の人生に土足であがって来るようなヤツの意見なんか気にするだけ損する

退職理由について色々聞かれた際に正直に答えてしまった場合は、平気で裏切り者扱いしてくるウ○コ上司から色々と難癖をつけられることが目に見えています。

たとえば・・・

 

「お前なんかに〇〇なんて出来る訳がない!今の会社ですらまともに利益を出していないのに、次の分野で成功しようと考えているなんてとんだ甘えた思考だ」

「どうせ失敗するから今の会社を続けたほうがいいって」

「お前には転職は無理だから!」

 

とか言われたりします。

実際に前職で働いていたときにTという社畜上司がいたのですが、近いうちに転職する旨を話したときに上記と同じようなことを言われましたね・・・

こういう他人の将来につけこんでバカにしてくるようなヤツの言葉を真に受けて

 

「私には無理なんだ・・・」

「どうせ私には成功できない」

 

と・・・悲観的になってしまえば、自身のやりたいことを失うだけなので、こんなヤツの意見なんかに耳を傾ける必要なんてありません。

むしろ、こんなことを平然と発言してくるようなヤツは退職まで関わらない姿勢を見せたほうがいいですよ。

こんなヤツに対して無視することは失礼だとか考えるだけ損ですから、既に自分に対して失礼な態度を取っているようなヤツに対して配慮なんて見せる必要はありません。

他人の人生に土足で上がってくるヤツほど失礼なヤツはいませんから、もしも退職を伝えた際に上司や同僚にこういった傾向が見られたら、間違いなくソイツはウ○コなので真っ先に関わらない姿勢を見せたほうが身のためです。

 

そもそも会社は平気で裏切ることがあるのに労働者に押し付けるのはおかし過ぎる

会社は経営危機に陥ったら労働者の後々の人生なんて考慮せずにリストラや減給することがありますし、求人票に曖昧な記載をして求職者を騙すことを平気で行っていますから、このような不都合を隠してまで労働者だけ裏切り者だと叩くのは明らかにおかし過ぎるとしか言いようがないですよね!

求人票から見て予想以上に待遇が悪かったから退職したいという人に裏切りだというのは完全に労働者に対して押し付けているようにしか見えませんし、個人的な退職は許されなくて経営危機に陥ったらリストラは許されるというのは明らかに見当違いです。

たとえリストラが起きたとしても今後の生活を保障してくれるといった事情があればマシなのですが、多くの会社はリストラした後の従業員の生活なんて考慮するつもりなんて全くありません。

むしろ今まで頑張ってきた労働者を平気で裏切り、経営者は余った資金で次の会社を立ち上げて軌道修正を行うなんて平然と行ってきますので、こんな傾向が見られる以上は退職者を裏切り者扱いする筋合いなんてありません!

実際に倒産に陥った会社の社長が新しい会社を立ち上げて成功していたなんていう話はニュースでよく取り上げられていますし、氷山の一角の可能性であることも無くはないので、こんなことを平然と行おうとする経営者から裏切り者扱いされるというのは本当に筋違いだと思いますよね・・・

経営者は非情でなければやっていけないと言われているほどですから、非情なヤツの下で働いているのなら、同じように退職したとしても文句は言えないはずです。

それなのに、労働者にだけ裏切り者だとか悪者に仕立てるのはマジで理不尽としか言いようがありません。

このような背景がある以上は、退職を裏切り行為だと解釈する必要は無いと断言出来ます。

 

まとめ:退職は裏切りでも何もない。自分の時間をもっと大切にするべき!

退職は裏切り行為でも何でも無く、たとえ裏切りだと言われたとしても何も遠慮する必要はありません。

こんな薄情なヤツの為に自分の時間を使うのは勿体ないことですし、こんなヤツに対して失礼だとか考えるだけでも無駄です。

退職したら二度と関わらない相手のことよりも一生向き合う自分のことを優先することは何も間違ったことではありませんよ。

特に20代であれば未経験の業界への転職がしやすい時期なので、今の会社の仕事が向いていない、やりたいことが見つかって新たなことに挑戦してみたいといった事情があった場合は絶好なチャンスになり得るので、20代の時間は自分が辞めたいと思う会社で1秒たりとも無駄にしてはいけません。

以上から、今の会社をどうしても辞めたい場合は周りに左右されることなく、退職の意思を貫くようにすることが大切です!

