人間関係の悩み

残業自慢するうざいヤツがいる!頭おかしい理由と対処法について語る!

残業自慢がうざいと思う理由と対処法について語る
 

ただでさえ8時間労働が辛いと思う中、残業を行って社会に貢献することが美徳だと思っているヤツは未だに多く存在していますよね。

一つの例を挙げると、月に30時間程度の残業が辛いと感じている中で・・・

 

「俺は100時間以上残業していることがあったぞ!」

「お前は恵まれすぎている!」

「そんなんでキツイというのは甘えている証拠だ!」

「もう子供じゃないんだから学生気分は捨てろ!」

 

とか団塊のクソジジイや職場にいるクソ上司に言われたら、クッソうぜぇと思ったとしても無理も無い話です。

働き方改革やコロナ禍に悩まされている現状を考えると、残業は避けた方が圧倒的に望ましいですからね。

そんな中、今どきこんな思考を押し付けるヤツに運悪く遭遇したとなれば、今すぐその場でぶん殴りたくなるレベルでしょう。

 

結論を言うと、残業自慢するヤツは裕福な人間の足を引っ張ることを生きがいとしていたり、自ら無能だとアピールしているのに気づかない哀れな存在なので、上記のような戯言を言われてもムキになる必要性なんて全くありません。

 

今回は残業自慢マンがウザイと思っている方の鬱憤をスッキリさせる記事を書いていこうかなと思います。

 

メモ

この記事は4000文字程度です。

 

▼ブラック企業を徹底排除した転職エージェント▼

ブラック企業を徹底的に排除!入社後定着率業界NO1の「ウズキャリ」

独自の審査基準や利用者からのフィードバックでブラック企業を完全に排除!

平均20時間程度のサポートに加え、Google評価が平均して★4以上と高評価なのが「ウズキャリ」の強みだ!

首都圏のIT業界や営業の就職に強く、大阪・名古屋・福岡の求人も取り扱っているぞ!

「ウズキャリ」の詳細記事はコチラ

労基法を守ったら潰れるような会社を排除!「第二新卒エージェントneo」

会社の財源情報をチェックすることで、労基法を守ったら潰れるような会社を排除!

求人数は12000以上とブラック企業の排除を公言している中では最多!

平均10時間程度のマンツーマンサポートも整えられているぞ!

「第二新卒エージェントneo」の詳細記事はコチラ

月収20万・年間休日120日以上の求人多数の「キャリアスタート」

月給25万円以下の20代の既卒・第二新卒・フリーター・ニートに特化している転職エージェント。

内定率86%・定着率92%と驚異的な実績を持っており、ブラック企業を排除した良質な求人を取り揃えている。

北海道から熊本県と北から南まで幅広く対応しているぞ!

「キャリアスタート」の詳細記事はコチラ

 

残業自慢する上司や友人がうざいと思う理由

残業自慢する上司や友人をウザイと思う理由
 

①「楽してるヤツは許さん」と必死に足を引っ張ってくる

残業自慢を行う人の心理の中には、少なからずとも自分の不幸な状況を他人に押し付けることで同じ仲間を増やしたいというものがあることでしょう。

コレはある意味「楽してるヤツは許さん」「俺も苦労してるんだからお前も苦労しろ」という言葉と同じようなものです。

この言葉通りに相手の思い通りに残業して貢献しようとすれば、もちろん相手と同じように不幸の仲間入りとなってしまいます。

 

仮にあなたが相手の思惑通りにあなたが残業したとなれば・・・

 

「なんとかアイツが幸せを放棄してスッキリした・・・」

「アイツは今のままのほうが圧倒的に良いわ!」

 

という感じで安堵感に浸ることでしょう。

 

ぶっちゃけこんなの「他人の不幸で喜ぶ」という心の中で留めておくべき感情をモロにむき出しにしていますし、「関わるだけ不幸な人生を歩んでしまう」とハッキリと伝えているようなものです。

 

こんなヤツと関わっている中であなたが幸せな人生を歩もうと努力しようとしても・・・

 

「お前には無理だ!」

「現実を見ろ!」

 

とか言いつつも、あなたの努力を必死に邪魔してくるのは容易に想像できます。

 

裕福になろうと必死で努力しているのにもかかわらず、それを否定したりバカにするようなヤツが身近にいたらマジで最悪なもんです。

 

自分の不幸を他人に押し付けつつも、幸せになる相手が許さないと思うヤツは誰だって「クッソうぜぇ」と思うよ。

 

②自分の無能さで優越感に浸ってることに気づかないバカ

残業自慢を行う心理として、残業していることで世の中に貢献していると勘違いし、社会的立場が上であることを示したいというものも存在します。

日本では未だに残業は美徳である文化が根付いており、社会未経験の学生の方でも「働く以上は残業は避けられないもの」だと認知しているほどです。

上記の背景の中だと、人によっては残業を沢山行って自らのプライベートを犠牲にしてまで社会貢献する人生の先輩()とやらを「凄い人間」だと思うのかもしれません。

 

でも・・・私にとっては残業時間が多いことを他人に自慢するっていうのは、自らの無能さアピールで優越感に浸っているような哀れな存在としか見えません。

 

そもそも残業というのは何もスキルや資格がなくとも誰にだって出来るものです。

仕事が遅ければ必然的に残業が避けられないものであり、やろうと思えば残業代目当てで定時まで仕事が終わらないようダラダラと仕事するなんて荒業も出来ますからね。

上記の事情から欧米諸外国では「残業するヤツは無能」だとレッテルを貼られているほどですし、かく言う私も会社の利益を食いつぶす害虫みたいな存在だと思っています。

 
生活残業を許せない姿勢を貫かない会社
生活残業する人をクビにしない会社は辞めるべき理由を語る!

コロナ禍に陥ってから明らかに残業時間が減っているかと思われますが、それでも未だに生活費目当てで残業を行うようなヤツは少なからず存在しているでしょう。 仕事よりもプライベート派にとっては、生活残業を行う ...

続きを見る

 

本来であれば「時間内にどれだけの仕事をこなすことができたのか」という点が重要な判断材料です。

 

それなのに、自らこなした仕事量には一切触れずに会社にいる時間がどれだけ長かったのかを伝えるだけなんて、優秀である判断材料が何処にも見当たる訳がありません。

 

むしろ5時までダラダラと仕事を行い、5時になったら急にやる気が出るような害悪なヤツにしか見えない。

 

こんなヤツの自慢話を真に受けてもまともな生活を歩める訳はありませんし、「うざい」と思って悔しがる必要なんて全くないと断言出来ます。

 

③度重なる不幸自慢で自分までもが暗い性格になる

お金にまつわるヤ〇ーのニュースのコメントを見ると良く分かるのですが、ニュースの内容と全く関係のない不幸自慢話が立ち並んでいることがあります。

特に大手企業の賞与に関するニュースは酷いですし、コメントを見るだけでも今置かれている不幸な状況を必死に正当化するような暗い性格と化してしまうほどです。

 

たとえば・・・

 

「初年度の平均年収452万円なんてデタラメを書くな!」

「その昇給の平均値は大手企業だけの話だろ?もっとまともにデータを取れ!」

「公務員や国会議員にボーナスなんていらないだろ!」

「大手企業や公務員が恵まれていると言いたいだけの記事」

「感染リスクの中で必死に頑張っているのに給料が増えない。この記事にはうんざりです!」

 

という感じの妬みが混ざったような不幸自慢話や不幸な状況を必死に正当化しようとするような意見ばかり立ち並んでいます。

仮にあなたが上記のような暗いコメントに対して「うざい」「見苦しい」と感じているのであれば、身も心も裕福な人間であることに違いありません。

 

ネット上ならまだしも、リアルで妬みを露骨にむきだしつつも不幸自慢するような輩と関わり続けているのであれば、下手したら自分までもが暗い性格に陥ってしまいます。

 

度重なる不幸自慢に一々共感してしまうと、自分にとって都合の良い話(不幸自慢)しか聞かないような体質へと変化してしまうのは目に見えていますしね。

 

残業自慢を行うヤツなんてまさに不幸自慢を行っているような存在です。

 

相手の自慢話に振り回されて自分までもが残業する人間になってしまうと、定時に帰る人が憎くて仕方なくなることでしょう。

定時に帰る人に対して当たりが強くなったり、モヤモヤを抱えることで他人に愚痴や悪口を言うような人間となってしまえば、それこそヤ〇ーコメント民みたいな底辺人間が完成してしまうハメになります。

 

相手の幸福を素直に認めることなく、不幸自慢を押し付けて共感を呼び起こそうとするヤツなんて、身も心も裕福な人間からしてみれば「頭がおかしいヤツ」だと思ったとしても当然です。

 

残業自慢する人への対処法

残業自慢する人への対処法
 

①話してきたら背を向けて逃げ続ける生活を送り続ける

職場に残業自慢マンがいた場合、別に無理して関わりを続ける意味なんて全くありません。

仕事は職場の人間と仲良くする為に行っている訳ではありませんし、働く第一目的である「給料」さえ得られれば目的は達成しているようなものですからね。

 

なので・・・残業自慢を行うような傾向が見られた時点で、今後残業自慢マンから不幸話を割り振られたら

 