  • この記事を書いた人

Hiroki

「クソ上司やブラック企業に立ち向かう全ての方を応援する」というコンセプトの下、社畜には見るにたえない汚らわしい記事を量産しています。

暴言ジイサン入りの介護施設(4か月)▶ゲーセンバイト(半年)▶ブラック転職事業(4か月)▶パワハラ有で年間休日77日年収200万円の中小企業(2年)と「ド」がつくほどの底辺環境を味わう。

【退職後】アウトドア・転職関連のメディア執筆3年▶雑記・転職サイト2件運営▶「シゴトイキタクナイ」運営【1年2か月目】最高月3万PV

>>底辺社畜時代の話

>>お問い合わせ

ハローワークを利用するだと?ちょっと待ってくれ!

「一度レールから外れた人間はブラック企業しか就職できない・・・」

「ハローワークの求人がブラック企業ばかりで就職する気力がなくなった・・・」

クッソ理不尽な社会の中でイヤでも生きていると身をもって体感できるよね。

「早期離職したら次の就職先が見つからない」という風潮は未だに根付いているほどですし

「3年以内に辞めようとする自分は欠陥人間なんだ・・・」

「どうせ自分は次にいってもやっていけない・・・」

と自分は価値のない存在だと思い込むあまり、ブラック企業から逃れたくても逃れられなかったり、逃れたとしても再び詐欺求人しか目に入らなくなるのはマジで辛いもんです。

でも・・・そんな化石みたいな風潮に捉われすぎる必要はないッ!

リーマンショックの時代とは異なり、現在はブラック企業を排除した未経験向けの転職エージェントが充実しています。

20代であれば誰でも参加することができますし、正社員経験のないニートやフリーターであっても歓迎要件です!

もちろん無料であり、ブラック企業を排除しているだけではなく、転職活動時のサポートや内定後のアフターサービスも充実し過ぎているほどのテンコ盛りです。

同じ無料サービスであるのにも関わらず、ブラック求人を平気で放置しているのに加え、非正規でやる気のない職員で溢れているハローワークと比較したら雲泥の差と言っても過言ではありません。

20代の既卒未経験であれば、迷わず以下の転職エージェントを利用することを強くオススメしますよ!

ブラック企業を徹底的に排除!入社後定着率業界NO1の「ウズキャリ」

独自の審査基準や利用者からのフィードバックでブラック企業を完全に排除!

平均20時間程度のサポートに加え、Google評価が平均して★4以上と高評価なのが「ウズキャリ」の強みだ!

首都圏のIT業界や営業の就職に強く、大阪・名古屋・福岡の求人も取り扱っているぞ!

「ウズキャリ」の詳細記事はコチラ

ブラック企業徹底排除のIT就職に特化した「ウズキャリIT」

ウズキャリのIT就職に特化したサービス。

ブラック企業を完全に排除しつつ、IT特化型の転職支援を受けられるのはココだけしかない。

27歳就業経験なしのひきこもりニートから年収350万円のベンチャー企業に就職した実績があり、定着率や内定率も業界でナンバーワンだ!

「コロナ禍を経て在宅勤務可能な業界に就職したいけど、資格や経験がないから応募しにくい・・・」

と悩む方に一番オススメだぞ!

労基法を守ったら潰れるような会社を排除!「第二新卒エージェントneo」

会社の財源情報をチェックすることで、労基法を守ったら潰れるような会社を排除!

求人数は12000以上とブラック企業の排除を公言している中では最多!

平均10時間程度のマンツーマンサポートも整えられているぞ!

「第二新卒エージェントneo」の詳細記事はコチラ

月収20万・年間休日120日以上の求人多数の「キャリアスタート」

月給25万円以下の20代の既卒・第二新卒・フリーター・ニートに特化している転職エージェント。

内定率86%・定着率92%と驚異的な実績を持っており、ブラック企業を排除した良質な求人を取り揃えている。

北海道から熊本県と北から南まで幅広く対応しているぞ!

「キャリアスタート」の詳細記事はコチラ

-人間関係の悩み
-