「すいません・・・そういった話は苦手です」

 

とハッキリと言いつつも黙って背を向け、その場を立ち去る生活を送り続けることをオススメします。

 

こうすることで相手から不快な印象を抱かれると心配することはあると思うのですが、現に自分がうざいと思うようなヤツに対して無理に関わり続けるメリットなんてないと思うのですよ。

 

むしろ相手をうざいと思いつつも無理に関わりを持つほうが相手にとって失礼だと思いますし、嫌いなヤツに対しては無理して関わる必要はありません。

闇雲に嫌いな人間と関わり続けることで不満が重なり、愚痴や悪口ばかり言うような暗い性格になってしまうようになれば、それこそ自分も残業自慢マンと同じような暗い人間と化すだけです。

 
嫌いな上司を消す方法
【綺麗事ナシ】嫌いな上司を消す7つの方法をリスクの低い順から解説する!

▼ブラック企業を徹底排除した転職エージェント▼ ブラック企業を徹底的に排除!入社後定着率業界NO1の「ウズキャリ」 独自の審査基準や利用者からのフィードバックでブラック企業を完全に排除! 平均20時間 ...

続きを見る

 

②仕事以外の話題を出して話を逸らせる

残業自慢マンが友人であった場合、仕事以外の話題を出して話を逸らせることが有効です。

実際に私がアーキエイジというネトゲにハマっていた際、遠征隊長(ギルドマスター)がまさに残業というか早出自慢マンで

 

「俺が料理人だったころは仕込みで3時間無償で早出出勤していたぞ!」

「新人なら30分くらいの早出出勤は普通でしょ?」

 

と言っていたような人間だったので、仕事の話題は極力出さないようにし、仮に出されたら即刻話題を変えるように努力しました。

 

元料理人である遠征隊長は非常に面白い人間で一緒にプレイするだけで楽しい人間でしたから、当時は流石に黙ってフェードアウトする訳にはいかなかったです。

 

もしも残業自慢マンと仲が良い状態であれば、仕事以外の話は極力しないように努めてみてはいかがでしょうか。

 

③その場で否定せずに適当に聞き流すか反対意見を示す

残業自慢マンがうざいと感じているようであれば、残業することは悪で無駄であるという価値観が根付いているはず。

仮にあなたが残業自慢マンから「残業しなきゃダメだ!」と言われた場合、その場で否定したくなる感情というのが沸いてくるものです。

どうしても否定したくなる感情が抑えきれない、関係を打ち切っても「どうでもいい」と思うのであれば、黙って聞き流そうとせずに反対意見を出した方が後悔することはありません。

 

でも・・・あとあと面倒事に巻き込まれることで後悔したくないと思うような優しい性格であれば、その場で否定せずに適当に聞き流すのが一番です。

 

たとえば、友人やクソ上司から自分の価値観を否定されて反対意見を出したとしましょう。

それが原因で人間関係がギクシャクしたことで悩んでしまい、抑えきれずに他の友人やネット上で相談するようであれば、無暗に相手を否定せずに黙って聞き流すことがベストという訳です。

 

逆に人間関係がギクシャクしても「どうでもいい」と思っているような場合、その場で真っ先に自分の意見を出した方があとあと言い残したことが原因で後悔することはありません。

 

不本意な行動に移したことであとあと後悔を残さないよう、今後の自分と良く相談しつつも対応を柔軟的に変化させることを意識しましょう。

 
やられたらやり返す!職場いじめの復讐方法と我慢は不要な話をする!
やられたらやり返す!職場いじめの復讐方法と我慢は不要な話をする!

▼ブラック企業を徹底排除した転職エージェント▼ ブラック企業を徹底的に排除!入社後定着率業界NO1の「ウズキャリ」 独自の審査基準や利用者からのフィードバックでブラック企業を完全に排除! 平均20時間 ...

続きを見る

 

まとめ:職場に残業自慢上司がいたら逃げるべき底辺環境だ!

 

残業自慢する人が友人や近場の偉そうなオッサンならマシな方なのですが、職場に残業自慢マンがいた場合は最悪です。

残業自慢マンがいる時点で今の職場は残業が美徳だという風潮が根付いている証拠となり得ますし、こういうヤツを「見込みがある」と放置しているような会社も大概としか言えません。

 

まともな会社であれば残業自慢をして不幸を押し付けるような人間なんていませんから、残業自慢マンが職場に存在している時点で辞めるべき底辺環境であると判断した方が良いです。

 

実際に私の前職はサービス残業や休日出勤自慢を行うような社畜上司Tがいた環境だったのですが、年間休日77日で年収200万円ボーナス無しとお察し通りのクソ待遇です。

 
社畜
社畜上司Tの体験談!社畜的名言がヤバすぎて酷い・・・

▼ブラック企業を徹底排除した転職エージェント▼ ブラック企業を徹底的に排除!入社後定着率業界NO1の「ウズキャリ」 独自の審査基準や利用者からのフィードバックでブラック企業を完全に排除! 平均20時間 ...

続きを見る

 

職場の残業自慢マンをウザイと思いつつも悩み続けるのは非常に疲れるものです。

相手の不幸が伝染してしまう前にも、残業自慢マンが大量発生するような会社はとっとと辞め、まともな環境を探すべきだと断言します。

  • この記事を書いた人

Hiroki

「クソ上司やブラック企業に立ち向かう全ての方を応援する」というコンセプトの下、社畜には見るにたえない汚らわしい記事を量産しています。

暴言ジイサン入りの介護施設(4か月)▶ゲーセンバイト(半年)▶ブラック転職事業(4か月)▶パワハラ有で年間休日77日年収200万円の中小企業(2年)と「ド」がつくほどの底辺環境を味わう。

【退職後】アウトドア・転職関連のメディア執筆3年▶雑記・転職サイト2件運営▶「シゴトイキタクナイ」運営【1年2か月目】最高月3万PV

>>底辺社畜時代の話

>>お問い合わせ

ハローワークを利用するだと?ちょっと待ってくれ!

「一度レールから外れた人間はブラック企業しか就職できない・・・」

「ハローワークの求人がブラック企業ばかりで就職する気力がなくなった・・・」

クッソ理不尽な社会の中でイヤでも生きていると身をもって体感できるよね。

「早期離職したら次の就職先が見つからない」という風潮は未だに根付いているほどですし

「3年以内に辞めようとする自分は欠陥人間なんだ・・・」

「どうせ自分は次にいってもやっていけない・・・」

と自分は価値のない存在だと思い込むあまり、ブラック企業から逃れたくても逃れられなかったり、逃れたとしても再び詐欺求人しか目に入らなくなるのはマジで辛いもんです。

でも・・・そんな化石みたいな風潮に捉われすぎる必要はないッ!

リーマンショックの時代とは異なり、現在はブラック企業を排除した未経験向けの転職エージェントが充実しています。

20代であれば誰でも参加することができますし、正社員経験のないニートやフリーターであっても歓迎要件です!

もちろん無料であり、ブラック企業を排除しているだけではなく、転職活動時のサポートや内定後のアフターサービスも充実し過ぎているほどのテンコ盛りです。

同じ無料サービスであるのにも関わらず、ブラック求人を平気で放置しているのに加え、非正規でやる気のない職員で溢れているハローワークと比較したら雲泥の差と言っても過言ではありません。

20代の既卒未経験であれば、迷わず以下の転職エージェントを利用することを強くオススメしますよ!

ブラック企業を徹底的に排除!入社後定着率業界NO1の「ウズキャリ」

独自の審査基準や利用者からのフィードバックでブラック企業を完全に排除!

平均20時間程度のサポートに加え、Google評価が平均して★4以上と高評価なのが「ウズキャリ」の強みだ!

首都圏のIT業界や営業の就職に強く、大阪・名古屋・福岡の求人も取り扱っているぞ!

「ウズキャリ」の詳細記事はコチラ

ブラック企業徹底排除のIT就職に特化した「ウズキャリIT」

ウズキャリのIT就職に特化したサービス。

ブラック企業を完全に排除しつつ、IT特化型の転職支援を受けられるのはココだけしかない。

27歳就業経験なしのひきこもりニートから年収350万円のベンチャー企業に就職した実績があり、定着率や内定率も業界でナンバーワンだ!

「コロナ禍を経て在宅勤務可能な業界に就職したいけど、資格や経験がないから応募しにくい・・・」

と悩む方に一番オススメだぞ!

労基法を守ったら潰れるような会社を排除!「第二新卒エージェントneo」

会社の財源情報をチェックすることで、労基法を守ったら潰れるような会社を排除!

求人数は12000以上とブラック企業の排除を公言している中では最多!

平均10時間程度のマンツーマンサポートも整えられているぞ!

「第二新卒エージェントneo」の詳細記事はコチラ

月収20万・年間休日120日以上の求人多数の「キャリアスタート」

月給25万円以下の20代の既卒・第二新卒・フリーター・ニートに特化している転職エージェント。

内定率86%・定着率92%と驚異的な実績を持っており、ブラック企業を排除した良質な求人を取り揃えている。

北海道から熊本県と北から南まで幅広く対応しているぞ!

「キャリアスタート」の詳細記事はコチラ

-人間関係の悩み
-,